HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 黄忠伝

シナリオ概況 黄忠伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 黄忠伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 成都の戦い(劉備軍シナリオ)
【初期】
わしは黄忠、字は漢升じゃ!
劉備殿が荊州南部の諸郡を平定するまでは、長沙の地にて狭量なる韓玄の配下に甘んじておった。

今、わしく若くして大徳の誉れ高い劉備殿の陣営に加わることができた。
わしのこの弓の腕、存分に振るってくれようぞ!

まずは劉備殿に、その徳に相応しいだけの国を得ていただこうかの。
益州成都のもののふたちよ、この黄漢升の相手をせんか!
【概況/初期】
諸葛亮

黄忠殿、今回の成都侵攻は、劉璋殿が治める益州を得て劉備殿の国を成すための戦いです。
殿の天下のため、敗北は許されません。

黄忠殿には戦場の正面から綿竹を抜け、成都東門へと向かっていただきます。
余力があれば、他の軍団の援護もお願いします。

殿は同じ劉姓の劉璋殿を攻めることに抵抗を感じていますが、これは避けられぬ道。
我らが奮起して、殿の国を勝ち取りましょう。
【戦況】
劉備軍が雄飛のために狙った土地は、劉璋の治める蜀であった。
劉備は同族の地を奪うことに戸惑いを感じるが、配下の薦めに折れ、蜀の都・成都に進軍する。

成都に至る前に、雒城や綿竹の森といった難所を通り抜けなければならない。
つねに周囲を警戒しながら進んでいくことになるだろう。
劉備の迷いが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
劉備

劉璋を倒して蜀の地を得た。
皆の言や活躍がなければ、私は仁に心を囚われたまま、大義を見失い天下を彷徨うところであった。

今や、私には豊かな大地がある。曹魏、孫呉にも引けは取らん。
民のための天下、それを実現する道が徐々に開けてきたな!

※龐統 死亡時

劉璋を倒して蜀の地を得た。
だが・・・私の迷いのせいで、龐統を失ってしまった。
彼の死は。あまりにも大きい・・・・・・。

もはや迷いはせぬ!
龐統を始め、これまでの戦で散っていった者のためにも、蜀の地盤として民の天下を目指す!
2章 定軍山の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
劉備殿は益州を得て、天下に覇を担う三傑の一人となった。
これは軍師の諸葛亮の、かねてよりの計画だそうじゃ・・・。大したもんじゃわい。

さて、わしらはこれから、漢中の定軍山へと進軍する・・・。
じゃが、諸葛亮はわしを年寄り扱いして、いらぬ忠告をしてきおった。

ぬえぇい!年寄りを馬鹿にするでないわ!
この弓、この魂、たぎって赤々と燃えていること、この戦で存分に見せてくれようぞ!
【概況/初期】
諸葛亮

これより我が軍は、漢中の定軍山へと軍を進めます。
かの地を押さえることができれば、後の魏との攻防が有利になるはずです。

定軍山の敵陣に攻め込むには、まずその隣にそびえる天蕩山を制するのが上策でしょう。
全軍、各方面より天蕩山に進んでください。

魏の陣容は猛将・夏侯淵を中心に、張郃、許褚といった将が揃っています。
黄忠殿、どうかご自信の武を過信なさいませんよう・・・・・・。
【戦況】
劉備率いる蜀は、漢中に軍を進めた。漢中を奪えば、魏に大打撃を与えることができる。
漢中の守将・夏侯淵は難敵だが、蜀の未来のため、越えねばならない。

魏は漢中の定軍山に本陣を構えている。
定軍山の隣には天蕩山という、陣地を構えるのに絶好の場所がある。
まずは天蕩山を制し、魏の本陣に圧力をかけるのだ。
【クリア後/評定】
劉備

漢中から魏軍を駆逐した。これで、大陸中央への足がかりができな。
漢中の肥沃な土地も蜀を潤してくれるであろう!

我が軍が力を得たことで、天下三分の形は完成した。
魏と呉が手を組み、我らに対抗してくる事態もあるだろう。気を引き締めねばな。
3章 南中平定戦(蜀軍シナリオ)
【初期】
漢中を制した後、曹魏・孫呉、そして我ら蜀は、互いにしのぎを削りながら月日を重ねていった。
乱世の果てはとんと見えぬわい・・・・・・。

そんな中、劉備殿が逝ってしまわれた。
義兄弟を次々と失った悲しみからじゃろうか・・・・・・。
まったく・・・・・・若いもんが先に逝くでないわ。

見ておられよ、劉備殿・・・。
わしら、仁の下に集いし忠臣、一丸となって殿の目指した仁の天下を成し遂げましょうぞ!
【概況/初期】
諸葛亮

劉備殿を失ったとはいえ、私たちはその志を継ぎ、蜀漢を天下へと導かねばなりません。
黄忠殿、今後も一層の奮闘を期待します。

曹魏・孫呉との三つ巴の天下争奪戦に挑む前に南の地を制します。
外の脅威がなくなれば、天下の戦を有利に進めることができましょう。

この戦は広く陣を展開し、前線を押し上げる形で攻めます。
ですが、なにぶん未開の地、どのような困難が待ち受けているか・・・・・・。
【戦況】
蜀軍は南に向けて遠征を開始した。南蛮の地を治め、後顧の憂いを絶つためである。
南蛮特有の気候や兵士に対応して、大王・孟獲を屈服させることができるか。

蜀軍は三方より、敵軍本陣に迫ることになる。
南蛮の見慣れない戦法に苦戦するかもしれないが、必ず対処法があるはず。
策を一つずつ打破して、敵軍本陣に攻め上がるのだ。
【クリア後/評定】
諸葛亮

皆の働きにより、南蛮王は恭順を誓いました。
遠征をした甲斐がありましたね。
これで後顧の憂いは絶てました・・・・・・。

後は、前進あるのみです。魏、呉、そして蜀。
天下を分けあう時代は終わりました。これからは天下をまとめる時代となります。
4章 陳倉の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
諸葛亮

これより私たちは陳倉道を進み、魏軍の出城である陳倉城を攻めます。
この城を落とせばその先にある長安への道が拓けます。

陳倉城は堅牢です。我が軍の攻城兵器で防備を崩す必要があるでしょう。
攻城兵器を狙ってくる敵も、防がなければなりませんね。

黄忠殿にし、兵器庫の守備についていただきます。兵器庫はこの戦の命綱。
蜀軍随一の将である黄忠殿が守るのに相応しいでしょう。
【戦況】
長安を目指し意気盛んな蜀軍の前に、陳倉城が立ちはだかった。
守城兵器で固めた陳倉城はまさに要塞。
兵器庫から繰り出す攻城兵器を活用して、打ち破る以外に策はない。

攻城兵器を守りつつ、進軍することになるだろう。
無理な突進は避け、じわじわと陳倉城を包囲するのだ。
攻城兵器を生産する兵器庫の守備も怠ってはならない。
【クリア後/評定】
諸葛亮

陳倉城を蜀の傘下に収めることができました、
人馬と兵器を併用した前例のない攻城戦でしたが、うまく勝つことができましたね。

もう、長安は目と鼻の先。魏との決着もまもなくです。
天下分け目の戦に備えて、少し休んでおきましょうか・・・・・・。
最終章 白帝城の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
果てなき戦を繰り返し、どこの国も、いや、天下そのものが疲れきっておる・・・。
ここいらで乱世に幕を引かねばなるまいのう。

諸葛亮の考えも同じじゃ。大規模な軍を興し、魏の征討に向かいよった。
だが、時を同じくして呉の大軍が我が白帝城に攻めてきおった。

こちらが手薄になった隙を狙うとは!
まあ、よいわ。飛んで火にいる何とやら、だ。
討ち滅ぼして、一気に乱世の幕を引いてやるわ!
【概況/初期】
諸葛亮

天下三分の形が、あまりにも長い間、続いてしまいました。
我が国の運気があるうちに、曹魏と孫呉を討たねばなりません・・・・・・。

次の戦は白帝城での防衛戦となります。
黄忠殿は全軍の先頭でその武を振るい、我が軍の士気を高めてください。頼みましたよ。

私は故あって戦場へは向かえませんが、このときのためにいくつか策を打っておきました。
この戦で、逆に孫呉を討ち滅ぼしましょう。
【戦況】
白帝城が孫権率いる大軍に包囲されつつある。
蜀の未来を守るため、敵の包囲を許してはならない。
将の武勇や知略を集結して、危機を乗り越え、孫権を討ち果たすのだ。

呉軍はすでに城門前まで攻め寄せてきている。
白帝城の前で何とか敵を食い止め、援軍を待ち続けるのだ。
耐え忍べば、敵の大将・孫権を討つ機会が訪れるだろう。
【クリア後/評定】
劉禅

白帝城を守り抜き、孫権を討ち果たすことができた。
皆の働きと父上の加護のおかげだ。
私は、何もできなかった・・・・・・。

これからは、私も皆のように強くならねばならぬ。
父上たちが命を賭して創った国を守るために・・・・・・。
皆も引き続き力を貸してくれ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

黄忠、字は漢升。南陽郡の人。

初め劉表に仕えて長沙を守り、劉表の死後は韓玄に仕える。
武芸達者で弓術の名人だったが、晩年にようやく名を上げる機会を得た。

劉備が荊州南部を平定したのを機に、劉備に帰順する。
齢六十を越え、ようやく生涯の主君を得た黄忠は、老齢ながらも先陣を切って戦場を駆け、目覚しい活躍を見せた。

建安二十四年(219)、蜀魏の、漢中争奪戦が始まる。
劉備の命を受けて定軍山に進攻した黄忠は、先に漢中を攻略して守備していた魏の名将・夏侯淵と対陣した。

山上に陣を布いた黄忠の部隊は、機を見て一斉に駆け下ると、敵本陣を急襲する。
意気上がる黄忠勢は敵を圧倒し、ついには夏侯淵らを打ち破って蜀軍に勝利をもたらした。

漢中王となった劉備は、黄忠の功績を称えて関羽らと並ぶ「五虎大将」の一人に任じる。
やがて劉備が亡くなったが、仁の世を目指した劉備の夢を胸に、黄忠は戦い続けた。

蜀漢の天下を見届けた黄忠は、若い世代に後事を託して隠退する。
その武勇から「剛候」の諡を贈られた黄忠の名は、後に、老いてますます盛んな人、を指した呼び名となった。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved