HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 司馬懿伝

シナリオ概況 司馬懿伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 司馬懿伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 樊城の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
私は司馬懿、字は仲達だ。

司馬防の次子として生を受け、幼き日より身を修めることに励んできた。
この才、余人には計り知れまい。

今、私の英知を知った曹操が、私を幕下にと招いてきた。
先のない漢室の臣などに興味はないが、踏み台にはちょうどよかろう。

まあ、この知略を乱世で試すのも悪くない。
曹操、いや、殿が、その器で届きうるところまで、私の知で導いてやるとするか・・・・・・。
【概況/初期】
曹操

司馬懿、お前には曹仁を補佐し、樊城を守ってもらう。
非常の器と評されたその才、存分に発揮するがいい。

蜀軍は降り続いている雨を利用しての城攻めをしてこよう。まずは守り、機を待て。
じきに呉軍が我が方の援軍に駆けつけるはずだ。

敵の総大将は、関羽か、惜しい漢だが、どうあっても我が下に来ぬならば、斬るしかない。
お前の力で、軍神・関羽を討ってみせよ!
【戦況】
蜀の関羽軍が、樊城に殺到しつつある。樊城が落ちると、荊州の覇権は蜀のものとなる。
樊城を守り通し、なおかつ関羽を討つ。この難題を見事、解決できるか。
樊城の死守が第一となる。敵軍の動きに警戒しつつ、耐え抜くのだ。
援軍が到着すれば、攻勢に出る機会も訪れよう。援軍と共に攻め立てて、関羽を討つのだ。
【クリア後/評定】
曹仁

皆の助力によって、樊城を守りきることができた・・・・・・。
それにしても、関羽の最期、敵ながら見事であったな。

此度は呉の援護ももあったが、いずれは、かの国とも決着をつけることになろう。
混迷はいまだ続き、乱世もまた続くか・・・・・・。
2章 街亭の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
樊城での戦は我が方の勝利で終わり、軍神・関羽も我が前に散った。
この私が戦をするのだ。この程度の結果は当然であろうな。

この戦からさほど間をおかず、殿・曹操が世を去った。
ふん、その程度の天命だったか。そして、私の主は、曹丕となった。

この曹丕という漢・・・・・・。どこか私に近いものを感じる。
面白い。今しばらくは、この漢を殿と仰ぎ、時を待つとするか・・・・・・。
【概況/初期】
曹丕

仲達よ。これからは私が魏を導く。
父は最期まで漢室を奉じたが、私は漢室に興味はない。
これからの魏はそうあるものと思え。

蜀は街亭を守るにあたり、街道脇の山頂に陣を敷いている。
ふん、一見、上策に見えるが包囲してしまえば崩れる、もろい布陣だ。

我が軍は、山頂の包囲を目指す。
山頂からの攻撃を受け止め、包囲を妨げる敵将を倒せ。
さすれば労せずに勝てよう。では、行くぞ。
【戦況】
長安を望める街亭を、いつまでも蜀に押さえられていては危険である。
魏の民の心を安んずるため、魏軍は街亭に出陣する。街亭を守るは諸葛亮の後継とされる馬謖。

馬謖は街亭の山頂に陣取り、逆落としを仕掛けるつもりだ。
逆落としに耐えつつ、山周辺の拠点や、麓の敵部将を倒すのだ。
馬謖を包囲して、孤立させられれば勝利は近い。
【クリア後/評定】
曹丕

馬謖を破り、街亭を占拠した。
思い上がった愚か者が勝てる戦など、この乱世にあるはずがない。この勝利はただの必然だ。

この戦の収穫は、蜀の人材不足を確信できたことか。
後は我が軍の精兵でじっくりと追いつめ、息の根を止めればいいだろう。
3章 陳倉の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
街亭での戦も我が方の勝利で終わった。
相変わらずくだらん戦ではあったが、職の軍師である諸葛亮の影を垣間見ることができた。

蜀を導く丞相・諸葛亮。今日、蜀があるのはその英知に拠るところが大きいという。
この私に比肩する知者が存在したか・・・・・・。

ふん、面白い・・・。それでこそ乱世に知を振るう甲斐もあというものだ。
来るがいい諸葛亮。この私が直々に格の違いを教えてやろう!
【概況/初期】
曹丕

蜀はよほどこの魏が憎いらしいな。
街亭が落ちた時点で諦めればいいものを、今また陳倉道から攻め上がってくるとは。

陳倉道には我が軍の技術を結集させて築いた城がある。
せっかくだ、この機会にその出来を確かめるのもよかろう。

城外の敵兵器の破壊は張郃、城の守りは曹仁に任せる。
仲達よ。お前は戦況を見て、適宜双方を支援せよ。いいな?
【戦況】
陳倉城が蜀軍に狙われている。陳倉城を失えば魏の長安は風前の灯火。
敵の攻城兵器を破壊し、味方の守城兵器をうまく使って、蜀軍を追い払うのだ。
当分の間は、陳倉城の防衛に専念することになる。味方部将同士、しっかりと連携して守り抜きたい。
敵の攻城兵器の供給を断てればよいのだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
司馬懿

フハハハ。人による戦いも、兵器による戦いも、我が軍のほうが上手だ。
蜀軍はこれで二度と陳倉城には近寄らぬであろう。

弱りきった蜀を攻めるか、漁夫の利を狙う呉を潰すか、次の一手が重要となる。
どちらにせよ、結果は見えているがな。
4章 五丈原の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
陳倉の戦いは我が軍の勝利に終わった。
ふん、諸葛亮は私の知略と渡り合うつもりだったらしいな・・・・・・。
身の程知らずが!

しかし、奴は学ぶことなく我が方に攻撃を仕掛けようとしている。
奴は馬鹿か?あるいは、何かに焦り、事を急いでいるのか・・・・・・。

まあよい。ならば私も受けて立つとしよう。
諸葛亮よ。五丈原の地でその心を挫き、体を裂き、すべてを奪ってやるわ!
【概況/初期】
曹丕

ふん、蜀、いや、諸葛亮の必死な様を見るのも飽きたな。
仲達、この五丈原の戦にて、蜀を天下から消し去るぞ。

お前も感づいているだろうが、この蜀の攻勢、明らかに焦燥をはらんでいる。
何かが迫っているのだ、例えば・・・・・・指導者の天命、か。

ならば焦ることはない。仲達、全軍の指揮を任せる。
固く守り、敵が崩れる時を待つのだ。お前の得意な戦の形だ。容易かろう?
【戦況】
魏と蜀の命運を懸けた決戦である。敵の軍師、諸葛亮は速戦による戦の決着を望んでいた。
これを看破した司馬懿は、猛攻に耐え、持久戦に持ち込む作戦を取る。
蜀軍の攻勢は凄まじく、しばらくは防戦一方となるだろう。攻めをいなしつつ、敵の弱点を見定めたい。
やがて訪れる総力戦に備えて、急所を衝き、敵を少しでも弱らせておくのだ。
【クリア後/評定】
司馬懿

焦っている軍を討つことは、たやすいこと。
蜀軍と諸葛亮、二つの星はこの五丈原に落ちる宿命だったのだ。

孫呉の命運も、すでに曹魏が握っている。もはや焦る必要はない。
軍備を整えて、ゆっくりと追い込んでやろう。
最終章 合肥新城の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
諸葛亮は逝き、それに伴って蜀漢も潰えた。
後は孫呉さえ始末すれば我が殿である曹丕が天下を手に入れることとなる。

曹丕の天下・・・・・・か。
これまでの曹魏の来た道を振り返れば、それも悪くはなかろう。
この私の英知を振るうに値する世だ。

よかろう。曹丕よ、その命があるうちはお前を我が主として仰ぐ。
だが、お前が世を去りし後は、私と、私を継ぐ子らが・・・・・・。
【概況/初期】
曹丕

仲達、支度をしろ。虎狩りだ。合肥に攻めてきた孫呉を返り討ちにする。
この騒々しい乱世、ようやく幕を引く時が来たのだ。

孫呉はこの戦を決戦と意気込んでいるようだ。
我が方の城を各方面から包囲し、全軍の一斉攻撃で我らを絞め殺すように陣を敷いている。

だが、虎は所詮獣だ。暴れるしか能がない。
守りを固めた上で好きなだけ暴れさせ、疲れたところを叩けば終わりだ。行くぞ。
【戦況】
合肥新城が呉の大軍に包囲された。城攻めを指揮しているのは、呉の総大将・孫権。
これを好機と見た曹魏陣営は、この地にて孫権を討ち、呉を滅ぼそうともくろむ。
呉の先行部隊は陸上から合肥新城に攻め寄せてくるようだ。
何とか城外で食い止め、敵の二の矢に備えたい。敵の万策が尽きるのを見計って、攻勢に出るのだ。
【クリア後/評定】
曹丕

孫呉め、さすがに虎と自称するだけはある。
我が軍をこれほどまでに苦しめるとは・・・・・・。
次代の終焉にふさわしい戦であったな。
蜀が滅び、孫呉も消えた。もはや私を遮る者はなく、天下は曹魏の下にひとつとなる。
ふ・・・・・・統べてしまえばあっけないものだ。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

司馬懿、字は仲達。河内郡温県の人。

名族の生まれで、幼少より聡明で知られた。
学問に励んで知力を磨き、天性の軍事的才能と相まって、希代の軍師に成長する。

曹操に召し出されると、その知謀で曹操の覇業を支えた。
関羽が樊城を攻めた際には、関羽の武勇を恐れる曹操を励まし、孫呉に背後を突かせるよう献策して勝利に導いた。

曹操が世を去り、曹丕が新たな君主になると司馬懿は宰相として、ますます重きをなすようになる。
時に、天下は三が鼎立し、蜀漢の丞相・諸葛亮が「北伐」を進めつつあった。

街亭の戦いで馬謖率いる蜀軍に完勝するが、間もなく諸葛亮自ら陳倉に来襲する。
攻城兵器を繰り出して攻め立てる蜀軍に対し、司馬懿は冷静に応戦して撃退に成功した。

戦いに勝ったが、諸葛亮の底知れぬ才知に司馬懿は恐怖を感じていた。
しかしその不安も諸葛亮の死によって解消される。もはや、司馬懿の策謀を脅かす者は誰もいなくなった。

諸葛亮を失った蜀漢は潰え、孫呉も曹魏の前に屈する。天下の騒乱は鎮まり、宮中は喜びに沸いた。
しかし司馬懿の深謀遠慮が発揮されるのは、まだこれからであった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved