HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 孫策伝

シナリオ概況 孫策伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 孫策伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 黄巾の乱(討伐軍シナリオ)
【初期】
俺は孫策。字は伯符ってんだ。

今、親父と共に黄巾賊を討伐しに来たんだが・・・・・・。
ひでえもんだ。民たちが戦だっつって暴れてる。

これかせ乱世って奴か。何だかやるせねえな。
けどよ、これは俺たち孫家にとっては天下に飛び出す絶好の機会だぜ!

戦で勝負ってんなら、負ける気はしねえ!
親父と一緒に、天下に名を轟かせてみせる。
さあ、孫伯符、行くぜ!
【概況/初期】
今回、我々は何進大将軍が率いる連合軍に参加し、黄巾賊の征討に向かう。
世を騒がす賊の頭目・張角とそれに従う者を誅するのだ。

黄巾の兵たちは元々は民。その練度は低い。
厄介なのは、張角とその弟ららよる妖術だ。十分に気をつけねばな。

策、この黄巾賊討伐がお前の初陣となるな。
この父をも越える大器であること、この戦で存分に知らしめるがいい。
【戦況】
何進率いる討伐軍は、黄巾賊の本拠地・冀州に進軍する。
狙うはただひとつ、黄巾賊の首領・張角の撃破。頭を倒して、黄巾賊を壊滅させるのが最終目標である。

張角とその弟たちは妖術を中心にして攻めてくる。妖術を何としても止め、勝利を引き寄せるのだ。
術者を迅速に倒し、祭壇の占拠を目指すのが得策かもしれない。
【クリア後/評定】
何進

世を惑わす賊徒・張角は死んだ。黄巾賊は滅亡したと言ってもよかろう。
この総大将・何進、諸将たちの働きに感謝する。

諸君は各地に戻り、引き続き漢朝に対して忠節を尽くしてくれ。
二度とこのような乱が起こらないように、目を光らせておくのだ。
2章 水関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
黄巾の親玉、張角は俺がぶっ倒してやった!
へへっ、これで俺たち孫呉の武名も、天下に響き渡るってもんだぜ。

けど、都はまだ騒がしい。董卓ってのが好き勝手やってるらしいな。
捨て置けねえってんで、親父たち連合軍が討伐に乗り出した。

戦ってんなら、俺が行かなきゃ始まらねえ。
猛将・華雄が守る水関で、俺たち孫家の武を見せつけてやるぜ!
【概況/初期】
お前の働きのおかげで、黄巾賊の反乱を鎮圧することができた。
しかし、今度は天子を支えるべき大尉・董卓が都で暴れ出した。

この事態に、諸侯は袁紹を盟主として反董卓の連合を結成した。
我々はその先鋒として、洛陽へと続く要衝・水関へと進攻する。

水関を守るは董卓配下の猛将・華雄。奴は武に長けた漢と聞く。
策よ、お前の武が華雄を上回ること、天下の諸侯に見せてやれ!
【戦況】
洛陽を荒らす董卓を討つため、袁紹は諸侯に号令を発して、連合軍を編成した。
連合軍の目指す先は、董卓の勇将・華雄が守る水関。洛陽に入るためには避けて通れぬ難所である。

水関攻めの先鋒は孫堅軍。袁術軍は後方に控え、兵糧輸送などの後方支援を行うことになっている。
両軍の連携がうまくいけば勝利は間違いないが、はたして・・・・・・。
【クリア後/評定】
袁紹

諸将の活躍により、董卓軍の猛将・華雄を打ち破ることができた。
逆賊・董卓はもはや、袋の鼠と言ってよかろう。
今後の行動はまだ決まってはおらぬが、備えだけはしておかねばならん。
いつ、このような輩が世を乱すか、わからんからな。
3章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
俺たちが水関で華雄を討ち取った後、袁紹たちが都に乗り込んで董卓を倒したらしい。
ちぇっ、俺も派手に暴れたかったぜ。

さて、呉の地に帰ってきた俺たちは、荊州の劉表を攻めることになった。
袁紹の要請ってのがちと気になるが、まあ、いいか・・・。

戦は大歓迎だぜ。けどよ・・・・・・今回は何か嫌な予感がしやがる。
親父、こういう時は気を引き締めていかなきゃな・・・・・・。
【概況/初期】
孫堅

水関での戦ぶり、見事だった!
これで、董卓の専横による混乱は収まり、天下を覆う暗雲は晴れたと言えよう。

しかし、これを機に、諸侯が天下への野心をむき出しにし始めた。
我が下にも、袁術から荊州の劉表を討ってくれとの要請がきた。

策、お前は中央から進軍し、敵の本隊を引きつけてくれ。
俺と黄蓋は、東西から攻める。お前の武、期待しているぞ。
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。

※孫堅が負傷時

孫策

劉表の野郎をぶっ潰して、荊州を制圧したぜ。
俺たちを怒らせるとどうなるか、天下の奴らもわかっただろう。
心配なのは、親父の容態だが・・・。
親父がこんな状態だからこそ、俺がしっかりしねえとな。
次の戦の準備、抜かっちゃいけねえ!
4章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
劉表を攻めた時の傷がもとで、親父は帰らぬ人になっちまった・・・。
いや、悲しんでいる暇はねえ。俺が孫呉を導かなきゃな。

俺たちの天下のために、まずは呉郡を平定して、地盤を固めてやる。
狙うは劉繇。ついでに近隣の奴らもぶっとばす!

俺の親友・周瑜も、俺の君主としての初陣だなんつって、前の荊州以上に張り切ってる。
へへっ、行くか周瑜。俺たちの時代だぜ!
【概況/初期】
周瑜

孫策・・・・・・孫堅殿のことは残念だった。
しかし落ち込んでいる訳にはいくまい。
今より君が孫家を天下へと導かねばな。

まずは江東、呉郡の地を制圧し、天下に勇躍するための足場を固めよう。
私も後から援軍として駆けつける。待っていてくれ。

敵総大将、劉繇に人望はなく、敵軍の結束は弱い。拠点を占拠すれば我らに降るだろう。
さあ、行こう孫策。今こそ我々の時代だ!
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
5章 孫策幻影戦(孫策軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
俺たちは呉を平定して、急速に勢力を拡大することができた。
それを見て、俺を小覇王なんて呼ぶ奴も出てきた。なんだが照れるぜ。

じゃ、この勢いで天下を目指すかって時に。邪魔が入りやがった。
俺の前に于吉とかいう胡散臭い野郎が現れたんだ。

于吉は兵たちに何か吹き込んだうえに、俺にいちゃもんをつけてきた。
へへっ、売られた喧嘩は全部買うぜ!ぶっ飛ばしてやる!
【戦況】
孫策の前に仙人・于吉が現れた。于吉は妖術を使って、孫策を亡き者にしようとしている。
まやかしごと于吉をぶっ飛ばすため、孫策は幻影の中に突っ込んで行く。
于吉とは一対一で勝負することになる。
とはいえ于吉は分身したり、奇妙な術を使ったりするので油断ならない。
術に惑わされず、冷静に戦うことが勝利の秘訣となろう。
【クリア後/評定】
孫策

へっ、于吉をぶっ飛ばしてやったぜ。この孫伯符にまやかしは通用しねえ。
これに懲りて。二度と俺の前に現れるんじゃねえぜ!

ん、変な野郎を相手にしたせいか、少し疲れたみてえだな・・・・・・。
ま、これから天下取りの戦が続く。ここらでひと休みしておくか。
最終章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
于吉のまやかしを破って、俺たちは戦を再開した。
狙いは、江夏にいる親父の仇・黄祖だ。やっと、奴をぶっ飛ばせるぜ!

けど、身体の調子が悪ぃ悪ぃ・・・・・・。
于吉とやりあってからというもの、得体の知れない何かが俺を蝕んでいってるみてえだ。

だけどよ、今は泣きごとを言ってられねえ。
孫呉の未来を弟・権に託すまで、この孫伯符・・・、立ち止まる訳にゃいかねえぜ!
【概況/初期】
周瑜

孫策、孫呉の力は充実の一途をたどっている。
今こそ、亡き大殿・孫堅様の仇を討ち、墓前にその報告をするべき時であろう。

憎き仇敵・黄祖は、我々の勢いから身の危険を察知し、夏口の地で陣を構え、防衛線を敷いている。
が、小覇王の敵ではあるまい。

君の体調がやや気になるが、休む気はないんだろう?
この戦、是が非でも勝たねばな。さあ、行こう孫策。我々の夢に向かって!
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫策

ふぅ・・・・・・。どうにか黄祖の野郎を討ち取ったか。
親父、仇はそっちに送ったぜ。煮るなり焼くなり好きにしてくれ・・・・・・。

呉の地に加え、江夏の地も得た。孫呉の力はこれで磐石なものになったろう。
へっ、何だか少し、安心したな・・・・・・。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

孫策、字は伯符。呉郡富春県の人。

孫堅の長子として生まれる。少年の頃より父に従って歴戦した。
猛将で知られた父に似て武勇に優れ、人望も厚かった。

黄巾討伐軍や反董卓連合に参加して、大いに名を上げた孫呉の軍勢は、次いで荊州の劉表と戦って勝利する。
しかし、この戦いで父の孫堅は傷を負い、そのまま帰らぬ人となった。

若くして孫呉は頭領になった孫策は、父の遺志を継ぎ、天下を目指す。
親友の周瑜も加わり、君臣一丸となって、破竹の進撃を続け、いつしか「小覇王」と呼ばれるようになった。

そんな折、于吉と名乗る道士が現れる。
妖術で人々を惑わす于吉を、世を乱す邪教の徒と見抜いた孫策は、幻惑を破って于吉を討つ。
しかし、于吉の術は孫策の命を蝕んでいた。

体に不調を感じながらも、孫策は戦いに身を投じ続けた。
呉郡を平定して地盤を固めた孫策は、さらに勢力を伸ばすべく夏口を攻めて黄祖を破り、晴れて父の仇討ちを果たす。

大陸屈指の勢力となった呉は、いよいよ天下統一への戦いに踏み出す。
頼もしく成長した弟の孫権や、新旧の能臣たちを束ね、孫策は決意も新たに乱世へと臨む。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved