HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 小喬伝

シナリオ概況 小喬伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 小喬伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 水関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
あたし、小喬。

んーと、大好きな周瑜様が、董卓っていう悪者をやっつけるために、都に戦争をしに行くんだって。

さっすが周瑜様、悪者退治なんてかっこいいよね!
・・・・・・でも、戦争となると、いっつもあたしは置いてきぼり。つまんないな・・・。

そうだ!今回はあたしもついてっちゃお!
駄目って言われても絶対に行くんだもんねー。
頑張って周瑜さまにほめてもらうんだ!
【概況/初期】
周瑜

小喬、戦に出たいなどと、私は絶対許さ・・・・・・。
いや、お前は言い出したら、引き下がらないからな。仕方あるまい・・・・・・。

私たちは今、都に巣食う逆臣・董卓を討伐するための連合軍に参加している。
目指すは、猛将・華雄が守る水関だ。

いや、細かいことを話しても仕方ないか。小喬、お前は私の側で戦っているのだ。
目の届く所にいてくれれば、私も安心だ・・・・・・。
【戦況】
洛陽を荒らす董卓を討つため、袁紹は諸侯に号令を発して、連合軍を編成した。
連合軍の目指す先は、董卓の勇将・華雄が守る水関。洛陽に入るためには避けて通れぬ難所である。

水関攻めの先鋒は孫堅軍。袁術軍は後方に控え、兵糧輸送などの後方支援を行うことになっている。
両軍の連携がうまくいけば勝利は間違いないが、はたして・・・・・・。
【クリア後/評定】
袁紹

諸将の活躍により、董卓軍の猛将・華雄を打ち破ることができた。
逆賊・董卓はもはや、袋の鼠と言ってよかろう。
今後の行動はまだ決まってはおらぬが、備えだけはしておかねばならん。
いつ、このような輩が世を乱すか、わからんからな。
2章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
みんなが水関でがんばったから、董卓って悪者がいなくなったんだって。
でも、ほかにもやっつけなきゃいけない人がいるみたい。

周瑜さまは、まだ戦だって難しい顔してたけど、ちょっぴりうれしそう。
だって今度の戦いは孫策さまといっしょだからね。

みんながいっしょにがんばるのってすごく楽しい!
今度も周瑜さまについていって、あたしもがんばろうっと!
ね、周瑜さま?
【概況/初期】
周瑜

小喬、水関ではよく頑張った。
お前の予想外の・・・・・・いや、すまん、期待以上の頑張りが、あの戦の決め手となった。

さて、これから私たちは袁術の要請を受け、荊州の地に向かい劉表を討つ・・・・・・。
小喬・・・・・・、今回もやはり留守はしてくれぬのか・・・・・・。

私は中央から進軍し、敵の本隊をひきつけるという任を仰せつかった。
小喬、私の側から離れるなよ。今回の戦は・・・・・・嫌な予感がする。
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。

※孫堅が負傷時

孫策

劉表の野郎をぶっ潰して、荊州を制圧したぜ。
俺たちを怒らせるとどうなるか、天下の奴らもわかっただろう。
心配なのは、親父の容態だが・・・。
親父がこんな状態だからこそ、俺がしっかりしねえとな。
次の戦の準備、抜かっちゃいけねえ!
3章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
劉表はやっつけたんだけど、その戦のときの傷のせいで、孫堅さまが死んじゃったの・・・・・・。
すっごい悲しい。みんなもすごく辛そう。

でも、周瑜さまはえらい。すごく悲しいのに誰より早く立ち直って、孫策さまを支えてる。
あたしも元気出して、みんなを励まさなきゃ。

今度は、孫策さまのご先祖さまの土地だった呉郡を取り戻すために戦うんだって。
よーし、あたしもはりきって行こう!
【概況/初期】
周瑜

孫堅殿が亡くなられたのは悲しいが・・・・・・だが、私たちには孫策がいる。
彼ならば、孫堅殿の遺志を継ぎ、大業を成し遂げるだろう。

悲しみは打ち捨て、前へと進むのだ。まず、孫策が天下に乗り出す根拠地を確保しよう。
呉郡の地に割拠する者たちを掃討するのだ!

敵は寄せ集めだ、点在する拠点を占拠すればこちらへと降るだろう。
小喬、お前も来るのだろう?さあ、私と共に行こう。
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
4章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
呉郡で戦ってるときは元気だったのに、孫策さまが死んじゃうなんて・・・・・・。
周瑜さまは涙を見せないけど、すごく・・・・・・悲しそう・・・・・・。

周瑜さまは、無理してお仕事がんばってる。
今度は孫権さまと一緒に夏口の黄祖を倒すんだって・・・。
孫堅さまの仇討ちに行くんだね。

周瑜さま、あたし、周瑜さまの側にいるね。
悲しくてねがまんしてる周瑜さまを、あたしが応援してあげる。
だから、元気だしてね?
【概況/初期】
周瑜

小喬・・・・・・気を遣わせてしまって、すまない。
孫策を失った悲しみ、表には出さないようにしているつもりだったが・・・・・・。

これから私たちは、夏口の地で黄祖を討つ。
黄祖自体は無能も同然だが、配下の将に水賊出身の猛者がいるという。注意せねばな。

この苦境に立ち、お前の大切さがわかった。
小喬、いつも側にいてくれてありがとう・・・・・・。さあ、今回も共に行こう。
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫権

皆の活躍により、黄祖を討ち取ることに成功し、また、要所である江夏の地も得た。
亡き父上と兄上もきっとお喜びであろう。

これで孫呉は乱世に勇躍するための地盤を得た。
さあ、これからが我らの力の見せどころ。天下を掴むため、皆で邁進するのだ!
最終章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
周瑜さまは、ずっと孫権さまを支えてきた。
今、あたしたちの国はすっごく大きくなって、それで、曹操って人と戦うことになったの。

周瑜さまが言うには、曹操ってとんでもない悪者で、絶対に生かしておけないんだって。
すっごい怒ってた。何があったんだろう・・・?

よくわかんないけど、周瑜さまを怒らせる人なんて、あたしがやっつけちゃうんだから!
周瑜さま、行こう!いっしょにがんばろ!
【概況/初期】
周瑜

おのれ曹操!天下への野心を語るだけなら笑って聞き流すこともできようが、
言うに事欠いて、私の・・・・・・私の大切な小喬を・・・・・・!

・・・・・・すまない。私ともあろう者が取り乱してしまったな。
いや、小喬には関係ない話しだ。気にしないでくれ。

次の戦いの地は赤壁だ。我が軍の将たちの任務を補佐し、計略を成功へと導かねば・・・・・・。
行こう小喬。決して私の側を離れるなよ!
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

奸雄・曹操とその大船団は大河に沈んだ。
奴の天下への野心はもはや浮かび上がってくるまい。
我らは決戦に勝利したのだ!

これで孫呉は天下へと大きく前進した。
この大河は天下を決した戦場として、皆の名は偉業を成した者として、永く語り継がれよう!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

小喬、橋玄の娘。

公明正大な父のもと清廉な家風に育った。
天性の利発さに美貌を兼ね備え、姐の大喬とともに「二喬」と呼ばれて世に知られた。

孫呉の軍勢に保護されたのち、大喬は孫策に嫁ぎ、小喬は周瑜に嫁ぐ。

両夫婦とも仲むつまじく、孫呉を率いる二人の英雄を励まし、時に戦場に出て窮地を救った。
黄巾討伐軍や反董卓連合に参加して、大いに名を上げた孫呉の軍勢は、次いで荊州の劉表と戦って勝利する。
しかし、この戦いで孫堅が戦死し、後事は若き孫策に託される。

孫呉を率いる身となった孫策は、周瑜と力を合わせて快進撃を続ける。
小喬も周瑜を助けて戦場を駆け回り、諸将に劣らず奮闘して、孫呉の勢力拡大に大きく貢献した。

やがて孫策が病に倒れ、孫呉の命運は周瑜に託されることになる。
友を失った悲しさと責任の重さに苦しむ周瑜を、小喬は持ち前の明るさで支え、共に戦った。

孫呉が天下を制してもなお、平穏な暮らしは訪れない。
周瑜は政務に奔走し、小喬はその仕事を支える。
しかし、多忙な日々の中にも、二人の暮らしには笑顔があえれていた。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved