HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 甄姫伝

シナリオ概況 甄姫伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 甄姫伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 官渡の戦い(袁紹軍シナリオ)
【初期】
私は甄姫。袁紹様の次男・袁煕様の妃です。

時は乱世。殿方は戦場に立ち、私はただ留守を守り、お帰りを待つばかりでした。

ですが、そんな退屈な日々も終わりを告げようとしています、
袁煕様が此度の戦の同行をお許しになったのです。

殿方に遅れは取りません。この官渡の戦場で光り輝き、私の価値を上げてみせますわ・・・。
真の私を皆様に知っていただきましょう!
【概況/初期】
袁紹

名族の私こそ、輝ける中原の覇者に相応しい。
成り上がりの曹操などに、その栄誉ある地位を渡してなるものか!

我らは曹操を誅するべく官渡に向かう。兵数において我が軍は圧倒的有利。
この戦の勝利は揺らぐことはないであろう。

だが、名族はいかなる戦でも全力を尽くす!
甄姫よ、選ばれし袁家の妃は、その姿、その武とも格調高いと知らしめよ!
【戦況】
袁紹はついに宿敵・曹操との決着戦に挑む。決戦の地は官渡。
曹操軍は官渡城を中心にして守りを固めている。
敵の堅固な守りを打ち破り、袁家の威光を示せるか。
官渡城を攻め潰すため、進撃することになる。
敵には良将が多いが、各個撃破していけば問題はないだろう。
ただし、曹操が繰り出してくる奇策には注意を払わねばならない。
【クリア後/評定】
袁紹

曹操の野望、砕いてやったわ。名族の出と成りあがり者の差が出た戦であったな。
諸将の活躍も見事なものであった。

しょせん、下郎は下郎よ。名族に触れることすら許されないのだ。
諸将もそこのところを理解し、私に仕えるようにな。
2章 赤壁の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
先の戦いの後、袁紹様はお倒れになり、袁家は瓦解いたしました。
私は官渡でお会いした曹丕様の下に身を寄せました・・・。

曹丕様こそ、真に我が君と呼ぶに相応しい御方。
その冷徹な眼差しは天眼のごとく常に世を見通しておられます。

近い将来、曹魏は史上最も英明な君主を戴くことになるでしょう。
その傍らには、常に私の姿が・・・・・・そう願ってやみませんわ。
【概況/初期】
曹丕

孫呉は劉備と手を結んだが。孫権も存外馬鹿ではないようだな・・・・・・。
敵は、我らの大軍に対抗すべく、奇計を巡らせてくるだろう。

父は自らの大船団の威容に満足し、常時の注意深さをやや欠いているようにも見える。
私やそなたがそこを補い、全軍を勝利へ導くのだ。

甄よ、戦場でそなたの調べを聞くのは、官渡以来となるな。
より磨かれたその旋律、ここ赤壁を流れる大河の上で響かせるがいい。
【戦況】
孫権と劉備が手を組み、決戦を挑んできた。
赤壁の地で、史上稀に見る大水上戦が展開されようとしている。
ここで両雄を一気に叩き、曹操軍の強さを天下に知らしめるのだ。
孫権・劉備の連合軍は、戦を前に不穏にな動きを見せている。
何らかの策を用意しているに違いない。
策の気配を感じ取ったら、素早く潰してしまうとよいだろう。
【クリア後/評定】
曹操

孫・劉同盟といえど、しょせん小勢力同士。我が軍の前には無力よ。
奴らは得意の水上戦で負けて、さで悔しかろうな。

だが、劉備と孫権を完全に滅ぼしたわけではない。
奴らは結託して、何らかの手を打ってくるだろう。警戒はしておかねばな。
3章 街亭の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦の後、天下は私たち曹魏と、劉備、孫権による三つ巴の形となりました。
そして、義父上はも志半ばにして世を去られました・・・。

曹魏を継いだのは我が君、曹丕様。
聡明なる我が君が天下をひとつとして治めれば、次の時代はさぞ豊かなものとなるでしょう。

ですが、厚顔な蜀は北伐と称し、曹魏の領土を脅かそうとします。
身の程を知らぬ無粋な輩には、厳しいお仕置きが必要ですわね。
【概況/初期】
曹丕

甄よ、これより私が曹魏の主となり、天下を目指す。
曹孟徳の覇道を継ぐのではない。この曹子桓の覇道が、今より始まるのだ。

まず手始めに、街亭の地を蜀より奪う。奴らは愚かにも、あの地で山脈に布陣している。
街道を奪い、孤立させてやれば終わりだろう。

甄よ、共に参れ。うるさく吠える蜀めを返り討ちにする。
そなたの麗しい姿、散りゆく蜀の将兵たちの手向けとしてやれ・・・・・・。
【戦況】
長安を望める街亭を、いつまでも蜀に押さえられていては危険である。
魏の民の心を安んずるため、魏軍は街亭に出陣する。街亭を守るは諸葛亮の後継とされる馬謖。

馬謖は街亭の山頂に陣取り、逆落としを仕掛けるつもりだ。
逆落としに耐えつつ、山周辺の拠点や、麓の敵部将を倒すのだ。
馬謖を包囲して、孤立させられれば勝利は近い。
【クリア後/評定】
曹丕

馬謖を破り、街亭を占拠した。
思い上がった愚か者が勝てる戦など、この乱世にあるはずがない。この勝利はただの必然だ。

この戦の収穫は、蜀の人材不足を確信できたことか。
後は我が軍の精兵でじっくりと追いつめ、息の根を止めればいいだろう。
4章 五丈原の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
蜀が再び攻めて参りました・・・。
街亭で散々に打ち負かして差し上げたというのに・・・・・・。
この執拗さ、何か焦りに似たものを感じますわ。

聞けば、今の蜀を支える諸葛亮という方が、
自身の余命の少ないことを悟り、必死に曹魏を討とうとしているとか。

未来なき国を支えるその姿、心を打つものはありますが、所詮は大勢の見えない愚か者。
この私が引導を引き渡してさしあげますわ!
【概況/初期】
曹丕

諸葛亮の死が近いという噂、あながち間違いではなさそうだ。
ならばこの五丈原での焦燥に満ちた攻めにも納得がいく。

諸葛亮のない蜀など、亡国も同じ。
暗愚なる劉禅を後生大事に抱いたまま、自ら沈みゆくがいい。
私はただその手伝いをするだけだ。

甄よ、焦らずとも敵は自壊する。本陣とその周辺の守りを固め、機をうかがうのだ。
共にひとつの時代の終焉を見届けるのもよかろう。
【戦況】
魏と蜀の命運を懸けた決戦である。敵の軍師、諸葛亮は速戦による戦の決着を望んでいた。
これを看破した司馬懿は、猛攻に耐え、持久戦に持ち込む作戦を取る。
蜀軍の攻勢は凄まじく、しばらくは防戦一方となるだろう。攻めをいなしつつ、敵の弱点を見定めたい。
やがて訪れる総力戦に備えて、急所を衝き、敵を少しでも弱らせておくのだ。
【クリア後/評定】
司馬懿

焦っている軍を討つことは、たやすいこと。
蜀軍と諸葛亮、二つの星はこの五丈原に落ちる宿命だったのだ。

孫呉の命運も、すでに曹魏が握っている。もはや焦る必要はない。
軍備を整えて、ゆっくりと追い込んでやろう。
最終章 合肥新城の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
五丈原の戦いにより、蜀は滅びました。
もはや、この天下には、我が君が治める曹魏と、江東から発した孫呉があるのみ。

長い乱世の世で数々の権門、名門が失われていきました。
その中で唯一輝き続けるのは、孫呉ではなく曹魏でなくては・・・・・・。

この合肥の地で、ついに天を継承する覇者が決まるのです。
我が君、最高の調べを曹魏にもそしてあなたに捧げましょう!
【概況/初期】
曹丕

蜀との決戦に出向いている隙に、江東の盗賊に入り込まれたようだ。
自ら我が懐に飛び込んでくるとは・・・・・・死に急ぎたいらしいな。

だが、当然それに見合うだけの覚悟あってのことだろう。
尚武の孫呉、その決戦の意気であれば、こちらも相応の体勢で臨まねばな。

甄よ、我らは城を死守する。時機の到来を読み、攻勢をかける瞬間を見極めよ。
そして、私が見据えた世の先を、共に見るがいい。
【戦況】
合肥新城が呉の大軍に包囲された。城攻めを指揮しているのは、呉の総大将・孫権。
これを好機と見た曹魏陣営は、この地にて孫権を討ち、呉を滅ぼそうともくろむ。
呉の先行部隊は陸上から合肥新城に攻め寄せてくるようだ。
何とか城外で食い止め、敵の二の矢に備えたい。敵の万策が尽きるのを見計って、攻勢に出るのだ。
【クリア後/評定】
曹丕

孫呉め、さすがに虎と自称するだけはある。
我が軍をこれほどまでに苦しめるとは・・・・・・。
次代の終焉にふさわしい戦であったな。
蜀が滅び、孫呉も消えた。もはや私を遮る者はなく、天下は曹魏の下にひとつとなる。
ふ・・・・・・統べてしまえばあっけないものだ。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

甄姫。中山郡無極県の人。

上蔡の県令・甄逸の娘として生まれる。
知性と気品を兼ね備え、絶世の美女として広く世に知られるようになった。

華北一帯に勢力を伸ばしつつあった袁紹は、甄姫を次子・袁煕の嫁として迎える。
名門として名高い袁家に入った甄姫はより気高く華麗な女性へと成長した。

中原の覇権を狙う袁紹は、宿敵・曹操を討つべく官渡に進軍した。
甄姫も従軍して戦場に立ち、そこで曹操の子・曹丕と出会う。
やがて袁紹は倒れ、袁家は乱世から姿を消した。

甄姫の美貌に心奪われた曹丕は、袁家から奪うようにして、甄姫を妻に迎えた。
甄姫もまた、才気あふれる曹丕に心を寄せ、曹丕による天下を自分の夢と重ねるようになった。

曹操が世を去り、魏王の座を継いだ曹丕は、父を上回る才覚を発揮して、覇道を邁進する。
蜀漢を五丈原で破り孫呉を合肥に降すと、もはや天下に敵する者はなくなっていた。

やがて曹丕は帝位につき、甄姫は皇后となった。
子供も産まれ、幸せな日々を送る甄姫は、気高い皇后として、
美しい妻として、また優しい母として、なお輝き続けるのだった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved