最終更新日:2018/12/05

size Small Default Large







攻略タイトル


鬼武者 初代/リマスター
鬼武者2
鬼武者3

サイレントヒル
サイレントヒル2
サイレントヒル2 最期の詩
サイレントヒル3
サイレントヒル4-THE ROOM-

サイコブレイク(The Evil Within)
サイコブレイク2(The Evil Within 2)

真・三國無双8
真・三國無双7
真・三國無双6猛将伝
真・三國無双6
真・三國無双5
真・三國無双4猛将伝
真・三國無双4
真・三國無双3Empires
真・三國無双3猛将伝
真・三國無双3
真・三國無双2猛将伝
真・三國無双2
真・三國無双

戦国BASARA2

戦国無双〜真田丸〜
戦国無双4/戦国無双4-II
戦国無双chronicle 3
戦国無双chronicle 2nd
戦国無双chronicle
戦国無双3
戦国無双2猛将伝
戦国無双2
戦国無双猛将伝
戦国無双

ディノクライシス

デビルメイクライ4

ドラゴンクエストモンスターズ
テリーのワンダーランド



The Last of Us(ラスト・オブ・アス)
Left Behind ‐残されたもの



DEAD SPACE

バイオハザード7
バイオハザード リベレーションズ2
バイオハザード リベレーションズ/アンベールドエディション
バイオハザード6
バイオハザード5/オルタナティブエディション
バイオハザード4
バイオハザード アウトブレイクファイル2
バイオハザード アウトブレイク
バイオハザード コードベロニカ完全版
バイオハザード3 ラストエスケープ
バイオハザード2
バイオハザード(リメイク)/HDリマスター
バイオハザード0/HDリマスター
バイオハザード ディレクターズカット

ファイナルファンタジー12

無双OROCHI3
無双OROCHI2 ultimate
無双OROCHI2 Special
無双OROCHI2
無双OROCHI魔王再臨
無双OROCHI

レジスタンス人類没落の日

New スーパーマリオブラザーズ

ピクロスDS

救命救急 超執刀カドゥケウス2
超執刀カドゥケウス

シナリオ概況 太史慈伝


1章 呉郡の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
太史慈

俺は太史慈、字は子義という。今、我が主・劉繇殿が治めているこの呉郡の地が、孫策という男に狙われている。
敵は我々の領土に広く展開している。我らを駆逐するかのような陣構えだ。
よし、ならば俺が奴らをすべて潰してまわるのみ。

敵の孫策は優れた武勇と快活な性格の持ち主と聞く。
周囲を惹きつけてやまない魅力もあるとか・・・・・・。噂通りの漢か、見極めてやろう。
【戦況】
勇猛と名高い孫策が、軍を率いて呉郡を侵略してきた。
呉郡を治める各諸侯と力を合わせ、撃退しなければならない。
孫策を打ち破れば呉郡に平穏が戻るであろう。幸い、孫策隊はまだ呉郡に上陸していない。
孫策隊が上陸して戦闘態勢に入る前に、敵の先行部隊を叩くのが良計だろう。
こちらの策にかかった敵部隊を各個撃破できれば・・・・・・。
【クリア後/評定】
太史慈

孫策軍を何とか撃退することができた。
我が軍の粘り勝ちといったところか・・・・・・。呉郡の平和は一時、保たれるだろう。

だだ、あの孫策という男、次代を担う漢であることは間違いない。
いずれは呉も俺も、飲み込まれていくことになるかれしれんな・・・・・・。
2章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
俺は戦の中、孫策殿の人柄に触れ、その大望を成すため彼に降った。
しかし、直後に孫策殿は帰らぬ人となってしまった・・・・・・。

嘆き悲しむのは後にせねば・・・・・・。孫策殿と共に誓った大望を果たすのが先だ。
孫策殿の遺志、新しい世へと伝えねば!

孫策殿の弟君、孫権殿を新たな主として戴き、俺は新しい道を歩き出す。
この俺の武にて、必ずや孫家を天下へと導いてみせよう!
【概況/初期】
周瑜

太史慈、我々と同じように孫策の死を嘆いてくれるその心、嬉しく思う。
これより共に、孫策の志を継いで戦おう。

今回我らは、黄祖を討つべく夏口に進軍する。
奴は先々代の殿・孫堅殿の仇。情けは無用だ。敵の防衛線を破り、宿怨を晴らすのだ!

匹夫である黄祖の下には弱卒しかいないが、唯一、甘寧という将は並はずれた武侠の徒と聞く。
後れを取らぬよう気をつけるのだ。
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫権

皆の活躍により、黄祖を討ち取ることに成功し、また、要所である江夏の地も得た。
亡き父上と兄上もきっとお喜びであろう。

これで孫呉は乱世に勇躍するための地盤を得た。
さあ、これからが我らの力の見せどころ。天下を掴むため、皆で邁進するのだ!
3章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
孫呉は江東に地盤を固め、赤壁にて劉備と共に曹操の大軍を打ち破った。
我らは、劉備、曹操らと天下を奪いあう大勢力となったのだ。

そして今、我々は劉備との約定に従い、合肥に進軍している。
合肥に駐留する魏軍を打ち破り、かの地を得るために。

合肥の地を得ることは魏の本拠地に牙を突き立てるも同じ。
この戦を制し、孫策殿の大望の実現に大きく前進してみせよう!
【概況/初期】
呂蒙

我々はこれより、魏の軍が駐留している合肥の地へと進軍する。
太史慈殿には北から中立拠点を制しつつ進んで頂く。

討つべきは曹操。そして警戒すべきは合肥を守る猛将・張遼。
だが、今、敵の布陣に奴の姿は見えん。これはどうしたことか・・・・・・。

今、敵の兵数は少なく、陣容は手薄。しかし敵とてこの乱世を戦い抜いてきた歴戦の雄。
油断せず、気を引き締めて戦に臨むのだ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
4章 南中侵攻戦(呉軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
陸遜

合肥の戦で魏に大打撃を与えたことにより、天下は一時的に膠着状態となりました。
この機を活かし、南の地の外敵を制しましょう。

敵は大王である孟獲を中心として、ひとつの家族のようにまとまっています。
この結束力は侮れません。苦戦も有り得るでしょう。

ですが、太史慈殿と亡き孫策殿との心の絆は、彼らの結束以上のものでしょうね。
そのお力、頼みにさせていただきます!
【戦況】
呉軍は南蛮に進撃した。国力を蓄え、天下の争いを有利にするためである。
南蛮の大王・孟獲は南蛮の各王や配下と一致団結して、交戦する構えを見せている。
慣れぬ地での戦いであり、地の利は敵にある。
しかも、味方の陣は長く延びていて、分断されると危機的な状況となる。
南蛮軍にこの弱点を看破されなければよいが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫権

南蛮大王・孟獲を倒し、彼の地を制することができた。
これで奴らの侵攻を恐れることなく、天下へと進むことができるな。

いよいよ孫呉の天下が見えてきた。次の相手は曹操か劉備か・・・・・・。
いずれであれ、この勢い、もはや誰にも止められはしない!
最終章 合肥新城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
いくつもの戦を経て、孫呉の天下はいよいよ目前に迫った。
蜀は潰え、残るは最大の敵、曹魏ただひとつ!

振り返れば、俺と孫策殿が共に過ごした時間はあまりに短い。
しかし、孫策殿の大志と心は、今もこの俺を熱く強く前へと進ませる!

見ていてくれ孫策殿!
今、この太史慈義はこの武のすべてをもって新しい世を開く!
孫呉の天下、必ずや勝ち取ってみせよう!
【概況/初期】
陸遜

これより私たちは、魏が合肥の地に新たに築いた城へと進軍します。
これが最後の戦いとなるでしょう。

敵の鉄壁の守りは二段攻撃で崩します。
まずは城の外門をすべて制圧し、その後、水陸に配した後詰めと合流して城内に突撃します!

この戦、勝てば我々孫呉の天下が訪れ、長く続いた乱世も終わります。
太史慈殿、次代は目前。共に頑張りましょう!
【戦況】
合肥新城の包囲がついに完成した。
この城の外門、内門を破れば、魏の総大将・曹丕の命は手中に収めたも同然。
強固な守りを突き破り、覇道の息の根を止めることができるか。
まずは、合肥新城外門の開放が目的となる。
激しい抵抗が予想されるが、手間取ってはならない。
門の突破が遅れると、続く城攻めの策に支障が出てしまうだろう。
【クリア後/評定】
孫権

これほど堅牢な城は初めてだったが、皆の働きのお陰で陥落させることができた。
中でも太史慈、お前の働きは群を抜いていたぞ。

魏も蜀も潰え、ようやく天下はこの孫呉の下にひとつとまとまりそうだ。
お前の胆力、これからは治世のために使ってくれ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

太史慈、字は子義。東莱郡黄県の人。

武芸に秀で、学問もよくした。
その才を以て世に出ようと、同郷の名家・劉繇に仕えたが、重用されぬまま不遇の日々を過ごす。

江東制覇を目論む孫策の軍勢が攻め寄せると、太史慈は一人、頑固に抵抗した。
やがて孫策との一騎打ちとなったが、両者一歩も引かず勝負のつかぬまま、引き分けとなる。

その後も太史慈は反攻を続けたが、ついに敗れて捕らわれる。
孫策は、太史慈の強さを認め、太史慈もまた孫策の将器を感じ、共に新たな時代を迎えることを誓った。

しかし、間もなく孫策は世を去る。
太史慈は志半ばで倒れた孫策のため大望を成し遂げるため、
孫策の後を継いだ孫権を支え、戦い抜く決意を固める。

孫呉屈指の猛将として、幾多の戦いを重ね、曹魏との最終決戦では、武の限りを尽くして孫呉を勝利へと導いた。
それは、亡き孫策との誓いを果たした瞬間でもあった。

天下は孫呉の名の下に統べられ、民に平穏な生活が戻った。
新しい時代の到来を見届けた太史慈は、新たな人生を歩み始める。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

戻る




   トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ

当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
このサイトは解像度1280×1024以上で正しく表示されます。
それ以外ではレイアウト崩れが発生する場合があります。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved