HOME戦国無双〜真田丸〜攻略TOP > ストーリーモード 第十二章 覚悟

ストーリーモード 第十二章 覚悟

戦国無双〜真田丸〜攻略 ストーリーモード 第十二章 覚悟を掲載しています。

最終更新日:2019/09/25

目次
第十二章 覚悟
三成挙兵の報を受け、家康は上杉征伐の途中で兵を返し迎撃のために部隊を再編した。
家康と三成の対立により、真田家は分裂する。
徳川方の信之と別れ、昌幸と幸村は上田へと帰還するが、上田には徳川秀忠の率いる軍が迫っていた。
時は慶長五年(1600)。ついに、天下分け目の合戦の火蓋が切られようとしていた。
上田城でのセリフ
【佐助】
…まずは、真田幸村だ。どこにいる…? …オレが…必ずやってやる…!
--------------------
【佐助】
ねえ、幸村様どこにいんの? 姿が見えないんだけど
【高梨内記】
おお、そういえばお見かけしておらぬな。すまぬ、わしにはわからぬ
【佐助】
あっそ。ならいいや
【高梨内記】
主を慕うその忠義、感心感心! わしも殿の選ばれた道ならどこまでもついてまいるぞ!
信之様と道を分かたれたのも、必ず深いお考えがあってのことと…
【佐助】
…………どうでもいい
【高梨内記】
そもそも徳川などに従う道理がなかったのだ! かの家康めは三方ヶ原で殿にさんざん追い回され…
【佐助】
…だから、どうでもいいって
--------------------
【佐助】
なあ、幸村様見なかった?
【堀田作兵衛】
わああ! もう徳川が攻めてきたのか!?
【佐助】
まだだよ。早すぎんだろ。なあ、幸村様知らない?
【堀田作兵衛】
いや、俺は…。幸村様は真面目な方だから敵がまだなら今のうちに鍛錬に励んでおられるんじゃ
信之様と別れたつらさを紛らわせるためにも…うう、幸村様…!
【佐助】
…つらいんだったら、こんな馬鹿なことしなきゃいいじゃねえか
【堀田作兵衛】
信じられないよ、兄弟で戦うなんて
もし、俺が妹と戦うようなことになったら…想像しただけで…うわあああああああ!!
【佐助】
…うるっせえなあ…
--------------------
【佐助】
なあ、幸村様、どこ行ってんの?
【くのいち】
…知らない。それより、あんた…
【佐助】
なんだよ、いつもくっついているくせに。使えねえなあ
【くのいち】
…………
--------------------
【村松殿】
あらあら。どうしました、険しい顔をして
【佐助】
…うっさいな。オレはいつもこんなだろ
【村松殿】
いいえ。いつも皆と愉しそうにしていましたよ
【佐助】
………………。
…んなわけねえよ
--------------------
【真田昌幸】
…どうした
【佐助】
…いや、別に
(こいつを討てば騒ぎが大きくなる。まずは幸村からだ…)
【真田昌幸】
…………
--------------------
【横谷重氏】
幸村様を探しているのか? 小諸へ鍛錬に向かわれたようだぞ
【佐助】
あっそ。どーも。…あれ、そういやあんた、兄貴がいたよね
【横谷重氏】
あ、ああ。…今は信之様の元にいるが…
【佐助】
…ふうん。つまり、どっちかが間者ってことか
【横谷重氏】
馬鹿な! 愚弄するか!
我ら兄弟はただ信ずるものを選んだだけだ。幸村様たちがそうなさったように…
【佐助】
…わけわかんね
【佐助】
小諸ね…。目につかない場所なら、好都合じゃん
【横谷重氏】
今は戦に集中せねば。徳川は軍を二手に分けたらしい
家康の息子の秀忠が別働隊を率いて、こちらへ向かっているようだぞ
【佐助】
…あんまり時間がないってことだよな
--------------------

※自動的に お役目「幸村暗殺任務」が発生する

--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容

・徳川など敵ではない!(高梨内記)
・兄弟で戦うなんて…(堀田作兵衛)
・…………(くのいち)
・まあまあ…(村松殿)
・徳川の軍は近い!(横谷重氏)
・…………(真田昌幸)
幸村暗殺任務(お役目)
【佐助】
…………
あの人を殺さなきゃ…オレは…
【佐助】
分かれ道か…。おい、あんた、幸村様を見なかったか?
【町人】
え? はい。少し前にここを通って南に行かれましたよ
【佐助】
…そうか
【佐助】
ちっ、横谷の兄貴か…。小諸の偵察に来たのか?
あいつに見つかったら、厄介だ。…避けて進むとしよう
【佐助】
あんた…

【戦闘後イベントセリフ/佐助出奔】
【くのいち】
どこ行くの?
【佐助】
…気づいてんでしょ?
【佐助】
殺気が足りないんじゃない?
動揺するようなタマ?
【くのいち】
…ほんとに騙してたんだ
【佐助】
…くどいね
【くのいち】
…幸村様を、騙した 許さない!
【佐助】
ムカつくけど、やっぱいい腕だよ、センパイ!
【くのいち】
敵があたしをそんな風に呼ぶな!
【真田幸村】
やめよ!
【くのいち】
幸村様、こいつはあたしが
【真田幸村】
理由を聞かせてはくれぬか
【佐助】
…ただの仕事だよ。真田を探るっていう
【真田幸村】
そうか
【くのいち】
幸村様!?
【真田幸村】
戻るぞ
【佐助】
ちょ…待てよ!
オレはどうすんだよ! 裏切り者をそのまま…
【真田幸村】
務めを終えたのなら戻るがいい
【佐助】
戻るとこなんか! あんたを討たなきゃ、オレには…!
【真田幸村】
…首をやるわけにはいかないな
行き場がないのなら、私の元にいればいい
【くのいち】
幸村様…
【佐助】
…この…
ほんっとに馬鹿なんじゃねぇの!?
【真田幸村】
佐助!
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・顔色があまりよくないけど大丈夫?(町人)
・そういや、先ほど幸村様を見かけたぞ(町人)
・心なしか寂しそうなお顔をしていたな(行商)
・む…気配を感じる…(横谷幸重/気づかれそうな時)
・佐助か…我らは今や敵同士! 見つかった以上、生かしてはおけぬ!(横谷幸重/見つかった時)
・あの人を殺さなきゃ…オレは…(佐助/見つかった時&時間切れで失敗時)
MAP
幸村暗殺任務(お役目)クリア後
【真田幸村】
…………。佐助…
…あの者の様子が気がかりだな…
--------------------
【高梨内記】
もし敵に信之様がおられれば…手加減してくださいますかな?
【真田幸村】
兄上が中途半端な真似をなさるはずがない。全力でこの上田を落としにかかるだろう
--------------------
【堀田作兵衛】
幸村様! 信之様と戦うなんてやめましょうよ! 何とかなりませんか!?
【真田幸村】
そなたの言い分はもっともだがな…
--------------------
【横谷重氏】
徳川は軍を二手に分けております。主力は家康自身が率いて東海道を進軍中
別働隊は息子の秀忠に率いさせ、中山道を進んでおります
【真田幸村】
つまりこの地を通る…。その別働隊を足止めするのが我らの役目だ
(「関ヶ原までの徳川の動き」を戦記に綴っておくか)
--------------------
【真田昌幸】
幸村、お前は戸石城に詰め、敵の動きを見極めよ
【真田幸村】
はっ
【真田昌幸】
徳川の軍が攻め寄せたなら、早々に戸石城は捨ててよい
【真田幸村】
敵の油断を誘い、こちらに引き寄せるのですね。承知いたしました
--------------------
【くのいち】
…幸村様
【真田幸村】
…佐助は、強い忍びだ。己の道は、己で選び取れるはず
私もまた、私にできることをしなくては。戦に備えて、まだやるべきことはあるはずだ
【くのいち】
ぜんっぜん寂しくありませんから! 次の戦でもバリバリ働いちゃいますよ!
【真田幸村】
…そうか。期待している
【くのいち】
はい!
--------------------
【村松殿】
幸村。どうしたのですか?
【真田幸村】
戦までに何かできることをしたいと思いまして…。備える必要があるものを探していたのです
【村松殿】
少しは心を休ませてあげる必要がありそうだけど…。あなたはきっと動いているほうがよいのでしょうね
堤防を作りに行った民が戻ってきていません。何かあっては大変…様子を見てきてもらえますか?

※いいえを選択後に再度会話した時
様子を見てきてもらえますか?
お役目「民救出任務」を引き受けますか?
※はいを選択時
【真田幸村】
承知しました。行ってまいります
※いいえを選択時
【真田幸村】
申し訳ありません。支度を整えてまいります

--------------------
【くのいち】
幸村様! 徳川の軍が迫っています!
【真田幸村】
そうか…。ならば、なおさら急がねばならないな
【真田幸村】
堤防を作りに行った民が帰ってこないそうなのだ。急ぎ様子を見てまいる
【くのいち】
そうなんですか…。わかりました! それじゃ、あたしもお供します!
--------------------

【つり爺】
わしは怪物を生んでしまった…。そこのお武家様、話を聞いてくれますか

お役目「幻の魚」を引き受けますか?
※はいを選択時
【つり爺】
この二人はわしの息子で、
幼き頃から釣りが好きでしてな
※いいえを選択時
【つり爺】
逃げられましたな…釣りだけに…

【つり爺】
好きなだけならよいのですが、二人とも働かずに釣りばかりで…
釣りにかけては自分が一番…と顔を合わせるたびに喧嘩する始末なのです
他にも釣りエサを食べるとか、自分が釣りエサになるとか
もうわしの息子たちは釣り怪物になってしまいました
見たところあなたも相当の釣り好き。幻の龍魚を釣ってきていただけませぬか
二人にも釣れない龍魚を見せれば冷静さと、人の心を取り戻すかと
どうか、お願いいたしまする!
--------------------

※龍魚を釣った後
【つり作】
親父…
【つり蔵】
あ、あなたはいつぞやの。つり爺? ああ、親父ですか…
親父は昨日亡くなったんです…。最後に変なこと言ってたっけ
【つり作】
「幻の龍魚を見よ!」なんて。龍魚なんて俺ら兄弟も見たことないのに
…って! それ!! 龍魚! しかもでっけえ!
【つり蔵】
え! …うわ! こりゃすげー! 見ろよ兄貴!
【つり作】
見てる見てる! ウロコがキラキラ光って、背びれがまっすぐで!
【つり蔵】
親父はこのことを言ってたんだ! 本当のことだったんだ!
【つり蔵】
…なるほど、では親父は俺たちを心配して…
【つり作】
俺たち兄弟が釣りを始めたのも元は親父の影響なんです
【つり蔵】
自分も釣り好きな親父が心配するほど、私たちはおかしくなっていたんですね
【つり作】
最後に、親父は大事なことを教えてくれました
【つり蔵】
釣りは釣っても釣られるな…と
では、私は脇腹をフナかませてエサの気持ちになるのをやめます!
【つり作】
お前、だから着物がビショビショなのか! 釣りダンゴ食べるか?
【つり蔵】
おい兄貴!
ハハ、冗談だよ! これからは野良仕事も頑張るか…
お武家様、あなたには大変お世話になりました。お礼の言葉もありません
せめてこれをお受け取りください!
これからは、ほどほどな釣り仲間としてよろしくお願いします!

「蘭奢待(☆☆☆)」×1を入手しました
「志那都比古神の息吹(☆☆☆☆)」×1を入手しました
「闇御津羽神の雫(☆☆☆☆)」×1を入手しました

【つり作】
親父が釣り上げた一番の大物、それは…
俺たちの母ちゃんだったのかもしれません。…ふっ。とんだ釣り馬鹿一家でしたよ!
【つり蔵】
いい親父でした…。きっと天国から俺たちのことも釣り上げてくれますよ…
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容

・信之様なら…(高梨内記)
・何とかなりませんか!(堀田作兵衛)
・へっちゃらです!(くのいち)
・いなくなってしまったのですね(村松殿)
・徳川の軍は近い!(横谷重氏)
・…………(真田昌幸)
民救出任務(お役目)
【真田幸村】
堤防を築いてくれる民の到着が遅れている。もしかすると徳川軍に襲われているのやもしれぬ
我ら真田に味方してくれる大切な民だ。必ず助け出してやらねば…
【民兵】
ゆ、幸村様ぁ! お助けくださいぃ!
【真田幸村】
やはり徳川が…! いま助けるぞ!
【民兵】
助かりました…。皆で堤防作りに向かっていたところを襲われまして…
【くのいち】
散り散りに逃げたってとこかにゃ? ぱぱっと助けに行きましょうか
【徳川軍兵士】
真田に味方する者が近くにいるはずだ! 探せ!
【真田幸村】
真田の民に手出しはさせぬ! 民が襲われる前に追い払うぞ!
【町人】
ひぃ、お助け! …あ、幸村様…
【真田幸村】
無事でよかった。近くの敵は追い払ったゆえ、そなたは堤防を頼む
【忍者隊長】
のこのこ城を出るとは愚かな…。これぞ好機、ここで討ち取ってくれる!
【真田幸村】
民を見捨てるのが賢明なはずがない! 私もまた、かようなところで倒れはせぬ!
【町人】
弟よ、この窮地、共に切り抜けるぞ!
【町人】
はい、兄者! 背中はお任せあれ!
【町人】
お助けいただきありがとうございます、幸村様! 堤防は俺たちにお任せください!
【町人】
俺たち兄弟の力ですぐに完成させてみせますよ!
【くのいち】
仲のいい兄弟でしたね。幸村様と信之様みたいな…って、すみません
【真田幸村】
よい。進む道を違えようと、仲違いをしたわけではないからな
【民兵】
うわ!? 敵がこっちにも…!
【真田幸村】
待て、私は…! …逃げられてしまったか。追いかけるぞ
【民兵】
あ、あれ? 幸村様? 徳川の兵じゃなかったんすか
【くのいち】
そそっかしいんだから…作兵衛っちかと思った。近くに徳川はいないんで、堤防のほうよろしくね
【真田幸村】
これですべての民を助け出せたか…。皆、大事なくてよかった
私も急ぎ戻り、戦に備えねば…
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・俺も堤防作りに向かうところです(町人)
・先に行った連中が襲われたらしい(町人)
・あんたたちも気をつけなさい(町人)
・(真田幸村/時間切れで失敗時)
MAP
上田城でのセリフ/民救出任務(お役目)クリア後
【村松殿】
おかえりなさい、幸村
【真田幸村】
ただいま戻りました、姉上。戻れなかった民は徳川の者に邪魔をされていたようです
【村松殿】
そう…あなたに行ってもらってよかった。民が無事で何よりです
【真田幸村】
はい、姉上!
--------------------
【真田幸村】
…よし、準備は整った。徳川の部隊も近いようだな…
私はただ、信じる道を進むのみ! この戦に勝利し、皆を守り通してみせる!
--------------------
【村松殿】
あの子、とても思い詰めているようでした。もっと話を聞いてあげればよかった
【真田幸村】
佐助ですか? はい、私が至らぬばかりに…
【村松殿】
でも、なぜかまたすぐに会えるような気がいたします
【真田幸村】
姉上…。はい、私も同感です
--------------------
【真田幸村】
父上。徳川の軍が迫っていると報せがありました
【真田昌幸】
…始めるか。手はずどおりにせよ
--------------------
石戸城の戦い
【概況】
--------------------
徳川家康が上杉征伐に出陣した隙を狙い、石田三成が挙兵、軍を東に向けた
報せを聞いた家康も直ちに軍を西へ返す。このとき真田昌幸・幸村父子は家康から離反し上田に戻った
家康は西上する軍を二手に分けた。一方の主軍は自ら率いて東海道を進む
もう一方の別働隊は徳川秀忠が率いて中山道を進んだ。この中には徳川配下に残った信之がいた
--------------------
【くのいち】
信之様と戦うことになるんすね…
【真田幸村】
皆、己の心に従って決めたことだ。あとは悔いのない戦をするのみ
--------------------
昌幸・信之・幸村、それぞれの決断は真田の家を割ることとなり、家臣たちも敵味方に分かれた
そんな中、秀忠・信之率いる徳川軍別働隊が上田城の支城・戸石城に迫ろうとしていた
--------------------

【戦闘前イベントセリフ/上田攻め】
--------------------
三成の挙兵を受け、西上する家康は軍を二手に分けた。一方は家康自ら率いて東海道を進む主軍
一方の別働隊は秀忠が率いて中山道を進んだ。その途上には、真田の本拠地・上田城があった
--------------------
【徳川秀忠】
間もなく上田だな
【真田信之】
…はい。されど真田など取るに足らぬ相手。上田は捨て置き、急ぎ軍を西上させるべきと存じます
【徳川秀忠】
いやいや、左様な真似をして背後を突かれたら何とする
何と言っても相手は父上に幾度も苦杯をなめさせたあの真田昌幸。捨て置くのはあまりに危うい
【真田信之】
…しかし…
【徳川秀忠】
まさか身内を攻めるのは忍びないなどと申すまいな、真田信之
【稲姫】
秀忠様、その仰りようはあまりに…!
【真田信之】
稲、よせ
【稲姫】
けれど、信之様…!
…はい、申し訳ございません
【真田信之】
承知いたしました、秀忠様。けれど、時をかけてはいられないのも事実。一気呵成に攻め落としましょう
【徳川秀忠】
数ではこちらが圧倒的なのだからな。踏み潰してやろうぞ
【真田信之】
…ははっ
【稲姫】
……
【くのいち】
徳川軍、こちらへ向かって参ります
【真田幸村】
ありがたい。無視されては手の出しようがなかったが…これで父上の策もうまくいく
【くのいち】
…先鋒は信之様の様子です
【真田幸村】
ここは巧みに退いて、敵を引きつけるのが父上のお考え。兄上との勝負はまた後日となろう
【くのいち】
…はい!

【戦闘中セリフ】
【真田幸村】
徳川軍は食いついてくれた。さらに引きつけるのが我らの役目
【真田幸村】
この城は捨て、上田に退くぞ。…兄上ならお見通しやもしれぬが
【くのいち】
幸村様、上田への道は確保してあります。そこまでの道は切り開きますんで
【真田幸村】
助かる。だが無理をするな。…撤退する!
【真田信之】
簡単に城を捨てるか。父上の狙いはやはり… いずれにしろ戸石城は押さえておくべきだな
【真田幸村】
さすがは兄上、迅速に兵を進められる
--------------------
【戦闘中ムービーセリフ/幸村の忍び】
【服部半蔵】
我が動き…読んだのは見事
されど、情に曇った刃で我を討てると思うか
【佐助】
オレは、師匠と戦う気なんて…
【服部半蔵】
笑止
任の妨げとなるものは、討つ
【佐助】
師匠…!
【服部半蔵】
答えろ、佐助
今のお前の任はなんだ
【佐助】
…オレ…オレは…
【服部半蔵】
任を忘れた野良犬には、我が引導を渡してやろう
【真田幸村】※回想
行き場がないのなら、私の元にいればいい
【佐助】
オレは…幸村様の忍びだ!
【服部半蔵】
ならば、己が任を全うせよ
【佐助】
…はい!
--------------------
【服部半蔵】
…参る
【佐助】
幸村様はやらせねえ!
【くのいち】
幸村様、佐助が…!
【真田幸村】
…戻ったか、佐助
【くのいち】
上田でボロ負けしたくせに性懲りもなく。徳川のお歴々は覚えが悪いんすかね?
【酒井家次】
おのれ、減らず口を! あの者、必ず討ち取ってくれる!
【服部半蔵】
…こたびは譲っておく
【佐助】
待てよ、師匠! …くそ、まだ本気じゃ相手にしてくれねえってことか
【稲姫】
幸村がこんなにたやすく城を捨てて逃げ出すなんて…
【真田信之】
父上の誘引策だ。そうとわかっていても追うしかないが
【稲姫】
信之様…
【鈴木忠重】
さすがは幸村様の忍び…めざといな
【佐助】
こいつ、昌幸様の家来だったんじゃ…。…お家が割れるってのはこういうことだよな
【真田幸村】
道は開けたな。よくやってくれた
【くのいち】
じゃじゃーん! 幸村様の影武者二人、ご用意しました!
【大久保忠隣】
幸村が増えた…? ええい、すべて討ち取ればよいのだ!
【真田幸村】
私は一人でも大丈夫だ。あの者らを守ってやってくれ
【佐助】
影武者守ってどうすんだよ…。ほんっとしょうがねえな、この人
【真田信之】
影武者か…。むやみに攻めても幸村に時を与えるだけだ
【くのいち】
もっと幸村様らしく見せなきゃダメじゃん! 気合入れて、気合〜!
【真田信之】
思いのほかよく働く…。これでは幸村を知らぬ者には見分けがつくまい
【本多忠政】
どっちが本物だ? …そうか! 忍びが守っておるほうが本物に違いないぞ!
【佐助】
そういうつもりじゃなかったんだけど…。ま、囮にはちょうどいいってことか
【くのいち】
あっしの手配りに抜かりはありませんぜ
【佐助】
…そろそろっすね
【真田幸村】
わかっている。この地を抜けるとしよう
【くのいち】
…佐助とか当てになんないし。コーハイは黙って見てなよ!
【佐助】
…相変わらず、いい腕してんね
【真田信之】
一人だけ道をそれて…? あれが本物の幸村か!
【稲姫】
稲も参ります!
【くのいち】
幸村様、ここは任せてください。先に上田に戻って戦の準備をお願いします
【真田幸村】
無理をするな、時を少しでも稼げばよい。…佐助、のちほど上田でな
【佐助】
…はいはい。そんじゃさっさと片付けて後を追いますか!
【佐助】
わかんねえな。あんた、幸村様のこと大事にしてたじゃん
【真田信之】
だからこそだ。互いの思いに嘘はつけぬ
【佐助】
…それも家族だから? やっぱよくわかんねえ
【佐助】
あんたはやっぱ信之様が徳川について嬉しいわけ?
【稲姫】
…そんな風に思えたら、苦労しません
【佐助】
ふうん? めんどくさい性格してんね
【稲姫】
大きなお世話です!
【稲姫】
幸村…本気なのですね
【真田信之】
…ひとまずはここまでか。秀忠様、思い直してくださればよいが…
【くのいち】
…さて。あたしは上田に帰るけど。あんた、どうすんの?
【佐助】
…オレも行くよ
難易度 ★★★★★★★
開始時刻
制限時間 12時間
勝利条件 真田幸村の退却地点への到達
敗北条件 真田幸村とくのいちいずれかの敗走
手柄 佐助で服部半蔵を無双奥義で撃破
真田幸村の体力を一度も減らさずに勝利
影武者を一人も敗走させずに勝利
次の一手 酒井家次を挑発
忍者で夜間視界を確保
くのいちが影武者を鼓舞
基本戦評 クリア時間:00'07''10【S】
武将撃破数:21【S】
被ダメージ:なし
護衛被ダメージ:小【S】
総合評価【S】
MAP
上田城でのセリフ/石戸城の戦いをクリア後
【真田幸村】
佐助が戻ってきてくれたか…。これでもはや何の憂いもない
--------------------
【高梨内記】
いよいよですな、幸村様! この内記、長年のご恩に報ずるは今と…!
【真田幸村】
落ち着け、内記。気負いすぎだ
【高梨内記】
おっと、これは失礼を。すー…はー…
--------------------
【堀田作兵衛】
こうなったら、俺も腹をくくります! 上田を…真田を守りたいですから!
【真田幸村】
よく言ってくれた、作兵衛! 共に戦い抜こう!
--------------------
【横谷重氏】
信之様が来られたのですね…
【真田幸村】
…幸重も来ているだろう
【横谷重氏】
覚悟はできております。何なりとお命じください、幸村様!
--------------------
【村松殿】
お帰りなさい、幸村。…うふふ、よいことがあったようですね
【真田幸村】
はい、姉上!
--------------------
【真田昌幸】
うまく引き付けたな。よくやった、幸村。…配下の者をねぎらってやれ
【真田幸村】
はい、父上。ありがとうございます
--------------------
【真田幸村】
二人とも!

【イベントセリフ/おえかり】
【くのいち】
……
【佐助】
……
【真田幸村】
よく戻ってくれた、佐助
【佐助】
…ども
【くのいち】
……
【真田幸村】
戦はこれからが本番だ。そなたたちがそろっているのは何より心強い。改めてよろしく頼む
【佐助】
…うす
【くのいち】
……
【真田幸村】
では、あとは任せた
【くのいち】
はい
【佐助】
……
【くのいち】
……
【佐助】
…あのさ
【くのいち】
ケジメ、つけてきたの?
【佐助】
…ああ。オレは、幸村様の忍びだ
【くのいち】
二番手だけどね。それは忘れないこと
【佐助】
はいはい、一番はあんたね、センパ…
【くのいち】
……
【佐助】
……
【くのいち】
なに、もうセンパイに対する敬意をなくしたわけ?
【佐助】
…ハナから敬意とかねーし
【くのいち】
うわ、やっぱムカつく! 帰れ!
【佐助】
…帰るとこ、ここだし
【くのいち】
そういえばそうだった
【佐助】
……
【くのいち】
おかえり
【佐助】
…ただいま、センパイ
--------------------

※操作が佐助に切り替わる

--------------------
【佐助】
何も聞かれなかった…。責められたっておかしくないのに
もう一つ…ケジメつけないとな
--------------------
【くのいち】
くく…これででっかい貸しができたよねえ、佐助くん?
【佐助】
うわ…ちょっとでもしんみりしたオレが馬鹿だった…
--------------------
【高梨内記】
こりゃ、お主! この大事にどこへ行っておった!
【佐助】
すんません、これから頑張りまーす
--------------------
【堀田作兵衛】
あ! あんた、どこ行ってたんだ!? 俺だって怖いの我慢して頑張ってるのに…
【佐助】
…ほんと、怖い怖い言ってるけど、あんた逃げずに頑張ってるよね。大したもんだよ
【堀田作兵衛】
え!? そ、そうか? あはは…
--------------------
【佐助】
幸村様、オレは…
【真田幸村】
佐助が私の元で共に戦うと決めてくれたのなら私はそれでいい
徳川との戦、これからが正念場だ。頼みとしているぞ、佐助
【佐助】
…はい!
--------------------
【横谷重氏】
なんだ、お主、戻ったのか。私が幸村様一番の忍びになれると思ったのに…
【佐助】
…オレがいてもいなくても無理っしょ。一番は不動らしいから
--------------------
【村松殿】
あらあら、あなたはもお帰りなさい
【佐助】
…ども
【村松殿】
うふふ。やっぱり、愉しそうな顔をしていますよ?
【佐助】
それじゃ忍び失格だよ。…いいけど
--------------------
【イベントセリフ/仇討ち】
【真田昌幸】
殺気がなくなったな
【佐助】
…気づいてたんだ
【真田昌幸】
隠しているつもりだったのか
【佐助】
言ってくれるじゃん。それなのに、なんで真田に置いといたのさ
【真田昌幸】
幸村が見込んだ者であるなら、使い出があるのだろうと思ってな
【佐助】
…言っちゃなんだけど、幸村様、お人好しですぐコロッと騙されると思うんだけど
【真田昌幸】
それはものの捉え方が浅い。あれは信頼できぬ者をそばに置いたりはせぬよ
【佐助】
……
【真田昌幸】
隙あらばこの首を取るよう、家康に言われていたか?
【佐助】
別にそこまでは。殺気が隠せなかったのは私情かな。そりゃ師匠にも愛想尽かされるや
【真田昌幸】
ほう。恨みを買っていたか
【佐助】
親が三方ヶ原で死んだんでね
【真田昌幸】
…なるほど。承知した
【佐助】
……
【真田昌幸】
仇討ちがしたいのなら、この戦のあとにしてくれるか
【佐助】
…いらねーよ。そんなのはオレの戦う理由にならない
【真田昌幸】
…ほう
【佐助】
なんだよ
【真田昌幸】
やはり幸村には見る目があるようだ。あれの力になってやってくれ
【佐助】
…言われなくても
--------------------

※操作が真田幸村に切り替わる

--------------------
【真田幸村】
よし、二人ともそろった。私の準備も整っている。…兄上、決着と参りましょう
--------------------
【横谷重氏】
兄上に恥ずかしくない働きをしてみせますぞ!
【真田幸村】
その意気だ。私も同じ思いで務めよう
--------------------
【真田昌幸】
ここから正念場だ。気を抜くな、幸村
【真田幸村】
はい、承知しております!
--------------------
【くのいち】
信之様は戸石城に留まっていてくれたりしませんかねえ…
【真田幸村】
…難しいであろうな
【くのいち】
にゃー…
--------------------
【高梨内記】
…落ち着きましたぞ、幸村様。我が心、明鏡止水。今や…
【真田幸村】
…内記、何事もほどほどにせよ。戦はこれからぞ
--------------------
【村松殿】
信之と、本当に戦になってしまったのですね
【真田幸村】
はい、姉上…申し訳ございません
【村松殿】
謝ることはないでしょう。あなたも信之も、そしてもちろん父上も、なんら己に恥じるものはないはずです
【真田幸村】
…はい、姉上。無論です
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・ふふん(くのいち)
・ケリは自分の手で…(佐助)
・決戦の時!(高梨内記)
・いよいよですね…(堀田作兵衛)
・よく戻ってくれた(真田幸村)※操作が佐助の時
・兄上…(横谷重氏)
・まあまあ…(村松殿)
・ご苦労(真田昌幸)
上田城の戦い
【概況】
--------------------
徳川軍に攻められた真田幸村は早々に戸石城を放棄、上田城に帰還した
勢いづいて上田城に攻めかかる徳川軍。ところが城を囲んだまではよいが、以後は積極的な攻勢に出なくなる
--------------------
【真田幸村】
父上、この敵の動きは…
【真田昌幸】
妙であるな。時を稼いであちらに何も益はあるまいが
--------------------
自軍のこの不自然な動きに、当然、真田信之も気づいていた
--------------------
【真田信之】
これは…。まさか、秀忠様…

【戦闘前イベントセリフ/信之激昂】
--------------------
戸石城の攻略の勢いに乗り、上田城を囲んだ徳川の大軍であったが、攻略は遅々として進まなかった
--------------------
【稲姫】
やはり義父上の策に、皆、翻弄されているのでしょうか?
【真田信之】
…いや、そもそも攻め手が緩い。これでは…
【稲姫】
信之様!?
【真田信之】
秀忠様! ここは数の強みを活かし、一気に押し潰すべきです!
【徳川秀忠】
まあ待て。相手はあの真田昌幸、お主の父だぞ? どんな策があるかわからぬ。力攻めなどもってのほか
【真田信之】
…ならば、はじめから捨て置けばよかったのです
【稲姫】
信之様…!
【真田信之】
上田一つにこだわっておきながら、この緩い攻め方。これではあえて時を無駄にしているとしか思えませぬ!
【徳川秀忠】
そのとおりだ。ようやく気づいたか
【稲姫】
秀忠様、何を!?
【真田信之】
…やはり、そのようなお考えでしたか。それほどまでにお父上、家康様のことが…
【徳川秀忠】
ああ、疎ましい。大義を掲げながら、どんな非情な手も厩わぬ親父殿が恐ろしい!
知っておるか、あの方はな、生き延びるため妻や子にまで死を命じたのだぞ!
【真田信之】
……
【徳川秀忠】
そのような男の天下取りなど、どうして手伝って…
【真田信之】
甘ったれるのもいい加減にされよ!
【徳川秀忠】
…なっ…
【稲姫】
信之様!?
【真田信之】
覚悟もなく、何事を成せるものか!
家康様は数多の死を背負い、その死を足を止める口実とせず、覚悟をもって進んでこられた!
その覚悟の是非を問うのなら、己もまた覚悟をもって当たられよ! 我が父と弟が今そうしているように!
【徳川秀忠】
……
【稲姫】
…信之様…
【真田信之】
…ご無礼をいたしました。真田の覚悟、これよりお目にかける!
【真田幸村】
何やら寄せ手の動きが変わったようです
【真田昌幸】
…信之が出てくるな
【真田幸村】
! 兄上が…
【真田昌幸】
ここからが正念場ぞ、幸村
【真田幸村】
はい…!
--------------------

【戦闘中セリフ】
【真田昌幸】
これだけの軍をよく動かしているな、信之。策の振るいがいがあるというものよ
【真田信之】
…父上、参ります。城は包囲した! 二の丸へ攻めかけよ!
【真田幸村】
兄上は本気だ…。ならば全力をもって当たらねば!
【真田信之】
敵が動いた隙を突け! 出丸になだれ込むのだ!
【真田昌幸】
なるほど、頼幸たちは囮か。よい采配だが…思うつぼである
【真田信之】
どうも誘われているようだ…。全軍、注意して進め!
【くのいち】
さて、忍びのお仕事はっと…。敵が入り込むなら二の丸かにゃあ?
【大久保忠隣】
こんな小勢相手に何をもたもたと。踏み潰してしまえばよいではないか
【酒井家次】
どうせ身内相手で手を抜いておるのだ! 信之になど任せておれぬ。進め!
【真田昌幸】
総攻撃に出てくれたか。もてなしの用意は十分だ。二の丸に引きずり込め
【真田信之】
止まられよ! むやみに突っ込んでは父上の思惑に…!
【真田幸村】
間もなく父上の策が成る…もう少しの辛抱だ
【稲姫】
秀忠様、信之様が城への攻撃を始めました
【徳川秀忠】
…本当に始めおった。私への当てつけに、本気で父や弟と戦う気か
【真田昌幸】
よし、頃合である
【真田昌幸】
真田の策、味わってゆけ
【大久保忠隣】
な、なんだ!? どこから鉄砲が?
【真田昌幸】
攻め時である。突き崩せ
【真田信之】
父上の思うようにやられてしまったか…。しかし、手の内は読めた。これで…
【徳川秀忠】
敵を引き入れての一点集中…。小勢であるがゆえの戦ぶり。これが真田か…
【真田幸村】
さすがは父上。敵の勢いを利用して…。戦を導くには敵の心を読まねばならぬのだな
【真田昌幸】
ふむ、まだ鉛玉が足らぬと見える
【真田昌幸】
さらに撃ちかけよ。二の丸から逃がしてはならぬ
【徳川軍兵士】
なんて奴だ…なんて恐ろしい…
【真田昌幸】
こんなところか。十分だ
【真田昌幸】
敵に下がってもらっては困る。出丸の橋を上げよ
【稲姫】
これでは出丸にいる味方は二の丸に飛び込むしかない…! 義父上…
【出浦昌相】
昌幸様に策があるのは当然のこと…。思いどおりにさせるわけにはまいらぬ
【真田信之】
この戦局を覆すには…。父上、幸村! 勝負!
【真田昌幸】
来るか、信之。確かにわしらを討ち取るのが手っ取り早い。だが…
【服部半蔵】
出丸への橋を架けん
【佐助】
師匠! あんなところに…!
【真田信之】
泰平を…真田を守る。そのために、父上には負けられません
【真田昌幸】
よくぞ申した。ならば、わしにも心残りはない
【横谷幸重】
信之様、ご命令どおり二の丸に忍び込み斉射を止めてまいりました
【真田信之】
幸重、玄蕃、よくやった。これで楽に戦えるはずだ
【真田昌幸】
なるほど、今度は自らが囮か、信之。なかなかやるようになった
【高梨内記】
二の丸にはわしらがおります。大手門は守り抜きますぞ!
【横谷幸重】
鉄砲が止まった今、二の丸を抜くのはたやすかろうが…
【服部半蔵】
任の邪魔はさせん
【真田幸村】
内記、重氏、そなたたちが頼みだ!
【高梨内記】
お任せあれ! 真田のお家は必ずお守りいたします!
【横谷幸重】
…真田のために戦うは同じか。全力をもって当たらねばなるまい
【真田昌幸】
本丸に踏み込まれては我らに為す術はない。急ぎ敵を除き、城を守れ
【真田昌幸】
しょせん我らは小勢。門を抜かれれば押し潰される。左様心得よ
【横谷重氏】
兄上、ここは昌幸様と幸村様の勝ちです。どうかお退きあれ
【横谷幸重】
気が早いな、重氏。左様な驕った台詞は、この兄を倒してから申してみよ!
【真田幸村】
半蔵殿、申し訳ありませんが佐助をお返しするわけにはまいりませぬ
【服部半蔵】
好きにすればよい。我にはすでに無縁の者
【真田幸村】
…左様か
【真田信之】
もはや語ることはないな、幸村
【真田幸村】
はい、兄上! 我が思いのすべては、この槍に!
【佐助】
ちくしょう、また逃げられた!
【くのいち】
逃げてくれたほうがいいじゃん。相手してたら命がいくつあっても足りないよ
【徳川秀忠】
…ここは我らの負けだ。軍を退くぞ。信之、下がれ。稲は退路の確保をせよ
【真田信之】
秀忠様、私はまだ…! …くっ、承知いたしました
【真田幸村】
兄上は下がられたか…。だが、これで終わりではないはずだ
【真田昌幸】
…手強い戦をするようになりおって。まったく、誰に似たのだ
【高梨内記】
合力くださるか! これは心強い!
【横谷重氏】
ご助勢かたじけなし。奮戦いたします
【徳川秀忠】
真田の覚悟、か…。見せつけてくれおって。ふん、我らも急ぎ退却するぞ!
【稲姫】
秀忠様…。はい、殿軍はこの稲にお任せください!
【稲姫】
猪突はなりません! 引き返しなさい!
【真田昌幸】
よし、敵は退き始めたな。もう一当てしておくとしよう
【真田昌幸】
先への手配りはしてあるが、少しでも戦力を削っておけ
【稲姫】
このままでは味方の被害が増すばかり…。急ぎ退いてください!
【真田昌幸】
わしの手で真田を割ることになろうとはな。…許せ
【稲姫】
義父上、お考え直しいただけませんか
【真田昌幸】
無駄と知っていても問わずにはおられぬか。まこと、信之は良い嫁をもらった
【稲姫】
…そのような…
【真田幸村】
残念な仕儀と相成りました、義姉上
【稲姫】
…本当に。残念なこと
【真田昌幸】
…赤備えは、やはりお前に合うな
【稲姫】
ここまでですね…。撤退します!
【真田幸村】
…兄上…
【真田昌幸】
……

【戦闘後イベントセリフ/秀忠軍撤退】
【真田幸村】
徳川軍、退いていきます!
【真田昌幸】
十分引きつけたと言ってよいが…もう一押ししておくか
【真田幸村】
はっ、追撃に移ります!
【真田昌幸】
信之はわしの打つ手を心得ておろう。やぶ蛇にならぬようにせよ
【真田幸村】
心得ました!
【真田信之】
秀忠様、なにゆえ軍を退かれます。不覚を取りましたが、次こそは必ず…
【徳川秀忠】
もうよい。真田の覚悟、十分見せてもらった。これ以上、親兄弟で争う必要はない
【真田信之】
秀忠様…
【徳川秀忠】
そもそも、かようなところで時を無駄にしてはおられぬだろうが! 急ぎ関ヶ原へ向かうぞ!
【真田信之】
…ははっ
(…だが、父上はたやすく退かせてもくれまい…)
難易度 ★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 16時間
勝利条件 徳川秀忠の撃破
敗北条件 真田昌幸と真田幸村いずれかの敗走、または
敵武将いずれかの大手門到達
手柄 二の丸で敵武将を4人以上を撃破
服部半蔵を無双奥義で撃破
日没までに勝利
次の一手 真田昌幸が鉄砲砦を鼓舞
撤退する敵武将を小山田信誠で足止め
真田幸村が高梨内記と横谷重氏を鼓舞
基本戦評 クリア時間:00'08''45【S】
撃破数:1432【S】
武将撃破数:25【S】
被ダメージ:なし【S】
総合評価【S】
MAP
染谷台追撃戦
【概況】
--------------------
真田昌幸は縦横に策を尽くし、上田の地で再び徳川の大軍を撃退した
この大敗と信之の一喝で己の非を悟った徳川秀忠は軍を退かせ、関ヶ原へ急行せんとしていた
--------------------
【徳川秀忠】
ふん、真田の覚悟…見せつけてくれたものよ
--------------------
しかし、これをみすみす見逃す昌幸ではなかった。幸村を陣頭に、染谷台まで後退した徳川軍を追撃する
--------------------
【真田幸村】
私が守るべき方々のため…兄上、退いていただくわけにはまいりません!
--------------------
父子、兄弟が己の信念と覚悟を懸けた、「真田の戦」が決着を見ようとしていた
--------------------

【戦闘中セリフ】
【真田信之】
敵が南北より迫っている! この橋を渡り、急ぎ退くのだ!
【真田昌幸】
北で内記が工作をしてくれている。我らはそれまで敵を引き付けるぞ
【服部半蔵】
…まず、将を落とす
【高梨内記】
幸村様、もう少しで神川の堰を壊せます! 敵を一気に押し流してくれましょう!
【真田幸村】
いいぞ、内記。工作が終わるまでは私が必ず守り抜く!
【真田信之】
この橋は以前はなかったはず。おかげで大軍を退却させられたが…
【真田昌幸】
よし、十分敵の目を引き付けだな
【佐助】
さすがは信之様の指揮、敵が崩れないね。この速さで逃げられるとまずいかも
【真田昌幸】
手の者に合図を送れ。徳川の者どもを混乱させよ
【真田信之】
父上の配下が味方に紛れていたか…。これでは退却もままならぬ
【真田信之】
この散発的な攻撃…。父上はどうやら、我らを中央の橋付近に釘付けにしたいようだ
【真田信之】
そうか…橋に集まった兵を一網打尽に…! 川上の伊勢崎城を押さえねば危ない!
【真田信之】
中央の橋付近の兵は即刻、橋から離れよ! 他の部隊は安全を確保するまで待機だ!
【真田昌幸】
やはり信之には見抜かれたか。兵を壊滅させるまでに至らぬであろうな
【真田昌幸】
しかし、足止めには十分。この軍が本戦に間に合わねば、あの坊主とて
【真田幸村】
三成殿の勝利を確実にするため…兄上、秀忠殿の軍はここで潰えていただく…
【徳川秀忠】
…父上に異を唱えるためにも、覚悟をもってここを切り抜けねばならぬ。そうだな、信之
【真田信之】
防げなかったか…! ここは態勢を立て直さねば…
【高梨内記】
お守りいただきありがとうございます! ちょうど工作も終わりましたぞ!
【真田幸村】
よくやってくれた、内記! これで父上の策が成る!
【真田昌幸】
よし、偃を切れ。…神川の怒り、見届けよ
【大久保忠隣】
何事だ!? 退路の橋が壊されただと…!
【真田幸村】
今だ! 一気呵成に攻め立てよ!
【稲姫】
せき止めていた水を一気に開放して橋ごと押し流してしまうなんて…!
【徳川秀忠】
…信之が気付かねば壊滅していたな。私は何を見て…いや。まだだ
【酒井家次】
やっとのことで着けば退路がないだと…! どういうことだ!
【来福寺左京】
昌幸様! 残りの味方もかき集めてまいりました!
【真田昌幸】
大儀である。敵の混乱に乗じ、ことごとく討ち取れ
【徳川秀忠】
南北に跳ね橋があるな…。あの橋を架けて味方を救う。稲も頼んだ
【稲姫】
秀忠様自ら出られるのですか!? …はい、稲も必ず務めを果たしてみせます!
【真田昌幸】
あれは…? 秀忠が自ら動いたのか? 風評とは少し違う人物と見える…
【真田幸村】
これで徳川の軍に大きな痛手を与えられただろう
【小野忠明】
秀忠様が前線に出られるとは…。我らも奮戦せねば!
【民兵】
わしらも幸村様と共に戦います! みんな、徳川をぶっ倒すぞー!
【真田幸村】
そなたたちはこの前の…! ありがたい、だが無理をするな
【真田幸村】
徳川の勇将とお見受けした! 一手お相手願う!
【徳川秀忠】
残る者は、この橋より退却せよ!
【徳川秀忠】
大将首はここぞ! 真田の者どもよ、武勲が欲しくば我が元へ参れ!
【堀田作兵衛】
昌幸様と幸村様のため、ここは通さない! 俺たちが相手だ!
【徳川秀忠】
くっ…私は昌幸の掌の上か…
【真田昌幸】
まさか大将自ら動くとは思わなんだがな。心意気は見事だが、潰させてもらう
【伝令】
伝令! 西進中の家康様、石田の兵の奇襲を受け、お討死!
【徳川軍兵士】
い、家康様が討死!? 徳川はもう終わりだ!!
【真田昌幸】
素直な者が多くて助かる。これで勝利を決められるか
【真田幸村】
良き勝負でした。礼を申す!
【堀田作兵衛】
徳川秀忠…初陣の若造って聞いたけど、えらく強そうじゃないか…
【高梨内記】
徳川秀忠はこれが初陣だそうですな。道理で動きが硬い硬い!
【高梨内記】
それに引き替え、若の初陣のときのご活躍といったら! かの謙信めを…
【真田昌幸】
…内記、いい加減、若はよせ
【真田昌幸】
家康の跡取りはなかなか腹が据わっておる。噂など当てにならぬものであるな
【徳川秀忠】
お主の息子に、こっぴどく叱りつけられたのでな
【真田昌幸】
…ほう? あれは怒らせたら怖いからな
【真田幸村】
義姉上が兄上を支えてくださること、とても嬉しく思います
【稲姫】
…勝手なことを言わないで。信之様はあなたにこそ…
【真田信之】
秀忠様は徳川を…泰平を背負うお方! ここで討ち取らせはしない!
【真田昌幸】
…やはり決着をつけねばならぬか
【真田幸村】
兄上! 決着と参りましょう!
【真田信之】
秀忠様、無茶をなさる…。ここは私にお任せください
【徳川秀忠】
…いらぬ口出しであったな。悔いの残らぬよういたせ
【稲姫】
戦が終われば、また沼田へおいでください、義父上
【真田昌幸】
戦が果てたのちに、互いに無事であればな
【稲姫】
それは大丈夫です。信之様が必ず、皆で生き延びる道を探してくださいます
【真田昌幸】
…左様か
【稲姫】
お見事です、義父上、幸村。でも…
【真田信之】
いっそう強くなったな、幸村。今のお前の槍には何の迷いもない
【真田幸村】
ありがとうございます。兄上の揺るがぬ信念に倣わんとしたまでです
【真田信之】
どれだけ智勇を尽くしても父上には遠く及ばない…そのことを痛感しています
【真田昌幸】
馬鹿を申せ。お前はわしなどとうに越えておるよ
【真田信之】
私は家康様の元で泰平を成すと誓った! ここで負けるわけにはいかない!
【真田信之】
撤退する! …父上、幸村、真田の戦、見事でした
【真田昌幸】
譲れぬもののため戦い抜いた、お前の戦もまた真田の戦だ、信之
【真田幸村】
…譲れぬもののために…。…三成殿は、志を遂げられただろうか…
難易度 ★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 24時間
勝利条件 敵武将をすべて撃破

真田信之が出現したあとは
真田信之の撃破に変更
敗北条件 真田昌幸と真田幸村いずれかの敗走、
または真田信之の伊勢崎城への到達

真田信之を撃破したあとは
真田昌幸と真田幸村いずれかの敗走に変更
手柄 真田幸村で真田信之を無双奥義で撃破
味方武将の体力を一度も半分にさせずに勝利
すべての敵武将を撃破
日没までに勝利
次の一手 小野忠明らを民兵で足止め
撤退する敵武将を伏兵で撹乱
堀田作兵衛らを鉄砲隊で援護
敵軍を偽情報で撹乱
基本戦評 クリア時間:00'13'21'【S】
武将撃破数:32【S】
被ダメージ:なし【S】
味方武将敗走数:0【S】
総合評価【S】
MAP
ガラシャ捜索戦
【概況】
--------------------
挙兵した石田三成は、大坂在住の大名家の妻子を人質として押さえようとする
戦を早期に決着させるための一つの手段であったがその対象には細川家と縁を持つガラシャも含まれていた
彼女を二度と戦乱に巻き込むまいとしていた茶々にはとうてい看過できる事態ではなかった
--------------------
【茶々】
あの子には手出しをさせません
--------------------
三成を訪問するため、茶々は三成の陣を訪ねた
--------------------

【戦闘前イベントセリフ/ダチの危機】
--------------------
挙兵に際し、三成は大坂詰めの大名の妻子を人質として押さえようとする。その中にはガラシャも含まれていた
--------------------
【茶々】
なぜです!? 明智光秀の娘など、今となってはなんの価値もないでしょう
【石田三成】
光秀の娘というだけではありません。彼女は細川家とも縁がある。捨て置けません
【茶々】
そもそも人質など、下劣な…
【石田三成】
なんと言われても結構。不確定要素は極力取り除いておきたい
【島左近】
気が乗りませんが、やむを得んでしょう。どうかご承知ください
【茶々】
…吉継、あなたも同意しているのですか
【大谷吉継】
避け得ぬ流れかと存じます
【茶々】
……
…承知しました。ならば、私も同道します
【石田三成】
何を…
【茶々】
捕らえるのなら、親交のある私がいたほうがいいでしょう。それともまさか討ち取ろうとでも?
【石田三成】
……
【大谷吉継】
ご協力感謝します、茶々様
【石田三成】
…好きにされよ
【大谷吉継】
茶々様…
【茶々】
吉継、今さら虫のいいことを言っているとわかっています
けれど、もしまだ少しでも私を浅井の姫として思ってくれる心があるなら、どうか私に力を貸してください
【大谷吉継】
…はい、御心のままに
【茶々】
…ありがとう…

【戦闘中セリフ】
【石田三成】
屋敷を守る者を退け、光秀の娘を確保せよ
【ガラシャ】
茶々の申したとおり、戦になってしまった。…茶々は無事であろうか
【茶々】
無理にでも大阪を退去させていれば…。…待っていなさい、必ず助け出します
【石田三成】
観念してもらおう。こちらに来い
【ガラシャ】
…そうは参らぬ。わらわが人質となっては迷惑をかける!
【茶々】
待ちなさい! …何とか二人だけで会わないと…
【石田三成】
家康との決戦は近い。このような些事に時間をかける余裕はないぞ
【稲富祐直】
敵に囲まれたか…。もはや逃げるしかあるまい
【小少将】
結局、こういうとこになるのね。男どもの好きにはさせないわ
【茶々】
あの人は、魔性の…? あの子を助けに来てくれたのですね
【石田三成】
主を捨てる不忠者が…気に入らん
【石田三成】
ふん…。時間を無駄にしたか
【小少将】
あら、お姫様、期待してたのにな〜。お姉さん…すっごくがっかりしちゃったぞ?
【茶々】
…待って、違います! 話を聞いて…!
【島左近】
茶々様を好きにさせてよろしいので? 聞き分けがよかったのが不気味なんですが…
【大谷吉継】
…問題ない
【茶々】
あの子は私が必ず助けます。あなたには、そのあとの…
【小少将】
…そういうこと。いいわ。あなたは”わらわ”ちゃんのダチだものね
【大谷吉継】
茶々様、光秀の娘はどうやら城下の屋敷に隠れているようです
【茶々】
ありがとう。急ぎ見つけ出さなくては…
【盗賊頭】
有り金すべて置いていけ! さもなくば命はないぞ!
【町人】
ひいっ、お助けを…!
【茶々】
混乱に乗じて賊が入り込んでいる…。時間がないけれど、捨て置くわけには…
【金津助次郎】
姫君のため、ここを通すわけにはいかぬ!
【大谷吉継】
すでに主は降っている。無用な抵抗は身を滅ぼすぞ
【東軍兵士】
そ…そうなのか? それなら、ここにいたって…
【小笠原秀清】
わが身命を賭して姫君をお守りせん!
【島左近】
とっくに大勢は決してるんだ。ここで踏ん張っても馬鹿を見るだけだぜ
【東軍兵士】
なんと! 我らは捨て石とされたのか…急ぎ退くぞ!
【河北一成】
姫君から受けた日頃のご恩、ここでお返しする!
【ガラシャ】
これまで…なのか? 父上…師匠…茶々…
【茶々】
屋敷に火が…!? 死なせない…絶対に…!
【ガラシャ】
茶々!? 何をしておる、危ないではないか!
【茶々】
それはこちらの台詞です! …もう…本当にあなたは…
--------------------
【戦闘後イベントセリフ/さよならは言わないで】
【茶々】
間もなく戦が始まる。今のうちです。早く大坂を去りなさい
【ガラシャ】
茶々、わらわは…
【茶々】
またこのような事態に巻き込まれることがあっては、迷惑だと言っているのです
【ガラシャ】
…茶々…
【茶々】
二度と会うことはありません。…どうかお元気で
【ガラシャ】
嫌じゃ。また必ず会えると約束してほしい。そうでなければここを動かぬ
【茶々】
何を聞き分けのない…
【ガラシャ】
ダチと別れるのに聞き分けなどできぬ!
【茶々】
……
【ガラシャ】
今度こそ本当に泰平の世が訪れたなら、また二人で遊びに行こう。きっとじゃ。な、茶々……
【茶々】
…はい、必ず。だから、どうか無事に落ち延びてください
【ガラシャ】
わかった。茶々もどうか無事で。必ず、必ずまた会おうぞ−−
【石田三成】
茶々様、よくぞご無事で…
…あの娘はどうなさいました?
【茶々】
…自害しました
【大谷吉継】
……
【石田三成】
……
【島左近】
…殿、検分なさいますか?
【石田三成】
屋敷が火に包まれては検めようもあるまい
【茶々】
……
【石田三成】
茶々様、お手数をおかけしました。…引き揚げるぞ
【島左近】
はっ
【大谷吉継】
我々も戻りましょう、茶々様
【茶々】
吉継、私は…
【大谷吉継】
何も仰いませぬよう。三成もきっと聞くことはありません
【茶々】
けれど、私は三成に悪名を負わせることを…
【大谷吉継】
どのような評価も覚悟のうえです。あれは、そうした男です
【茶々】
…その覚悟が、戦を呼ぶ
【大谷吉継】
…はい
【茶々】
……
(止められなかった…。ごめんなさい、幸村)
(けれど、私にも救えた命があった…。そう、考えていいのでしょうか…)
難易度 ★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 10時間
勝利条件 プレイヤーのガラシャへの接近
敗北条件 茶々と石田三成いずれかの敗走
手柄 町人の体力を半分以上残して救援
丑の刻まで(6分以内)に勝利
次の一手 東側の敵軍を偽情報で撹乱
島左近が西側の敵軍を一喝
基本戦評 クリア時間:00'5''15【S】
被ダメージ:なし【S】
味方武将敗走数:0【S】
ミッション達成8/8【S】
総合評価【S】
MAP
関ヶ原の戦い
【概況】
--------------------
石田三成率いる西軍と、徳川家康率いる東軍は美濃・関ヶ原の地で対峙した
数の上では西軍が有利であった。東軍は徳川秀忠率いる別働隊がいまだ到着していなかったからである
--------------------
【徳川家康】
秀忠…何をしておる
--------------------
一方、西軍も全軍の結束という点で不安が大きかった。事実、豊臣恩顧の諸大名の多くが東軍に属していた
--------------------
【石田三成】
それでも我らが勝つ…。我らの義が、家康を必ず打ち倒す!
--------------------
天下分け目の大戦が、ついに始まろうとしていた
--------------------

【戦闘前イベントセリフ/別働隊の遅れ】
【徳川家康】
…秀忠の隊はまだ来ぬか
【本多忠勝】
いまだ姿が見えませぬ
【徳川家康】
……
【井伊直政】
何か不測の事態が起こったのやもしれません。秀忠様がご無事であればよいのですが…
【藤堂高虎】
…いかがなさいましょう、家康様
【徳川家康】
これ以上は待てぬ。明朝、決戦に及ぶ
【本多忠勝】
ははっ。数で互角であれば、我らが敗れる道理はございませぬ
【藤堂高虎】
根回しは万端です。現状でも不利はありますまい
【井伊直政】
最善を尽くし、必ずや徳川に勝利を!
【徳川家康】
……
(秀忠…何をしておる)
【島左近】
どうもあちらさんの布陣が妙ですな
【石田三成】
どういうことだ?
【島左近】
家康率いる本隊とは別に、秀忠の率いた別働隊がこちらに向かっていたはずなんですがね
その連中が、丸々姿が見えません
【石田三成】
…何か策があって、兵を伏せているということか
【島左近】
いや、さすがにそれは…
【大谷吉継】
別働隊は中山道を進んでいるのだったか
【石田三成】
中山道…つまり上田を通ったのだな。そうか、真田が…!
【島左近】
ほ。四万の部隊を釘付けですか。まあ、昌幸さんならやりかねない
【大谷吉継】
流れが少し変わったかもしれないな
【石田三成】
昌幸殿、幸村が作ってくれた好機だ。必ずや家康を討ち取るぞ!

【戦闘中セリフ】
【徳川家康】
先陣、進め! この一戦、天下を分ける戦ぞ!
【石田三成】
全軍迎え撃て! 家康を討ち、豊臣の…秀吉様の遺された天下を守るのだ!
【大谷吉継】
東軍の南に陣取る小早川、吉川は動かず…。警戒しておく必要があるな
【大谷吉継】
万が一の時は…。俺の命を使って押しとどめるまでだ
【石田三成】
真田のおかげで兵力では有利…。これなら勝てる…!
【島津義弘】
島津の戦、天下に示してくれよう
【福島正則】
これで勝ったと思うなよ!? 覚えてやがれ!
【井伊直政】
不覚を取るとは…。次こそは最善を尽くす!
【石田三成】
東軍の先手は打ち破った。勢いに乗りさらに進め!
【本多忠勝】
鉄砲隊、進め! 前後より西軍へ撃ちかけよ!
【島左近】
さすが忠勝、効果的な運用だ。しかしその程度じゃ止まってやれませんな
【島左近】
この辺でちょっと仕掛けておきたいところですね
【伝令】
伝令! 大坂より毛利輝元の軍勢が接近中! その数、五万!
【鉄砲隊長】
五万の援軍が来るだと!? これじゃ戦をひっくり返されちまう!
【島左近】
小手先の策だが、少しは楽に戦えそうだ
【石田三成】
家康の首まであと少しだ! 全軍、一気に突き進め!
【本多忠勝】
させぬ。本多平八ある限り、殿の元へはたどり着けぬと知れ!
【藤堂高虎】
これだけ敵を引き出せれば十分だろう。小早川、吉川、展開して西軍を押しつぶせ!
【石田三成】
小早川が寝返りだと…!? おのれ、秀吉様にあれだけご恩をこうむりながら…
【徳川家康】
忠勝、高虎に続け! ここが勝負の決め時よ!
【大谷吉継】
機を見て一気に仕掛けてきたか…。耐え抜いて反撃の糸口をつかもう
【大谷吉継】
吉川の後ろには毛利秀元がいたはずだ。家中の寝返りに動揺もあろうが…
【本多忠勝】
殿の大望を阻まんとする者はすべて、この忠勝が斬り伏せる! 参られい!
【大谷吉継】
毛利秀元に使者を…。寝返りなど言語道断。毛利家の威信に関わると伝えろ
【毛利秀元】
吉継の申すとおりだな。我らは西軍として豊臣家に忠義を尽くす!
【徳川家康】
吉川の寝返りで秀元は動けぬと踏んだが…。うまく動かされてしまったな
【徳川家康】
三成よ、お主の義心は実に尊い。だが、それだけでは人は動かぬのだ
【大谷吉継】
これが流れか…だが、友のために、今日ばかりは抗ってみせよう
【大谷吉継】
まだすべてが押し流されたわけではない。皆、踏みとどまれ
【石田三成】
どうにか凌いだか。ここから反撃に出られるか…?
【井伊直政】
二度は不覚を取らん。家康様の勝利のため、推し通る!
【福島正則】
うらああああ! 三成ぃ! 俺の相手をしろ!
【島左近】
ここに来て包囲されちゃ、ちょっと厳しい。全軍退いて再起を図りましょう
【石田三成】
くっ、ここまでか…。全軍退却! 皆、生き残れ…!
【島左近】
殿さえ生きてりゃ、負けじゃない。…さて、腹ぁくくるか
【立花宗茂】
遅くなった。大津城攻略に手間取ってね。とりあえず、ここを守ればいいかな
【徳川家康】
宗茂が間に合ってしまったか。巻き返されぬよう、用心せねば
【大谷吉継】
三成、お前は生きねばならん。…激流は、俺が止めてみせよう
【島津義弘】
手助けは無用。己の身は己で守る
【藤堂高虎】
家康様こそ天下を泰平に導くお方。たとえ相手が誰であろうと邪魔はさせん!
【福島正則】
おらおらおらぁ!! ガチでやってやんぞ、こらぁ!
【島津豊久】
俺…お前がいたから…ここまで戦えたよ…
【本多忠勝】
我、事の難に臨みて退かず。蜻蛉切よ、唸れ!
【石田三成】
味方を撤退させられたか…。俺たちも退くとしよう
【島津義弘】
本陣への道が開いておるわ。忠勝を討たば、島津の武名はさらに高まろう
【本多忠勝】
参るか、鬼島津。この関ヶ原の土としてくれん
【藤堂高虎】
かようなところで倒れられるものか! 泰平のため尽くすと、家康様に誓ったのだ!
【本多忠勝】
我を退けるとは…。鬼島津の戦、見事であった
【藤堂高虎】
辛酸をなめようと生きねばならんのだ…!
【島津義弘】
まずは満足。島津の生き残る見込みが、ぐんと増えたわ
【石田三成】
とどめを刺しに来たか、正則。お前になら…とも思ったが、やはり馬鹿に首はやれんな
【福島正則】
そうだよ、佐吉。もっと早くこうやって、喧嘩できてりゃよ…
【石田三成】
うるさい、市松。もう遅すぎるのだよ…
【井伊直政】
ダメだ、ダメすぎる! その程度で井伊の赤備えの相手になるものか
【井伊直政】
家康様の目指す世を成すまで、俺は死ねない!
【島津義弘】
自ら死地に飛び込むか、とんだばくち好きよ
【島左近】
殿…、どうやら、お別れのようです…
【石田三成】
左近、まさか…。左近ーっ!
【大谷吉継】
すまん、三成…。先に…いくぞ…
【石田三成】
よ、吉継が討たれた? 吉継ーっ!
【石田三成】
友を死なせ…志を果たせず…俺は…!
【石田三成】
だが、まだ真田がいる…! 俺のたちの志は、幸村たちが…

【戦闘後イベントセリフ/関ヶ原の顛顔】
--------------------
関ヶ原の戦いは大方の予想を覆し、わずか一日で決着。西軍は総崩れとなり、家康が天下をつかむに至った
--------------------
【茶々】
…今、なんと言いましたか、高虎
【藤堂高虎】
大谷吉継、討死。石田三成は捕らえれ、処断となりました
【茶々】
……………………
【藤堂高虎】
こたびの乱は三成が独断で起こしたもの。豊臣家に累が及ぶことはありません
【茶々】
……
…真田は
【藤堂高虎】
は?
【茶々】
真田は、どうなります
【藤堂高虎】
…真田は秀忠様の隊を釘付けにし、関ヶ原についに間に合いませんでした
家康様の落胆とお怒りは大きい。昌幸・幸村共に死罪は免れぬでしょう
【茶々】
……………………
【藤堂高虎】
茶々様、どうか家康様をお頼りください。徳川の家臣となることこそ、豊臣が生き残る唯一の…
【茶々】
話はわかりました。下がりなさい、高虎
【藤堂高虎】
茶々様、どうかお聞き入れください。あなただけは生かしたいと長政様も…
【茶々】
つらい役目をさせました。あなたはもう浅井のことは忘れ、己の志に従って生きればよい
【藤堂高虎】
茶々様…!
【茶々】
下がりなさい
【藤堂高虎】
…ははっ
【茶々】
……………………
皆…いなくなってしまう…私は…
難易度 ★★★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 24時間
勝利条件 徳川家康の撃破

味方武将6人以上が離脱したあとは
西軍本陣への到達に変更
敗北条件 石田三成の敗走
手柄 味方武将6人以上が戦場で離脱
徳川家康を無双奥義で撃破
すべての敵武将を撃破
次の一手 鉄砲隊長を偽情報で撹乱
敵軍を毛利秀元らの援軍で挟撃
撤退する味方を立花宗茂らで援護
基本戦評 クリア時間:00'13''58【S】
撃破数:1632【S】
被ダメージ:なし【S】
味方武将敗走数:0【S】
総合評価【S】
MAP
長谷堂城の戦い
【概況】
--------------------
上杉征伐に出陣していた徳川家康は石田三成の挙兵を聞き、軍を返した
上杉軍は徳川追討の前に後顧の憂いを絶つべく、徳川方の伊達政宗や最上義光を討伐せんとする
しかし、序盤は最上・伊達軍に対し有利に戦ったものの長谷堂城攻めに手間取り、膠着状態に陥る
そのさなか、凶報が上杉景勝と直江兼続の元に届けられた
--------------------
【直江兼続】
関ヶ原で西軍は大敗…三成は処断されただと…!?
--------------------
一気に窮地に追いやられた上杉軍は、決死の撤退戦を強いられることとなる
--------------------

【戦闘前イベントセリフ/義と愛を示す】
三成挙兵に際し、盟友の上杉家は奥州勢力の牽制と家康の本拠である関東への圧迫を担っていた
ところが上杉が徳川方の最上家と争っているさなか、景勝、兼続の元に悲報が届けられる
--------------------
【直江兼続】
関ヶ原で西軍は大敗…三成は処断されただと…!?
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
…これで天下の趨勢は徳川に定まりました。上杉は苦境に立たされるでしょう
むざむざと友を死なせ、上杉を窮地に陥れるとは! 景勝様、申し訳ございません!
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
こたびの責はすべて兼続にあり! 潔くこの場で腹を…
【上杉景勝】
うろたえるな
【直江兼続】
…はっ
【上杉景勝】
上杉の義が敗れたわけではない
我らを信じ戦った者たちを一人でも多く無事に帰す。それが我らの成すべき務めであろう
【直江兼続】
…はい、景勝様…。重ね重ねの心得違い…面目次第もございません…
景勝様と上杉の将兵を無事、撤退させてみせます。我が義と愛に懸けて!
【上杉景勝】
うむ。頼みとするぞ、兼続

【戦闘中セリフ】
【最上義光】
遅いわ、上杉! 皆、上杉を決して逃がすな!
【直江兼続】
味方が散り散りにされてしまったか…。最上め、関ヶ原の勝敗を聞いて調子づいたな
【上杉景勝】
…必ず生きて帰る
【直江兼続】
義の同志を失うわけにはいかない。厳しい戦場だが共に生き抜かん!
【上泉泰綱】
これだけ追い散らされてはどうにもならん。もはやこれまでか…
【志村光安】
我が城を落とせずすごすごと…無様よな! 追い討ちをくれてやろう!
【上杉景勝】
…上杉はお前たちを見捨てぬ
【最上義光】
くっ、あれが敗残の将の佇まいか!? あれでは上杉の将兵は崩れまい…
【直江兼続】
三成が敗れたのは、味方の裏切りがあったがゆえとのこと…
【上杉景勝】
…ゆえにこそ、我らが義を示さねばならぬ
【直江兼続】
真田は徳川の別働隊を上田で撃退したはず。…幸村たちの処分はどうなるか…
【直江兼続】
よし、最上軍はほぼ振りきったか…? この勢いで進めば…
【上杉景勝】
…これで進軍が楽になる
【片倉小十郎】
お待ちしておりました。これより先に進ませはいたしません
【雑賀孫市】
悪いな、仕事なんだ。先には進ませられないぜ
【直江兼続】
伊達にも追いつかれてしまったか…! しかし、上杉は歩みを止めぬ!
【上杉景勝】
…伊達を討ち、進むのみ
【最上義光】
行け! 断じて上杉を逃がすな!
【直江兼続】
敵に追いつかれれば陣形が延びる。それでは各個撃破の的だ。早急に倒さねば
【直江兼続】
上杉の義と愛は敗れておらぬ! 皆、顔を上げよ! 声をあげて進め!
【最上義光】
この戦況でなお諦めることを知らぬとは。上杉の底力、とうてい侮れぬ
【最上義光】
我らは上杉の背後を突くぞ! 伊達と共に挟み討ちにするのだ!
【上杉景勝】
…来るか、最上
【水原親憲】
わしが殿軍を務めまする。最上よ、かかってまいれ!
【水原親憲】
ご助勢くださるか。かたじけない
【上杉景勝】
…親憲。殿軍、ご苦労
【最上義光】
窮地にありながら、いささかも乱れず軍を統率するとは…見事だ、兼続
【直江兼続】
私一人の力ではない。すべては景勝様、そして上杉の将兵の支えあればこそ!
【片倉小十郎】
孫市様を退け、進んでこられましたか。ご無礼ながら、ここで果てていただきます
【直江兼続】
あやつらを討てば退路を確保できる! 全軍進め! ここが踏ん張りどころだ!
【上杉景勝】
…無念です
【綾御前】
顔を上げなさい、景勝。上杉の義は敗れていない、そうでしょう?
【上杉景勝】
…はい、母上
【伊達成実】
決して下がらぬのが俺の信条! だというのに…くそっ、ここまでか!
【上杉景勝】
…皆、退け
【直江兼続】
よし! これで長谷堂城よりの兵は止められる!
【片倉小十郎】
ご無礼ながら、これより乱暴を働きます
【片倉小十郎】
これ以上押さえられませんか…。不本意ながら退かせていただきます
【直江兼続】
退路を確保した! 皆こちらから退くといい
【伊達政宗】
まさか逃げおおせたつもりではあるまいな! 竜のあぎとからは逃げられぬぞ!
【直江兼続】
来たか、政宗! お前を討って、悠々と退いてやろう!
【上杉景勝】
…来い、政宗!
【本庄繁長】
殿の御身はわしらがお守りいたす!
【伊達政宗】
貴様を踏み台に、竜は天に昇る!
【伊達政宗】
負け戦のくせに、堂々としておる…。まこと、上杉とは大馬鹿者の集まりよ!
【伊達政宗】
じゃが、馬鹿者どもの馬鹿戦ほど手に負えんものはない…行くぞ、景勝!
【上杉景勝】
…望むところ
【伊達政宗】
ええい、忌々しい! そのしぶとさに免じてこたびは道を譲ってやるわ!
【直江兼続】
景勝様、我らは負けました。されどなお、これからの世に義と愛を示すことこそ…
【上杉景勝】
…うむ。上杉の義である

【戦闘後イベントセリフ/しぶとい上杉】
【伊達政宗】
ええい、仕留め損なったか、忌々しい!
【片倉小十郎】
実に見事な引き際でございました。むしろ上杉に名を成さしめる結果となりましたね
【伊達政宗】
敵を誉めてどうする! 勝ったのはわしじゃ!
【雑賀孫市】
そうだな。雇い主がボロ負けして、稼ぎがふいになることがなくてよかったぜ
でかい稼ぎ口も、これでもうなくなるだろうからな
【伊達政宗】
そうとは限らんぞ? まだ天下にはこの政宗がおるのだからな!
【片倉小十郎】
政宗様。滅多なことを仰いませんように
【伊達政宗】
…ふん。だが、上杉もまだ終わりではなかろう
あのくそ忌々しい「義」が折れぬ限り上杉はしぶとく生き残るのであろうよ
【雑賀孫市】
そうかい。何にしろ、俺はそろそろ店じまいとするさ
【伊達政宗】
天下無敵の傭兵が、日和ったことを申すものよ。どうじゃ、今度は家康を狙って…
【片倉小十郎】
政宗様
【雑賀孫市】
勘弁してくれ。…そういうのはな、もう飽き飽きしたんだよ
【伊達政宗】
ふん! つまらん奴じゃ
【雑賀孫市】
………………
信長も秀吉ももういねえ…。乱世は遠くなりにけり、だ…
難易度 ★★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 24時間
勝利条件 退却地点への到達

伊達政宗が出現したあとは
伊達政宗の撃破に変更
敗北条件 上杉景勝と直江兼続いずれかの敗走
または上記以外の味方武将の全滅
手柄 水原親憲の体力を半分以上残して救援
伊達政宗を無双奥義で撃破
日没までに勝利
次の一手 上杉景勝が味方を鼓舞
直江兼続が味方を鼓舞
最上義康らを守備隊長で足止め
上杉景勝が撤退を命令
基本戦評 クリア時間:00'10''33【S】
撃破数:1689【S】
武将撃破数:26【S】
味方武将敗走数:0【S】
総合評価【S】
MAP
上田城でのセリフ/染谷台追撃戦をクリア後
【真田幸村】
秀忠殿の軍を足止めすることができた。これで本隊との合流は望めなくなったはず…
佐助たちが偵察から戻るにはまだ時間がかかるだろう。…この間に、父上と…
--------------------
【高梨内記】
やりましたな、幸村様! やはり徳川など真田の敵ではありません!
【真田幸村】
父上の策があればこそだ。私もいっそう精進しなくては…
--------------------
【堀田作兵衛】
お味方大勝利! これで元のように、皆で仲良く暮らせるのですね!
【真田幸村】
ああ、そなたたちの働きのおかげだ
--------------------
【横谷重氏】
これでまた、真田は一つに戻れるのでしょうか
【真田幸村】
ああ…きっとな
--------------------
【村松殿】
見事な勝利だったそうですね、幸村。怪我もなくて何よりです
【真田幸村】
はい、ありがとうございます、姉上
徳川とこれからどうなるかわかりませんが…これ以上、兄上と戦うこともないと思います
【村松殿】
ええ…そう願います
--------------------
【真田幸村】
父上

【イベントセリフ/敗残】
【真田昌幸】
幸村、忍びたちはまだ戻らぬか
【真田幸村】
はい、もう間もなくと思いますが…関ヶ原の本戦はいかが相成ったか
【真田昌幸】
秀忠の別働隊が本隊に間に合ったとは思えぬがな
【真田幸村】
はい、あれだけの数を割かれては、いかに家康殿とて。…兄上には、気の毒なこととなりましたが…
【真田昌幸】
戦はどう転ぶか、わからぬ。早々に相手を気遣うのは驕りが過ぎよう
【真田幸村】
はっ、申し訳ございません。…されど、父上が大坂方にお味方くださって本当によかった
【真田昌幸】
……
【真田幸村】
…父上、お聞きしてもよろしいですか。なにゆえ西軍につかれたのか
【真田昌幸】
真田にとって得があるゆえ、と申したはずだが
【真田幸村】
本当に、それだけでございますか
【真田昌幸】
………………。…わしは
【くのいち】
幸村様、昌幸様 一大事です!!
【真田幸村】
戻ったか。どうした、左様に慌てて
【佐助】
…西軍総崩れ。三成は捕らえられて処断
【真田幸村】
…なに?
【真田昌幸】
……
【真田幸村】
馬鹿な! 西軍は優勢であったはず。なにゆえ…
【くのいち】
寝返りが出たんです。小早川秀秋が裏切って…
【真田幸村】
秀吉様の甥である秀秋殿が…信じられん。…吉継殿や左近殿はどうされた!?
【佐助】
どちらも討死…だって
【真田幸村】
…なんという…吉継殿…左近殿…
【真田昌幸】
…家康が勝ったか
【真田幸村】
…父上…
【真田昌幸】
……
--------------------
【イベントセリフ/信之の嘆願】

関ヶ原の戦い後、西軍に属した諸大名には厳しい処分が下された
秀忠隊遅参の原因となった真田への裁きは特に厳しく昌幸・幸村父子には死が命じられようとしていた
【真田信之】
どうかお願いいたします!
【徳川家康】
……
【真田信之】
こたびの我が功のすべて…いえ! 我が身を懸けてどうか父・昌幸と弟・幸村の助命を…
【徳川家康】
ならぬ
【真田信之】
家康様…!
【徳川家康】
それは通らぬと、お主ならようわかっておるはずだ、信之
真田がこたびの戦で、我がほうにどれだけの痛手を与えたか
【本多忠勝】
左様。実にあっぱれな戦ぶりでござった
【徳川家康】
…忠勝
【井伊直政】
信之様は、父と弟を敵にしてまで、徳川への忠義を示されました
上田での働きも見事であったと聞きます。その願いを無下にされては…
【真田信之】
義父上…直政殿…
【徳川家康】
わしとて信之の忠義に感謝こそすれ、一片の疑いも持っておらん。だが、それとこれとは話が別だ
温情から昌幸・幸村を許せば示しがつかん。この戦で倒れた者に、なんと申し開きをすればよいのか
【真田信之】
…くっ…
【本多忠勝】
…あえてお許しなくば、婿殿と共に殿と一戦交ゆる覚悟、と申し上げても?
【真田信之】
義父上、それは…!
【徳川家康】
左様な脅しはきかぬぞ、忠勝。…信之、聞き分けてくれ
【真田信之】
……
【徳川家康】
……
【真田信之】
ご心痛をおかけして、まことに恐縮でございます
【徳川家康】
わかってくれるか
【真田信之】
されど、私も身命を懸けて申し上げました! お聞き入れなくば、この場で腹を…!
【徳川家康】
信之!
--------------------
【ムービーセリフ/真田の処分】
【藤堂高虎】
いかに信之の嘆願でも通るまい
真田がため、四万の軍勢が釘付けになったのだからな
【伊達政宗】
忠勝の口添えさえ退けられた
昌幸、幸村の助命はとても…
【真田信之】
どうかお願いいたします!
【徳川家康】
ならぬ
【徳川家康】
…何をしておる。お主には謹慎を…
【徳川秀忠】
処分は何としても直にお聞きしたかったもので
上田で足止めを食らい、関ヶ原に遅参した件の裁きと伺いました
【徳川家康】
…いかにも
ならば、咎は誰よりこの秀忠にあり
秀忠を罰せねば示しがつきませぬな
【真田信之】
秀忠様、何を…
【徳川秀忠】
廃嫡ですか?
それとも、腹を切ってご覧に入れたがよろしいか?
【徳川家康】
…もうよい
【真田信之】
秀忠様…
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・大勝利!(高梨内記)
・やりました!(堀田作兵衛)
・兄上…(横谷重氏)
・まあまあ…(村松殿)
・ご苦労(真田昌幸)

トップページ | サイトについて | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2019 kanzengenkai.com All Rights Reserved