最終更新日:2018/12/06

size Small Default Large






攻略タイトル


鬼武者 初代/リマスター
鬼武者2
鬼武者3

サイレントヒル
サイレントヒル2
サイレントヒル2 最期の詩
サイレントヒル3
サイレントヒル4-THE ROOM-

サイコブレイク(The Evil Within)
サイコブレイク2(The Evil Within 2)

真・三國無双8
真・三國無双7
真・三國無双6猛将伝
真・三國無双6
真・三國無双5
真・三國無双4猛将伝
真・三國無双4
真・三國無双3Empires
真・三國無双3猛将伝
真・三國無双3
真・三國無双2猛将伝
真・三國無双2
真・三國無双

戦国BASARA2

戦国無双〜真田丸〜
戦国無双4/戦国無双4-II
戦国無双chronicle 3
戦国無双chronicle 2nd
戦国無双chronicle
戦国無双3
戦国無双2猛将伝
戦国無双2
戦国無双猛将伝
戦国無双

ディノクライシス

デビルメイクライ4

ドラゴンクエストモンスターズ
テリーのワンダーランド



The Last of Us(ラスト・オブ・アス)
Left Behind ‐残されたもの



DEAD SPACE

バイオハザード7
バイオハザード リベレーションズ2
バイオハザード リベレーションズ/アンベールドエディション
バイオハザード6
バイオハザード5/オルタナティブエディション
バイオハザード4
バイオハザード アウトブレイクファイル2
バイオハザード アウトブレイク
バイオハザード コードベロニカ完全版
バイオハザード3 ラストエスケープ
バイオハザード2
バイオハザード(リメイク)/HDリマスター
バイオハザード0/HDリマスター
バイオハザード ディレクターズカット

ファイナルファンタジー12

無双OROCHI3
無双OROCHI2 ultimate
無双OROCHI2 Special
無双OROCHI2
無双OROCHI魔王再臨
無双OROCHI

レジスタンス人類没落の日

New スーパーマリオブラザーズ

ピクロスDS

救命救急 超執刀カドゥケウス2
超執刀カドゥケウス

ファイルの内容


アイテム画面のFILE一覧の順番に記載しています
名称
内容
地下水路の古い手記 Chapter 1
地下水路の先にある 閉じられたゲート脇の
梯子を登れ
旧病棟を抜ければ 外に出られるエレベータがある
お前なら逃げられる さあ 自由を手に入れるんだ
----R
ボイラー室の手記 Chapter 1
1300
STEMシステムの稼働実験開始

1315
実験は成功
脳波の同調を確認
被験者の損失も最小限
実験継続
エージェントが 取得データを回収

1315
異変発生
被験者側ではなく
記録役のスタッフが 体調不良を訴え
直後 原因不明の昏睡状態に陥る
医師の判断で STEMシステムを遮断

1345
スタッフが次々に体調不良を訴え昏倒
動ける者は院外への脱出を図るが
なぜか外へは出られず
STEMシステムは 稼働停止させたはずだが
被験者の脳波は ホストとの同調を続けている

1400
彼が
あの男が現れた
湖畔集落の手記 Chapter 2
なぜ湖に 灯台があるんだ
いつから あの場所にあったのか
何も思い出せない
回る光が わたしを照らし
わたしの心を通り過ぎる…
毎回 何かが奪われてゆく気がするが
何が奪われたのか もう思い出せない
村民民家の手記 Chapter 4
ノーマンが食われた
助けを呼ぶ声は すぐ聞こえなくなった
毎晩 誰かの悲鳴が聞こえてくる
きっと今度は俺の番だ
隠れないと
地下施設の手記 Chapter 5
彼は 嘘ついた
血を分けた実の息子に
ぶさけやがって
”より良い場所に行った”?
あの偽善者
聖人ぶったクズが!
ぼくは知ってるんだ 真実を
あいつの本性は あいつ自身より知ってる
あいつは ぼくを罰したいだけだ
ぼくらの仲が良すぎるって ずっと嫌がってた
だから この機会を利用できると思ってる
誰が騙されるもんか

……ラウラは 死んでなんていない!
セバスチャンとマイラの結婚式の招待状 Chapter 5
セバスチャン・カステヤノス
マイラ・ハンソン

この度 わたしたちは結婚することになりました
心ばかりの祝宴に ご臨席賜りますよう
お願い申し上げます

日時 2005年9月17日 午後12:30〜
場所 The Veranda Hotel, Krimson City

レセプションは挙式後となりますので
こちらもご出席お願い申し上げます
墓地前 民家の手記 Chapter 6
ウォルトへ

ドナを取り戻しに行く
オオカミの穴に入る方法は わかった
彼女を 生贄になどさせない
ついて来るんじゃないぞ
ここにいて 家族を守ってくれ
彼女を連れて帰る

ダニエル
墓地地下実験室の手記 1 Chapter 6
死にかけていた双子の孤児が
生き延びられたのは きっと神のご加護だ
司祭の”洗礼”を受け
与えられた薬を飲ませただけで
兄のノインも 弟のツェーンも たちまち回復し…
異常な速度で 成長し始めた

双子とはいえ なぜかノインもツェーンも
まったく同じ数値で 成長を続けている

薬剤投与後12時間経過
N:122.4cm 28.2kg
Z:122.4cm 28.2kg
※体温上昇 膝と腰の痛みを訴える

薬剤投与後24時間経過
N:125.8cm 29.4kg
Z:125.8cm 29.4kg
※バイタルサインは安定 短い睡眠を繰り返す

薬剤投与後36時間経過
N:138.9cm 34.0kg
Z:138.9cm 34.0kg
※半覚醒状態 存在しない相手と話すような言動

薬剤投与後48時間経過
N:145.7cm 46.9kg
Z:145.7cm 46.9kg
※興奮状態 鎮静剤を------
墓地地下実験室の手記 2 Chapter 6
住人が”祭壇”と呼ぶ 地上の石棺には毎月必ず ”供物”が運ばれてくる
2体 4体 3体 5体 4体 7体 6体…
教会の番犬は 変わってしまった
あの双子のように 異常な成長を始めた

今日だけで6体を食い尽くし追加を要求して吠える
極度の興奮状態で 鎖や檻が歪み始めた
あの犬は わたしから視線を離さない
”供物”の一部だとでも 思っているのか…
教会地下の手記 Chapter 7
たすけて
鉄のぶつかる音 また あいつが来る
どこまで逃げても ずっと 追いかけてくる
たすけて かみさま たすけて たすけて
たすけて たすけて たすけて たすけて
たすけて たすけて
たすけて
地下洞窟の手記 Chapter 7
深入りしすぎた やはり罠だった
何度もソフィアに忠告されたのに
あと一歩で 真実を突き止められたはずだ
確かに手応えはあったんだ
あと もう少しだったのに!

ドアの隙間から 風が漏れてくる
外に つながっている証拠だ
鍵になるプレートは 見つけた
裏か表か 確立は1/2
もっとも簡単な選択なのに
決断できず 行ったり来たりを繰り返している

ソフィア もし外に出たら 君を抱きしめる
君が正しかったと言って ずっと離さないよ
研究施設の手記 Chapter 8
被験者番号18 接続・実験開始
2分49秒 脳波異常発生
2分58秒 心配停止 蘇生せず

被験者番号19 接続・実験開始
1分24秒 脳波異常発生
1分48秒 心配停止 蘇生せず

被験者番号20 接続・実験開始
1分43秒 脳波異常発生
1分52秒 心配停止 蘇生せず

被験者番号21 接続・実験開始
2分09秒 脳波異常発生
2分14秒 心配停止 蘇生せず

被験者番号22 接続・実験開始
1分02秒 脳波異常発生
1分32秒 心配停止 蘇生せず

被験者番号23 接続・実験開始
3分31秒 脳波異常発生
心拍数・呼吸数・血圧・体温上昇
4分24秒 意識回復
4分37秒 バイタル正常値に回復

……見つけた!
洋館食堂の手記 Chapter 9
新しい世界に 入る方法を見つけた
何もかも そこに
ずっと目の前にあった
なぜ いままで気付けなかったのか
愕然とし 自分に怒りを覚える
ひと精神を破壊し 消し去り
思い通りにする方法は明白だ
いま やるべきことは見えている
そうする以外にないと感じている
目指していたものも 失ったものも
すべて取り戻せる
そのために必要なものは
……ヒメネス
あの男にも やっと利用価値が出てきた
洋館ルヴィク私室の手記 Chapter 9
廊下の奥に立つ 彼女を見た
月光を浴びた いつもの長い黒髪
白慈を思わせる肌に 黒い水面のような瞳
彼女の好きな 夕日に似た真紅のドレスが
薄れゆく光のなかで 血糊のように光る
ラウラ
やっぱり 死んでなんかいなかったんだ
洋館音楽室の手記 Chapter 9
無残に切り裂かれた ふたつの世界

上には みじめな死を嗤う 顔のない傍観者たち
下には 全てを奪われる 哀れな犠牲者たち
洋館地下の手記 Chapter 10
子供たちが奪われてしまった
それが運命だと言うの? 彼が何をしたの?
わたしの素晴らしい息子が
あの火事が すべてを 奪い去った
子供たちは変わってしまった
彼らは無事だと言っていたエルネストが
いまは 彼らが逝ってしまったと言う
そんなことが起きるわけがない
母親には わかる
愛する息子の声が まだ聞こえる 彼の笑い声
いつも地下から聞こえてくる
ありえない
母親には 子どもが必要なのに!
地下水路の新しい手記 Chapter 15
自由を手に入れた夢でも 見ているのか?
お前は どこにも行けないまま 屍になって
ずっと ここに転がっていたというのに
----R

戻る




   トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ

当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
このサイトは解像度1280×1024以上で正しく表示されます。
それ以外ではレイアウト崩れが発生する場合があります。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved