HOMEバイオハザード リベレーションズ2攻略TOP > ファイルの内容 シークレットファイル

ファイルの内容 シークレットファイル

バイオハザード リベレーションズ2攻略 ファイルの内容 シークレットファイルを掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
入手方法はリワード一覧を参照
ファイル名称
内容
スチュアートの覚書/クレアとモイラ@(シークレットファイルNo1)
今回の実験において
重要な「キーパーソン」だとされているのは、被験者番号02、クレア・レッドフィールド。
そして、そのクレアと行動を共にしている被験者番号06、モイラ・バートン。

二人の関係に興味を覚え関係資料を整理すると興味深い繋がりに気づく。

二人の出会ったきっかけをさかのぼると、
そこには全世界にバイオテロが蔓延するきっかけ
1998年の「ラクーン事件」に辿りつくのだ。

1998年当時、学生だったクレアは、「ラクーン事件」に巻き込まれるも、
生還した数少ない人物の一人である。

そんなラクーンシティの治安を守る特殊部隊「S.R.A.R.S.」の生存者が、
モイラの父、バリー・バートンとクレアの兄、クリス・レッドフィールドだった。

クリスはのちに対バイオテロ特殊部隊「BSAA」の設立メンバーとなる。
バリーは、クリスの誘われコンサルタントとして入隊した。

そこでクレアは、バリーとモイラに出会う。
クリス、クレアとバリー親子は意気投合し、家族のような間柄になったようだ。

この出会いが、モイラをテラセイブへと導き、今回の被験者リストに名を連ねることになった。

すべてのはじまりは「ラクーン事件」。それは、今回の実験が行われることになった経緯と繋がるのだ。

これら偶然を皮肉とかたづけることは出来ない。すべては運命だったのかもしれない。
クリスへ宛てたバリーの手紙(シークレットファイルNo2)
「BSAA北米支部内のメールサーバーから入手。参考として下記に転載」

クリスへ

アフリカでの任務から帰還したと聞いた。ご苦労だった。

行方不明だったジルを救出できたそうだな。サイコウにハッピーなニュースだ。
報告を聞いたときは、飛び上がって喜んだ。

なんせ俺たち3人はラクーンシティを支えた「S.R.A.R.S.」なんて大それた名の特殊部隊時代から、
もう十年以上の付き合いだ。親友とか戦友とかじゃ語れない間柄になっている。

いろいろと訊きたいことはあるが、さすがのおまえも今は疲れていることだろう。まずは、ゆっくり体を休めてくれ。

おまえもジルも、しばらくは事後処理で忙しいだろうが、落ち着いたらゆっくり酒でも飲もうじゃないか。

バリー・バートン
スチュアートの覚書/クリス・レッドフィールド(シークレットファイルNo3)
被験者番号02、クレア・レッドフィールドの兄、クリスは、数多のバイオテロ事件に関係したことで知られた人物だ。
アルバート・ウェスカーと因縁のあった男である。

クリスは、国連管轄の対バイオテロ部隊「BSAA」に所属。
”オリジナル・イレブン”と呼ばれる同組織を立ち上げたメンバーでもある。

2009年、アフリカ・キジュジュで発生したバイオテロ事件を鎮圧。
この際、アルバート・ウェスカーを殺害したと記録されている。
現在は、後進の育成に力を入れはじめたようで、現場のエージェントから離れ、
「BSAA」北米支部でチーム隊長となっている。
スチュアートの覚書/クレアとモイラA(シークレットファイルNo4)
被験者番号02、クレア・レッドフィールド。
被験者番号06、モイラ・バートン。

彼女らの関係についての更なる調査を整理する。

二人の仲がより深まったのは、モイラが小学生だった頃にさかのぼる。
クレアの兄、クリスとモイラの父、バリーが「ラクーン事件」以後も連絡をとり続けた結果、
家族ぐるみの付き合いとなったようだ。

モイラは、クレアを実の姉のように信頼し、慕っている。
証拠にモイラは父、バートンの反対を振り切り、クレアの後を追うようにテラセイブへ入隊した。

このような調査報告から考えてみても、モイラのクレアに対する敬慕は深いようだ。

この敬慕が、実験にどのような影響を及ぼすか。
実験をへた二人の関係がどのように変化するのか、楽しみである。

我々が注目しているのは、相対的な環境の変化と感情の関係。
恐怖の発生へと繋がる根源に迫ることだ。
スチュアートの覚書/バリー・バートン(シークレットファイルNo5)
「BSAA」北米支部内での記録を入手致しました。
被験者番号06、モイラ・バートンの父に関する略歴です。

氏名:バリー・バートン
血液型:A型
現在:「BSAA」北米支部コンサルタント
家族:妻と娘2人(モイラ・ポリー)の4人家族
在住国:カナダ

1998年の「ラクーン事件」後、関係組織からの報復が、家族に及ぶことを危惧し、家族を連れてカナダに亡命。
その後は数年、家族との隠匿生活を続けていたが、クリス・レッドフィールド、ジル・バレンタインの
招へいに応じて「BSAA」のコンサルタントに就任。
現在に至る。
アレックスの覚書/カフカ(シークレットファイルNo6)
カフカの「変身」に登場するグレーゴルの人生は、まるで生前のカフカ自身を象徴するかのようだ。

堅実な仕事場に勤める平凡な毎日を補うかのように狂気と孤独にあふれた作品をあてもなく書き綴る生活。

その上、狂気に満ちた作品群が、周囲に理解されることは少なく、友人、家族とも孤立した存在だったのではないだろうか。

やがて病に倒れ、病室で苦痛を友に過ごした時間は、
死への恐怖、無理解への恐怖、孤立への恐怖と戦う日々だったのではないだろうか。

しかし、それらの巨富から生まれた感情こそが、
作品世界を濃厚な狂気と冷静な分析で、構築する原動力となったことは、確かだろう。

そう。恐怖とは、人の生存本能から発生し、その生命力を測る基準となるモノなのだ。

数多くの作品と紡ぎながらも生前には、そのほとんどが出版されることはなかった。

そんな彼は自分の死後、全ての作品を破棄することを数少ない友に託した。

現実という地獄の業火で焼き尽くせ、と。

しかし、友は作品の持つ力に魅せられ、後世の人間たちに残した。

そして、我々は、残された恐怖という名で綴られた作品が持つ生命力に時を超えて、魅せられる。

フランツ・カフカ・・・・・・、
その名は、孤独と狂気が恐怖で綴られた作品によって、永遠不滅の力を手に入れた。

恐怖は感染する。
現実という名の地獄で。
再び蘇るのだ。
永遠不滅の力を手に…。
スチュアートの覚書/クレア・レッドフィールド(シークレットファイルNo7)
被験者番号02、クレアは少女たちを惹きつける特別な何かを持っているようだ・・・・・・。

そのはじまりは「ラクーン事件」の際、G-ウィルスの開発者であるウィリアム・バーキンの
娘シェリーを死地から救出したことから。
現在も彼女とは、親しい間柄が続いているようである。

そんなシェリーは、事件際にG-ウィルスの”胚”を体内に植え込まれており、救出後も合衆国の監視下に置かれていた。
だが、合衆国から極秘裏に流れてきた情報によると、監視が近々解かれる、とのことである。
ただし、監視が解除される理由までは記録されていなかった。

また2005年、ハーバードヴィル空港でのバイオテロ事件の際も、幼い少女に懐かれていたという報告もある。

そして、今回の被験者番号06、モイラとも、クレアは、幼い頃に出会っている。

彼女自身、バートン家とは家族同然で、モイラの父、バリーを父親のように思っており、
モイラ、ポリーの二人は妹のように可愛がっている。
モイラが、反抗期で家族との関係がこじれている間も、クレアとだけは仲が良かったと記録されている。
むしろこの時期に、救いとなったクレアにどんどん傾倒していったようにも考えられる。

クレア・レッドフィールド・・・・・・
恐るべき少女たらしではないか。

いずれにせよ、二人の姉妹のような関係が、
今回の実験によって、
どのような化学反応を起こすのか。
楽しみである。
アレックスの覚書/スペンサー(シークレットファイルNo8)
計画の成功を目前に、
志半ばで死んだ惨めな老人のことを記しておく。

そう。私の人生を大きく狂わせた存在、
スペンサー卿についてだ。

彼は、この世界で莫大な富と権力を手に入れた。
そして、次なる野望として、
この世界を自分の望む存在へと
進化させることを考えていた。

彼の求める理想的な新たな世界の秩序とは、
選ばれた優秀な人間のみで構成される社会であり、
そこには無能な人間など必要ない、と考えていた。
そんな新世界で《神》になろうとしていたのだろう。

次に彼は、世界中から才能あふれる子供たちを集め、
精神と肉体を高めるための過酷な訓練を強要した。
さらに新しい世界の住人としての資格があるかを試すため、
ウィルスを使った耐性試験まで行った。

子供たちはふるい落とされ、最終的に残ったのは二人、
アルバートと、私・・・・・・アレックスだけだった。

スペンサーは、アルバートと私に命じた。
「私が神になるために手足となった働け」と。
私たちは、彼の命令に従った。

しかし、私たちは気づいていた。
我ら二人が、病魔に侵されていた愚かな老人に
従う理由などひとつもない。
全ては、偽りの忠誠で応え、
私たちこそ老人の富と力を利用させてもらおう、と。
そんなスペンサーは、アルバートの手で殺された。
果てなき欲に魅入られた老人に相応しい滑稽な最期だった。

そして、今、必要なものを手に入れた私は理解した。
今なら、あの老人や兄の気持ちが理解出来る。

私こそ、彼らと同じ選ばれた人間なのだ。

世界は、最後に残された私が変えるのだ。
クレアへ宛てたピアーズの手紙(シークレットファイルNo9)
クレアさんへ

先日は、活動現場への訪問と差し入れ、
本当にありがとうございました。

あの日は、現場調査の作業でテラセイブとの
共同作業だと分かった到着時点から、
BSAA内はざわついていました。
「あのクリス隊長の妹さんがいるぞ!」って。

失礼なことに、皆、クリス隊長の妹ということで、
あの見た目をそのまま女性にしたような
パワフルな女性を想像していたようです。
自分はクレアさんを知っていましたので、
そんなことはない、と言い聞かせていたのですが、
「隊長と遺伝子の半分が同じで、細身はあり得ない」
などとわかるようなわからないようなことを言っていました。

ですから、ごあいさつに来てくださったクレアさんの
お綺麗な姿に、隊員内で驚きの声が上がった・・・・・・というわけです。
あのときのクレアさんは何に驚いているのかわからずに
目を丸くしておられましたが、まあ、そういうことです。

バカな連中ですが、皆、クリス隊長を尊敬して、
共に死闘へ立ち向かっていく大切な仲間です。
自分ももちろん、部下を「家族」と呼んで愛し、
命を賭けて守ろうとしてくれる隊長を見て、
いつかはああなりたい、と日々鍛錬にはげんでいます。

まあ、あんな超一流になるのは相当な年月が、
かかりそうではありますが・・・・・・。

自分もふくめ隊員たちも、クレアさんに会いたがっています。

多忙な身の上、なかなか会えるチャンスは、
少ないかと思いますが、またお話しできればと思います。

さて、次の任務が近づいています。
書きたいことはまだまだありますが、このあたりで。

共に、バイオテロのない平和な世界を願って。

BSAA北米支部 ピアーズ・ニヴァンス
スチュアートの覚書/ウェスカー計画(シークレットファイルNo10)
今や聖母様の計画は、
終焉の時を迎えつつある。

もしあのお方が生きておられたら、
今の聖母様に対し、
どんなお言葉をかけられるだろうか・・・・・・

ウェスカーの姓を持つ、もうひとりの人物、
アルバート・ウェスカー様。
その死から早2年が経過している。

スペンサー卿が企んだ新人類創造計画。
その名は・・・・・・「ウェスカー計画」。

過酷な試練を乗り越え、
新人類の資格を得たのは
被験者12号アレックス様と、
被験者13号アルバート様のみだった。

アルバート様は、数年間をスペンサー卿の指示に従い、
製薬会社アンブレラでの研究開発に費やした。

そこで生物兵器B.O.W.の開発を成功させ、
やがてバイオテロの発端とも呼ばれる”洋館事件”、
”ラクーンシティの惨劇”で裏の立役者となった。

その後も彼は、世界中でB.O.W.を利用し様々な事件を
引き起こし、その存在を世に知らしめた。

2006年、ついにアルバート様は師であり父でもある
スペンサー卿をその手で葬り去り、
自らを縛る鎖から解き放たれた。

そして、2009年。製薬会社トライセルを抱き込んだ彼は、
「ウロボロスウィルス」を使って、世界の人類を選別し、
父にかわって新世界を創造しようとした。
しかし、アルバート様は、クリス・レッドフィールドと争い、
壮絶な最期を遂げてしまう。

血のつながりこそないが、同じ境遇を持つ二人・・・・・・
いわば兄のような存在であるアルバート様の死が、
聖母様・・・・・・いや、アレックス様に、
深い悲しみと孤独をもたらした。

彼の訃報を聞いたアレックス様は、
私を呼び出し告げたのだ。
「転生の儀の準備を開始しなさい。
私には躊躇している時間などない・・・・・・」と。

失われたアルバート・ウェスカーの計画は、
不老不死と、なった
アレックス・ウェスカーが引き継ぎ、
必ずや遂行するであろう。

その時こそ、スペンサー卿から連なる
全ての計画が1つになる時だ。
スチュアートの覚書/ナタリア・コルダ(シークレットファイルNo11)
聖母様が"器"として第1候補にしておられる
被験者番号09、ナタリア・コルダ。
あの小さくもか弱い少女のどこに聖母様は、
自らの可能性を委ねる力を見出されたのだろう。

ニール・フィッシャーからの報告をあらためて整理した。

ナタリアは、2004年にイタリア・地中海沖で発生した
バイオテロ・・・・・・すなわち「テラグリジア・パニック」の被害者だ。

彼女は、この事件で親類縁者全てをうしなっており、その後は、
テラセイブによる庇護の下、同組織の施設で生活していた。

テラセイブが、一度だけ、「テラグリジア・パニック」について
ナタリアに聞き取り調査を行っている。

その記録によると彼女は、現場での光景について、
驚くべき返答を残している。

「きれいだった」と。

数え切れない人間が死に、海に沈んでいく自分の
故郷の姿を、ただ美しいと感じたという。

ニール・フィッシャーは、その後の聞き取り調査結果と合わせて、
「ナタリアには"恐怖"という感情が欠落しているのではないか」
と報告している。

確かに彼女の動向を観察していると、
命の危機が迫ることでの不安は感じている様子は見せるが、
「恐怖」を感じているようには見受けられない。
ただし非常に微細な言動差であり、通常の観察では、
異常さに気づくことはなかなかないだろう・・・・・・。

「テラグリジア・パニック」でのショックが、
彼女の感情を狂わせた…という推測は正しいのだろう。

「恐怖」を知らない彼女の精神は、
聖母様が望むとおり、間違いなく強靭なものだ。
しかし、ひとつの懸念が残る。
ナタリアの精神が「強靭すぎる」可能性だ。
強い心身は、聖母様の精神と記憶を移す”器”に
申し分はないが、懸念が的中した場合は、どうなる?
その肉体に転移した聖母様を抑えつけるほどに、
彼女が、強い精神力を有していたとしたら・・・・・・?

・・・・・・邪推はここまでにしよう。
私ごときの懸念など、聖母様も分かっておいでだろう。

聖母様が成功すると確信しておられる。
ならば、計画は、成功する。

聖母様のやることに過ちなど、
今まで一度もなかったのだから。
バリーへ宛てたジルの手紙(シークレットファイルNo12)
バリーへ。

元気ですか。おひさしぶり。
知ってのとおり、先日アフリカから無事生還したわ。

私が3年前のアルバート・ウェスカーとの交戦後、
「BSAA」から公式に死亡との認定されたとき、
「目もあてられないほどの悲しみに暮れていた」って、
クリスからも聞いたわ。

心配をかけて本当にごめんなさい。
ずいぶんいろいろなことがあったけれど、私は元気よ。

まあ、少し見た目が変わってしまったから、
ちょっと驚くかもしれないけど・・・・・・。

そう言えば、
奥さんにモイラとポリー、娘さんたちは元気?
その後、モイラとは、仲直りしたの?

彼女たちも思春期だから、
何かとあなたとすれ違うのは分かるけど、
娘たちに干渉し過ぎだと思っていたの。

だけど、3年も経っているから解決しているわね?

今や、あなたはコンサルタントとは言え、
「BSAA」の一員、いつどんな形で
会えなくなるのか分からない。

だから、あなたに家族との時間を
出来るだけ大切に過ごして欲しいの。

あなたのことだから、
これ以上やかましく言うと怒られそうね。

というわけで、
私の方は、検査ばかりの退屈な毎日がもうすぐ終わるわ。
すぐ現場復帰に向けたリハビリを始める予定よ。

近いうちに会いましょう。

ジル・バレンタイン

追伸
盛大な復帰祝いを期待してるわ。バリー?

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved