HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 張飛伝

シナリオ概況 張飛伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 張飛伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 虎牢関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
俺様は張飛。字は翼徳ってんだ。

劉玄徳、関雲長ってえ二人の兄者と一緒に、この乱世を正すために立ち上がった男よ。

こないだ黄巾討伐の義勇軍で大暴れしたら、それが結構評判になってよ。
俺たちは諸侯の連合軍に川割って董卓を討つことになった。

董卓ってのは漢室を無視して好き勝手やってるらしいじゃねえか。
ったく、許せねえぜ。この俺様がガツンとやってやらあ!
【概況/初期】
劉備

私たちはこれより、逆賊・董卓を討つべく、虎牢関を攻める。
虎牢関には鬼神と呼ばれる呂布が待ちかまえていよう。

お前の武ならば呂布と互角に戦えるかもしれん。
だが、無理と感じたならば、相手をせず他の道を探し、董卓へと向かうのだ。 

翼徳、お前の勇猛なる武と胆力、この虎牢関で天下の諸侯に知らしめてくるがいい。
いざ我らの手で漢室の敵を討たん!
【戦況】
反董卓連合軍はついに、洛陽の玄関・虎牢関の手間まで進撃した。
対する董卓は、虎牢関の守備を猛将・呂布に任せて、洛陽に閉じこもっている。

虎牢関を守る呂布は、鬼神と称される猛将。
真正面からぶつかれば、打ち破ったとしても被害は甚大であろう。
臨機応変に対処する力が求められる。
【クリア後/評定】
袁紹

逆賊・董卓をついに倒すことができた。
これも連合軍の諸侯が力を合わせた結果だ。
盟主として誇りに思う。

董卓打倒という目標が果たされ、連合軍は解散となる。
だが、名族の旗の下、戦った日々を皆忘れないであろう。
2章 下邳の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
董卓をぶちのめした後、まあ色々あって兄者は徐州を収めることになったんだが、
そこに呂布の野郎が転がり込んできやがった。

野郎、居候の身で兄者を弟呼ばわりしたうえ、あろうことか、俺が守っていた下邳城を奪いやがった!
恩を仇で返しやがって・・・。

俺たちは曹操と組み、下邳へと出陣することになった。
・・・・・・ああ!むしゃくしゃする!この戦は思いっきり暴れてやるぜ!
【概況/初期】
劉備

翼徳、獣のごとき呂布につけいられ、下邳を失ったのは私の不明でもある。
この戦で呂布を討ち、屈辱を晴らそうぞ。

下邳の城内へと攻め入るには、西門か南門のいずれかを攻め破る必要があろう。
しかし、城の周りには拠点が点在し、守りは堅牢だ。

曹操の軍師が奇策を案じているようだ。
まずは正攻法で敵の力を削ぎ、その策の指示を待つのがいいだろう。
では、行こう。翼徳!
【戦況】
虎狼・呂布を下邳城に追い詰めた。しかし相手はあの呂布。
曹操、劉備の合同軍で包囲したとはいえ、気を抜けない。
下邳城も非常に堅固な城である。

当面は、軍師・郭嘉の策に従い、じっくりと呂布軍を追い詰めていくことになるだろう。
呂布の武と曹操軍の知、どちらが相手の予想を上回るのか・・・・・・。
【クリア後/評定】
曹操

鬼神・呂布よ。安らかに眠れい。
希代の暴威を相手とする厳しい戦ではあったが、我らの智勇がそれを上回ったのだ。

呂布亡き後、乱世は収束するのか。・・・・・・否、時代のうねりは、もはや誰にも止められぬ。
此度以上の戦いがこれからも続くであろうな。
3章 長坂の戦い(劉備軍シナリオ)
【初期】
呂布を討ち取ってすっきりしたのも束の間・・・・・・。
今度は曹操が攻めてきやがった。

兄者たちとは、しばらく散り散りよ。
兄者たちと再会した後、諸葛亮って奴が軍師になってよ。

それが気に入らねえのか、また曹操が来やがった。
江陵にでも逃げるか・・・・・・。

しかし、こっちは民を引き連れての逃避行。
ついに長坂で曹操軍に追いつかれちまった。

さあて、ここは俺様の出番みてえだな・・・・・・。
【概況/初期】
諸葛亮

張飛殿、此処の戦は敵の殲滅が目的ではありません。
劉備殿を無事に江陵へと逃がすことこそが勝利と考えてください。

張飛殿には殿軍として、曹操の猛攻を防いでいただきます。
雲霞のごとき将兵を退ける戦、張飛殿にしかなしえないでしょう。

天下三分を描くため、この難局は何としても乗り越えなければなりません、
張飛殿の武勇、頼みにさせていただきます。
【戦況】
劉備軍は曹操軍の追撃に遭い、壊滅状態である。民を連れて逃げているため。進軍速度も遅い。
この絶望的な状況の中、民と劉備を江陵へと脱出させなければならない。

追撃の手はすぐそこまで伸びている。敵中で奮戦し、何としても劉備と民を逃がすのだ。
曹操軍の勢いを少しでも緩めるために、中立拠点を押さえるのが得策か。
【クリア後/評定】
劉備

曹操軍から逃げることができた。これも皆が命懸けで働いてくれたおかげだ。
私は本当に配下に恵まれているな。

だが、今後はこのような消耗戦は慎まねばならん。曹操も次は許してくれないだろう。
確固たる地盤があれば、まだ戦えるのだが・・・。
4章 成都の戦い(劉備軍シナリオ)
【初期】
長坂を何とか乗り切った俺たちは、孫権と手を組んで、曹操をこてんぱんにしてやった。
これで奴も少しはおとなしくなるだろうぜ。

けどよ、兄者は兄者でまだ問題を抱えてる。
自分の国がなきゃ話にならねえってことで、劉璋が治める成都を攻めることになった。

まあ、兄者はいい顔してねえな。人のねぐらぶんどる訳だし。
でもよ、綺麗事言ってちゃ、仁の世なんか創れねえ。やるしかねえぜ!
【概況/初期】
諸葛亮

張飛殿、長坂での活躍、お見事でした。
今、劉備殿が仁の漢として天下に名を馳せているのも、あの長坂を越えられたおかげです。

さて、いよいよ天下三分の最後の一手です。
成都郊外から陣を展開し、成都を攻めます。
この戦の後、劉備殿は一国の主となるのです。

今回の戦は、龐統が従軍して皆さんに指示を出すこととなっています。
彼の言葉に従ってその武をいかんなく発揮してください。
【戦況】
劉備軍が雄飛のために狙った土地は、劉璋の治める蜀であった。
劉備は同族の地を奪うことに戸惑いを感じるが、配下の薦めに折れ、蜀の都・成都に進軍する。

成都に至る前に、雒城や綿竹の森といった難所を通り抜けなければならない。
つねに周囲を警戒しながら進んでいくことになるだろう。
劉備の迷いが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
劉備

劉璋を倒して蜀の地を得た。
皆の言や活躍がなければ、私は仁に心を囚われたまま、大義を見失い天下を彷徨うところであった。

今や、私には豊かな大地がある。曹魏、孫呉にも引けは取らん。
民のための天下、それを実現する道が徐々に開けてきたな!

※龐統 死亡時

劉璋を倒して蜀の地を得た。
だが・・・私の迷いのせいで、龐統を失ってしまった。
彼の死は。あまりにも大きい・・・・・・。

もはや迷いはせぬ!
龐統を始め、これまでの戦で散っていった者のためにも、蜀の地盤として民の天下を目指す!
最終章 樊城の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
兄者はついに、蜀の地を手に入れた。
これで曹操や孫権と腰据えて勝負できるってわけだ。
何にせよ、めでたいぜ!

しかし喜んでばかりもいらんねえ。
荊州辺りのいざこざから、雲長の兄者が襄陽の樊城を攻めるために軍を出しちまった。

普段なら心配することもねえが、曹操と孫権が連合するってんだから、今回はやべえぜ。
俺の武で、兄者を支えなきゃよお!
【概況/初期】
諸葛亮

張飛殿、今、事態は非常に深刻です。
樊城を守るのは、守戦に長ける曹仁。いかに関羽殿でも、苦戦は避けられません。

また、関羽殿を恐れた魏は呉と同盟しました。
呉は呂蒙、陸遜らの精鋭軍を荊州に派遣したとのことです。
挟撃を受けてしまったら・・・・・・。

荊州の地も関羽殿も、劉備殿の仁の世の実現には欠かせません。
張飛殿、どうかあなたの無双の武で、この苦境から救ってください。
【戦況】
魏の樊城を包囲した。だが、城将・曹仁の守りは堅く、容易に落とせそうにない。
ここは水攻めをもって、敵の戦意を挫くのが上策。関羽の意気が水龍となり、樊城に襲いかかる。
まずは、水門の守備を固めておきたい。敵は水攻めを防ごうと水門を狙ってくるはずだ。
水門を守りきれば、水攻めは成功したも同然。魏軍の士気も大いに低下するだろう。
【クリア後/評定】
関羽

我らの樊城攻略は成った。曹魏の勇、孫呉の知、
それらをまとめて打ち砕いた皆の健闘に、この関雲長、深く感謝する。

今、兄者が蜀の地を、拙者が荊州を押さえている。
我らが連動して動けば。この乱世をも呑み込めよう。うむ、大徳の天下は近い!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

張飛。字は翼徳。涿郡涿県の人。

一万の兵にも勝ると称えられた豪傑で、義に違う行いを憎んだ。
酒をこよなく愛し、酔えば激情を全身に表した。

漢王朝が腐敗し、黄巾賊が世を乱していた頃、劉備・関羽と出会う。
3人は桃園で義兄弟の契りを結び、混迷する大陸に仁の世をもたらすため、ともに戦うことを誓い合った。
拠る所なく各地を転戦する劉備を、張飛はその武勇で支え続けた。


建安十三年(208)、「長坂の戦い」で絶対絶命の危機に陥った劉備を救ったのも張飛であった。
南下する劉備軍の殿軍を務めた張飛は、追撃する曹操の大軍勢の前に単騎で立ちはだかり一喝。

気をのまれた敵兵を散々に蹴散らして劉備軍の退却を見事に成功させた。
幾度の過酷な戦いを経て、ついに劉備は蜀の建国を果たす。

張飛は「五虎大将」の一人として歴戦、天下にその武名を轟かせた。
三国が鼎立し大陸の混迷はまだ終わらない。
桃園の誓いより変わらず義を貫く、燕人張飛の戦いは、これからも続く。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved