戦国無双〜真田丸〜攻略 ストーリーモード 第八章 天下 ゲーム完全限界攻略-メモ置場-


HOME戦国無双〜真田丸〜攻略TOP > ストーリーモード 第八章 天下

ストーリーモード 第八章 天下

戦国無双〜真田丸〜攻略 ストーリーモード 第八章 天下を掲載しています。

最終更新日:2019/09/22

目次

第八章 天下
本能寺の変から、3年。
信長の天下統一事業は、家臣の羽柴秀吉へと受け継がれた。
一方、真田は北条・徳川・上杉を渡り歩き勢力を伸ばす。
裏切りを重ねる父・昌幸の生き様が理解できない幸村は、鬱屈した思いのまま、人質として上杉に赴いた。
そこで出会った上杉景勝や直江兼続との交流を通して幸村は己の、そして父の、戦う理由について考え始める。
そんな折、幸村は城下で不穏な噂を耳にするのだった。
春日山城下でのセリフ
【真田幸村】
人質の身なれば仕方ないことだが、鍛錬以外にすることがないな…
城下の人々の話を聞いてみるか。忍びたちに習うわけではないが、見聞を広めなくては
--------------------
【綾御前】
義に従って動くのであれば、どのような振る舞いもこの綾が許します
【真田幸村】
綾様…はい! ありがとうございます!
--------------------
【色部長実】
信長には従わなかった毛利も、秀吉殿には臣従した。…強いだけではない、何かがあるのだろうな
【真田幸村】
羽柴秀吉殿…一度お目にかかりたいものです
--------------------
【矢沢頼幸】
幸村様! 何かございましたか?
【真田幸村】
いや、特に変わったことはないかと思ってな
【矢沢頼幸】
城下は平穏なものですね。家臣である私などにもよくしていただいておりますし…
他国の話で言えば、やはり羽柴秀吉殿でしょうか。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといった様子で
【真田幸村】
秀吉殿はそれほどか…
【矢沢頼幸】
居城である大坂城は、もう目のくらむような豪壮さだそうでございますよ
真田が秀吉殿に対してどのような対応をするか…。昌幸様のお考えが気になるところですね!
【真田幸村】
確かに父上であれば、何かもう手は打っているやもしれないな…
--------------------
【須田満親】
おお! 幸村殿! 春日山城での暮らしはいかがかな?
【真田幸村】
須田殿。とてもよくしていただいております。私にはもったいないほどの待遇で…
【須田満親】
景勝様がそうなさりたいと仰っているのだ。お主にはそれほどの価値があるということだぞ
ところで、羽柴秀吉殿が、関白に就任したという話はご存知かな?
【真田幸村】
羽柴秀吉殿が関白に…?
【須田満親】
左様。我ら上杉も羽柴とは誼を通じている。めでたいことであるな…
【須田満親】
残念ながら、手取川で戦った頃の勢威はすでにない。羽柴とは事を荒立てぬようにせねばなるまいな…
【真田幸村】
満親殿…
--------------------
【佐助】
あ、幸村様。…何してんの?
【真田幸村】
日々を無為に過ごしてもおられぬからな。色々な人々の話を聞いていた
【佐助】
情報収集ってこと? そんなん、オレらに命令すれば…
【真田幸村】
己で聞かねば実感しにくいこともある。…たとえば、羽柴秀吉殿の台頭など
【佐助】
ああ、あのサルね。信長に目かけられてたのは伊達じゃなかったね
けどさ、真田には特に関係なさそうじゃない? とりあえず今は西に向いてるみたいだし
【真田幸村】
秀吉殿が噂どおりの方なら、左様に甘くはあるまい。武田の悲劇をくり返すわけにはまいらぬ
【佐助】
(…へえ、ただのお人好しかと思ったら…。結構、鼻はきくんだ)
【佐助】
気になるんなら、調べてこようか?
【真田幸村】
そうだな…いや、そなたはここにいてくれ。妙な胸騒ぎがする
【佐助】
…そう。りょーかい
--------------------

【ムービーセリフ/表裏比興】

【羽柴秀吉】
お!? おお、なんぞ報告じゃったか、三成
【石田三成】
こちらを
【羽柴秀吉】
表裏比興の者…のう
【石田三成】
はっ。真田昌幸、油断のならぬ者と見えます
【茶々】
真田…?
--------------------

【イベントセリフ/真田征伐】
【徳川家康】
……
【本多忠勝】
殿、秀吉殿からの書状にはなんと?
【徳川家康】
真田の振るまい、甚だよろしからず、天下安寧のため捨て置くべきではあるまい、だそうだ
【井伊直政】
真田昌幸、信濃を託せるのは家康様のみ、などと申しながら…
その舌の根も乾かぬうちにこたびの寝返り、確かに許せるものではありません
【本多忠勝】
沼田の一件は、真田に図らず独断で決めた当方にも非があろう
【井伊直政】
…あの外交が徳川の最善ではなかったと? 北条との関係がおかげで良好になりましたが?
【徳川家康】
……
【本多忠勝】
殿は、真田を…真田昌幸という男を試されたのではありませぬか
【徳川家康】
…いずれにしろ、真田をこのままにはできまい
【本多忠勝】
殿、秀吉殿の魂胆は…
【徳川家康】
承知しておる。秀吉殿は我らを使って真田を量ろうとしておるのだろう
だが、真田を捨て置けぬのも事実。あの男は、わしとは断じて相容れぬ
【本多忠勝】
殿…
【徳川家康】
こたびのことでようわかった。我が大望がため、真田は何としても除いておかねばならぬ
【本多忠勝】
…承知仕った。そこまでのお考えとあらば、この忠勝が真田を全力で叩き伏せてご覧に入れよう
【井伊直政】
まったく…俺も当然、最善を尽くします
【徳川家康】
うむ、二人とも頼みとしておるぞ。直ちに真田攻めに取りかかる!
--------------------
【くのいち】
幸村様ー! 大変です!
【真田幸村】
どうした、何かあったのか
【くのいち】
徳川が真田討伐の兵を興したそうです! 近いうちに上田城が攻め込まれます
【真田幸村】
なんだと…! やはり家康殿は真田の裏切りを許せなかったか…
…こうしてはおられぬ。私も真田を守るため、力を尽くさねば…
【くのいち】
援軍として駆けつけるってことですか!? でも、幸村様は人質の身で…
【真田幸村】
承知している。それでも景勝様に申し上げねば…!
兼続殿にお取り次ぎを願わねば…
--------------------
【佐助】
どうしたの、幸村様
【真田幸村】
徳川が真田を攻めるそうだ。私は景勝様に出陣の許可をいただいてまいる
【佐助】
徳川が、動いた…
--------------------
【くのいち】
幸村様、やはり人質の身では無理なんじゃ…
【真田幸村】
それでも申し上げねば始まらぬ。どうしてもお許しがないときは…
【くのいち】
幸村様…
--------------------
【矢沢頼幸】
どうなさいました、幸村様。そのように血相を変えて
【真田幸村】
一大事だ。徳川が大軍をもって真田を攻めるという。私は景勝様に出陣の許可をいただいてまいる!
【矢沢頼幸】
ええ!? それはさすがに…幸村様ー!?
--------------------
【真田幸村】
兼続殿! 景勝様に…
【直江兼続】
…やはり来たか、幸村。景勝様がお待ちだ

【イベントセリフ/幸村の嘆願】
【真田幸村】
徳川が真田攻めの軍を興したとのこと…景勝様、どうか一時上田に戻ることをお許しいただけませんか
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
幸村、お前は己の立場をわかっているだろうな
【真田幸村】
…もちろんです。されど、真田を守るため私も戦いたいのです!
戦が終われば必ず戻ります。どうか…どうかお許しをいただきたい!
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
人質を帰すことはまかりならぬ
【真田幸村】
…くっ…
【直江兼続】
されど、盟約に従い援軍は差し向ける。その将を幸村、お前にやってもらう…そうでありますな、景勝様!
【上杉景勝】
武運を祈る
【真田幸村】
景勝様、兼続殿…!
ありがたき幸せ! このご厚情に報いるべく、武士として恥じぬ働きをして参ります!
【真田幸村】
お許しをいただいた。直ちに出立し、上田に戻るぞ!
【くのいち】
了解です!
【佐助】
…はーい
【佐助】
…こんなに早く徳川と戦になるとはねえ。どうしよっかな
へたに動けば真っ先にオレが疑われるし。今回はおとなしくしてるかな。徳川に義理はねえし
…師匠は来るかな。師匠と手合わせできるのも面白いかも
--------------------
【真田幸村】
これで上田城へ向かえる…! 急ぎ出立せねば!
--------------------
【真田幸村】
景勝様のお許しをいただいた! 直ちに上田に向け出立する!
【矢沢頼幸】
なんと!? 人質である幸村様をよく…。…って、お待ちください、幸村様ー!?
--------------------
【くのいち】
幸村様、よかったですね。許可が下りて…
【佐助】
ほーんと、お人好しというかなんというか…
【真田幸村】
ああ、景勝様はとても寛大なお方だ。上杉の家風を体現されている
【くのいち】
と、こんなに話し込んじゃ戦に遅れちゃいますね。早速出発しましょう!
【真田幸村】
ああ、急ぎ向かうとしよう!
【くのいち】
幸村様、無理はしないでくださいね!
--------------------
【真田幸村】
急ぎ出立するぞ!
【佐助】
はーい。…みんな、お人好しだねえ
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・暇だな…(佐助)
・お家はどうなっているか…(矢沢頼幸)
・怪しいのはいないかにゃー(くのいち)
・義と愛のために…(綾御前)
・秀吉殿の強みは…(色部長実)
・羽柴と争うべきではない(須田満親)
・徳川が…?(佐助)
・いざとなったら、あたしが…(くのいち)
・どうしたら…(矢沢頼幸)
・上田に戻る!?(矢沢頼幸)
上田帰還任務(お役目)
【真田幸村】
景勝様と兼続殿の許可もいただいた。急ぎ上田に戻り、父上たちに加勢する!
【佐助】
…はーい
【くのいち】
ちょっと! 返事くらいちゃんとする! 了解です、幸村様!
【風魔忍】
上田への援軍…させるわけにはいかぬ
【くのいち】
北条は関係ないでしょ! すっこんでなよ!
【佐助】
北条は徳川と手ぇ組んで真田攻めてんだから当然だろ。うだうだ言ってないで片付けるよ
【くのいち】
なーんか、敵の動きが早すぎない? あんたが来てからさあ
【佐助】
オレが敵だったら、こんな雑魚使うまでもなくあんたらさくっと首取られてるけど?
【真田幸村】
よさぬか、二人とも。先を急ぐぞ
【徳川軍兵士】
もう上杉は動いたか! 真田を支援させはせぬ!
【佐助】
こっちの道は徳川に押さえられてるみたいね。どうする? 敵中突破って感じ?
【くのいち】
こっちは少数、無駄な戦いは避けるべきじゃないっすかね。幸村様?
【真田幸村】
回り道になろうとも、戦の前に消耗は押さえたい…。不要な戦いは避けて進もう
【真田幸村】
時間がない。力押しで突破するぞ
【徳川軍兵士】
敵が現れたぞ! かかれー!
【真田幸村】
くっ、これほどの兵で上田を囲んでいたとは…。これではたどり着くのも難しい
【須田満親】
幸村殿、助勢いたすぞ!
【須田満親】
この辺りの敵は我らにお任せあれ。急ぎ上田に向かうのがよろしかのう
【真田幸村】
ありがとうございます…! 上杉のご厚情、感謝してもしきれません
【真田幸村】
上田まであと少し…。間に合うとよいのだが…
【佐助】
もう始まっちゃってるんじゃないの? ひょっとしたらケリついてるかも
【くのいち】
テキトーなこと言うな! 幸村様、絶対大丈夫ですよ!
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・戦が近いのか!?(町人)
・徳川の大軍があんなに…!(町人)
・寄り道をしすぎたか…? 急がねば戦が始まってしまう…(真田幸村/時間切れで失敗時)
MAP
上田城でのセリフ/上田帰還任務(お役目)クリア後
【イベントセリフ/幸村合流】
【真田信之】
幸村!
【真田幸村】
兄上! 景勝様のお許しを得て、ただ今戻りました。私も共に戦います!
【真田信之】
そうか…! それは心強い!
【真田昌幸】
…幸村、戻ったのか
【真田幸村】
…はい、父上。お許しもなく、勝手な真似を…
【真田昌幸】
景勝公も人が好い。人質が戻れば、これ幸いとわしが再び徳川に寝返るやもしれんのに
【真田幸村】
父上!?
【真田昌幸】
戯れ言よ。今さら家康がわしを許すはずがないし、わしも家康の下につくもりはない
【真田幸村】
……
【真田昌幸】
…だが、よく戻ってくれた。頼みとしている
【真田幸村】
父上…はい!
【くのいち】
……
【佐助】
……
【真田昌幸】
…忍びが増えているようだな
【真田幸村】
そうでした。父上、兄上、この者は佐助と申します。以前お話しした、安土で助けてくれた者です
【真田昌幸】
…ほう
【真田信之】
幸村が世話になったのだな。礼を言う
【佐助】
…はあ
【真田幸村】
私を頼ってきてくれましたので、仕官を許したく思います。よろしいですか、父上
【真田昌幸】
好きにせよ
【真田幸村】
ありがとうございます! さあ、そなたからもごあいさつせよ
【佐助】
…ども。世話んなります
【くのいち】
ちょっと、あんた…
【真田昌幸】
幸村、早速だが、任せたい務めがある。国衆の室賀のことだが…
【真田幸村】
はっ…
【佐助】
あれが、真田昌幸…
……
…ま、殺すのはいつでもできるか
--------------------
【真田幸村】
真田と同じく信濃の国衆の室賀殿、か…。徳川に与する前に何とかせよとのことだが…
--------------------
【高梨内記】
幸村様! よくぞ戻られた!
真田の危機を知り、上杉の監視を切り開いて駆けつけてくださったのですな! さすがは…!
【真田幸村】
落ち着け、内記。景勝様は快く送り出してくださったぞ
【高梨内記】
…なんと! そうでしたか…
--------------------
【堀田作兵衛】
幸村様! 戻ってきてくれたんですね! よかった、俺はもうどうなることかと…
【真田幸村】
安心するのは早いぞ、作兵衛。共に真田を守るために戦おう
【堀田作兵衛】
へ!? は、はい! 頑張ります!
--------------------
【横谷幸重】
この機に北条もまた攻め寄せる恐れがございます
【真田幸村】
大叔父上の守りは万全であろうが…長期戦となっては不利であろうな…
--------------------
【横谷重氏】
ご無事のお戻り、嬉しく思います
【真田幸村】
ありがとう。重氏。共に真田を守るため力を尽くそう
【横谷重氏】
ははっ
--------------------
【矢沢頼綱】
幸村、よう戻った! 真田の危機には、やはり皆で立ち向かわねばな!
【真田幸村】
はい、大叔父上! 懸命に働いてみせます!
--------------------
【矢沢頼幸】
幸村様! やっと追いつきました!
【真田幸村】
おお、頼幸。ご苦労であったな
【矢沢頼幸】
まったく…なぜいつもいつも、私を置いてゆかれるのですか…
--------------------
【村松殿】
幸村…戻ってきてくれたのですね
【真田幸村】
はい、姉上! こたびも必ず姉上をお守りいたします!
--------------------
【真田信之】
よく戻れたな、幸村。本当に心強い
【真田幸村】
はい、兄上! 上杉のご厚情、まことにありがたい限りです
--------------------
【出浦昌相】
徳川の軍勢は七千あまりとのこと
【真田幸村】
それほどの大軍が…。我らの兵は二千足らず、苦しい戦となるでしょうね
--------------------
【真田昌幸】
室賀を除かねば徳川の相手をするどころではない。幸村、任せたぞ
【真田幸村】
はい、父上。…されど、室賀殿は父上の旧友であったと…
【真田昌幸】
今は倒すべき敵である。それだけだ
【真田幸村】
…はい
--------------------
【佐助】
幸村様、戦の準備しないんですか? 町人たちもばたばたしてますけど
【真田幸村】
そうだな。町人も手伝ってやらねばならぬが…私は父上から命を受けているのだ
真田と同じ信濃の国衆の室賀殿が、どうやら徳川に味方せんと動いているらしい
【佐助】
じゃあその室賀をやっちゃうってこと?
【真田幸村】
ああ。私はこれから室賀殿を討伐するため兵を出す。お前たち忍びには留守を守ってもらいたい
では、支度してまいる

※操作が佐助に切り替わる
--------------------
【佐助】
…………
忍びに留守任せての討伐に行くって…馬鹿じゃねえの
--------------------
【高梨内記】
むむ、見慣れぬ奴! さては徳川の間者だな!?
【佐助】
(そのとおりだけど…)
嫌だなあ、幸村様に新しく召し抱えられた忍びっすよ
【高梨内記】
そうか! それはすまぬ! 危機存亡の秋、共に力を尽くそうぞ!
【佐助】
(…真田って、やっぱり…)
--------------------
【堀田作兵衛】
と、徳川の大軍が攻めてくるって!
【佐助】
わかりきってたことじゃん。何を今さら
【堀田作兵衛】
そ、そうだけど…うう…。…って、お、お前、誰だ!?
【佐助】
…それも今さらかよ
--------------------
【横谷幸重】
新顔か。かようなときに、素性のわからぬ者を入れるべきではないと思うが…
【佐助】
幸村様がお認めになったんだけど?
【横谷幸重】
…………
--------------------
【横谷重氏】
…幸村様はまた忍びをお抱えになったのか。我らもいるというのに…
【佐助】
ま、そう言わず、よろしくね
--------------------
【矢沢頼綱】
幸村が新しく召し抱えたという忍びか。頼幸から話は聞いておるぞ
【佐助】
はあ、ども
【矢沢頼綱】
気合が足らん! もっと背筋を伸ばして!
【佐助】
(…うわ、めんどくせー)
--------------------
【佐助】
あれ、あんたも来たんだ
【矢沢頼幸】
当たり前だろう! 幸村様の行かれるところ、この頼幸ありだ!
--------------------
【村松殿】
あらあら、あなたはあのときの…
【佐助】
ああ、幸村様の…ども
【村松殿】
よいご縁であったようですね。うふふ。よろしくお願いします
【佐助】
…はあ、こちらこそ
--------------------
【真田信之】
佐助、といったか。改めて、よろしく頼む
【佐助】
…はあ、ども
(兄貴のほうは、割と切れ者っぽい…?)
--------------------
【出浦昌相】
新入りか?
【佐助】
真田って忍び多いんだね…。よろしく
--------------------
【佐助】
…あ、ども
【真田昌幸】
うむ。…何か
【佐助】
…いや、別に…
--------------------
【くのいち】
ちょっと、あんたどこ行くの? あたしだって幸村様についていきたいのに
【佐助】
べっつにー。ただちょーっと外に出て、室賀って奴をやっちゃおうかなって…
【くのいち】
室賀? それって、幸村様が討伐に出られるはずじゃ…
【佐助】
それが意味わかんねえの。とにかく、オレは行くから邪魔しないでくんない?
【くのいち】
アイツ、もしかして…。待って、あたしも行くから!
あたしもついて行くからね!
【佐助】
んじゃ始めっか
--------------------

【鯉に恋する娘】
はあ…なんだろう、この気持ち…
胸がぎゅーって締め付けられるみたい…
もしかして、これが噂のこいってやつ!?

※いいえを選択後に再度会話した時
ねえ、これってやっぱりこいかしら?
お役目「小諸の鯉」を引き受けますか?
※はいを選択時
【鯉に恋する娘】
そっか…やっぱり、こいか…
※いいえを選択時
【鯉に恋する娘】
え!? こいじゃないの!? な〜んだ、なんか白けちゃった

【鯉に恋する娘】
だってこんなに会いたいんだもの! 会いたい! 会いたいわ!
きっと小諸にいるはず…。でも、私にはこいの釣り餌がない…
ねえあなた、私のこいの釣り師になってこいを釣り上げて来てくださらない?
頼んだわよ!
小諸でこいを釣り上げて! 頼んだわよ
--------------------

※コイを入手後

【鯉に恋する娘】
あああ! それは!? 我が愛しの鯉!!!
はあ、なんて恋しかったことかしら。鯉に恋して恋い焦がれ
早く来い来い鯉のぼり
って何言わすのよ! ばか!
まあ、とにかくあなたにはお礼をしなきゃね。どうもありがとう、こいの釣り師さん
さ、早速帰ってこの鯉焼いて食べよっと!
花より団子、恋より鯉ってね!

「みかん(☆)」×5を入手しました
「ゆず(☆☆☆☆☆)」×5を入手しました

【鯉に恋する娘】
あ! 恋の釣り師さん! また釣り上げちゃってくださいね!
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・幸村様が戻られた!(高梨内記)
・徳川の大軍が…(堀田作兵衛)
・北条にも気を配らねば…(横谷幸重)
・幸村様がご無事でよかった(横谷重氏)
・幸村が戻ってよかった(真田信之)
・大戦じゃ!(矢沢頼綱)
・幸村様と共に戦う!(矢沢頼幸)
・ここで戦になるのですね…(村松殿)
・徳川の襲来は近い…(出浦昌相)
・…………(真田昌幸)
・次の仕事は…(くのいち)
室賀暗殺任務(お役目)
【佐助】
室賀一人討てばいいってのに、なんで律儀に討伐軍出すとか考えてんだよ
【佐助】
効率が悪いったらないでしょ。何のために忍びを手下にしてるんだ
【くのいち】
そこが幸村様のいいところじゃん。でもま…面倒の元は消しちゃおってのには賛成かな
【くのいち】
おや、出浦様。こんなところで何してるんすか?
【出浦昌相】
殿の命で室賀の様子をうかがってきた。奴め、徳川への合力に備えて兵を集めている
そなたたちこそ、いかがしたのだ?
【佐助】
んー、その室賀をさくっとやっちゃおうかと
【出浦昌相】
ほう。幸村様にしては…いや、室賀は生来用心深い男。影武者は一人二人ではない。気をつけるのだな
【佐助】
お、いたいた。室賀発見
【室賀正武】
もしや真田の手の者か!? おのれ…!
【佐助】
さっきのおっさんが言ってた影武者か…。面倒だな
【くのいち】
出浦様が言ってたとおり、兵が集まってるね。早めに動いて正解だったかも
【室賀正武】
おのれ、昌幸め! 忍びを寄越すとは卑怯な真似を! 貴様などに討たれはせぬぞ!
【くのいち】
うわ、影武者だらけじゃん
【佐助】
うざってえ…。こうなりゃ全員倒しちまえばいいんだろ
【影武者】
正武様…早くお逃げを…!
【佐助】
全部影武者とかマジかよ…。室賀はどこ行った?
【室賀正武】
影武者が皆やられてしまうとは…! と、徳川様に助けを求めねば!
【佐助】
こっそり隅に隠れてたか。逃がしゃしねえよ
【佐助】
なんかあっさりだなー。もうちょい骨があるかと思ったんだけど
【佐助】
まあいいか。さっさと幸村様に報告しようっと
【くのいち】
…律儀なのはあんたも一緒なんじゃないの。幸村様には黙っとくのがいいと思うけどにゃあ
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・戦が近いなら、儲けも見込めるか(行商)
・釣り場を荒らすなら容赦せぬ(町人)
・見慣れぬ者どもだな(町人)
・室賀様に何用だ?(町人)
・うーん。ちょっと遊びすぎたかな? 真面目に仕事しないと…(佐助/時間切れで失敗時)
MAP
上田城でのセリフ/室賀暗殺任務(お役目)クリア後
【佐助】
さてと、センパイはああ言ってたけど一応報告に行きますか
--------------------
【佐助】
幸村様。室賀のことだけど…
【真田幸村】
おお、佐助。室賀殿がどうかしたのか? 私の準備はもうすぐできるのだが…
【佐助】
もう準備は必要ないよ
【真田幸村】
? なぜだ?
【佐助】
だって室賀はオレがやっちゃったからさ
【真田幸村】
! なにゆえ、そのようなことを…
【佐助】
だって討伐の兵を出すよりずっと効率的だろ? 現にこっちにはまったく被害ないし
【真田幸村】
…………
【佐助】
…なんだよ、言いたいことあるなら言えば?
【真田幸村】
…いや、ご苦労だった
【佐助】
なんであんな傷ついた顔すんだよ…。敵を倒して、何の問題があるんだ
【佐助】
…忍びが命令もなしに動くのは私情と変わらない。それに関しては…すんません
【真田幸村】
よいのだ。…我らは、もっと話をするようにしよう
【佐助】
は? …はあ…
--------------------
【くのいち】
言ったでしょ? 幸村様には言わないほうがいいって
【佐助】
…なに、急に
【くのいち】
幸村様に喜んでもらえなかったからへこんでんの、佐助くん?
【佐助】
はあ!? なんだよ、それ。別にオレはそんなつもりで…!
【くのいち】
言っとくけど、幸村様は暗殺に怒ったんじゃないよ。あんたに手を汚させたのが悔しかったの
【佐助】
…………。…なんだ、それ。わけわかんねえ
【くのいち】
幸村様はそういう難儀なお方だから。正直、あたしもあんたの言うこと間違ってないと思うけど
でも、幸村様のお気持ちもわかっちゃう。だったら、あたしはそっちを優先すね。それだけ
【佐助】
…主が主なら、手下も手下かよ
【くのいち】
そうね。…さて、徳川もぼちぼち迫ってるみたいだし、一足お先に戦に出るとしますか!
【佐助】
…いいさ。やってやろうじゃん。戦働きなら、あの人も文句ねえんだろ、くそっ!
【くのいち】
さ、お仕事始めますか!
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・まずったかな…?(くのいち)
上田隠密戦
【概況】
--------------------
黒駒合戦ののち、徳川と北条は和睦。その条件として徳川は北条に沼田を割譲すると約束した
これを不服とした真田昌幸は徳川を離反、幸村を人質に出し、上杉に臣従した
この動きを徳川が許すはずもなく家康は大軍を真田が籠もる上田城に差し向けた
真田の窮地を知り、幸村は上杉景勝の許しを得て援軍に駆けつける
--------------------
【真田幸村】
徳川との大戦では、父上の策が必要となる。敵もそのことは承知しているはずだ…
【佐助】
策を暴くため、徳川の忍びが入り込んでるってことね。そいつらを全部撃退すればいいんだろ?
--------------------

【戦闘中セリフ】
【真田幸村】
父上の用意された策が合戦の要。敵の忍びに仕掛けを暴かれるわけにはゆかぬ
【佐助】
徳川の忍びを追い払えばいいんでしょ。朝まで耐えれば十分だよね
【くのいち】
忍びの相手は忍びにお任せください! 幸村様は無茶しないでくださいね!
【服部半蔵】
真田の策を暴かん
【真田幸村】
この暗闇、敵がどこから来るかわからぬ。気を抜くでないぞ
【くのいち】
大丈夫ですよ、幸村様! 忍びにはこんな暗闇なんて!
【佐助】
…ま、このぐらい当然だよね
【服部半蔵】
影を奪うか…
【真田幸村】
私が敵を引きつける! 出丸や砦に向かう忍びを減らせるはずだ
【佐助】
…大将が前に出てどうすんだよ
【服部半蔵】
前に出るか、幸村。好機
【真田幸村】
すまぬ。助かった!
【佐助】
ちょっと敵が多すぎるよな。こりゃ間に合わないんじゃない?
【くのいち】
泣き言言うな! 敵より速く動けば問題ない!
【服部半蔵】
やるな…
【くのいち】
楽勝楽勝。まるで歯ごたえないね!
【佐助】
へえ、意外と…。たいしたもんだね、センパイ
【真田幸村】
二人ともよい働きだな。頼もしい限りだ
【服部半蔵】
…狙いは絞れた。滅す
【佐助】
どうやらこっちが本番かな。師匠は…まだ来ないのか
【鳥居元忠】
真田の小せがれがかようなところに! この機を逃すな! 討ち取れ!
【佐助】
また目ぇつけられてるよ…。ほっとくわけにはいかないか
【佐助】
しかし、すぐ一人で突っ込むの、どうにかなんないのかね、幸村様
【くのいち】
でも、幸村様が敵を引きつけてくれたから、あたしらも動きやすかったんじゃん?
【佐助】
…まあ…そうだけど
【くのいち】
いくら幸村様でも、あの数…大丈夫かにゃあ
【真田幸村】
真田幸村、これにあり! 真田の戦、とくと味わうがいい!
【真田幸村】
よくやってくれた。すばらしい働きだ
【佐助】
すばらしい…じゃねえよ。一人で突っ込むとか勘弁してくれ
【佐助】
ふう、攻勢は収まった…かな? 一人も入れるなとか、無茶言ってくれるよ
【くのいち】
…ふーん、結構やるじゃん。ま、あたしには敵わないけどね!
【服部半蔵】
夜明けは遠い。いまだ任は止まず。さらに忍びを差し向けよ
【服部半蔵】
我は真田幸村を狙う…。他の者は真田の策を探れ
【佐助】
お? 出てきたな、師匠…
【佐助】
真田の策…オレが師匠に教えてやれりゃいいんだけど
【佐助】
オレにもよくわかんねえんだよなあ、あの昌幸が考えてることって
【くのいち】
幸村様が狙われてる! 半蔵の旦那、動きが早すぎるって!
【佐助】
しょうがない…ごめんよ、師匠。もう少し遊んでいきたいんでね
【服部半蔵】
邪魔だ…
【佐助】
今日は軽く小手調べって感じ?
【服部半蔵】
…遊ぶな
【佐助】
はいはーい! んじゃちょっと相手してよ、師匠!
【くのいち】
真田忍軍の棟梁として、半蔵の旦那には負けられないっす!
【服部半蔵】
…後輩ができただけで棟梁気取りか
【真田幸村】
すべての敵を退けたか。頼もしいな、二人とも!
【佐助】
ま、このぐらい余裕でしょ
【くのいち】
そうそう、あたしらなら…。いや、あたし一人でもね!

【戦闘後イベントセリフ/佐助の実力】
【真田幸村】
二人とも、よくやってくれた。これで父上の策もうまく運ぶだろう
【くのいち】
ありがとうございます!
【佐助】
……
【真田幸村】
どうした、佐助
【佐助】
…別に、あのぐらい、ふつーでしょ
【くのいち】
あんたねえ…
【真田幸村】
そうか。心強いな
【佐助】
……
【真田幸村】
二人の息もよく合っていた。見事な連携だったな
【くのいち・佐助】
なんでこんなのと!
【佐助】
……
【くのいち】
……
【真田幸村】
やはり息が合っているようだ
これからも手を携えて、私を助けてくれ。よろしく頼む
【佐助】
……
【くのいち】
……
【佐助】
…どこまでおめでたいんだ
【くのいち】
だーかーらー、そういうところがいいんでしょ
…それに、まあ、あんたも思ったよりはいい腕してるよ
【佐助】
そりゃどーも
【くのいち】
幸村様の一番の忍びはあたしだけど、頑張ればその次ぐらいにはなれるんじゃない?
【佐助】
はいはい、精進しますよ、センパイ
難易度 ★★★★★★
開始時刻
制限時間 12時間
勝利条件 朝になる
またはすべての敵武将と忍者隊長の撃破
敗北条件 すべての敵武将と忍者隊長の出丸と上田城下砦いずれかへの到達
手柄 佐助で服部半蔵を撃破
隠密頭を2人以上敗走させずに勝利
真田幸村の体力を一度も半分にさせずに勝利
次の一手 忍者で夜間視界を確保
操作武将の移動速度上昇
真田幸村が自らを鼓舞
服部半蔵を忍者で足止め
基本戦評 クリア時間:00'06''35【S】
被ダメージ:なし
護衛被害ダメージ:小
ミッション達成:3/3
総合評価【S】
MAP
上田城防衛戦
【概況】
--------------------
ついに徳川の大軍が上田城下に攻め寄せた
佐助たちの活躍で事前の諜報活動は阻まれたが徳川軍は構わず大軍勢で真田を押し潰そうとしていた
対する真田昌幸はあえて敵を城下に引き入れる。上田城には昌幸の策と罠が張り巡らされていた
--------------------
【真田昌幸】
死地に入ったのは徳川の者どもである。真田の策、存分に味わってゆけ
--------------------
幸村もまた昌幸と共に徳川軍を迎え撃つ。一方、信之は上田を離れ、戸石城に兵を伏せていた
--------------------
【真田信之】
父上、幸村、ご武運を。仕上げはこの信之にお任せあれ
--------------------
天下に真田の名を知らしめることになる上田合戦の幕は、こうして切って落とされた
--------------------

【戦闘中セリフ】
【真田幸村】
徳川軍、城内になだれ込んでまいりました。父上の読みどおりでございますね
【真田昌幸】
数の強みを生かして押し潰すつもりであったろうがな。門を閉じ敵を分断せよ
【徳川家康】
城門を閉じただと? 抵抗が弱すぎると思ったが、誘い込まれたか…
【真田昌幸】
まずは城内に入り込んだ武将を討ち取れ。連中はすでに袋のネズミである
【真田昌幸】
残りを片付けるか。動揺から立ち直る暇を与えるべきではないな
【真田昌幸】
敵に踏み込む隙を与えては我らはたちまち崩れよう。敵を本丸に近づけてはならぬ
【真田幸村】
私が城下に打って出ます! 敵将を討ってご覧に入れましょう!
【徳川軍兵士】
真田の小せがれが出てきたぞ! その首、父親の前に晒してやれ!
【堀田作兵衛】
…ゆ、幸村様に手出しはさせねえ!
【真田幸村】
我が首を取るのではなかったか!? 徳川の兵に私を傷つけることなどできぬか!
【徳川軍兵士】
おのれ、生意気な! 雑兵などかまわず、あいつを討ち取れ!
【真田幸村】
民が力を貸してくれるのはありがたいが、彼らを犠牲にはできぬ! 私がやらねば!
【佐助】
これだけの数を相手に無茶だろ。民がやるって言ってんなら任せりゃいいのに
【真田幸村】
私が退いては父上の策が成らぬ! まして作兵衛たちを盾にするなどできぬ!
【井伊直政】
策をこらそうとしょせんは小勢。必ず穴があるはずだ。…南か?
【真田幸村】
片付いたな。皆、よくやってくれた
【佐助】
…あんた一人でやったんじゃん。あの数を相手に…どんだけだよ…
【井伊直政】
この程度で井伊の赤備えは止められない。無駄死にをするな、道を空けろ!
【高梨内記】
こちらかも敵が…! この内記がいる限り、進ませはせぬぞ!
【真田幸村】
あれは井伊直政殿か! 内記の手には余る相手ではないか
【真田昌幸】
内記、ほどほどでよい。適当にあしらって退いておけ
【高梨内記】
情けないことを申されますな、殿! わしは徳川の若造などに後れは取りませぬぞ
【井伊直政】
忠勇の士と見た。ならば俺も最善を尽くして相手になろう!
【井伊直政】
家康様の温情を踏みにじるような真似を…許さん!
【真田昌幸】
温情をこうむった覚えはないな。互いに利があったがゆえの結びつきであろう
【真田昌幸】
利が失われれば離れるのは自明のことであるよ
【井伊直政】
減らず口を…! ダメだ、ダメすぎる!
【井伊直政】
真田を除く、それが家康様のための最善! この赤備えに懸けて果たしてみせる!
【真田幸村】
真田は私が守り抜いてみせます! この真田の赤備えに懸けて!
【井伊直政】
不覚を取った…! 家康様、申し訳ありません…
【高梨内記】
ふー。危ないところでしたな…。あ、いや、わし一人でも平気でしたぞ!
【真田昌幸】
そろそろ詰めと参るか。城外の敵を片付ける。打って出るぞ
【稲姫】
門が開いた…! この現状、稲が打破してみせます!
【真田昌幸】
ふむ…せっかく用意した策を使わぬ手はない。かの者を村に誘き寄せよ
【佐助】
おびき寄せる餌があれば簡単なんだけどね
【真田昌幸】
室賀の暗殺は徳川に知られていないはず。偽の室賀を用意して接触させればよい
【室賀正武】
稲殿、こちらから安全に城内に進めます。どうぞこちらへ
【稲姫】
室賀殿はこちらに詳しいのでしたね。では案内をお願いいたします
【佐助】
やっぱ室賀やっちゃって正解だったんじゃん
【服部半蔵】
…本丸を落とす
【真田昌幸】
忍びには忍びでなくば当たれまい。半蔵を足止めせよ、昌相
【服部半蔵】
…小賢しい
【真田昌幸】
今だ。村に火を放ち、敵に打撃を与えよ
【稲姫】
火計だなんて…! まんまと誘き寄せられてしまいました…!
【徳川家康】
昌幸の手強さは重々承知のつもりであったが…ここまでの被害をこうむろうとはな
【本多忠勝】
殿、ここはお退きあれ。殿の退路はこの本多平八が確保いたす
【真田昌幸】
家康め、相変わらず逃げ足は速い。まだもてなしは終わっておらぬというのに
【真田昌幸】
追撃をしたいところだが、あの男が邪魔よ。古今無双の本多忠勝…討てる者はおるか?
【鳥居元忠】
我らも出るぞ! 殿を無事に撤退させるのだ!
【真田幸村】
まとめて討ち払い、徳川軍の意気を挫く!
【服部半蔵】
邪魔はさせぬ
【佐助】
師匠の速さは並みじゃないよー。さて、どうすんのかな
【真田幸村】
敵の力は十分そぎ落とせた。あとはに兄上にお任せしよう…
【真田昌幸】
うちの忍びはなぜか幸村にばかり懐く。お前、我が下で働かぬか
【服部半蔵】
…戯れ言を
【真田昌幸】
父上の策、恐ろしいほどです!
【真田幸村】
さて、次はどこを落とすか
【服部半蔵】
…無念
【佐助】
なんだよ、師匠、やっぱり手ぇ抜いてんじゃねえの?
【真田幸村】
何度相対しても震えが止まらぬ…。ゆえにこそ、挑みがいがあるというもの!
【本多忠勝】
良い心意気だ。存分に叩き伏せてくれよう!
【本多忠勝】
貴様の一撃は重い。信も義もない者とはとうてい思えぬがな
【真田昌幸】
…買いかぶりだ
【本多忠勝】
親子二代で見事な働き…。ここは譲っておく
【真田昌幸】
これで終わりと思ってもらっては困る。わしの息子はもう一人おるのだぞ
難易度 ★★★★★★
開始時刻
制限時間 24時間
勝利条件 徳川家康の撃破

徳川家康が退却したあとは本多忠勝の撃破に変更
敗北条件 敵武将いずれかの上田城への到達
手柄 敵武将3人以上を火計で攻撃
本多忠勝を無双奥義で撃破
味方武将を一人も敗走させずに勝利
日没までに勝利
次の一手 高梨内記が自らを鼓舞
宝加正武の偽者で稲姫を誘引
敵軍を挑発
服部半蔵を出浦昌相で足止め
基本戦評 クリア時間:00'09''12【S】
撃破数:1536【S】
被ダメージ:なし
ミッション達成:7/7
総合評価【S】
MAP
神川急襲戦
【概況】
--------------------
大軍をもって上田城に攻めかかった徳川軍であったが真田昌幸の策に翻弄され、幸村の武に打ち崩される
--------------------
【徳川家康】
おのれ、真田…。実に厄介な相手よ
--------------------
徳川家康は上田攻略を断念し、撤退を開始。その機を逃さず、戸石城の真田信之が襲いかかった
--------------------
【真田信之】
逃がしはしない! 家康殿、御首級頂戴する!
【本多忠勝】
功に逸らず、冷静に兵を動かしておる…敵ながら見事。だが、この忠勝がいる限り…殿には指一本触れさせぬ!--------------------

【戦闘中セリフ】
【徳川家康】
追いつかれるわけにはゆかぬ。馬には申し訳ないが頑張ってもらわねば
【真田信之】
父上と幸村がここまで追い込んだのだ。逃がすわけにはいかない
【稲姫】
家康様! こちらへ!
【服部半蔵】
ここは通さぬ…
【徳川家康】
半蔵の分身はたやすくは破れぬ。十分時間を稼いでくれよう
【真田信之】
その手は通じぬ。忍びたちよ、分身を消すのだ!
【服部半蔵】
見事…
【服部半蔵】
真田の跡取り…消えてもらう
【真田信之】
私が倒されたところで、真田には幸村がいる。倒されるつもりはないがな!
【真田信之】
とんだ足止めを食った。直ちに進軍する!
【徳川家康】
半蔵が退けられたか…。急がねばなるまい
【徳川家康】
急ぎ橋を渡り、対岸へ退かねば…
【真田信之】
よし、読み通りだ。工作兵、跳ね橋を上げよ!
【徳川家康】
さすがは真田、抜かりない…
【本多忠勝】
北にも橋がござる。殿、急ぎ渡られませい
【稲姫】
事前に工作に気付かないなんて…稲の未熟でした
【稲姫】
急いで橋を下ろしましょう。準備をお願いします
【井伊直政】
俺の精進が足りないばかりに、家康様を苦境に…これ以上はやらせん!
【真田信之】
さても家康殿の配下は忠臣揃い…。されど、私も譲るわけにはいかない!
【井伊直政】
真田の戦ぶり、実に見事! 家康様のため、最善を尽くして真田を除く!
【真田信之】
烈火のごとき忠誠心、まことに感じ入る…。ゆえにこそ、ここで倒しておかねば!
【井伊直政】
またしても不覚を…! このままでは終われない!
【本多忠勝】
本多平八、この場に留まり敵を仕留めん。殿は先を急がれよ
【徳川家康】
忠勝…頼んだぞ
【徳川家康】
忠勝とて、万全の状態ではない。だが、忠勝であれば…
【真田信之】
先の戦で父上たちに追い立てられ、具足を改める暇もなかったようだな!
【本多忠勝】
この程度…!
【本多忠勝】
良い兵の動かし方をする…。だが、それもここまでよ
【稲姫】
家康様の退路は稲がお守りします!
【本多忠勝】
まさに智勇兼備の武士。惜しむらくはいささか視野が狭い
【真田信之】
…されば、この勝負で我が蒙を啓いていただこう!
【本多忠勝】
応とも! 全霊で打ち込んでまいれ!
【本多忠勝】
見事な武士よ…。ここは譲らずばなるまい…
【真田信之】
今だ! かかれ!
【徳川家康】
兵まで伏せておったとは…! これでは進めぬ…
【真田信之】
鉄砲隊構え! 撃て!
【徳川家康】
さらに鉄砲隊まで…! くっ、もはや馬は使えぬ…
【徳川家康】
皆のためにも、死ぬわけにはゆかぬ…。もう間もなく、真田の包囲を脱せるはず…
【真田信之】
備えは終わりではない。覚悟していただこう
【くのいち】
おお!? ほんとに来た! さすがは信之様だにゃあ♪
【徳川家康】
なんと周到な…昌幸の息子は出来過ぎよ。だが、わしとて倒れるわけにはゆかぬ!
【真田信之】
覚悟を決められたか…? …いや、あの方は断じて討死などなさるまい
【くのいち】
むむ…・あっし一人ではなかなか荷が重い感じっすね
【稲姫】
いざ、勝負!殿のためとあれば、命など…!
【真田信之】
…あなたのような方まで、そのような。残された者の思いを考えたことはおありか
【稲姫】
それは…未練です! 武士はそのような…
【真田信之】
では、未練を残す武士の戦ぶりをご覧いただこう!
【井伊直政】
家康様、ここは俺にお任せを! 一刻も早くお退きください!
【徳川家康】
直政…助かった。任せたぞ
【井伊直政】
二度までも…! 家康様に何の面目あって…!
【真田信之】
あれほどの武将があそこまで命を懸ける…。徳川家康とは、そこまでの将器なのか
【稲姫】
強い…これが真田の力…。殿、どうかご無事で…
【真田信之】
真田を守るため、御首級頂戴する!
【徳川家康】
ただお家大事としか考えられぬか! なにゆえ天下のことを思わぬ!
【徳川家康】
それほどの力量を持ちながら、あまりに惜しいぞ、真田信之!
【真田信之】
何を…!? 真田を、家族を守ることのほかに、何が…!
【徳川家康】
真田の底力、味わわせてもらった。二度と敵にはしたくないものよ…
【くのいち】
逃がしちゃいましたね。よろしいんですか、信之様?
【真田信之】
十分に叩いた、問題はあるまい。…徳川家康という男、今少し見極めたい

【戦闘後イベントセリフ/真田の脅威】
【井伊直政】
真田などに名を成さしめることになろうとは…! 面目次第もございません!
【徳川家康】
いや、わしに油断があったのだろう。真田を甘く見たわしの不覚よ
【井伊直政】
そのような…! 今度こそはなお最善を尽くし…!
【徳川家康】
…戦はもはや続けられぬ
【井伊直政】
なんと!?
【徳川家康】
秀吉殿から横槍が入ったのよ
今、秀吉殿と事を構えるのは得策ではないのでな。堪えてくれ、直政
【井伊直政】
…無念でございます
【徳川家康】
それにしても、真田やはり恐るべし。昌幸の智謀は申すまでもないが…
【本多忠勝】
二人の息子もあっぱれな武者でござったな。特に兄の信之はよい兵の動かし方をする
【稲姫】
……
【徳川家康】
智勇兼備といったところか。跡取りも優秀とあってはまこと厄介な相手よ
【服部半蔵】
弟・幸村の槍もまた別格…。戦は沙汰止みとはいえ、目を離せぬ相手
【服部半蔵】
我が手の者を潜り込ませている。引き続き様子を探らせたく…
【徳川家康】
うむ…
難易度 ★★★★★★
開始時刻
制限時間 12時間
勝利条件 徳川家康の撃破
敗北条件 真田信之の敗走、または
徳川家康の退却地点への到達
手柄 すべての敵拠点を制圧
すべての敵武将を撃破
次の一手 服部半蔵の忍術を看破
徳川家康が落馬
真田信之がくのいちを鼓舞
本多忠勝の防具を破壊
基本戦評 クリア時間:00'07''15【S】
被ダメージ:なし【S】
護衛被ダメージ:なし【S】
ミッション達成:5/5
総合評価【S】
MAP
四国征伐
【概況】
--------------------
小牧長久手の戦いののち、羽柴秀吉は徳川家康と講和。本格的に四国平定に乗り出す
中国の雄・毛利家はすでに秀吉に臣従していたが、四国を平定した土佐の長宗我部元親は反抗の意を表した
--------------------
【長宗我部元親】
四国が…そして声なき声が俺にささやく…。天下人・秀吉に凄絶に抗え、と!
--------------------
秀吉はついに四国征伐を決意。軍師・黒田官兵衛と毛利家重臣・小早川隆景を中心に軍を編制した
大軍をもって攻めかかる羽柴軍。その中に、美しく成長した茶々が密かに紛れ込んでいた
--------------------
【茶々】
…必ず、連れ戻します

【戦闘前イベントセリフ/二人の姫】
--------------------
天正十三(1585)年、羽柴秀吉は四国を支配する長宗我部元親を攻めた
先鋒は秀吉の軍師・黒田官兵衛が務め、秀吉に従属した毛利家の小早川隆景も加わっていた
--------------------
【黒田官兵衛】
卿の働きに期待する
【小早川隆景】
お役に立てるよう、努力しましょう。…ところで、あの姫君は?
【茶々】
……
【黒田官兵衛】
…茶々様だ
【小早川隆景】
あの方が…。なぜ、このようなところに?
【黒田官兵衛】
知らぬ。勝手についてきたのであろう。戦場には出さぬよう、秀吉様に念押しされていたが
【小早川隆景】
左様ですか…
【茶々】
……
…ここに、あの子がいる…
【ガラシャ】
いよいよなのじゃな…
--------------------
元親の元には、明智光秀が滅んだのち、娘のガラシャが身を寄せていた
--------------------
【小少将】
敵は二十万、こちらは四万。やっぱりあなたもあたしが呼ぶ不幸からは逃げられなかったみたいね
【長宗我部元親】
時代の波はこの四国をものもうとしている。だが、俺は抗い続ける…凄絶に!
【小少将】
懲りない人。いいわ、あたしはつきあってあげる。でも…
【ガラシャ】
わらわも共に戦うぞ! 抗うのじゃ、凄絶に!
--------------------

【戦闘前イベントセリフ/三成と左近】
【石田三成】
……
【島左近】
なんか面白いものでも見えますか
【石田三成】
貴様は…島左近とかいったな。俺に何か用か
【島左近】
いいえ、別に。ただ眉間にしわ寄せて考え込んでたんでちょいとからかってみたくなっただけです
【石田三成】
…なるほど。喧嘩を売りに来たのだな
【島左近】
冗談ですって。ほんとに頭の固いお人だ
【石田三成】
…陣借りを申し入れてきた軍学者だったな。武田で兵法を学んだなどと吹いているようだが…
さんな錆び付いた軍学が本当に戦で役に立つのか
【島左近】
錆び付かないよう、こうしてあちこちで陣借りさせてもらってるんですがね
【石田三成】
仮に使えたとして、主を持たぬ根無し草に何ができる。志のない力など、百害あって一利なしだ
【島左近】
ま、仰るとおりですが、はじめにお会いした方が強烈すぎたものでね
【石田三成】
…武田信玄がそれほどのものか
【島左近】
秀吉さんとはまた違った器のお方でしたな
【石田三成】
……
【島左近】
お邪魔しましたね。…ああ、そうそう
さっきあんたが見ていた辺りは、確かに兵を伏せるのに都合がいい
【石田三成】
…なに
【島左近】
敵も同じように考えるでしょう。警戒しておいたほうがよろしいでしょうな
【石田三成】
……
--------------------

【戦闘中セリフ】
【茶々】
あの子は私が連れ帰ります。道を空けなさい
【羽柴秀長】
数の上では我らが有利とはいえ、敵も精強。兄者、ゆめゆめ油断なされますな
【羽柴秀吉】
ああ、わしらがやられたら大事じゃ。しかし…やけに突出した者が…茶々!?
【羽柴秀吉】
いかんぞ! なんで茶々が出とるんじゃ。絶対に手を出させてはならんで!
【石田三成】
まったく…茶々様は何をしておられるのだ
【島左近】
…これは好機かもしれませんよ? 目立つお姫様ゆえ、敵の目は釘付けだ
【石田三成】
その隙に敵を攻撃せよ、ということか? …なるほど、あそこか
【小少将】
やたらと突っこんでくる敵がいるけど…。誰かを探してるのかしら?
【ガラシャ】
ならば、師匠!わらわが相手をしてまいる!
【小少将】
だ〜め、”わらわ”ちゃんは身を隠して? あなたには切り札になってほしいの
【ガラシャ】
おおっ、分かったのじゃ! 任せるのじゃ!
【桑名吉成】
何が起こっている…? む、しまった、気取られたか!
【茶々】
あちらのほうに動きが…? もしかして…向かいます!
【小少将】
歓迎してあげるわ。あたしの虜ちゃんたちと一緒にね
【香西佳清】
うおー! 小少将様には指一本触れさせねー!
【茶々】
私には目的がある… あなたたちに用はありません。下がりなさい
【香西佳清】
なんと気高い…。はっ、わしらは何を…
【小少将】
…可愛げのないお姫様だこと。いいわ、相手になってあげる
【小少将】
悪いけど、あの子は渡さないわ
【茶々】
いいえ! 何としても連れ帰ります!
【小少将】
…あら? なんかちょっと感じが…。ま、いっか♡
【小少将】
あん、やられちゃった…。ごめんね、あとは任せるわ
【茶々】
…いないみたいね。やはり本陣にいるのかしら?
【羽柴秀吉】
茶々は無事なようじゃな…ふぅ。ならばいくで! 中央に攻め込むんじゃー!
【香宗我部親泰】
させてたまるかぁー! 出でよ、伏兵部隊!
【石田三成】
他人もまた自分と同じ考えに至りうる、そのことを予想するべきなのだよ
【精鋭兵】
な、なんだ!?
【石田三成】
波状攻撃か…予想以上に手こずるな。この程度で苦戦しては秀吉様に顔向けできん
【島左近】
いかにもって場所に兵を伏せすぎだ。もう少しひねりを加えましょ?
【精鋭兵】
う、後ろだとぉー!? 逃げろぉー!
【茶々】
邪魔をして…。無駄な時間を取られました。本陣に向かいます
【石田三成】
全軍進め! 秀吉様の力を見せるのだ!
【長宗我部元親】
ついに来たか、天下人…。聞け、俺たちの魂の叫びを!
【福島正則】
三成の奴、珍しく熱くなってんじゃねーか? よっしゃ! 俺もいくぜー!
【石田三成】
なるほどな。少なくとも錆び付いた軍学ではないようだ
【島左近】
こりゃどうも。志のない力でも役に立ちましたか?
【石田三成】
先ほどの言葉は取り消そう。…惜しいことだとは思うがな
【ガラシャ】
切り札参上! 仲間を集めてまいったぞ! 元親、わらわも共に戦うのじゃ!
【長宗我部元親】
上等…。見ろ、お前の反骨魂の輝きに…皆、惹かれ、発奮している!
【茶々】
いた…! またあんなにはしゃいで! 止めます!
【羽柴秀吉】
光秀の娘御か! 生きとってくれたんか! …わしが言えたことではないがな…
【ガラシャ】
…いや、温情はありがたく受け取ろう。じゃが! 手は抜かぬぞ!
【ガラシャ】
茶々ではないか! いったいどうしたのじゃ?
【茶々】
どうしたも何もありません! あなたこそ何をやっているのですか!
【ガラシャ】
わらわはダチのために戦っておる。それはいつでも変わらぬぞ
【茶々】
ああもう…相変わらずわからないことを…。無理にでも連れ帰ります!
【羽柴秀吉】
すまんな。わしは歩みを止めるわけにはいかんのじゃ
【茶々】
あの子は!? 怪我をさせていないでしょうね?
【羽柴秀吉】
これで四国は治まった…。元親、悪いようにはせん。降伏せよ

【戦闘後イベントセリフ/二つの別れ】
--------------------
秀吉は降伏した元親を滅ぼそうとはせず長宗我部家は土佐一国のみとはいえ存続した
--------------------
【ガラシャ】
元親には無念なことであろうが、これでまた皆で穏やかに暮らせるのじゃな
【小少将】
うーん…それは…
【茶々】
あなたは私と一緒に大坂へ来るのです
【ガラシャ】
茶々!?
【小少将】
……
【茶々】
いいですね
【ガラシャ】
…嫌じゃ! 師匠や元親と別れるなど、わらわは…
【茶々】
聞き分けのない。敗軍のあなたに、断る権利があるとでも思っているのですか
【ガラシャ】
嫌じゃ嫌じゃ! わらわは師匠と…
【小少将】
…そうね、そのほうがいい
【ガラシャ】
師匠!?
【小少将】
秀吉の戦はまだ終わらない。…そうなんでしょ
【茶々】
…ええ
【小少将】
次の征伐は九州。四国攻めに毛利を使ったみたいに今度は長宗我部が使われる
【ガラシャ】
そんな…。ならば、わらわも…!
【小少将】
そんなのはあの人は望まない。あたしだって嫌よ
【ガラシャ】
…師匠…
【小少将】
この子が二度と戦になんて巻き込まれないようにする、そう約束できるんでしょうね
【茶々】
…善処します
【小少将】
頼りない返事だこと。ま、あなたも立場は微妙そうだものね
【茶々】
……
【小少将】
ひどい目に遭わされてないか、時々確かめにいくわ
【ガラシャ】
まことじゃな!? またきっと会えるな、師匠!
【小少将】
ええ…きっと
【茶々】
…さあ、行きますよ
【ガラシャ】
…師匠…
【小少将】
……
【島左近】
これで一つ片付きましたな
【石田三成】
こんなものは通過点に過ぎん。秀吉様は必ずや天下を統一される
【島左近】
信玄公も信長公も果たせなかった天下統一か…。そりゃあこの目で見てみたいものですね
【石田三成】
…そのために力を尽くそうという気はないのか?
【島左近】
秀吉さんに仕官しろと? ん〜、悪くはない話ですが
ま、もうしばらくは根無し草のままでいさせてもらいますよ
【石田三成】
馬鹿な奴だ。その軍略を無駄に腐らせるなど
【島左近】
腐らせるつもりはありません。いずれ、然るべき時が来れば
【石田三成】
……
【島左近】
それでは、御免
--------------------
難易度 ★★★★★★
開始時刻
制限時間 16時間
勝利条件 長宗我部元親の撃破
敗北条件 羽柴秀吉と羽柴秀長と茶々いずれかの敗走
手柄 長宗我部元親を無双奥義で撃破
すべてのミッションを達成
羽柴秀長の体力を半分残して勝利
申の刻まで(8分以内)に勝利
次の一手 小少将に魅了された敵武将を覚醒
伏兵で敵軍を襲撃
敵伏兵を背後から襲撃
基本戦評 クリア時間:00'9''35【S】
撃破数:1578【S】
武衝撃破数:28
被ダメージ:なし
総合評価【S】
MAP
春日山城下でのセリフ/神川急襲戦クリア後
【真田幸村】
景勝様の寛大なご処置で徳川との戦いに参加できたのだ
帰還したことをきちんとお伝えしなければ…
--------------------
【須田満親】
聞いたぞ、幸村殿! 上田ではたいそう活躍したそうだな
【真田幸村】
いえ、私は大したことは…
満親殿こそ我ら真田のために、援護をしてくださっていたそうですね
【須田満親】
ほっほっ。真田が徳川に敗れては、こちらも困るということでな
肩入れさせてもらったぞ。その甲斐あって真田の評判も上々じゃ!
【真田幸村】
そう…ですね…。徳川を追い返すことができたのは、真田にとって名を高めるよい機会でした
【須田満親】
うむ。これからも上杉と共に手を携えてくれよ!
【真田幸村】
はい、どうぞよろしくお願いいたします
徳川を撃退したはよいが…。これからどうなるのだろうか…
とにかく景勝様に帰還した旨をお伝えせねば…
【直江兼続】
おーい、幸村ー!
【真田幸村】
この声は、兼続殿…?
--------------------
【真田幸村】
よく働いてくれたな、佐助。そなたが私の元へ来てくれて、本当によかった
【佐助】
…ども。幸村様の武勇もすごかったじゃん。単騎であんな…
【真田幸村】
私などはまだまだだ。これからも共に腕を磨いていこう!
【佐助】
…う、うん…
--------------------
【真田幸村】
佐助は誤解されやすい質だが、そなたのおかげでずいぶん助かっているようだ
【くのいち】
え!? あたしは別に、あんなヤツ何も…
【真田幸村】
互いに口ではそう言っているようだがな。これからも二人で私を支えてくれ
【くのいち】
は、はい…
--------------------
【矢沢頼幸】
やりましたね、幸村様! 徳川の大軍を撃退! 真田の名声はおおいに高まりました!
【真田幸村】
ああ。これも上杉の支援のおかげだ。お礼を申し上げなくては…
--------------------
【綾御前】
よい働きをしたようですね、幸村
【真田幸村】
ありがとうございます! これも綾様の薫陶の賜物です!
【綾御前】
本当に可愛らしいこと。あなたは花も実もある武士ですね、幸村
--------------------
【色部長実】
ほう…これは英雄の凱旋か
【真田幸村】
長実殿…からかうのはおやめください
【色部長実】
からかってなどおるものか。真田の武勇、天下に轟いておるぞ
【真田幸村】
はあ…恐れ入ります
--------------------
【真田幸村】
兼続殿! ただいま戻りました!
【直江兼続】
よくぞ戻った! 話は聞いているぞ! 景勝様もお待ちだ、共に参ろう
--------------------

【イベントセリフ/幸村上洛】
【上杉景勝】
上田での真田の戦ぶり、実に見事
【真田幸村】
ありがとう存じます。これも上杉家のご厚情あってこそ
【直江兼続】
徳川も直ちに次の戦とは参るまい。今のうちに手を打っておくべきだろう
…昌幸殿は、すでにお考えのようだが
【真田幸村】
と、仰いますと?
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
秀吉殿は存じておるな、幸村
【真田幸村】
はい、信長公の後継者として飛ぶ鳥を落とす勢いであるとか…
【直江兼続】
そうだ。もはや天下人といってよい
その秀吉殿が、各地の大名に上洛を求めておる。昌幸殿も応じられるようだ
【真田幸村】
真田は大名ではありませんが…
【直江兼続】
それだけ真田の名が高まったということだ
【真田幸村】
ははあ…
【上杉景勝】
……
【直江兼続】
…我ら上杉も、間もなく上洛することとなる
【真田幸村】
左様でございましたか
【上杉景勝】
共に行くか、幸村
【真田幸村】
よろしいのですか!? お供をさせていただいても…
【直江兼続】
それはよいお考えです、景勝様。大坂を見ておくのは、幸村のためにもなりましょう
【上杉景勝】
…うむ
【真田幸村】
ありがとう存じます!
(大坂…安土のような街なのだろうか?)
(安土といえば…あのお方は、今頃どこでどうなさっているのだろう)
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・幸村様、すごかったな…(佐助)
・真田は無敵だ!(矢沢頼幸)
・一休み一休みっと♪(くのいち)
・見事でした(綾御前)
・真田は大したものだ(色部長実)
・真田はあっぱれ!(須田満親)
・見事な戦ぶり!(直江兼続)
大坂城でのセリフ
ムービーセリフ/大坂の賑わい
【町人】
これ一つ…
【店】
はい!
【町人】
…いや三つくれ!
【店】
毎度ありがとうございます!
【町人】
これを二つ
【店】
はい、ただいま〜!
--------------------
【真田幸村】
これは…なんという華やかさ、豪壮さだ…! これが大坂城か…
この街並み、安土以上だな…。…! そうだ、あまりきょろきょろせず、泰然と…
--------------------
【佐助】
あの天守のてっぺんに上ったら気持ちいいだろうな
【真田幸村】
はは。それはさぞ絶景であろうな
--------------------
【くのいち】
安土もすごかったけど、こりゃまたとんでもない街ですねえ
【真田幸村】
そうだな…。ここではどんな出会いがあるのか…
【くのいち】
…また面倒に巻き込まれるのは勘弁してくださいよ?
--------------------
【真田幸村】
これが大坂…。何を見ても驚くばかりですね、兼続殿
【直江兼続】
まったくだな。だが、少し華美に過ぎるのではないか?
--------------------
【真田幸村】
大坂をこの目で見られるとは。景勝様、ありがとうございます
【上杉景勝】
…うむ。見聞を広めよ
--------------------
【兵士】
異常ありません
--------------------
【町人】
かー、なんちゅう街や! 何年住んでてもそう思うで!
--------------------
【町人】
これ以上の安売りなんてもってのほか!
…けどあんさんだけには勉強しまっせ
--------------------
【町人】
ガハハ! ボケやがな、ボケ! 笑いのわからんやっちゃのう
変に期待を感じて、人に絡んでまうんや…。すまんのう
--------------------
【八百屋のとよ】
まあ! いらっしゃいませ!
ありがとうございました!
--------------------
【町人】
そう言われるとなおさら飛び込みとうなるっちゅうもんやで
--------------------
【豪商】
いらっしゃいませ
またお引き立てを
--------------------
【町人】
ウソや! 朝まで飲んだるで!
--------------------
【水晶屋ヨネ婆】
占いは儲からん。廃業や。いらん水晶、買ってってーな
水晶がほしかったらおいでや。ぎょうさんあるで
--------------------
【熊猫屋】
おお! 熊猫がご入用ですか?
最高の熊猫をあなたに!
--------------------
【町人】
ええのがあったら掴んでええで。掴んだらお買い上げやけどな!
--------------------
【よろず屋】
いらっしゃい!
また来てくだせえ!
--------------------
【町人】
せやさかい、うちで買うてや!
--------------------
【町人】
もう金があらへん…
--------------------
【魚屋源さん】
はいどうも!
またどうぞ!
--------------------
【八百屋のはつ】
まあ! いらっしゃいませ!
ありがとうございました!
--------------------
【花売りのすず】
こんにちは!
嬉しい! また来てくれるんですね!
--------------------
【さや】
いらっしゃいませ!
またいらしてくださいね!
--------------------
【イベントセリフ/昌幸上洛】
【真田幸村】
父上! すでにお越しでしたか
【真田昌幸】
お前もか、幸村
【真田幸村】
はい、景勝様より供に加えていただきました
【真田昌幸】
そうか
【真田幸村】
…秀吉様は、真田と徳川の戦を仲裁してくださったと聞きます
豊臣は真田に厚情を示してくださっていると考えてよいのでしょうか?
【真田昌幸】
さて、な。はじめに徳川を焚きつけたのも秀吉であったろうよ
【真田幸村】
なんと!? それはいったい…
【真田昌幸】
試したのであろう。わしが役に立ちそうな者かどうか
【真田幸村】
……
【真田昌幸】
今度はわしの番だ。天下人がどれほどのものか、見定めてやろうではないか
【真田幸村】
…父上…
--------------------
【イベントセリフ/秀吉という男】
【真田昌幸】
……
【豊臣秀吉】
待たせたのう! お前さんが真田昌幸か? よう来てくれた!
【真田昌幸】
お初にお目にかかる。真田昌幸でございます。こたびは…
【豊臣秀吉】
堅苦しいあいさつはええ、ええ!
あの家康殿を手玉に取った智謀の士、会えるのを愉しみにしとったで!
【真田昌幸】
過分なお言葉、恐れ入る
【豊臣秀吉】
知っておろうが、わしは家康殿に小牧長久手でえらい目に遭わされてのう!
お前さんが家康殿をこてんぱんにしてくれて、正直すっとしたわい! あ、家康殿には内緒じゃぞ?
【真田昌幸】
……
【豊臣秀吉】
…さて、ちの智謀、これからはわしのために使ってほしいんじゃがな
【真田昌幸】
無論のこと。この真田昌幸、秀吉様に忠誠を…
【豊臣秀吉】
わしの家来になれとは言わん
【真田昌幸】
……
【豊臣秀吉】
お前さんは寝返りも嘘もためらわん。「表裏比興」とはよう言うたもんじゃ
【真田昌幸】
…恐れ入ります
【豊臣秀吉】
その結果どうじゃ。沼田を取ったときも、徳川や北条との戦でも、驚くほど人が死んでおらん
【真田昌幸】
……
【豊臣秀吉】
その知恵を、天下のために使ってほしいんさ
【真田昌幸】
…天下
【豊臣秀吉】
悔しいがまだまだ戦は続く。戦は避けられんのなら、せめて人死には少のうしたい。そのために…
【真田昌幸】
…「人が死んで悲しいのは当たり前」ですか
【豊臣秀吉】
当然じゃ! 誰かがおらんなって、誰かが泣くのは、もうたくさんじゃ!
【真田昌幸】
……
--------------------

※人々の吹き出しメッセージの内容
・人多すぎ…(佐助)
・…………(上杉景勝)
・これはいささか…(直江兼続)
・こりゃたいそうな街で…(くのいち)
・秀吉とはどれほどか…(真田昌幸)
・かー、なんちゅう街や!(町人)
・ヒョウ柄売ってへんのかいな?(町人)
・フフ…みんな私を見てる
・奥様にいかがでしょう
・値引きはできまへん!(町人)
・この街で、一発当てたるで〜
・そこの 大名はん!(茶屋の娘)
・馬はええのう(馬取)
・次の祭りで
・優勝ねらうで
・わしゃ見る阿呆じゃ!
・こんな平和がずっと続いたらええのになあ〜
・なんやわれ? いてまうぞ!(町人)
・日本中から届いたお野菜でっせ
・もうちょいやすできひんのかいな
・ええ感じのお野菜でっせ〜(八百屋のとよ)
・…水浴を禁ずやて(町人)
・こんな暮らし覚えたら、田舎には帰られへんわ
・ええ仕事してまんなあ〜
・まいど〜(豪商)
・ええ出来や わしには分かる
・当分、飲まんとこ(町人)
・逃げ出さへんのかな
・ねえ! これ私に買って〜
・塗ってんちゃうん?
・うわあ〜 すっげ〜
・癒される… ずっと見ていたい
・ここでしか見られないよ!(熊猫屋)
・(あんま見んといて)(パンダ)
・好きな野菜を選んでや…(町人)
・見てみこの珍品! 海を渡って来たんやで!(よろず屋)
・しもた…!(町人)
・うまいもんばっか… 大坂最高や!
・ごっつええ感じのお野菜でっせ〜(八百屋のはつ)
・ええ匂いや… また食べてまう
・念願の、あたしの店!(さや)
・富と人集まるところには事件事故も集まるというもの…
・あら、どこのお武家はんどすえ?
・土佐日記、枕草子に、大鏡、太平記! 書物の天国じゃ!
・昔、この宝物庫が大盗賊に狙われましてな…

トップページ | サイトについて/お問い合わせはこちら
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2020 kanzengenkai.com All Rights Reserved