HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 呂布伝

シナリオ概況 呂布伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 呂布伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 水関の戦い(董卓軍シナリオ)
【初期】
俺は呂布。字は奉先。

より強くあり、強き者と戦うため、今は董卓の下に身を置いている。
奴の養子というのが、不愉快ではあるがな。

今、董卓を倒そうとガスどもが群れて都へと攻め上がってきている。
董卓は水関でこれを迎撃するため、俺に出撃を命じてきた。

董卓にあれこれ指図されることは腹立たしいが、こうしていればいずれ、俺を楽しませるほどの奴とも戦えるだろう。
さて、行くか。
【概況/初期】
董卓

おれの!虫けらどもめ、わしが酒池肉林を実現するのを妬みおったか。
ゴミ同士で束になって、このわしに盾突いてくるとは!

奴らは既に水関まで軍を進め、戦の準備をしているというではないか。
ええい!わしに逆らう奴は、将も兵も皆殺しじゃ!

呂布よ、わしの養子になったからには、その無双の武、このわしのために振るうのじゃ!
行け!さっさと奴らを叩き潰してこんか!
【戦況】
袁紹率いる反董卓連合軍は水関の手前まで侵攻していた。
水関を抜かれると、董卓軍は窮地に陥る。董卓は華雄に関の守備と連合軍の撃退を命じる。
連合軍の先鋒・孫堅軍は意気盛ん。放っておくと、一気に水関まで迫ってくる。
まずは、孫堅軍の勢いを止めて、戦局を変えなければならない。孫堅の弱点を衝くことができるか。
【クリア後/評定】
華雄

連合軍め、思い知ったか!水関はこの華雄がいる限り通さん。
虫けらの分際で董卓様に近づこうとは、笑止千万!

だが、たかが虫とはいえ何度も寄られれば厄介だ。
そう間を置かず、奴らは再び攻め来るだろう。いかにして防ぐべきか・・・・・・。
2章 虎牢関の戦い(董卓軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
呂布

俺は水関で反董卓軍の先鋒を蹴散らした。
だが、奴らは懲りずに群れて押し寄せ、とうとう洛陽の直前、虎牢関まで迫ってきた。

既に虎牢関は包囲され、間道で戦う張遼も苦戦している。
このままでは虎牢関は落ちる・・・。フン、この俺がなんとかするしかないか。

しかし、張遼が押されているとはな。カスはカスなりに強い奴を揃えてきたか。
面白い、この俺を楽しませてもらおうか!
【戦況】
反董卓連合軍が、虎牢関の手前まで進軍してきた。虎牢関は洛陽を守る最後の砦である。
董卓は堅牢な関と軍力を合わせて、連合軍に必死の抵抗を試みる。
虎牢関はすでに陥落寸前である。味方の武を結集し、何とか虎牢関の手前で敵を防ぎたい。
虎牢関を抜かれると、洛陽陥落は避けがたい状況になってしまうだろう。
【クリア後/評定】
董卓

がっはっは。連合軍など、しょせんは烏合の衆よ。
少し小突いたら、泣きわめいて散りおった。わしの敵ではなかったわ!

だが、どうも最近、周りで不穏な空気が流れておる・・・・・・。
誰ぞわしを妬んでおるのか。この嫌な空気のもとを突き止めねばな。
3章 常山の戦い(袁紹軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
呂布

虎牢関での戦の後、俺は貂蝉に請われ董卓を討った。
だが、董卓の配下どもが団結し、俺は都からの脱出を余儀なくされた。

都を追われた俺たちは、癪だが袁紹の世話になっている。
今回、袁紹は公孫瓚と戦を始めるらしく、俺たちにも出陣の依頼が来た。

袁紹は愚図で気に要入らんが、ちょうど退屈していたところだ。
公孫瓚など、この俺の武でひねり潰してやるわ!
【戦況】
袁紹の下に不快な報告がもたらされた。
華北の公孫瓚が黒山賊の張燕と組み、暴れているというのだ。
怒った袁紹は、公孫瓚と張燕の討伐を決意する。
砦には公孫瓚、山上には張燕が陣取っている。両将は連携して、抵抗する構えだ。
こちらも一致団結して両軍に当たる必要がある。くれぐれも隙を見せてはならない。
【クリア後/評定】
袁紹

公孫瓚と賊の張燕は殲滅した。これで華北一帯は、袁家のものとなった。
諸将の力によって、名家の威光はより輝きを増したな。

我が軍の国力は充実し、兵士たちも自信に溢れている。
後は漢王朝が以前の威厳を取り戻してくれればよいのだが・・・・・・。
最終章 下邳の戦い(呂布軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
公孫瓚は討ち取ったが、今度は袁紹がこの俺を恐れ、
命を狙ってきた。俺は俺に従う将らを引き連れ、下邳の劉備の下へと逃れた。

しかし、この劉備、主としては物足りん。俺はこの男から城を奪った。
劉備は怒り、曹操と組んでかつての己の城へと攻めてきた。

奴らは川の水を使おうと猿知恵を捻っているようだが、策など俺の武で打ち砕くのみ!
来い!この俺を楽しませてみろ!
【戦況】
呂布軍は、曹操と劉備の連合軍により下邳城周辺に追いやられてしまう。
だが、落胆するのは早い。武技と知略によって、この困難を乗り切らねばならない。
報告によれば、曹操本隊はまだ下邳城に到着していない。
その隙に、味方武将と連携して少しでも戦局を有利にしたいところ。
曹操は河を使って何かを企んでいるようだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
呂布

奸雄・曹操をついに討ち取った!
この俺の武の前には、卑劣な水攻めの策も小賢しい用兵も通用せん!

董卓・・・曹操・・・、俺の前に立った者はすべて打ち砕いた。
この俺を倒せる奴はいないのか?呂奉先を楽しませる漢は・・・・・・。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

呂布、字は奉先。五原郡九原県の人。

武勇絶倫の豪将で、戦場における武神のごとき勇姿は、戦わずして敵将を戦慄させた。
漢室の混乱に乗じて台頭した董卓は、呂布の武勇に目を付け、父子の契りを結んで側近くに置いた。
呂布を得て威勢を増した董卓は、残虐非道の暴政を繰り広げる。

董卓の権勢が絶頂に達した頃、一人の舞姫が現れる。
名は貂蝉といい、その美しさに呂布は、たちまち魅了された。
そして、貂蝉をめぐり董卓との仲が徐々に悪化していく。

呂布は、貂蝉のために董卓を討った。
その後、都を追われて袁紹の客将となるが、やがて疎まれ流浪の身となる。
もはや誰もが呂布の武と裏切りを恐れ、歓迎する者はなかった。

放浪の末に呂布は劉備の下邳城を奪取した。
劉備は下邳城を取り戻すため、曹操と結んで呂布に挑むが、劉備と曹操の両雄をもってしても呂布の武の前には無力だった。

戦いに勝った後、虚しさのみが残った。そこには、最強ゆえの孤独があった。
だが、失望などしない。呂布は赤兎馬を駆り、まだ見ぬ世界を目指して旅立つのだった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved