最終更新日:2018/12/05

size Small Default Large







攻略タイトル


鬼武者 初代/リマスター
鬼武者2
鬼武者3

サイレントヒル
サイレントヒル2
サイレントヒル2 最期の詩
サイレントヒル3
サイレントヒル4-THE ROOM-

サイコブレイク(The Evil Within)
サイコブレイク2(The Evil Within 2)

真・三國無双8
真・三國無双7
真・三國無双6猛将伝
真・三國無双6
真・三國無双5
真・三國無双4猛将伝
真・三國無双4
真・三國無双3Empires
真・三國無双3猛将伝
真・三國無双3
真・三國無双2猛将伝
真・三國無双2
真・三國無双

戦国BASARA2

戦国無双〜真田丸〜
戦国無双4/戦国無双4-II
戦国無双chronicle 3
戦国無双chronicle 2nd
戦国無双chronicle
戦国無双3
戦国無双2猛将伝
戦国無双2
戦国無双猛将伝
戦国無双

ディノクライシス

デビルメイクライ4

ドラゴンクエストモンスターズ
テリーのワンダーランド



The Last of Us(ラスト・オブ・アス)
Left Behind ‐残されたもの



DEAD SPACE

バイオハザード7
バイオハザード リベレーションズ2
バイオハザード リベレーションズ/アンベールドエディション
バイオハザード6
バイオハザード5/オルタナティブエディション
バイオハザード4
バイオハザード アウトブレイクファイル2
バイオハザード アウトブレイク
バイオハザード コードベロニカ完全版
バイオハザード3 ラストエスケープ
バイオハザード2
バイオハザード(リメイク)/HDリマスター
バイオハザード0/HDリマスター
バイオハザード ディレクターズカット

ファイナルファンタジー12

無双OROCHI3
無双OROCHI2 ultimate
無双OROCHI2 Special
無双OROCHI2
無双OROCHI魔王再臨
無双OROCHI

レジスタンス人類没落の日

New スーパーマリオブラザーズ

ピクロスDS

救命救急 超執刀カドゥケウス2
超執刀カドゥケウス

シナリオ概況 孫堅伝


1章 黄巾の乱(討伐軍シナリオ)
【初期】
俺の名は孫堅。字は文台だ。

漢室の権威が失われ、世が乱れるさまを、見るに見かねた俺は、江東の地より起つことを決意した。

今、世は張角とかいう呪い士が率いる黄巾賊に荒らされている。
まずはこれを討つため、折れは黄巾賊討伐戦へと参じる。

だが、恐らく黄巾賊の乱を収めたとて、世の乱れは収まるまい。
ならばこの俺が猛虎と化して天下を駆け、新しい世を築いてやろう!
【概況/初期】
何進

私が、この度の黄巾賊討伐の軍の指揮を取る何進である。
この天下の危機に立った者たちよ。そなたらこそまさに漢室の宝である!

今回は、民を煽動してこの黄巾賊の乱を引き起こした道士・張角を討つため、
冀州の地にある奴らの本拠地へと攻撃をかける。

張角とその弟たちは妖術で天変地異を起こすという。
弟らを叩けば進軍は容易となろう。
では進め!誇り高き漢室の勇士たちよ!
【戦況】
何進率いる討伐軍は、黄巾賊の本拠地・冀州に進軍する。
狙うはただひとつ、黄巾賊の首領・張角の撃破。頭を倒して、黄巾賊を壊滅させるのが最終目標である。

張角とその弟たちは妖術を中心にして攻めてくる。妖術を何としても止め、勝利を引き寄せるのだ。
術者を迅速に倒し、祭壇の占拠を目指すのが得策かもしれない。
【クリア後/評定】
何進

世を惑わす賊徒・張角は死んだ。黄巾賊は滅亡したと言ってもよかろう。
この総大将・何進、諸将たちの働きに感謝する。

諸君は各地に戻り、引き続き漢朝に対して忠節を尽くしてくれ。
二度とこのような乱が起こらないように、目を光らせておくのだ。
2章 水関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
孫堅

黄巾賊を鎮めても世の乱れは収まらなかった。
最たる問題は、大尉である董卓が都で専横と暴虐を極めていることである。


この事態に、諸侯は袁紹を盟主として反董卓の連合を結成した。
我々はその先鋒として、洛陽へと続く要衝・水関へと進攻する。

水関を守るは董卓配下の猛将・華雄。話しによると並ぶ者なき武の漢だとか。
いいだろう。この江東の虎の牙で引き裂いてくれる!
【戦況】
洛陽を荒らす董卓を討つため、袁紹は諸侯に号令を発して、連合軍を編成した。
連合軍の目指す先は、董卓の勇将・華雄が守る水関。洛陽に入るためには避けて通れぬ難所である。

水関攻めの先鋒は孫堅軍。袁術軍は後方に控え、兵糧輸送などの後方支援を行うことになっている。
両軍の連携がうまくいけば勝利は間違いないが、はたして・・・・・・。
【クリア後/評定】
袁紹

諸将の活躍により、董卓軍の猛将・華雄を打ち破ることができた。
逆賊・董卓はもはや、袋の鼠と言ってよかろう。
今後の行動はまだ決まってはおらぬが、備えだけはしておかねばならん。
いつ、このような輩が世を乱すか、わからんからな。
3章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
孫堅

俺たちは水関での戦いを制し、連合軍本隊を洛陽に導き入れた。
その後、本隊は董卓を誅殺したとのことだ。

しかし、これを機に、諸侯が天下への野心をむき出しにし始めた。
我が下にも、袁術から荊州の劉表を討ってくれとの要請がきた。

この戦、折れは西より黄祖の軍を狙う。主軍は我が息子・策に任せた。
次代を担う息子たちの若く雄々しい力、頼みとさせてもらう!
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。
4章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
荊州での戦を制し、勢いに乗った我々に凶事が起こる。
江東を平定している最中に息子・策が死んだのだ。親より先に逝きおって・・・。

しかし、君主である俺がいつまでも悲しんでいるわけにはいかない。
権、尚香と共に、策の分まで生きて、前に進まねばな。

今、大徳と評される劉備が俺たちの下を訪れ、連合して曹操を討とうと申し入れてきたのだ。
いいだろう、赤壁にて戦の準備だ!
【概況/初期】
周瑜

これより我々は、劉備軍と連合し、脅威である曹操を打ち破るべく軍を進めます。
この戦、天下の趨勢を決めるものとなるでしょう。

曹操の大船団を破るためには、幾重にも張り巡らせた策を成功させねばなりません。
各将が役目を全うすれば、勝てるでしょう。

殿には中央で戦局を見極めつつ、任の実行に手間取っている者を援護していただきます。
孫呉の力、曹操に思い知らせましょう!
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍の船が大河を赤く染める。天下の誰が、この結末を予想しただろうか。
我らのこの勝利、後世まで語り継がれよう。

これで曹操の力は削ぎ落とされた。
この機を逃がす手はない。奴が再び力を蓄える前に、その覇道を断ち切ってしまうのだ!
5章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
赤壁での戦は勝利に終わった。
結果、曹操は力を削がれ、劉備が勢いを得て蜀の地を得た。
天下は我々を含めた三つ巴の争いとなった。

そして今、それぞれがにらみ合っている中、劉備が俺に対して合火肥の魏を攻めよと言ってきた。
奴め、なかなか賢いな。

劉備の言葉に裏があることは明白。しかし、合肥を奪えば、孫呉に利があることも事実・・・。
ならば俺は、あえて奴の言葉に乗ろう!
【概況/初期】
呂蒙

我々はこれより、魏の軍が駐留している合肥の地へと進軍します。
かの地を押さえれば、魏に対する攻守の要として機能しましょう。

討つべきは曹操。そして警戒すべきは合肥を守る猛将・張遼。
ですが、今、敵の布陣に奴の姿は見えません。これは一体・・・・・・。

今、敵の兵数は少なく、陣容は手薄。ですが敵とてこの乱世を戦い抜いてきた歴戦の雄。
この戦、気を引き締めて臨みましょをうぞ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
6章 夷陵の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
合肥での戦は我が軍の勝利で終わった。
だが、かの地から曹魏の勢力を一掃するには至らず、結局は一進一退を繰り返すこととなった。

一方で、蜀との関係も悪化していた。
荊州を巡る争いの中、我が精鋭が蜀の関羽を倒すと、これに怒った劉備が大軍を進めてきたのだ。

情に迷い土地を得て、情と共に軍を動かすか。仁の漢とは面白い動きをするものだな・・・・・・。
いいだろう。その怒り、受け止めてやる!
【概況/初期】
陸遜

この戦より、私、陸伯言が指揮を執らせていただきます。
若輩ではありますが、全力をもって我が軍を勝利に導きたいと思っています。

劉備は長大な布陣を展開し、我が軍を包囲して打ち破る構えですね。
ここは炎を用いて、大軍を一気に瓦解させる策を取りましょう。

朱然に火計の用意をさせています。機を見て架橋車を設置し、敵陣に火を放つでしょう。
それまで、機を待って守りに徹するのです。
【戦況】
蜀が大規模な遠征軍を展開してきた。夷陵の地に陣取り、今にも呉の領地を飲み込まんとする勢いである。
若き知将・陸遜の指揮のもと、この国難を打開できるか。
蜀軍の凄まじい攻撃を防ぎつつ、火計の準備を整えるのだ。
計の責任者・朱然が安全かつ迅速に作業できるように戦いたい。
火計が成れば、蜀軍の勢いを止めることができよう。
【クリア後/評定】
孫権

蜀の大軍はほぼ全滅させたな。劉備を討ち漏らしたのは残念だが・・・・・・まあ、よい。
この大敗、奴には相当こたえるだろう。

だが、勝利の余韻に浸ってもおれん。
こうしている間にも、魏軍が攻め寄ってくる危険性がある。
速やかに軍を返さねばな。
7章 合肥新城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
夷陵での敗戦が響いたのか、劉備がこの世を去った・・・。
大徳と呼ばれる主を失い、蜀は混乱していよう。外敵に構うことなどできまいな。

斜陽の蜀などいつでも討ち滅ぼせる。
ならば今は蜀になど構わず、我が軍の全力を注いで曹魏との決着をつけるべき時であろう。

曹操の跡を継いだのは曹丕・・・。この漢、曹操にも匹敵するほどの器だという・・・。
相手にとって不足はない。いざ・・・・・・、我らの雌雄を決さん!
【概況/初期】
陸遜

これより我々は、魏を完全に討ち滅ぼすべく合肥の地へと軍を進めます!
長く続いた魏との戦い、この戦で終止符を打ちましょう!

敵の鉄壁の守りは二段攻撃で崩します。
まずは城の外門をすべて制圧し、その後、水陸に配した後詰めと合流して城内に突撃します!

物見によれば、城の防衛には君主・曹丕自らが当たるとのこと。
この機を逃さず、曹丕を討ち、合肥の城を曹魏滅亡の碑としましょう!
【戦況】
合肥新城の包囲がついに完成した。
この城の外門、内門を破れば、魏の総大将・曹丕の命は手中に収めたも同然。
強固な守りを突き破り、覇道の息の根を止めることができるか。
まずは、合肥新城外門の開放が目的となる。
激しい抵抗が予想されるが、手間取ってはならない。
門の突破が遅れると、続く城攻めの策に支障が出てしまうだろう。
【クリア後/評定】
孫権

曹魏の野望、合肥新城と共に葬った。将兵たちが死力を尽くして戦ってくれた結果だな。
孫呉の約束の固さを天下に示すことができた。

あの巨大な曹魏を打ち破ったのだ、もはや我らを止められる者はいない。
蜀も一気に討ち果たし、孫呉の天下を実現せん!
最終章 白帝城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
曹丕を討ち、長きに渡った曹魏との因縁にも決着がついた。
後は劉備を失った蜀を討ち、天下に新たなる孫呉の時代を宣言するのみ!

だが、予想外にも蜀は丞相・諸葛亮によって見事なまでに立ち直っていた。
万全の構えで我が軍の進攻を迎え撃とうとしている・・・。

はっはっは、面白い。天下を決する戦ならば、それに相応しい歯ごたえがなくてはな。
いざ、この江東の虎、天へ駆け登ってみせん!
【概況/初期】
陸遜

ついに蜀を討つ日がやってきました。
諸葛亮先生によって描かれた天下の計は、殿の勝利によって完成することになります。

殿には、中央で守りの要となっていただきます。
我が軍の両翼が包囲を完成させ、後詰めが来た時点で、一気に攻勢に転じましょう。

戦場は白帝城。敵総大将は劉禅。先代の劉備には程遠い。天下を争うに値しない者です。
さあ、蜀のすべてを喰らい、天下を孫呉に!
【戦況】
蜀を白帝城に追い詰めた。ここで蜀の大将・劉禅を討てば、孫呉の天下はより確実なものになる。
陸遜は三方向より白帝城を包囲し、蜀軍を追い込む作戦を立てる。
主軍は中央に待機し、主軍の左翼右翼の軍が白帝城を挟み込むような形で進軍することになる。
白帝城は蜀の最後の砦。激しい抵抗が予想される。慎重に包囲していきたい。
【クリア後/評定】
孫権

白帝城を落とし、劉禅を討った。民のための仁の世を目指した蜀・・・・・・
その理想はあまりにも大きすぎたのかもしれんな。

民が求めるのは何より安定した暮らし。我々ならその求めに応えられよう。
孫呉の治世が善く、また永くあるため、精進せねばな。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

孫堅、字は文台。呉郡富春県の人。

兵法家として名高い孫子の末裔という。
呉の役人として江賊退治などで名を馳せ、その勇猛ぶりから「江東の虎」の異名をとった。

黄巾討伐戦でさらに武名を高めた孫堅は、反董卓連合に参加し、その先鋒を命じられる。
水関を攻めると、呂布や華雄ら董卓配下の豪傑を退け、連合軍を洛陽に導いた。

連合軍により董卓は討たれたが、天下を担う群雄が各地に割拠し、大陸は混迷を深める、
孫堅もまた、呉を拠点に勢力を拡大し、群雄の一人として覇権をかけて争った。

呉郡平定戦の最中に長男の孫策を失ったが、悲しみに暮れる暇もなく戦いは続く。
華北を制した曹操が大軍を率いて南下すると、孫堅は劉備と結び、赤壁の戦いで完勝を収めた。

その後、大陸は魏呉蜀の三国に分割された。
劉備・曹操の両雄はすでに世を去り、その遺志を継ぐ者たちが、孫堅に決戦を挑む。
孫堅は彼らを全力で受け止め、打ち破った。

孫堅は、孫呉の天下を見届けると、後事を子の孫権に託す。
生涯を戦いに捧げた孫堅は、乱世の終焉によって己の天命を全うし、歴史の表舞台から姿を消した。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

戻る




   トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ

当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
このサイトは解像度1280×1024以上で正しく表示されます。
それ以外ではレイアウト崩れが発生する場合があります。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved