HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 呂蒙伝

シナリオ概況 呂蒙伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 呂蒙伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
俺は呂蒙、字は子明だ。
今は孫策殿の下に仕えている。
これまで磨き上げた俺の武、そこらの武人には負けんつもりだ。

今、孫策殿は孫家による乱世の終結・・・、つまり天下統一に向けて動き出した。
この大志は、今は亡き孫堅殿の願いでもあった。

主の大志を支えることこそ臣たる者の務め!
孫策殿の天下を実現するために、この俺の武、全力で振るおうぞ!
【概況/初期】
孫策

よお呂蒙。俺はこれから、孫家が天下を取るための戦を始めようと思う。
ま、長い戦いになるだろうが、よろしく頼むぜ。

まずは江東、呉郡の地を取る。あそこは孫家にとって父祖伝来の地。
天下取りの第一歩として、これ以上の土地はないぜ!

敵は寄せ集めだ。拠点を占拠すれば俺たちに降ってくるだろう。
お前の武、この俺の武と一緒に天下に響かせようぜ!
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
2章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
呉郡を平定し、雄飛のための地盤は固まった。
その矢先、孫策殿が非業の死を遂げられる。無念だが・・・・・・今は悲しんではおれん。

孫権殿を主として再び立ち上がった孫家は、赤壁で曹操の大軍を迎え撃つこととなった。
試練だが、劉備と組めば何とかなるだろう。

この戦、策をいくつも重ねて勝機を得るとの話だが俺にはよくわからん!
どんな大敵であろうと、この武にて立ち向かうのみだ!
【概況/初期】
周瑜

これより我々は、劉備の軍勢と協力し、脅威となった曹操を打ち破るべく軍を進める。
この戦、天下の趨勢を左右するものと心得よ。

曹操の大船団は恐れるに足らず!
幾重にも張り巡らせている策を連鎖的に成功させれば一気に、葬ることができよう。

呂蒙、お前は少しずつ前進して曹操軍を押し返し、他の者が動きやすいようにせよ。
だが、突出はするな。じっくりと機を待つのだ。
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍の船が大河を赤く染める。天下の誰が、この結末を予想しただろうか。
我らのこの勝利、後世まで語り継がれよう。

これで曹操の力は削ぎ落とされた。
この機を逃がす手はない。奴が再び力を蓄える前に、その覇道を断ち切ってしまうのだ!
3章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦は俺たちの勝利で終わった!
だがその後、大都督であり赤壁最大の功労者でもある周瑜殿が世を去ってしまった。

周瑜殿の死後、俺はなぜか軍の司令に推されその任に就くこととなった。
そのような大役、俺のような武のみの男に務まるのか・・・・・・。

いや、ならば武のみではなく知も磨くのみ。
殿の勧めに従い、俺は書を読み、学問を身につけた・・・。士たる者、己を高めていかねば!
【概況/初期】
孫権

我々はこれより、劉備軍の要請に従い、合肥の魏軍を攻める。
劉備の提案に乗るのは本意ではないが・・・・・・合肥は得るに値する地だ。

今は、合肥の陣容は手薄。だが、じきに曹操自身が救援に来よう。
その前に勝負を決するよう、各人奮起せよ。

呂蒙、お前の智と武、戦の中で日々に磨かれ、見るたびに別人のようになって私を驚かせる。
お前のその力、曹魏に思い知らせてやれ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
4章 南中侵攻戦(呉軍シナリオ)
【初期】
合肥での戦は、この俺に多くのことを教えてくれた・・・。
武勇を活かすは知略であり、知略を形にするは武勇であるということを。

この教訓を胸に、俺は次の戦いに向かった。
戦場は南中。孫家が天下三つ巴の戦いに勝つためには、かの地の平定が欠かせない。

この戦を提案したのは、若き陸遜。奴こそ、未来の孫呉を支える将であろう。
先に歩んだ者として、奴に多くを伝え残したいものだ。
【概況/初期】
孫権

呂蒙よ、合肥での活躍、見事であった。
お前の知勇が日を重ね、戦を経るごとに高まっていること、心から頼もしく思うぞ。

我々はこれより南中に軍を進める。
この天下の外、南の異民族の脅威を退け、かの地の民を我ら孫呉に服従させるのだ。

敵の首領、孟獲は将兵たちをひとつの家族のようにまとめているらしい。
そういう者たちは地力が強いものだ。皆、心してかかれ。
【戦況】
呉軍は南蛮に進撃した。国力を蓄え、天下の争いを有利にするためである。
南蛮の大王・孟獲は南蛮の各王や配下と一致団結して、交戦する構えを見せている。
慣れぬ地での戦いであり、地の利は敵にある。
しかも、味方の陣は長く延びていて、分断されると危機的な状況となる。
南蛮軍にこの弱点を看破されなければよいが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫権

南蛮大王・孟獲を倒し、彼の地を制することができた。
これで奴らの侵攻を恐れることなく、天下へと進むことができるな。

いよいよ孫呉の天下が見えてきた。次の相手は曹操か劉備か・・・・・・。
いずれであれ、この勢い、もはや誰にも止められはしない!
最終章 樊城の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
天下が我らと魏、蜀によって三分された今、重要となっているのが荊州の地だ。
かの地を制することが、天下の覇権に繋がろう。

我々は、劉備に貸し与えていた荊州の三郡をかえす求めた。
しかし、あろうことか、関羽はその要求を拒み、荊州に居座り続けた。

おのれ、国家同士の約定を踏みにじるとは!関羽は軍神などではない!
義を捨て乱世に染まった鬼よ!俺が討ち取ってくれるわ!
【概況/初期】
孫権

おのれ関羽!我が軍との条約を無視し、そのうえ、他国を侵略するとは・・・・・・。
呂蒙よ、お前の言うとおり、関羽は討たねばならんな。

関羽は魏の治める樊城を攻めようとしている。
今回は魏に協力し、かの城を守る曹仁と連携して、関羽を追いつめるのだ。

呂蒙、お前と陸遜にこの戦を託す!
孫呉が荊州に覇を唱え、果てに天下を掴むために、その知勇で軍神・関羽を討つのだ!
【戦況】
蜀の関羽軍が魏の樊城を水攻めにしている。このままでは樊城と荊州を、関羽に取られてしまう。
魏と協力して関羽を討ち、荊州を呉のものとしなければならない。

敵の油断を誘うため、味方は少数しかいない。
そのまま関羽軍に当たっても、むなしく砕けてしまうだろう。
戦場、戦況をよく観察し、策によって形勢を逆転させるのだ。
【クリア後/評定】
呂蒙

関羽・・・・・・。俺の知勇すべてと、魏・呉の力の全てでようやく倒すことができたか。
その絶世の将たる様は、まさに軍神であったわ。

だが、その関羽を討ち取った今、この乱世に残る脅威はあとわずかと言えよう。
孫呉の天下、いよいよ見えてきたぞ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

呂蒙、字は子明。汝陽富陂県の人。

少年の頃より、武芸に親しみ、進んで戦線に加わった。
学問を嫌い兵法に疎かったが、戦場では生来の才気で縦横の活躍を見せた。

やがて呂蒙の武勇は孫策の目に止まり、側近に加えられる。
以後、孫策に従って呉郡平定戦など数々の戦いで高い戦功を上げ、その地位を確固たるものにしていった。

孫策の後を継いだ孫権は、呂蒙の秘められた才を見抜き、学問を強く勧めた。
武芸一筋に生きてきた呂蒙だが、これを機に読書に励み教養を磨き、その将器を大きく飛躍させる。

知勇兼備の名将に成長した呂蒙は、周瑜の後を継いで孫呉の大都督に任じられる。
そして、荊州の前線に赴任し、荊州南郡を占拠していた関羽に睨みを利かせた。

関羽が軍勢を率いて北上し、樊城の曹仁を攻めると、機を逃さずに出撃し、魏軍と結んで関羽を挟撃する。
この戦いで、天下に軍神と恐れられた関羽を討つ快挙を成し遂げた。

天下取りの要所となる荊州を手に入れ、孫呉は勢いを増した。
その後も、呂蒙は大都督として孫呉の全軍を統括し、天下の強豪を相手に見事な戦いを繰り広げることとなる。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved