HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 凌統伝

シナリオ概況 凌統伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 凌統伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
俺は凌統。字は公績ってんだ。

父の凌操と、親子揃って孫家に仕えてる。
今、俺たちは孫策様を担いで、天下を目指す戦に臨むところだ。

なんつうか、世の乱れに乗じてって感じもするけど、ま、乱れっぱなしよりは、誰かが治めた方がいい。
それを俺たちがやろうってわけ。

手始めは孫家の父祖伝来の地、呉郡。
確かにそんないわくつきの土地、ほっとくわけにはいかないな。
んじゃ、行くとしようか。
【概況/初期】
孫策

よお凌統。俺はこれから、孫家が天下を取るための戦を始めようと思う。
ま、長い戦いになるだろうが、よろしくな。

まずは江東、呉郡の地を取る。あそこは孫家にとって父祖伝来の地。
天下取りの第一歩として、これ以上の土地はないぜ!

敵は寄せ集めだ。拠点を占拠すれば俺たちに降ってくるだろう。
さあ、行こうぜ! この乱世に、俺たちの勇名を響かせるんだ!
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
2章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
せっかく俺たちが呉郡の地を制したってのに、肝心の孫策様が急に逝っちまった。
人に夢を押し付けておいて、そりゃないっての・・・。

けど、肩落としてても始まらない。
俺たちの天下への夢は、孫策様の弟、孫権様を担いで再び・・・いや、新たな出発を切った。

次の戦場は夏口だ。
そこにいる黄祖ってのは先々代・孫堅様の仇。
当然生かしちゃおけない奴だ。この俺が軽く捻ってやりますか。
【概況/初期】
周瑜

凌統、私たちは孫策を失った悲しみを乗り越え、前に進めなければならない。
孫権殿を主とし、天下に新たな一歩を踏み出そう。

今回我らは、黄祖を討つべく夏口に進軍する。
奴は先々代の殿・孫堅殿の仇。情けは無用だ。敵の防衛線を破り、宿怨を晴らすのだ!

匹夫である黄祖の下には弱卒しかいないが、唯一、甘寧という将は並はずれた武侠の徒と聞く。
後れを取らぬよう気をつけるのだ。
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫権

皆の活躍により、黄祖を討ち取ることに成功し、また、要所である江夏の地も得た。
亡き父上と兄上もきっとお喜びであろう。

これで孫呉は乱世に勇躍するための地盤を得た。
さあ、これからが我らの力の見せどころ。天下を掴むため、皆で邁進するのだ!
3章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
孫堅様の仇を取ったまではよかった。けど、その戦で俺の父・凌操が死んじまった。
全然笑えやしない、てんでたちの悪い冗談だ。

さらに始末が悪いことに、父上を討った男・甘寧が俺たち孫呉の軍に加わりやがった。
俺はあんな奴と一緒に戦いたくないっつの!

苛立つ俺にはお構いなしで、次の戦が始まる。
劉備と組んで赤壁で曹操を討つんだそうで。・・・ま、憂さ晴らしと思って、暴れてきますか。
【概況/初期】
周瑜

凌統、父上のことは気の毒だったが、悲しみに沈んでいる暇はない。
我らは劉備の軍勢と協力し、曹操との一大決戦に臨むのだ。

曹操の大船団は恐れるに足らず!
幾重にも張り巡らせている策を連鎖的に成功させれば一気に、葬ることができよう。

凌統、お前は諸葛亮の周辺を警護せよ。我らの運命は東南の風が握っている。
奴がその風を起こすまで、何としても守り抜いてくれ。
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍の船が大河を赤く染める。天下の誰が、この結末を予想しただろうか。
我らのこの勝利、後世まで語り継がれよう。

これで曹操の力は削ぎ落とされた。
この機を逃がす手はない。奴が再び力を蓄える前に、その覇道を断ち切ってしまうのだ!
4章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦いの後、天下は俺たち孫呉と曹操の魏、そして劉備の蜀の三つに分かれた。
これからは三つ巴の時代ってところかね。

そんな状況の中、劉備は俺たちに合肥の魏を攻めろなんてぬかしてきやがった。
で、何がよかったのか殿もその話に乗っちまった。

よその言いなりの戦。おまけに今回の戦には甘寧の奴も出るらしい。
浮くかねえ話ばかりでやんなるけど・・・・・・行くしかないか。
【概況/初期】
呂蒙

我々はこれより、合肥の地にて曹魏と戦う。
凌統、お前がこの戦に感じている疑問、わからんではないが、今は魏の勢いを挫く時だ。

討つべきは曹操。そして警戒すべきは合肥を守る猛将・張遼。
だが、今、敵の布陣に奴の姿は見えん。これはどうしたことか・・・・・・。

今、敵の兵数は少なく、陣容は手薄。
しかし敵とてこの乱世を戦い抜いてきた歴戦の雄。
油断せず、気を引き締めて戦に望むのだ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
最終章 夷陵の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
合肥の戦は俺たちの勝利で終わった。
けど、俺としてはなんか調子が狂っちまった。
甘寧の奴が活躍してたってのが、ちょっとな。

しかも、奴は奴なりに結構考えて戦をしてるみたいでね・・・・・・
そうなると、まるで俺の方が器が小さいみたいで、それがまた不愉快だ。

・・・・・・過去の因縁を呑み込んで、今を進む、か。
ま、そうやってかっこつけるのもありかもな。
さあて、行こうか・・・・・・。未来を掴む戦にね!
【概況/初期】
陸遜

凌統殿、此度の戦は私憤で攻めてきた劉備を夷陵の地で討つというものです。
全軍の指揮はこの私、凌伯言が執らせていただきます。

劉備は、長大な布陣を展開し、我が軍を包囲して打ち破る構えですね。
ここは炎を用いて、大軍を一気に瓦解させる策を取りましょう。

朱然部隊が架橋車を設置して敵陣に火を放つ予定です。
その機を待って固く守りましょう。さあ今こそ孫呉に天下を!
【戦況】
蜀が大規模な遠征軍を展開してきた。夷陵の地に陣取り、今にも呉の領地を飲み込まんとする勢いである。
若き知将・陸遜の指揮のもと、この国難を打開できるか。
蜀軍の凄まじい攻撃を防ぎつつ、火計の準備を整えるのだ。
計の責任者・朱然が安全かつ迅速に作業できるように戦いたい。
火計が成れば、蜀軍の勢いを止めることができよう。
【クリア後/評定】
孫権

怒りにまかせた大軍とは、かくももろいものなのか・・・・・・。
情に生き、情に死す、劉備にふさわしい最期だったな。

この戦により、蜀は無力化し、我々の勢いは増した。
残る敵である魏も、もはや相手ではない。孫呉の天下は目前だ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

凌統、字は公績。呉郡余杭県の人。

孫呉の将・凌操の子。少年の頃より父とともに戦陣に加わる。
常に先鋒を担った父の勇壮な戦いぶりを、実戦の中で吸収した。

その後、江夏の戦いで出陣した凌操は、甘寧によって討たれる。
武人として尊敬していた父の死は、凌統に衝撃を与えたが、悲しみを乗り越え、父の分まで戦うことを誓った。

父の仇である甘寧は、江夏の戦いののちに孫呉に帰順する。
しかし、凌統の恨みが消えることはなかった。

二人の確執は深く、その後も長く引きずることとなる。
凌統は甘寧を避けていたが、天下統一を目指す孫呉の戦いは続き、ともに出陣する機会は多かった。
孫呉に尽くす甘寧の働きは目覚しく、ときには凌統の窮地をも救った。

甘寧の勇敢な戦いぶりを目の当たりにして、凌統は甘寧の武勇を認めざるを得なかった。
劉備軍との最終決戦を迎える頃には、過去の因縁にこだわる気持ちも消えていた。

幾多の戦いを経て、凌統と甘寧は深い友情で結ばれた。
二人の固い絆は、孫呉にとって大きな力となり、天下統一への歩みを早めることとなった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved