HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 龐徳伝

シナリオ概況 龐徳伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 龐徳伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 涼州の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
それがしは龐徳。字は令明という。

涼州にて馬騰殿、馬超殿の親子を盟主とし、この自らの住まう地を平らかにすべく戦っている。
先般、我々は黄巾賊の蜂起を鎮圧するため、董卓なる漢と共に戦った。
今、その董卓が、涼州にとって黄巾以上の災いとなっている。

今、災いとなっているならば、過去の味方であれ、討つより他に道はない。
ならばいざ、それがしの双戟で災いを断たん。
【概況/初期】
龐徳殿、俺たちはこれから、諸侯と連合して董卓を討つ!
この涼州を荒らす不届き者を許すわけにはいかない!

俺は董卓の拠点を落としていく。龐徳殿には本陣の守りをお任せしたい。
機が訪れたら、皆で一丸となって、攻勢に転じるのだ!

この涼州は我らの地だ!董卓の好き勝手にさせるわけにはいかない!
行こう、龐徳殿。我らの地は、我らの手で守るのだ!
【戦況】
西涼を荒らし回る董卓を討つため、涼州諸侯は力を合わせることとなった。
戦力は董卓軍が圧倒的に有利。この苦境を跳ね返し、西涼に平和をもたらすことができるか。

董卓軍の拠点を陥落させることが当面の目的となる。
敵の援軍を防ぐと共に、陥落させた拠点から援軍を呼び込み、戦局を変えるのだ。
董卓軍が黙って見ているとは思えないが・・・・・・。
【クリア後/評定】
馬騰

暴挙の限りを尽くした董卓は、我らが撃退した!これで涼州の地にも平和が戻ろう。
涼州武人の戦を見せつけることができたな。

だが、天下は広い。第二、第三の董卓がいつ現れるかしれない。
その時に備えて、己の武、磨いておこう!
2章 潼関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
暴威を振るった董卓は、涼州から逃げ去った。
その後、奴は洛陽で専横を振るい、世を憂う諸侯たちに誅されたと聞く。

過分な欲、道理の伴わぬ武の末路としては、それが妥当と言える。
士とは、己の分際の中で、そのできる限りをなすものであろう。

そして今、曹操なる漢が、我々を討つために関中に攻めてきた。
彼の者の分際はいかほどのものか。それがしの双戟で推し量ろう。
【概況/初期】
馬超

龐徳殿、俺たちが再び共に戦う時が来た!敵は中原に一大勢力を築いた曹操。
奴は関中を手に入れようと、潼関まで軍を進めている。

曹操は覇道を阻止せんとした我が父や親族を、無情にも処刑した仇敵。
一族の雪辱のため、何としても奴を討たねば!

憎き敵軍の猛攻を潼関で耐え、我らの怒りの刃で返り討ちにする!
龐徳殿、この戦でもその武を存分に発揮していただきたい!
【戦況】
馬超の復讐を遂げる機会が訪れた。一族の仇曹操が自ら関中に侵攻してきたのだ。
この好機を逃してはならない。馬超は関中諸侯に呼びかけ、曹操に対抗することを決意する。

序盤は曹操の進撃に耐える戦となる。堅牢な潼関を中心として守りに徹して、敵の攻め手が緩むのを待つのだ。
焦れた敵は何らかの策を講じるはず。そこを衝ければ・・・・・・・。
【クリア後/評定】
馬超

曹操軍は撃退したものの、肝心の曹操は取り逃してしまった。
一族の仇も討てず、関中の脅威をも根絶できなかったか・・・・・・。

だが、憶えていろ曹操!この俺の刃は乱世の果てに、必ずや貴様を刺し貫いてみせる!
貴様の天下など、絶対に訪れさせん!
3章 合肥の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
潼関では、関中の将たちと共に勝利を収めた。
だが、それがしは戦場で出会った曹操殿の器の大なるを知り、その下に参じることとした。

これにより、それがしは馬超殿たちと袂を分かつこととなる。
しかし士は己のあるべきと信ずる処に身を置くもの・・・。やむをえまい。

それがしは曹魏の将として新たな道を踏み出した。与えられた戦場は合肥。
敵する孫呉を双戟にて打ち砕き、己の新たな道を開かん。
【概況/初期】
曹操

龐徳よ、よくぞ我が下に参った。
潼関で対峙した時にお前が見せた武、この合肥でも示し、我が股肱たりえることを証明せよ。

孫呉め、合肥の守りが手薄と知って、大軍で押しきるつもりか・・・・・・。
わしも軍を率いて、急行する。それまで、必死で持ちこたえよ。

合肥に討ち捨てられた拠点を活用し、敵陣に楔を打つようにして軍を進めるのがよかろう。
行け、龐徳よ。お前の武と忠を示すのだ。
【戦況】
孫権率いる呉軍が手薄な合肥を狙ってきた。味方の兵は少なく、まもとに当たっては勝ち目はない。
援軍が来るまでの間、合肥城を中心に耐えきることができるか。
敵の勢いを止めるのが先決。各所に配置されている中立拠点を占拠して、時間を稼ぐのだ。
呉軍の侵攻を、うまく食い止めることができれば、反撃の機会が訪れるはず。
【クリア後/評定】
曹操

少ない兵で大敵に勝つ、これぞ兵法の妙味よ。
孫呉は勝てる戦を落として消沈しているはず。
当分の間は動けぬであろうな。

さて、気になるのは劉備だが・・・・・・。
まあ、今は、捨て置くほかあるまい。
まずはこの戦での損害を早急に回復せねばな。
4章 定軍山の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
合肥の戦いは曹魏の勝利に終わった。
孫呉の勢いが一時衰えたため、それがしは定軍山に派遣された。
もう一方の雄、蜀と戦うために。

此度の戦で敵となる蜀の劉備、先般戦った呉の孫権、そして曹操殿。
天下はいずれ、この三者のいずれかの下にひとつとなるであろう。

それがしに、先の世は見えぬ。
ただ、己が身を置く曹魏のために働くのみ。
双戟を振るうすべての戦を勝利で終えてみせよう。
【概況/初期】
龐徳よ、お前の武、そしてこのわしへの忠義、確かに見せてもらったぞ。
これからの戦でもその双戟の技を冴え、期待しているぞ。

我が軍はこれより、漢中の定軍山にて劉備軍を迎撃する。
天蕩山が奴らの手に落ちた今、この戦が漢中の覇権を決するものとなろう。

定軍山正面の守りは夏侯淵らに任せる。お前は遊撃し、側面から攻め寄せる敵を迎え撃て。
敵陣に隙あらば、劉備の首を狙うのだ!
【戦況】
天下の要地・漢中に蜀軍が攻めてきた。蜀の大将は劉備、先鋒は老将・黄忠。
定軍山の本陣に狙いを定め、進軍してきている。漢中を守り抜き、劉備を返り討ちにするのだ。
敵将・黄忠は逆落としを仕掛けてくるだろう。
逆落としの勢いに耐えつつ、定軍山の本陣を死守しなければならない。
援軍が到着するまでの間、ひたすら耐え抜くのだ。
【クリア後/評定】
曹操

蜀軍の勢いは盛んだったが、しょせん、我らの敵ではなかったな。
漢中を完全に制圧したことで、蜀は蓋をされたも同然よ。

定軍山という蓋をしっかりと閉じていれば、蜀は動けないだろう。
このまま蜀を葬るか、それとも呉討伐に転じるか・・・・・・。
最終章 樊城の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
定軍山の戦も曹魏の勝利に終わった。
しかし、蜀はそれから間を置かず、荊州の地、樊城に侵攻してきた。

此度の敵は、世に軍神と謳われる関羽。
劉備の全幅の信頼を受けて、刑州ににらみを効かせていた漢が、ついに動いたか。

それがしは樊城の曹仁殿に加勢すべく、昼夜をおかず進軍した。急がねば。
この双戟にて守るべきを守り、討つべきを討つために。
【概況/初期】
司馬懿

この樊城の戦では、曹仁殿が総大将となる。
おのおの大功を立てて、遠き都、許昌におられる殿のご期待に応えていただきたい。

敵の総大将は関羽。奴はここしばらくの雨を利用した攻めを展開してこよう。
まずは守りに徹して機をうかがうが上策だ。

龐徳、樊城、いや、この荊州の地は天下の要地。殿のため、失うわけにはいかん。
その武で、何としても蜀を退けてほしい。
【戦況】
蜀の関羽軍が、樊城に殺到しつつある。樊城が落ちると、荊州の覇権は蜀のものとなる。
樊城を守り通し、なおかつ関羽を討つ。この難題を見事、解決できるか。
樊城の死守が第一となる。敵軍の動きに警戒しつつ、耐え抜くのだ。
援軍が到着すれば、攻勢に出る機会も訪れよう。援軍と共に攻め立てて、関羽を討つのだ。
【クリア後/評定】
曹仁

関羽を葬ることができた。怨みこそないが、一代の英雄を倒すは武人の本懐。
自分がその瞬間に立ち会えたのは、皆のおかげた。

これで殿の障壁がまたひとつ、崩れ去ったことになる。
これまでと同様、忠義を尽くして、乱世の終わりを早めよう。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

龐徳、南安郡狟道県の人。

武芸全般に優れ、若くして郡の役人となる。
西涼に武威を誇る馬騰に付き従い、黄巾賊の鎮圧などで功績を上げ、昇進を重ねた、

馬騰が亡くなると馬超と行動をともにする。
中原を制した曹操が版図拡大の動きを見せると、龐徳と馬超は関中諸侯と結んで潼関に進出し、曹操の進軍を阻んだ。

曹操軍の名だたる豪傑たちを相手に、龐徳は一歩も退かず堂々と応戦する。
その武勇に驚いた曹操は、戦いいののちに行き場を失くした龐徳が帰順を願い出ると、厚遇で迎えた。

戦友の馬超らが蜀漢に投降したため、曹魏の諸将は龐徳をなかなか信用しなかった。
しかし、龐徳は武をもって一途に忠義を尽くし、次第に味方の信用を得ていった。

曹仁に従って赴いた樊城では、関羽と対峙した。
決死の覚悟を決めた龐徳は、自分の棺を作らせて出陣。
軍神と名高い関羽と互角に渡り合い、曹魏を勝利に導いた。

もはや龐徳の忠義を疑う者はなく、曹魏屈指の勇将として名を轟かせる。
その後も、子の龐会とともに武を振るって活躍し、曹魏の天下統一に大いに貢献した。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved