HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 貂蝉伝

シナリオ概況 貂蝉伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 貂蝉伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 水関の戦い(董卓軍シナリオ)
【初期】
私は貂蝉と申します。

漢室が董卓様に踏みにじられていることを憂えた義父・王允の計画に従って、董卓様に仕えています・・・・・・。

お義父様の計画・・・・・・。
それは、董卓様とその養子である奉先様とを私のことで仲違いさせ、互いに争わせるというものです・・・。
汚れた道かもしれません。
ですが、慈しみ深く私を育ててくださったお義父様のご恩に報いるため、私は闇に舞いましょう・・・。
【概況/初期】
呂布

今、天下の諸侯が連合して董卓を討つために洛陽へと向かっている。
俺たちはそれを食い止めるために、水関へと向かわねばならん。

敵の中で目立つ奴は孫堅か・・・・・・ふん、カスの分際でいい気になって強者を気取るか。
まあ、この俺がすぐに大人しくさせてやろう。

この俺、呂奉先さえいれば、虫けらがいくら群れをなさそうが物の数ではない。
カスどもに俺の武を思うさま味わわせてやる!
【戦況】
袁紹率いる反董卓連合軍は水関の手前まで侵攻していた。
水関を抜かれると、董卓軍は窮地に陥る。董卓は華雄に関の守備と連合軍の撃退を命じる。
連合軍の先鋒・孫堅軍は意気盛ん。放っておくと、一気に水関まで迫ってくる。
まずは、孫堅軍の勢いを止めて、戦局を変えなければならない。孫堅の弱点を衝くことができるか。
【クリア後/評定】
華雄

連合軍め、思い知ったか!水関はこの華雄がいる限り通さん。
虫けらの分際で董卓様に近づこうとは、笑止千万!

だが、たかが虫とはいえ何度も寄られれば厄介だ。
そう間を置かず、奴らは再び攻め来るだろう。いかにして防ぐべきか・・・・・・。
2章 虎牢関の戦い(董卓軍シナリオ)
【初期】
水関での勝利も空しく、反董卓の連合軍はついに都の直前、虎牢関まで進んできました。
董卓様はお怒りになり、自ら出陣なさいます。

この戦に乗じて董卓様を討てば、この私の役目も果たせます。
ですが・・・・・・そうなれば、奉先様も退路を失い、敵に討たれるでしょう・・・・・・。

ああ、私はどうしたのでしょう?お義父様の謀であったはずなのに・・・・・・。
私は今、奉先様を失うことをとても恐ろしく思うのです。
【概況/初期】
呂布

貂蝉・・・・・・そうか、董卓め、水関でのお前の戦いぶりを見て、
戦場でもそばに置けると踏み、連れてきたか。気に入らん・・・・・・。

既に虎牢関は包囲され、間道で戦う張遼も苦戦している。
このままでは虎牢関は落ちる・・・。フン、この俺がなんとかするしかないか。

不本意だが、本陣の董卓のそばにいろ。一番安全な場所だからな。
いいか貂蝉、必ず無事でこの戦を乗り越えるのだ。わかったな?
【戦況】
反董卓連合軍が、虎牢関の手前まで進軍してきた。虎牢関は洛陽を守る最後の砦である。
董卓は堅牢な関と軍力を合わせて、連合軍に必死の抵抗を試みる。
虎牢関はすでに陥落寸前である。味方の武を結集し、何とか虎牢関の手前で敵を防ぎたい。
虎牢関を抜かれると、洛陽陥落は避けがたい状況になってしまうだろう。
【クリア後/評定】
董卓

がっはっは。連合軍など、しょせんは烏合の衆よ。
少し小突いたら、泣きわめいて散りおった。わしの敵ではなかったわ!

だが、どうも最近、周りで不穏な空気が流れておる・・・・・・。
誰ぞわしを妬んでおるのか。この嫌な空気のもとを突き止めねばな。
3章 常山の戦い(袁紹軍シナリオ)
【初期】
虎牢関の戦の後、私は奉先様にすべてを打ち明け、共に董卓様を討ち果たしました。
ついにお魏父様の計画は、達成されました。

私は奉先様をだましていたというのに・・・・・・。
奉先様はそんな私を許し、共に乱世を生きる道を探そうとおっしゃってくださいました。

もしかしたら奉先様は、非道な鬼などではなく、純粋すぎるだけなのかもしれません・・・・・・。
私の目には、そうとしか映らないのです。
【概況/初期】
呂布

貂蝉、真実を語るのは、恐ろしかっただろう。俺に近づいた理由など、もうどうでもいい。
今、お前は俺のそばにいる・・・・・・それで十分だ。

都を追われた俺たちは、癪だが袁紹の世話になっている。
今回、袁紹は公孫瓚と戦を始めるらしく、俺たちにも出陣の依頼が来た。

袁紹は愚図で気に要入らんが、ちょうど退屈していたところだ。
公孫瓚など、この俺の武でひねり潰してやるわ!
【戦況】
袁紹の下に不快な報告がもたらされた。
華北の公孫瓚が黒山賊の張燕と組み、暴れているというのだ。
怒った袁紹は、公孫瓚と張燕の討伐を決意する。
砦には公孫瓚、山上には張燕が陣取っている。両将は連携して、抵抗する構えだ。
こちらも一致団結して両軍に当たる必要がある。くれぐれも隙を見せてはならない。
【クリア後/評定】
袁紹

公孫瓚と賊の張燕は殲滅した。これで華北一帯は、袁家のものとなった。
諸将の力によって、名家の威光はより輝きを増したな。

我が軍の国力は充実し、兵士たちも自信に溢れている。
後は漢王朝が以前の威厳を取り戻してくれればよいのだが・・・・・・。
最終章 下邳の戦い(呂布軍シナリオ)
【初期】
私と奉先様は、さまよい続けた果てに劉備殿の下邳を奪いました。
非道ではありますが、奉先様はご自身の城を得たのです。

暴虐な董卓様を討ったとはいえ、今の私たちは天下の諸侯に追われる身。
もはや私と奉先様は平穏など望めないでしょう・・・。

ですが、それを嘆く気持ちなどこの貂蝉にはありません。
ただ、今この奉先様と共にある生を全うすることこそが、私の願いです。
【概況/初期】
呂布

劉備め、奪われた城を取り戻すのに曹操などを頼ったか。ふん、まあいい。
ならばこの戦、曹操を討ち取ってしまえばいい話だ。

奴らは川の水を使って何か策をやるつもりのようだ。
フン、くだらん。雑魚どもの猿知恵など、俺の武で吹き飛ばしてくれる!

貂蝉・・・・・・こうしてお前まで戦に連れ出すのは俺の本意ではない。
だが、俺たちの明日を掴むため、今は共に戦ってくれ!
【戦況】
呂布軍は、曹操と劉備の連合軍により下邳城周辺に追いやられてしまう。
だが、落胆するのは早い。武技と知略によって、この困難を乗り切らねばならない。
報告によれば、曹操本隊はまだ下邳城に到着していない。
その隙に、味方武将と連携して少しでも戦局を有利にしたいところ。
曹操は河を使って何かを企んでいるようだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
呂布

奸雄・曹操をついに討ち取った!
この俺の武の前には、卑劣な水攻めの策も小賢しい用兵も通用せん!

董卓・・・曹操・・・、俺の前に立った者はすべて打ち砕いた。
この俺を倒せる奴はいないのか?呂奉先を楽しませる漢は・・・・・・。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

貂蝉、出自は不明。

漢室に仕える司徒・王允の養女として育つ。王允の計らいで諸芸を学んだ。
特に歌舞に優れた才を発揮し、やがて絶世の美女となる。

黄巾の乱が終息すると、董卓が暴政を振るうようになった。
董卓の横には無双の武を誇る呂布がおり誰も手を出せない。
これを憂えた王允は、董卓打倒の秘策を貂蝉に託す。

自分を愛しみ育ててくれた義父・王允の恩に報いるため、貂蝉は董卓と呂布に近づいた。
貂蝉は呂布の不満を煽り、ついに呂布の手で董卓を討たせることに成功する。

王允の策は成熟し、貂蝉の役目は終わった。
しかし、貂蝉は呂布の下から去ろうとはしなかった。
一途に愛情を注いでくれる呂布に従い、貂蝉は戦場に舞い続けた。

二人は放浪の末に下邳城を得たが、呂布を反逆者と決め付ける曹操らの猛攻にさらされる。
呂布は堂々と迎え撃って勝利した。しかし、戦いが終わる頃には、呂布も力尽きていた。

呂布が倒れた後、天下はさらに混迷を深めていく。しかし、それは貂蝉が戦う理由にはならなかった。
愛に応えるためだけに戦ってきた貂蝉が、戦場に立つことはもうない。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved