HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 夏侯淵伝

シナリオ概況 夏侯淵伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 夏侯淵伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 下邳の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
俺様は夏侯淵。字は妙才ってんだ。

殿が乱世に名乗りを上げてからこの方、戦場の武で殿の道を支える剛の者よ!・・・なんつってな。
これまでに殿は黄巾や董卓を討ち、世に名を轟かせてきた。
今回、劉備と共に呂布を討つことになるから、また名声が高まるわな!

呂布ってのは、自分の君主を裏切りまくったあげく、乱世でも鼻つまみになった厄介者だ。
そんな奴にゃあ、負けちゃいられんわな!
【概況/初期】
曹操

夏侯淵、わしの股肱として頼むに値する漢よ。
お前のおかげで、わしはここまでのし上がることができた。これからも期待しておるぞ。

下邳の城内へと攻め入るには、西門か南門のいずれかを打ち破る必要があろう。
しかし、それには城の周りの拠点がうっとうしい・・・・・・。

今、郭嘉を先行させて妙策を練らせておる。
各自、戦場では郭嘉の指示に従って己の責務を全うせよ。では、行くぞ!
【戦況】
虎狼・呂布を下邳城に追い詰めた。しかし相手はあの呂布。
曹操、劉備の合同軍で包囲したとはいえ、気を抜けない。
下邳城も非常に堅固な城である。

当面は、軍師・郭嘉の策に従い、じっくりと呂布軍を追い詰めていくことになるだろう。
呂布の武と曹操軍の知、どちらが相手の予想を上回るのか・・・・・・。
【クリア後/評定】
曹操

鬼神・呂布よ。安らかに眠れい。
希代の暴威を相手とする厳しい戦ではあったが、我らの智勇がそれを上回ったのだ。

呂布亡き後、乱世は収束するのか。・・・・・・否、時代のうねりは、もはや誰にも止められぬ。
此度以上の戦いがこれからも続くであろうな。
2章 官渡の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
呂布の奴を散々に打ちのめしたことで、殿の中原での威勢は一層高まった。
まあ、これくらいは当然っちゃあ当然だろうけどな・・・。

けど、面白くないのが華北を牛耳る袁紹だ。
殿の幼なじみだが、帝を戴いて躍進する殿を見て嫉妬したらしい、軍を進めてきやがった。

殿・・・・・・あいつ、倒しちまっていいんですか?
なんか殿に比べて器が小さすぎるっつうか、相手すんのも気の毒って感じが・・・・・・。
【概況/初期】
曹操

夏侯淵よ、袁紹はああ見えてなかなかの漢だ。ただ、驕りと小胆さが奴を曇らせている。
だからこそ、今のうちに叩いておくのだ。

我が軍は、袁紹と雌雄を決すべく、官渡へと軍を進める。
敵は大軍とはいえ、率いるのが袁紹では弱卒の群れに過ぎん。

お前には、夏侯惇と共に延津の守りを任ずる。
群がる袁紹の兵どもを叩き伏せ、我らの勝機を引きずり出すのだ!
【戦況】
曹操はついに宿敵・袁紹との決着戦に挑む。決戦の地は官渡。
袁紹軍は白馬、延津に向け攻勢をかけてくるようだ。
両要所を守りきり反撃することができるか。
本陣である官渡城の死守はもちろん、白馬、延津も守り抜かねばならない。
両所を落とされると非情に苦しい戦を強いられるだろう。
要所を死守し、反撃の時を待つのだ。
【クリア後/評定】
曹操

袁紹は死んだ。名に惑い、己の進む道を誤った奴と、名より実を取り、己の道を進んだわし・・・・・・。
勝敗は明らかだったな。

だが、まだこの天下には袁紹など比ぶべくもない大器が残っている。
来るべきその漢との戦に備え、戦支度を整えておかねばな。
3章 赤壁の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
まあ、多勢に無勢っつっても、殿が袁紹なんかに負けるわきゃないわな。
いやあ、大将の器ってのはやっぱ大事だわ。

殿は次に、穀倉地帯である荊州を得た。
で、ついでにうっとうしい劉備と孫権も倒しちまおうと、長江の赤壁に軍を動かしたんだ。

長江で戦う・・・・・・ってことは、船での戦だな。
ま、どんな戦であれ、俺様の自慢の弓で敵を貫くだけだ。んじゃ、ま、行くとするか!
【概況/初期】
曹操

夏侯淵、官渡での働き、見事であった。
これで中原から華北にかけて、わしに対抗できるほどの者はいなくなった。

これより、劉備と孫権をまとめて討つべく、赤壁に軍を進める。
先の戦とは逆に、我が方が大船団で奴らを押し込む戦となろう。

わしは袁紹のように兵力差を覆されるような愚行はせん。
夏侯淵よ、お前の剛勇なる気炎、大河に立ち上らせるがいい!
【戦況】
孫権と劉備が手を組み、決戦を挑んできた。
赤壁の地で、史上稀に見る大水上戦が展開されようとしている。
ここで両雄を一気に叩き、曹操軍の強さを天下に知らしめるのだ。
孫権・劉備の連合軍は、戦を前に不穏にな動きを見せている。
何らかの策を用意しているに違いない。
策の気配を感じ取ったら、素早く潰してしまうとよいだろう。
【クリア後/評定】
曹操

孫・劉同盟といえど、しょせん小勢力同士。我が軍の前には無力よ。
奴らは得意の水上戦で負けて、さで悔しかろうな。

だが、劉備と孫権を完全に滅ぼしたわけではない。
奴らは結託して、何らかの手を打ってくるだろう。警戒はしておかねばな。
4章 潼関の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦いには勝ったけどよ・・・・・・劉備と孫権を黙らせるまでにはいかなかった。
殿、すいません・・・。俺がもっと気張ってりゃ・・・・・・。

んー、まあ、いつまでも後ろ向きじゃいかんわな。
これまでどおり、我が殿の天下までの道を切り開くことだけ、考えてりゃいいか!

で、次は関中で殿に逆らう馬超だの龐徳だのをまとめて叩きのめす戦だ。
うっし、ひと暴れ・・・・・・。いや、五、六暴れしてやるぜ!
【概況/初期】
曹操

夏侯淵、劉備のことは今は忘れよ。
奴は荊州を巡り孫権と対立していて、しばらく動けん。その隙にわしは西を、関中の地を制す。

関中の諸侯どもは結託し、潼関にて我が軍の進軍を阻んでおる。
わしは北上して川を渡り、奴らの背後を衝いて、潼関側と挟撃する。

夏侯淵よ、お前は潼関の正面に布陣し、敵の意識と兵力を潼関側に集中させるのだ。
お前の武にて、敵の目を釘付けにしてやれい!
【戦況】
漢中制圧を目指す曹操軍の前に、関中諸侯が立ちはだかった。
諸侯をまとめるのは馬超。曹操を肉親の仇と怨んでいる。
彼の決死の守りを解き、潼関を抜かねばならない。
軍を潼関正面と北方からの二手に分けて攻め込む予定だ。
敵に気づかれず北方より渡河し、潼関の裏に回り込みたいところ。
敵軍の知将・韓遂の動きが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
曹操

関中の諸侯どもはあらかた討ち取ったか・・・。
かの群狼どもは、捨ておけば必ずや我が覇道の妨げとなったであろうな。

関中を押さえたことで、今後の戦略も立てやすくなったわ。
天下は確実に近づきつつある。このまま突き進むのだ!
最終章 定軍山の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
潼関で烏合の衆を蹴散らして、ふと、周りを見渡してみると、
天下を狙えるのはうちの殿と劉備、孫権しか残っていねえな・・・・・・。

ま、最後に天下を取るのはうちの殿だけどな。
が、そんな情勢も読めない劉備の野郎が、俺の守る定軍山に攻めてきやがった。

あーあ、必死こいちゃって、見てらんねえわ。
しゃあねえ。この夏侯妙才様が本気出して、劉備に引導って奴を渡してやるとするか!
【概況/初期】
曹操

我が軍はこれより、漢中の定軍山にて劉備軍を迎撃する。
天蕩山が奴らの手に落ちた今、この戦が漢中の覇権を決するものとなろう。

夏侯淵よ、お前は漢中の守りの長。
本陣にて陣を展開し、逆落としにして攻め込んでくるであろう劉備の軍の猛攻を弾き返すのだ。

お前の字・妙才に相応しい、鮮やかな戦ぶりを期待しているぞ。
いざ!この戦を制すれば、もはや天下は目と鼻の先よ!
【戦況】
天下の要地・漢中に蜀軍が攻めてきた。蜀の大将は劉備、先鋒は老将・黄忠。
定軍山の本陣に狙いを定め、進軍してきている。漢中を守り抜き、劉備を返り討ちにするのだ。
敵将・黄忠は逆落としを仕掛けてくるだろう。
逆落としの勢いに耐えつつ、定軍山の本陣を死守しなければならない。
援軍が到着するまでの間、ひたすら耐え抜くのだ。
【クリア後/評定】
曹操

漢中の戦、制することができた。この戦、第一の功は夏侯淵だ。
さすがは我が股肱と頼む臣よ。鬼神のごとき活躍であった。

お前の弓は、蜀を弱らせ、呉を恐れさせた。
次は、天下を射抜いてみよ。お前なら、はずすことはあるまい?
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

字は妙才。沛国譙県の人。

武芸全般に優れ、特に弓術に秀でる。
用兵も巧みで、神出鬼没な戦いぶりは「三日で五百里、六日で千里」と言われるほどだった。

同族の曹操が兵を挙げると、従兄弟の夏侯惇とともに真っ先に駆けつける。
以来、股肱の臣として数多くの戦いに付き従い、曹操の躍進に大きく貢献した。

中原に覇を唱えた曹操は、さらに漢中を攻略する。
夏侯淵は漢中の守備を任され、張郃とともに蜀の劉備を牽制した。
漢中奪取を狙う劉備は自ら出陣し、夏侯淵と対峙する。

建安二十四年(219)、劉備は定軍山に兵を集め、漢中の要害を巡る攻防が始まった。
劉備配下の老将・黄忠は、山上に陣を張ると夏侯淵の本陣目指して猛攻を仕掛ける。

老いてなお意気盛んな黄忠に圧されながらも夏侯淵は本陣を死守すべく、奮戦した。
次々と現れる敵兵を蹴散らして耐えるうち、曹操の援軍が来着、戦況は好転し危機を脱する。

この戦いを契機に大陸の形勢は大きく動き、やがて時運を得た曹魏が天下を制した。
戦場に身を置き続けた夏侯淵は、戦いのない平和な時代に、新たな人生を踏み出す。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved