HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 大喬伝

シナリオ概況 大喬伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 大喬伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 黄巾の乱(討伐軍シナリオ)
【初期】
わたしは、橋玄の娘で大喬といいます、

今、世間では黄巾賊と呼ばれる方が暴れていて、毎日、とても怖い戦いが続いています。

でも、そんな恐ろしい日々も終わりそうです。
各地の君主の皆さんが立ち上がり、黄巾賊の偉い人、張角をこらしめることになりました。

わたしも孫策さまのお手伝いをするために、戦場へと向かいます。
怖いけど、孫策さまのためですから・・・・・・わたし、がんばります!
【概況/初期】
孫策

大喬、すまねえな。お前にまで戦の手伝いをさせちまうことになって。
今回の相手は黄巾賊っていう・・・・・・まあ、暴徒たちの鎮圧だ。

奴らの親玉、張角ってのを倒しちまえばいいんだけどよ・・・・・・。
こいつとその兄弟、張梁と張宝は、奇妙な術を使うらしい。厄介だぜ。

・・・・・・まあ、お前はそんなこと気にしなくても大丈夫だ。
俺たちに任せとけ。いいか、絶対に無茶すんじゃねえぞ!
【戦況】
何進率いる討伐軍は、黄巾賊の本拠地・冀州に進軍する。
狙うはただひとつ、黄巾賊の首領・張角の撃破。頭を倒して、黄巾賊を壊滅させるのが最終目標である。

張角とその弟たちは妖術を中心にして攻めてくる。妖術を何としても止め、勝利を引き寄せるのだ。
術者を迅速に倒し、祭壇の占拠を目指すのが得策かもしれない。
【クリア後/評定】
何進

世を惑わす賊徒・張角は死んだ。黄巾賊は滅亡したと言ってもよかろう。
この総大将・何進、諸将たちの働きに感謝する。

諸君は各地に戻り、引き続き漢朝に対して忠節を尽くしてくれ。
二度とこのような乱が起こらないように、目を光らせておくのだ。
2章 水関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
皆さんの活躍で、黄巾賊の乱は収まりました。
戦場での孫策さまはとても強く、頼もしくて、戦を楽しんでいるみたいでした。

そしてまた、孫策さまたちは戦に出発します。洛陽で暴れている董卓を討つためです。
ゆっくりお側にいられると思ったのに・・・・・・。

孫策さまと離れたくなかったので・・・・・・わたしも、無理を言ってご一緒させてもらいました。
孫策さまのために・・・・・・。わたし、がんばります!
【概況/初期】
孫策

大喬、黄巾の乱ではよく頑張ってくれたな。
・・・・・・つっても、俺としてはあんまりお前を戦場に連れて行きたくなかったんだけどよ。

さて、張角をぶっ飛ばしても世の中はまだ落ち着かねえ。
今度は大尉の董卓が都で暴れているみたいだ。また、戦ってわけだな。

俺たちは連合軍の先鋒として、猛将・華雄が守る水関を落としに行く。
大喬・・・・・・お前は安全なところで隠れてろ。いいな?
【戦況】
洛陽を荒らす董卓を討つため、袁紹は諸侯に号令を発して、連合軍を編成した。
連合軍の目指す先は、董卓の勇将・華雄が守る水関。洛陽に入るためには避けて通れぬ難所である。

水関攻めの先鋒は孫堅軍。袁術軍は後方に控え、兵糧輸送などの後方支援を行うことになっている。
両軍の連携がうまくいけば勝利は間違いないが、はたして・・・・・・。
【クリア後/評定】
袁紹

諸将の活躍により、董卓軍の猛将・華雄を打ち破ることができた。
逆賊・董卓はもはや、袋の鼠と言ってよかろう。
今後の行動はまだ決まってはおらぬが、備えだけはしておかねばならん。
いつ、このような輩が世を乱すか、わからんからな。
3章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
わたしたちは、水関で華雄という人を倒し洛陽への進路を確保しました。
その後、董卓は諸侯の皆さんによって討たれたそうです。

それで呉に帰ったのですが、そしたら劉表を討ってほしいと袁術さんが言ってきたんです。
また戦・・・・・・。私、なんだかとても悲しいです。

孫策さまも、今回は神妙なお顔をなさっています。きっと、大変な戦なのでしょう。
孫策さまのために・・・・・・。わたし、がんばります!
【概況/初期】
孫策

連合軍の諸侯たちが董卓を討ち取ったそうだ。
大喬、これもお前が水関で頑張ってくれたおかげだ。礼を言うぜ!

けど、休んじゃいられねえ。
袁術が親父に劉表を討ってほしい、と泣きついてきやがった。
で、親父はその頼みを聞いちまった。

俺たちは中央正面を任された。・・・・・・が、お前は無茶すんなよ。
戦場のことは俺に任せとけ。行くぜ、孫呉の戦いの幕明けだ!
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。

※孫堅が負傷時

孫策

劉表の野郎をぶっ潰して、荊州を制圧したぜ。
俺たちを怒らせるとどうなるか、天下の奴らもわかっただろう。
心配なのは、親父の容態だが・・・。
親父がこんな状態だからこそ、俺がしっかりしねえとな。
次の戦の準備、抜かっちゃいけねえ!
4章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
戦には勝てましたが、その時の傷がもとで孫堅さまがお亡くなりになってしまいました。
とてもお優しい方でしたのに・・・・・・悲しいです。

孫策さまは、悲しみをこらえて孫堅さまの遺志を継ぎ、呉郡の平定へと乗り出しました。
孫策さまは、やっぱりとてもお強いです。

わたしも強くなって、孫策さまを助けたい。悲しみや恐怖に震えるのは終わりにします。
孫策さまのために・・・・・・。わたし、がんばります!
【概況/初期】
孫策

親父が・・・・・・矢傷がもとで死んじまった・・・・・・。
劉表なんざ討っても、嬉しくも何ともねえ。勝った気がまったくしねえんだ・・・・・・。

・・・・・・くよくよしてても始まらねえか。親父の分まで、頑張らなきゃな。
よし、まずは天下への足場固めだ。この呉の大地を平らげるぜ。

敵軍の結束は弱い。まずは各地にある拠点を制圧し、そこにいる奴にを味方にするんだ。
敵の親玉は劉繇。さあ、行くぜ!
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
最終章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
孫策さまは、呉郡を勝ち取りました。そして勢いに乗り、江夏に進出します。
江夏を守るのは孫堅さまの仇、黄祖。許しません!

ですが戦の前なのに孫策さまの様子がおかしいんです。
なんだがお身体が辛そう・・・・・・。これまで戦に明け暮れたせいでしょうか。

こんな時こそ、私がしっかりして孫策さまの支えにならなければ。
孫策さまのために・・・・・・。わたし、精一杯がんばります!
【概況/初期】
呉の地の平定も成功・・・・・・俺たちの評判は広く天下に知れ渡りだした。
・・・・・・大喬、これも、お前が俺の側で頑張ってくれたおかげだぜ。

次は親父の仇、江夏の黄祖との戦だ。大喬、お前は・・・・・・俺の側にいてくれ。
もし俺が倒れたとしても・・・・・・その時はお前の腕の中で・・・・・・。

いや、悪い。なんか妙にじめっとしちまった。
・・・・・・さあ、行こうぜ!孫呉の、・・・・・・いや、俺たちの未来を勝ち取るための戦だ!
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫策

ふぅ・・・・・・。どうにか黄祖の野郎を討ち取ったか。
親父、仇はそっちに送ったぜ。煮るなり焼くなり好きにしてくれ・・・・・・。

呉の地に加え、江夏の地も得た。孫呉の力はこれで磐石なものになったろう。
へっ、何だか少し、安心したな・・・・・・。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

大喬、橋玄の娘。

公明正大な父のもと清廉な家風に育った。
容姿可憐で才気にあふれ、妹の小喬とともに「二喬」と呼ばれて世に知られた。

孫呉の軍勢に保護されたのち、大喬は孫策に嫁ぎ、小喬は周瑜に嫁ぐ。
両夫婦とも仲むつまじく、孫呉を率いる二人の英雄を励まし、時には戦場に出て窮地を救った。

黄巾討伐軍や反董卓連合に参加して、大いに名を上げた孫呉の軍勢は、次いで荊州の劉表と戦って勝利する。
しかし、この戦いで孫堅が戦死し、後事は若き孫策に託される。

孫呉を率いる身となった孫策は、周瑜と力を合わせて快進撃を続ける。
大喬も自らの意思で戦場に赴き、諸将に劣らぬ活躍を見せて、孫呉の勢力拡大に大きく貢献した。

呉郡を平定して、孫呉の勢力は磐石なものとなったが、度重なる戦いで孫策の体は病に蝕まれつつあった。
それでも勇敢に戦いに臨む孫策に大喬は付き従い、共に戦った。

夏口で父の仇を討った孫策は、いよいよ天下統一戦に踏み出す。
その後も大喬は体に不安を抱える孫策をよく支え、二人が穏かに暮らせる日を夢見て戦い続けるのだった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved