HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 孫権伝

シナリオ概況 孫権伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 孫権伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
私は孫権、字は仲謀だ。

江東より天下を望む勇壮なる孫家の次子として、この世に生を受け・・・・・・今、孫家を束ねる長となった者だ。

父上、兄上の早すぎる死・・・・・・。その悲しみも癒えぬままに、私は皆を導かねばならない。
だが、私にそのような力があるのか・・・・・・。

いや、恐れて歩みを止めるわけにはいかん。
兄上は私を兄上以上の器と言ってくださった。
ならば・・・・・・自分を信じて進むのみ!
【概況/初期】
周瑜

殿、孫策・・・・・・いえ、先代の遺志を継ぎ、孫家の旗を天下へと揚げて参りましょう。
この周公瑾、全身全霊をもってお仕えいたします。

まず先々代である孫堅様の仇、黄祖を討ちましょう。
孫家が代を重ね、ますます強壮になったことを天下に知らしめるのです。

黄祖は、我々の動きを察知し、夏口で守りの陣を敷いています。
かような小胆の輩、殿の敵ではありますまい。いざ、参りましょう!
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫権

皆の活躍により、黄祖を討ち取ることに成功し、また、要所である江夏の地も得た。
亡き父上と兄上もきっとお喜びであろう。

これで孫呉は乱世に勇躍するための地盤を得た。
さあ、これからが我らの力の見せどころ。天下を掴むため、皆で邁進するのだ!
2章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
憎き黄祖を討ち、私たち孫家は意気も新たに天下へと進み出した。
父上、兄上、この権の進む道、どうか見守っていてください。

今、天下に勢いを得た曹操が我々に刃を向けようとしている。
震え上がる臣が多い中、私は周瑜の言を支持し、開戦を決断した。

また、曹操に追われた劉備とは同盟し、我らと共に曹操軍に立ち向かうように要請した。
行くぞ、大河を孫家の勝利で彩らん!
【概況/初期】
周瑜

これより我々は、劉備軍と連合し、脅威である曹操を打ち破るべく軍を進めます。
この戦、天下の趨勢を決めるものとなるでしょう。

曹操の大船団を破るためには、幾重にも張り巡らせた策を成功させねばなりません。
各将が役目を全うすれば、勝てるでしょう。

殿には中央で戦局を見極めつつ、任の実行に手間取っている者を援護していただきます。
孫呉の力、曹操に思い知らせましょう!
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍の船が大河を赤く染める。天下の誰が、この結末を予想しただろうか。
我らのこの勝利、後世まで語り継がれよう。

これで曹操の力は削ぎ落とされた。
この機を逃がす手はない。奴が再び力を蓄える前に、その覇道を断ち切ってしまうのだ!
3章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
赤壁で曹操を打ち破り、この乱世最大の危機を脱することに成功した。
この勝利、天下の趨勢に大きく響くであろう。

劉備は共闘の後、我が領地・荊州を足がかりにして益州を得た。
何とも、あざとい奴よ。その劉備が、私に合肥を攻めよと言う。

劉備は、曹操を恐れて震えているようだな。
だが、孫呉は違う。合肥の魏軍何する者ぞ!
猛き虎の牙で蹴散らしてくれるわ!
【概況/初期】
呂蒙

我々はこれより、魏の軍が駐留している合肥の地へと進軍します。
かの地を押さえれば、魏に対する攻守の要として機能しましょう。

討つべきは曹操。そして警戒すべきは合肥を守る猛将・張遼。
ですが、今、敵の布陣に奴の姿は見えません。これは一体・・・・・・。

今、敵の兵数は少なく、陣容は手薄。ですが敵とてこの乱世を戦い抜いてきた歴戦の雄。
この戦、気を引き締めて臨みましょをうぞ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
4章 合肥新城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
合肥での戦で曹操を退けたものの、かの地を制するには至らなかった。
そして今、曹魏は合肥に堅牢な城を築きあげた。

時代の流れの中、奸雄・曹操は世を去ったが跡を継いだその息子・曹丕は
曹魏の力を衰えさせることなく、着実に力を蓄えている。

磐石へと向かう魏を見逃す訳にはいかない。
中原に覇を唱えるのは、奸雄の息子にあらず!
偉大な虎の息子である、この私なのだ!
【概況/初期】
陸遜

これより我々は、魏を完全に討ち滅ぼすべく合肥の地へと軍を進めます!
長く続いた魏との戦い、この戦で終止符を打ちましょう!

敵の鉄壁の守りは二段攻撃で崩します。
まずは城の外門をすべて制圧し、その後、水陸に配した後詰めと合流して城内に突撃します!

物見によれば、城の防衛には君主・曹丕自らが当たるとのこと。
この機を逃さず、曹丕を討ち、合肥の城を曹魏滅亡の碑としましょう!
【戦況】
合肥新城の包囲がついに完成した。
この城の外門、内門を破れば、魏の総大将・曹丕の命は手中に収めたも同然。
強固な守りを突き破り、覇道の息の根を止めることができるか。
まずは、合肥新城外門の開放が目的となる。
激しい抵抗が予想されるが、手間取ってはならない。
門の突破が遅れると、続く城攻めの策に支障が出てしまうだろう。
【クリア後/評定】
孫権

曹魏の野望、合肥新城と共に葬った。将兵たちが死力を尽くして戦ってくれた結果だな。
孫呉の約束の固さを天下に示すことができた。

あの巨大な曹魏を打ち破ったのだ、もはや我らを止められる者はいない。
蜀も一気に討ち果たし、孫呉の天下を実現せん!
最終章 白帝城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
激戦の末、合肥にそびえ立つ城塞は陥落した。
ついに、我々は強大な敵・曹魏を討ち滅ぼしたのだ。赤壁よりの因縁、断つことができた。

そして今、孫呉の天下を遮るのはも暗愚と噂の劉備の息子・劉禅をかかえ喘ぐ蜀のみ。
今こそ、我らが天下を制する時だ!

父上、兄上、私の戦いを見ていてください!
お二人の志を継いだ孫仲謀、今ここに天下を勝ち取ってご覧に入れます!
【概況/初期】
陸遜

ついに蜀を討つ日がやってきました。
諸葛亮先生によって描かれた天下の計は、殿の勝利によって完成することになります。

殿には、中央で守りの要となっていただきます。
我が軍の両翼が包囲を完成させ、後詰めが来た時点で、一気に攻勢に転じましょう。

戦場は白帝城。敵総大将は劉禅。先代の劉備には程遠い。天下を争うに値しない者です。
さあ、蜀のすべてを喰らい、天下を孫呉に!
【戦況】
蜀を白帝城に追い詰めた。ここで蜀の大将・劉禅を討てば、孫呉の天下はより確実なものになる。
陸遜は三方向より白帝城を包囲し、蜀軍を追い込む作戦を立てる。
主軍は中央に待機し、主軍の左翼右翼の軍が白帝城を挟み込むような形で進軍することになる。
白帝城は蜀の最後の砦。激しい抵抗が予想される。慎重に包囲していきたい。
【クリア後/評定】
孫権

白帝城を落とし、劉禅を討った。民のための仁の世を目指した蜀・・・・・・
その理想はあまりにも大きすぎたのかもしれんな。

民が求めるのは何より安定した暮らし。我々ならその求めに応えられよう。
孫呉の治世が善く、また永くあるため、精進せねばな。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

孫権、字は仲謀。呉郡富春県の人。

孫堅の次子として生まれ、兄の孫策に従って転戦する。
まず父が、次いで兄が亡くなるとわずか19歳で孫呉を率いる身となった。

武勇は父や兄が優ったが、人を束ね国を治めることに非凡な才を発揮した。
配下の言葉によく耳を傾け、着実に地盤を固めて、やがて孫呉は大陸屈指の勢力に成長する。

建安十三年(208)、孫権に最初の試練が訪れた。
曹操の軍勢が南下し、その矛先を孫呉に向けたのである。
すでに、華北の覇者たる曹操勢は、孫呉の兵力を遥かに凌いでいた。

降伏を迫る曹操に対し、孫権は劉備と結んで戦う決意を固める。
赤壁で曹操の大船団を迎え撃つと、周瑜や黄蓋らの目覚しい活躍で戦局を覆し、孫権は奇跡的な勝利を収めた。

時は流れ、大陸は魏呉蜀が互いに拮抗する三国時代となる。
父と兄の大望を継ぐ孫権は、優れた配下に支えられながら、果敢に決戦を挑み、ついに三つ巴の戦を制した。

幾多の戦いの末、天下は平定された。しかし乱世の終焉は孫権に新たな使命を課した。
新しい世にふさわしい国家を築くため、孫権の多忙な日々が続く。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved