最終更新日:2019/03/11

size Small Default Large







攻略タイトル


鬼武者 初代/リマスター
鬼武者2
鬼武者3

サイレントヒル
サイレントヒル2
サイレントヒル2 最期の詩
サイレントヒル3
サイレントヒル4-THE ROOM-

サイコブレイク(The Evil Within)
サイコブレイク2(The Evil Within 2)

真・三國無双8
真・三國無双7
真・三國無双6猛将伝
真・三國無双6
真・三國無双5
真・三國無双4猛将伝
真・三國無双4
真・三國無双3Empires
真・三國無双3猛将伝
真・三國無双3
真・三國無双2猛将伝
真・三國無双2
真・三國無双

戦国BASARA2

戦国無双〜真田丸〜
戦国無双4/戦国無双4-II
戦国無双chronicle 3
戦国無双chronicle 2nd
戦国無双chronicle
戦国無双3
戦国無双2猛将伝
戦国無双2
戦国無双猛将伝
戦国無双

ディノクライシス

デビルメイクライ4

ドラゴンクエストモンスターズ
テリーのワンダーランド



The Last of Us(ラスト・オブ・アス)
Left Behind ‐残されたもの



DEAD SPACE

バイオハザード7
バイオハザード リベレーションズ2
バイオハザード リベレーションズ/アンベールドエディション
バイオハザード6
バイオハザード5/オルタナティブエディション
バイオハザード4
バイオハザード アウトブレイクファイル2
バイオハザード アウトブレイク
バイオハザード コードベロニカ完全版
バイオハザード3 ラストエスケープ
バイオハザード2
バイオハザード(リメイク)/HDリマスター
バイオハザード0/HDリマスター
バイオハザード ディレクターズカット

ファイナルファンタジー12

無双OROCHI3
無双OROCHI2 ultimate
無双OROCHI2 Special
無双OROCHI2
無双OROCHI魔王再臨
無双OROCHI

レジスタンス人類没落の日

New スーパーマリオブラザーズ

ピクロスDS

救命救急 超執刀カドゥケウス2
超執刀カドゥケウス

The Last of Us Remastered(ラスト オブ アス)攻略データベース


エリー編 Left Behind ‐残されたもの については
PS4では最初はから収録されています/PS3はDLCを購入後にプレイ可能です

ストーリーモード


























エリー編






ストーリーモード
故郷の町・プロローグ
ジョエル:トミー 頼む 聞いてくれ
トミー:あいつは上司だぞ
ジョエル:だから今クビになったら困るんだよ 分かってる
ジョエル:明日の朝話そう な? 明日の朝だ ああ じゃあな
サラ:ハイ
ジョエル:ほら
サラ:仕事どうだった?
ジョエル:何でまだ起きてるんだ?
サラ:しまった! 何時?
ジョエル:とっくに寝る時間だろ
サラ:まだ今日でしょ
ジョエル:なあ疲れてるんだ 口ごたえはやめてくれ
サラ:はい
ジョエル:何だ?
サラ:誕生日でしょ?
サラ:時計が壊れたって言ってたよね だから考えたんだ
サラ:気に入った?
ジョエル:サラこれ......
サラ:何?
ジョエル:すごくいいけど......動いてないぞ ほら
サラ:え? ウソウソウソ! もうバーカ
ジョエル:お金はどうしたんだ?
サラ:ドラッグ売りさばいて儲けたの
ジョエル:そうか じゃローンも手伝ってもらおう
サラ:はいはい
ジョエル:おやすみ 愛してるよ
---------------------
電話が鳴った後
サラ:もしもし?
トミー:サラ 頼む パパをすぐ呼んできてくれ
サラ:トミーおじさん 今何時?
トミー:早くパパと代わってくれ 何かー
サラ:トミーおじさん? もしもし?
サラ:何だったの? パパ?
---------------------
メッセージカードを調べた後
サラ:あーしまった あげるの忘れてた

内容
パパへ
いっつも家にいないし
私の好きな音楽や映画だってまるで気に入らない。
それでも最高のパパでいられるのって不思議。
パパお誕生日おめでとう!
サラより
---------------------
新聞紙の内容
周辺医療施設への駆け込み相次ぐ!
謎の感染により患者数が3倍に
米国食品医薬品局が汚染農作物のリストを拡大
警察発表:女性が暴れ、夫と他3名を殺害
---------------------
サラ:ここなの?
テレビアナウンサー:暴動だとお伝えした騒動は全国に広がっている病原菌の感染に関係しているようです
サラ:どこにいるのよ?
テレビアナウンサー:最新の報告によりますと 感染した患者は攻撃性が極端に増すという症状をー
サラ:この近くだ
テレビの兵士:全員退避しろ ガス漏れだ急げ! おいそこ!
テレビアナウンサー:ただいま後ろで何か動きがあったようです
テレビの兵士:避難しろ! 早く逃げるんだ 何やってる......
サラ:ああ 何なの?
---------------------
電話着信後
サラ:パパの電話 着信が8回
メッセージ:"一体どこにいるんだ? 電話をくれ" "すぐに行く"
---------------------
ジョエルが帰ってきた後
サラ:ああ パパ
ジョエル:サラ 大丈夫か?
サラ:うん
ジョエル:誰かここに来たか?
サラ:ううん 誰も来てないよ
ジョエル:ドアの近くに行くな おい 下がってるんだ
サラ:パパ 怖がらせないでよ どうしたの?
ジョエル:ジミーの一家だ 様子がおかしい 病気みたいだ
サラ:病気って?
ジョエル:クソ ジミー!
サラ:パパ?
ジョエル:さぁサラ来い
ジョエル:大丈夫... ジミー
ジョエル:ジミー下がるんだ ジミー警告だぞ
サラ:ああ
ジョエル:やめろ!
ジョエル:行くぞ こっちだ
サラ:撃ったの?
ジョエル:サラ
サラ:今朝会ったのにー
ジョエル:聞いてくれ 何か良くないことが起きてる 脱出しないといけない 言っていることが分かるか?
サラ:うん
ジョエル:トミーだ さあ 行こう
サラ:分かった
トミー:どこにいたんだ? 何が起きてるか分かるか?
ジョエル:ちょっとあってな
トミー:なんだ おい血だらけじゃないか
ジョエル:さぁ乗って ほら
ジョエル:俺のじゃない 出発しよう
トミー:街のヤツらの半分が理性を失ったそうだ
ジョエル:さっさと出してくれ
トミー:寄生虫か何からしい
ジョエル:何があったんだ?
トミー:あとでな
トミー:おい サラ 大丈夫かい?
サラ:大丈夫 ラジオ聞いてもいい?
トミー:ああ もちろん
サラ:ありがとう
トミー:携帯もダメ ラジオもダメ ひどい状況だ
トミー:さっきニュースが流れてた
サラ:なんて言ってた?
トミー:兵士たちが ハイウェイを封鎖しているそうだ トラヴィス郡には入れない ここを脱出しないとー 71号に乗ろう
ジョエル:71号 そうだな
サラ:何人死んでるの?
トミー:たくさんだよ 家の中でズタズタにされてた人もいたって
ジョエル:トミー!
トミー:ああ 悪い
ジョエル:まったくなんでこんなことがー?
トミー:単なるうわさだ だが市街地だけじゃない 最初は南部ってことだった
トミー:それが東海岸と西海岸ー
ジョエル:おいあれはー
トミー:ルイスの農場だ あの野郎助かったろうな
ジョエル:ヤツは大丈夫さ
サラ:あたしたちも病気?
ジョエル:いや病気じゃない
サラ:ホントに?
トミー:街の方で発生したらしい ホントだ
サラ:ジミーも街にいたの?
トミー:ああ そうだ 俺たちは大丈夫だ
サラ:うん
トミー:おい 人がいる
ジョエル:何をするつもりだ 無視しろ
トミー:子供もいるぞ
ジョエル:こっちもだ
サラ:でも 乗れるよ
避難者:おい!
ジョエル:走るんだ トミー
避難者:助けてくれ! 止まって!
ジョエル:お前は知らないんだ 助けは来るさ
サラ:乗せられたのに
トミー:ああ 最悪だな みんな同じことを考えてやがる
ジョエル:ああ 少し戻ってからー
避難者:おい なんだお前? 行けよ!
トミー:なんだ ありゃ
ジョエル:車を出せ
サラ:何なの
避難者:来ないでぇ!
ジョエル:トミー!
トミー:ああ クソっ
トミー:何だよアレ アレは何なんだよ 見たか!?
ジョエル:ああ 見たよ
トミー:なんてこった
ジョエル:曲がれ 曲がるんだ
トミー:ちくしょう みんな動けよ
ジョエル:おいおい 何をやってる
サラ:何から逃げてるの?
ジョエル:ここを抜けるんだ
トミー:やってるさ ああ
ジョエル:ここで止まるな トミー!
トミー:こごは抜けられないって 兄貴!
ジョエル:じゃあ バックしろ!
トミー:後ろから来てる!
ジョエル:そこ! その隙間だ!
トミー:つかまれ!
ジョエル:行け!
トミー:危ない!
---------------------
車が転覆した後
サラ:パパ? ねえ なに?
ジョエル:戻れ サラ 隠れろ
サラ:無事だよ
---------------------
転覆した車から出た後
サラ:パパ?
ジョエル:ここだよ サラ ここだ 手を出して
ジョエル:どうした?
サラ:脚が痛い
ジョエル:どのくらい?
サラ:歩けない
トミー:逃げないとヤバい なんなんだよ
ジョエル:これで守ってくれ
ジョエル:サラ 行くぞ しっかりつかまれ
サラ:分かった
サラ:パパ 怖いよ
避難者:死んだ!
トミー:兄貴 危ない!
ジョエル:サラ目を閉じてろ
避難者:ああっ! 助けて
避難者:うあっ
トミー:走るんだ!
サラ:人が燃えてる
ジョエル:サラ 見るな
サラ:分かった
サラ:なんであんなことするの?
ジョエル:パパだけを見てろ
トミー:あっちだ!
ジョエル:絶対逃げ出せる 安心しろ
トミー:戻れ! やつらがいる
トミー:こっちだ! 路地を通れ!
トミー:走れ!
トミー:死んだぞ!
ジョエル:助かった
トミー:ちくしょう
ジョエル:もうすぐだ もうすぐ着く
ジョエル:フェンスを抜けて来るぞ!
トミー:止まるな! ここを出る道を探せ!
トミー:来い! 急げ! ハイウェイに行け!
ジョエル:ー何?
トミー:早く サラがいるだろ!俺は追いつく!
サラ:おじさん!
ジョエル:先に行ってるぞ!
トミー:急げ!
サラ:おじさんを置いてかないで
ジョエル:あいつは大丈夫 大丈夫だ
サラ:近づいてきてる パパ?
---------------------
脱出後
ジョエル:もう大丈夫だ 大丈夫
ジョエル:おい 助けてくれ
兵士:止まれ
ジョエル:頼む この子の脚が折れたみたいでー
兵士:そこを動くな!
ジョエル:分かった 俺たちは"病気"じゃない
兵士:区域外で民間人を発見 どうしますか?
サラ:パパ トミーおじさんは?
ジョエル:まずはお前を安全な所まで連れていく
ジョエル:小さな女の子もいるんですよ
兵士:しかしー 了解
ジョエル:頼む ヒドイ目に遭ったんだ とりあえずー クソッ
ジョエル:やめてくれ
トミー:まずい
ジョエル:サラ! 手をどけて 大丈夫 大丈夫
ジョエル:絶対に助かるから しっかりするんだサラ 持ち上げるぞ
ジョエル:痛いか 痛いよな 頑張ってくれ 頼む 大丈夫だ 大丈夫
ジョエル:サラ...... サラ! ウソだろ ダメだ ダメだ 頼む ウソだと言ってくれ 頼む
ジョエル:ダメだ 神様...... どうして 頼む 逝かないでくれ 頼む
---------------------
これまでに200人以上の死亡が確認されています
知事は非常事態を宣言し、集団感染のー
すごい数の死体が道路に並べられてた
WHO(世界保健機構)によるワクチンテストが失敗したとの情報が漏洩しー
世界各地でパニックが広がっています。
官僚が追放されたことでようやく市民保護のために必要な行動をとることができます
ついにロサンゼルス市でも初めて厳戒令が発令されました
すべての住民が72時間以内に指定の隔離地域へ移動することが義務付けられました
この冬史上最低の配給量をきっかけとして発生した暴動が3日目を迎えました
"ファイアフライ"と名乗るグループが今回の攻撃について犯行声明を発表しました
彼らの"社会憲章"は政府組織の復活を訴えています
抗議デモの責任者として ファイアフライのメンバーとされる6名が処刑されました
私たちと一緒に立ち上がりましょう
闇の中にいるときこそ
光を探してください
それがファイアフライです
隔離地域・20年後
SUMMER(夏) 20YEAR LATER(20年後)
ジョエル:今行く
テス:ご機嫌は?
テス:飲む?
ジョエル:いや いらない
テス:面白い情報があるの
ジョエル:どこにいたんだ?
テス:ウエストエンド地区よ 運ぶものがあったでしょ
ジョエル:二人でな 二人で運ぶはずだった
テス:でもあなた一人になりたいって言ってたじゃない
ジョエル:当ててやろうか 取引は失敗 客は薬を奪ってー逃げた
テス:取引は無事にすんだわ このカードで2ヶ月は食べていける
ジョエル:その傷はどうした?
テス:戻ってくる途中でバカな二人組にちょっとヤラれただけよ
テス:何発か食らっちゃったけど無事だからいいじゃない
ジョエル:よこせ バカな二人組はどこだ?
テス:さあね
ジョエル:どこのヤツらなんだ?
テス:ただのバカよ 問題はー あいつらを雇ったのがロバートの野郎だったってこと
ジョエル:あのロバートか?
テス:こっちに感づいたのよ 捕まる前に殺そうってわけ
ジョエル:ずる賢い野郎だ
テス:そうでもないわ 隠れ家が分かった
ジョエル:本当か? どこだ?
テス:ミッションヒルの古い倉庫 "いまのところは"だけどね
ジョエル:それで十分だ 行こう
テス:ええ いいわよ
テス:チェックポイント5はまだ開いている
ジョエル:外出禁止まで残り数時間だ
テス:じゃあ急ぎましょう
男性:おい ホントか?
女性:今朝招集令状が来た 街の外での作業に選ばれたのよ
男性:最悪だな そういう作業は兵士がやるもんだろ
女性:その言葉伝えとくね
女性:ジョエルあんたは? 招集かけられてない?
ジョエル:いや
女性:へえなるほど
アナウンス:市民の皆さん 常に有効な身分証明書を携帯してください 本規則の尊守は全市民の義務です
テス:あれ見て 配給の行列ができてる 物質が足りないのよ
---------------------
配給の行列の所へ近づいた後
女性:ねえあとどれくらい?
兵士:まだだ 配給が届いたら扉を開ける
男性:今週も配給は半分か おいおいふざけんなよ 3週連続だぞ
男性:でも どうしようもないだろ?
男性:いい加減にしろってんだ 軍人どものメシは制限なしだろ
男性:声が大きいぞ 落ち着けって
男性:今さら気にしねえよ 捕まえてみろ
男性:とにかく黙れって
---------------------
配給の行列の上側にいる兵士に近づいた時(ランダムでセリフが変化)
兵士:おい下がれ! 2回目はねえぞ
兵士:次は頭を撃ち抜くぞ 覚えておけ
兵士:頭おかしいのか?
兵士:おい何だ戻れ! おかしいのか? どっか行け
死亡時(ジョエル射殺)
兵士:お前はバカか
兵士:バカめ ったく
兵士:警告しただろ
兵士:アホなヤツ
---------------------
市民が感染しているか兵士がスキャンしている時
兵士:行くぞ 近づくな! 床に伏せろ
男性:オーケー 分かった
兵士:"伏せろ"と言ったんだ
男性:悪いことはしてない!
兵士:両手を頭の上にやれ よしスキャンだ
兵士:シロだ シロ 感染してる
女性:違う
兵士:まったくー 押さえてろ
女性:感染してない 何かの間違いよ
兵士:やれ
女性:ーお願い!
兵士:油断するな よし死んだ
男性:チキショウ!
兵士:止まれ!
男性:おいウソだ ウソだろ!?
兵士:黙れ 幸運だと思え 感染の疑いがあれば当然だ 除染班を呼べ
兵士:よしいいぞ 袋を4枚ここに持ってこい
兵士:おい 見せ物じゃないぞ さっさと行け
兵士:了解 配置します すぐこちらに向かわせます
---------------------
兵士がスキャンしている所で立っている兵士3人に近づいた時(ランダムでセリフが変化)
兵士:お前頭おかしいのか? 戻れオラ
兵士:頭おかしいのか? うせろって
兵士:おい 戻れお前 バカ野郎が 家に帰れ
兵士:おい戻りやがれ イカれてんのか? あっち行け
兵士:おい下がれテメエ! 何してる? 家に帰れ
兵士:次は頭に穴が開くぞ 分かったか?
兵士:おい下がれ! 二度とやるなよ
死亡時(ジョエル射殺)
兵士:だから言ったんだ
兵士:このアホが
兵士:このクソが
兵士:アホなヤツが
---------------------
テス:感染者が増えたみたいね
ジョエル:外へ出るヤツが増えたってことだ
---------------------
建物の横で立っている市民に近づいた後
男性A:おい マークは?
男性B:知らないのか? 配給カードを偽造して捕まった
男性A:なんというだ どうなった?
男性B:どうなったか? 叩きのめされて連れて行かれた それから行方知れずだ
男性A:バカなやつだ 捕まるなんて 家族もいる アイツどうするんだ?
男性B:はっ 捕まったら終わりさ
男性A:おい お前 なに見てんだ?
男性B:ロニー お前は黙れ ジョエル すまん悪気はないんだ
ジョエル:ああ 気にするな
---------------------
軍用車の所にいる兵士に近づいた後
兵士A:小隊全員が?
兵士B:ああ聞いた話じゃー並べられて切り刻まれてた 報復のつもりだろう
兵士A:この隔離地域で反乱が起きたらこっちもやられる
兵士B:この隔離地域は大丈夫だ ちょっとでも歯向かいそうなヤツがいたら すぐに捕まえてやる
兵士A:おまえ気は確かか? あいつはヤバいんだ
兵士A:反乱が起きた地域のヤツらも同じことを言ってたと思う
兵士B:フン 知るかよ
兵士B:ファイアフライどものせいだ やつらは市民を扇動してる
兵士B:ファイアフライをつぶせば問題は解決だ
兵士A:その通りだな
---------------------
軍用車の所にいる兵士に近づいた後(会話終了後)(ランダムでセリフが変化)
兵士:おい戻んな! 何だお前 行け
兵士:頭腐ってんのか?
兵士:おい 下がれ! 2度とすんじゃねえ
死亡時(ジョエル射殺)
兵士:アホなヤツ
兵士:このクソが
兵士:だから言ったんだ
---------------------
ゲートの前に立っている兵士に近づいた後(ランダムでセリフが変化)
兵士:次来たら頭にぶち込んでやるぞ いいか?
兵士:おい下がれ! 二度とやるなよ
兵士:お前頭おかしいのか? 戻れオラ
兵士:おい戻りやがれ イカれてんのか? あっち行け
死亡時(ジョエル射殺)
兵士:このアホが
兵士:だから言ったろ
兵士:この馬鹿がまったく
---------------------
ベンチに座っている市民に近づいた後
男性:俺の前で死んだ ランナーが突然現れてー 家族にどう言えばいいんだ?
---------------------
ゴミ箱の横で立っている市民に近づいた後【会話イベント】
男性:ようジョエル マリアンヌの事だがー
女性:なんなの?
男性:夜中に連れ去られたんだ ファイアフライのメンバーだって 信じられん
女性:ここでファイアフライの話はやめましょう 誰かに聞かれたらまずい
男性:まあその通りだな
---------------------
チェックポイントに近づいた後
テス:書類はちゃんとある 問題なく通れるはずよ
兵士:よし通過しろ(軍用トラックに対して)
テス:冷静にね
兵士:身分証明を
ジョエル:これを
兵士:用件はなんだ?
ジョエル:休暇だー友人の訪問
兵士:よし通っていいぞ
ジョエル:どうも
---------------------
ファイアフライ襲撃後
兵士:ああクソッ 入るんじゃない行け! 閉鎖しろ!
兵士:ファイアフライだ! クソッ撃て 逃げたぞ援軍を呼べ!
テス:ジョエルさあ行きましょう
アナウンス:市民の皆さん 第5チェックポイントは当面の間閉鎖します
アナウンス:全市民はチェックポイントの周囲からただちに退避してください
テス:ジョエル来てこっち ファイアフライのやつらー 誰もいないわね 行こう
アナウンス:市民の皆さん 第5チェックポイントは当面の間閉鎖します
アナウンス:全市民はチェックポイントの周囲からただちに退避してください
---------------------
引き返そうとした場合
兵士:ここから移動するんだ早く!
兵士:ここを離れろ
---------------------
バリケードの前にいる兵士に近づいた後
兵士:次はその頭を撃つぞ 分かったか?
兵士:おい下がれ! 2度とするなよ
兵士:おい下がるんだ! まったくイカれた野郎たぜ
兵士:頭おかしいのか?
死亡時(ジョエル射殺)
兵士:アホめが
兵士:警告しただろ
兵士:まったく クソめ
---------------------
テス:もうせっかくの書類が ちゃんと手当して
テス:もう検問所は通れない 外を回って行かないとだめね
ジョエル:壁の外?
テス:それともロバートを見逃す?
ジョエル:バカな
仲間A:おいテス あれを見たか?
テス:近くでね
仲間A:大丈夫だ さっき行ったよ 誰もいない どこ行くんだ
テス:ロバートに用なの
仲間A:君も?
テス:他に誰が?
仲間A:ああ マーリーンがロバートのことを探し回ってた
テス:マーリーン? ファイアフライがロバートに何の用?
仲間A:俺が知るか
テス:どんな情報をあげたの?
仲間A:何もロバートの居場所は知らん
テス:よかった ねえ気をつけて 軍もじきに動くみたいよ
仲間A:ああまたな
テス:マーリーンがロバートを? どういうこと?
ジョエル:わからん だが急いでロバートを見つけないと
テス:着いたわ
仲間B:よお調子はどうだ?
テス:どこも物騒ね こっちはどう?
仲間B:静かだ 軍も感染者もいない
テス:安心したわ ジョエル手伝って
仲間B:無茶はするなよ
隔離地域・抜け穴
テス:ああ もう ヒドい状態ね ここもきちんと管理してほしい
テス:"光あれ"っと 準備しましょう
テス:荷物は前と同じ場所よ
ジョエル:弾が少ないな
テス:全部当てればいいでしょ
テス:じゃ 行きましょう 持ち上げて
テス:いくわよ
ジョエル:ではどうぞ
テス:さあ
ジョエル:行くぞ
テス:こっち
ジョエル:気をつけろ
テス:気をつけてる
ジョエル:そうだな
---------------------
テスと会話した後【会話イベント】
ジョエル:外も久しぶりだな
テス:デートしてるみたい
ジョエル:ああ いいムードだろ
テス:ええそうね
---------------------
テス:ハシゴはどこ?
ジョエル:この近くにあったはずだ
ジョエル:あったぞ
テス:よし持ってきて
ジョエル:レディーファーストだ
テス:レディー? 私のことじゃないわね
ジョエル:そんなことないさ
テス:こっちよ 下りましょう
テス:ロバートは銃をどうしたと思う?
ジョエル:死にたくなきゃとってあるさ
テス:銃さえ取り戻せたら売るのは簡単よね
ジョエル:銃を売ったら次の荷物はいつだ?
テス:来月ビルに会うから薬と弾薬がたくさん手に入るはず
テス:待って 胞子よ
ジョエル:どこから入ってきたんだ? 前はなかったのに
テス:発生源があるはず 気をつけて
---------------------
発生源を調べた後【会話イベント】
ジョエル:犯人がいたぞ
テス:比較的新しい 周囲を警戒してちょうだい
---------------------
ジョエル:ここなら通れるはずだ クソッ
テス:大丈夫?
ジョエル:ああ 天井が落ちてきた 気をつけろ こっちだ
ジョエル:落ちつけ うわっ 気をつけるんだ
生存者:助けて マスクが壊れた おい ひと思いに殺してくれ......頼む
テス:どうするの?
---------------------
生存者を殺さずに進んだ後
お願いだ や......ヤツらになりたくない 戻ってくれ
---------------------
テス:この先よ 聞こえる?
ジョエル:さて どうする?
ジョエル:バカな
---------------------
遺物:兄弟のメモを読んだ後
ジョエル:都市に入ろうとして感染したのか
テス:中ではみんな文句ばっかりだけど この都市に住みたくて命をかけるヤツもいるのよ
---------------------
テス:さあ これで全部ね
ジョエル:だといいな
テス:街に戻りましょう ああ いい空気ね 外の何が好きって この空気よ
テス:入口をお願い
ジョエル:分かった
テス:ああ 最悪 板が落ちてる
テス:こっちよ 渡して
ジョエル:ちょっと重たいぞ
テス:大丈夫だと思う
ジョエル:分かった
テス:こっちに来て 行くわよ
ジョエル:今日は偉そうだ
テス:もうすぐね
ジョエル:近くに兵士がいないか調べてくれ
テス:大丈夫 さあ
テス:閉めて
テス:弾を補給して
テス:ねえ坊や 外の様子を見てきて 兵士やロバートの部下がいないか ね?
ジョエル:ヤツは待ちかまえてるぞ
テス:そのほうが面白いじゃない
テス:行くわよ ほら
隔離地域・スラム街
住人A:おいテス おいテス
住人A:元気にしてるかい? 品物があるんだって? いやいや構わないよ カードある
テス:今はやめてテレンス だめよ...後で! いい?
住人A:分かった そうするよ
テス:だから怒らないで
店A:配給カードがないなら時間のムダだからやめて 弾丸と交換する気はないの
住人B:早くして飢え死にしそう
店B:大人しく待っててくれ もうすぐ次の分が来る
住人C:ちょっと列に割り込まないでよ
住人D:うるせえ 俺はこれをずっと待ってたんだ
店C:悪いな 犬はもう全部売れたんだ あっという間だよ 来週来てくれ
店D:触ったら買え
住人E:テス久しぶりだな 最近来てないじゃないか
住人F:あれは誰?
ジョエル:お前には関係ない
住人G:どこに行くつもりだ?
テス:マリック座りなさい
住人G:ああすまないテス 君の連れだったのか どうぞ
住人G:誰だ?
テス:頭痛のタネ聞かないで
テス:ロバートを探してるの ここを通った?
住人H:30分前な 波止場に戻った 今もそこだ
ロバートの部下:やれやれ...
テス:通して
ロバートの部下:命が惜しいなら 回れ右してとっとと帰りな
テス:あなたたちに用はないの ロバートを渡して 面倒は嫌でしょ
ロバートの部下:早く後ろ向いて どっかへ失せろ
テス:いなくなってほしければロバートを渡しなさい
ロバートの部下:お前のその頭かち割っちまうぞ
テス:あらそう
ロバートの部下:隠れろ!
テス:準備いい?
ジョエル:ああ
ロバートの部下:テメエらぶっ殺 してやる!
テス:援護する 脇から攻めて
---------------------
ロバートの部下を倒した後
テス:さすがね ジョエル
ジョエル:お前もな どうやってこいつらを集めたんだ?
テス:そういうことだけはロバート得意だからね
ジョエル:そうか では......
テス:手を貸して よしっと
---------------------
テス:ロバートの部下よ
ジョエル:ああ いやがる
ロバートの部下:アイツらが来るだと?
ロバートの部下:テスを消しに行った2人が殺された テスとジョエルは間違いなくロバートを狙ってここに来る
ロバートの部下:まったく引き受けるんじゃなかった
ロバートの部下:しょうがない 警戒して誰も忍び込めないようにしよう
テス:さあ 動いて
---------------------
ロバートの部下を倒した後
ロバートの部下:さっき話そうとしたのはジョーダン通りでのことだ
ロバートの部下:市民を5人ほど連れて兵士たちが現れたんだ 全員手錠をかけてな
ロバートの部下:ふん それはファイアフライだろ?
ロバートの部下:そう 彼らを壁の前に並べてバンバンバン 全員処刑された
ロバートの部下:ひどいな
ロバートの部下:ああ 街中で起きていることだ 厳しく弾圧している いとこがメンバーだ
ロバートの部下:本当か?
ロバートの部下:ああ 世界を救うつもりらしい 無事だといいが
---------------------
ロバートの部下を倒した後
じゃ探しましょ
---------------------
ロバートの部下:おい 南の倉庫の木箱を整理するぞ 物資が入ってるやつだ
ロバートの部下:ああ それが終わったら出発しよう もうじき外出禁止だ
ロバートの部下:ロバートはどうした? 今夜の警備はだれだ? やつは一人で寝るのを怖がってるぞ
ロバートの部下:さあな 他のやつらと会って考えよう
ロバートの部下:ああ
---------------------
ロバートの部下を倒した後
テス:もっと人手がいるわ
ジョエル:かえって邪魔になる
テス:ええ そうね
テス:来て 波止場はこっちよ やりましょ
---------------------
テス:あそこにいるわ 気取ったクズ野郎が
ジョエル:さっさと終わらせよう
ロバートの部下:しばらく荷物が届いてないな
ロバートの部下:ああまず北からの連絡が途絶えた そして南からの連絡だ
ロバートの部下:クソッ もう商品なんてどこにもねえよ
ロバートの部下:だから俺たちも護衛なんてやってるんだしな
テス:下手に動かないで 数が多いわ
ロバートの部下:ロバートの野郎め 約束は守るだろうな
ロバートの部下:それでどうなるんだ? この地域はもう終わりだ 外に出ることを考えようぜ
ロバートの部下:正気か 外に出るのは自殺行為だ
ロバートの部下:ほかの運び屋もそうしてるぞ それより物資がなくなったらどうなると思う?
ロバートの部下:俺はそれでも残るよ
---------------------
遺物:荷物目録を読んだ後
ジョエル:誰にでもデタラメを言ってるみたいだな
---------------------
遺物:荷物目録を読んだ後
ジョエル:みんなロバートにはムカついてるな
---------------------
ロバートの部下を倒した後
テス:ロバートはあのオフィスにいるはず 行くわよ
---------------------
ロバート:ちくしょう! 失せろ!失せろ この野郎!
テス:話があるのよロバート
ロバート:お前に話すことなんか何もないぞ
テス:銃を下ろして!
ロバート:ああー 消え失せろ!
テス:逃げた!
ジョエル:ロバート!
ロバート:くたばれ ジョエル!
テス:ジョエル こっちよ!
テス:あと少しよ
ロバート:クソ 開け!
テス:ジョエル すぐそこにいる
ロバート:開けよ!
テス:あらロバート
ロバート:テス ジョエル 悪気はなかった
テス:もちろんよ
ロバート:よし
ロバート:おおっ! グオオ クッ!
テス:会いたかったわ
ロバート:なあ お前が聞いたのは全部デタラメなんだ 俺はただー
テス:銃は? どこにあるのか言って
ロバート:ああ分かった でもややこしいんだ
ロバート:待てまずは話を聞いてくれ 計画がー クソッ
ロバート:分かった! やめろやめろやめろ
テス:わめかないで 続けて
ロバート:売っちまった
テス:なんですって?
ロバート:仕方なかった 借りがあったんだ
テス:こっちにもよ 判断を誤ったわね
ロバート:少し時間をくれ 1週間でいい
テス:私を殺そうとしたくせに今さらバカ言わないで
ロバート:殺そうとなんてー
テス:誰に売ったの?
ロバート:言えねえ 2、3日くれればー クソ
テス:誰に売ったか言いなさい
ロバート:ファイアフライだ ヤツらに借りがあった
テス:は?
ロバート:なあやつらは軍ともめてる 今すぐー乗り込んでぶっ殺 して銃を奪おう どうだ?
ロバート:おいおいファイアフライなんてクソだぜ やっちまおう
テス:本当バカなヤツね
ロバート射殺
ジョエル:でどうする?
テス:銃を取り返す
ジョエル:どうやって?
テス:さあね 説得するとか? とにかくファイアフライを探すの
マーリーン:ここにいるわよ
ジョエル:さっそく女王様のおでましだ
マーリーン:何でここに?
テス:ビジネスよ 痛そうじゃない?
マーリーン:ロバートは? なるほど そういうことね
テス:彼が渡した銃はー彼のじゃないのよ 返してちょうだい
マーリーン:そうはいかない
テス:返してもらうわ
マーリーン:金は払った 武器を渡すなら見返りがいる
テス:カード? 何枚欲しいの?
マーリーン:配給カードなんていらない 運んでほしいものがあるの うまくいけば銃は返してあげる それでどう?
ジョエル:銃はどこにある? 軍のやつらにだいぶやられたと聞いてるが
マーリーン:疑ってるのね 見せてあげる
ロバートの部下:このあたりを探せ
ロバートの部下:了解
マーリーン:逃げないとー
ジョエル:どうする?
テス:まず銃を見ましょう
マーリーン:じゃ来て
隔離地域・仕事の依頼
テス:脱出するわよさあ!
ロバートの部下:ロックされた!
マーリーン:取引したいならついてきて
マーリーン:ここよ 周り道があるの 来て
テス:あの爆発 あなたの仲間?
マーリーン:ーその残りね 少ないからあなたを頼るの こっちよ
ジョエル:なぜ今なんだ?
マーリーン:大人しくしてた 街を出ようとしてたの でも軍は見せしめが要る だから私たちを狙った
ジョエル:そうみたいだな
マーリーン:ジョエル 手を貸して
テス:ねえ大丈夫?
マーリーン:なんとか
マーリーン:待って 兵士よ あれが出口 橋の下の扉
ジョエル:楽しい状況ではないな
マーリーン:こっそり抜け出しましょう 気が進まないかもしれないけど
テス:やってみましょう 行くわよ
マーリーン:あのドアまで行くわよ
兵士:俺たちに会ったのが運の尽きだ
ファイアフライ:クソ野郎ども クソ見逃しちまった
兵士:こいつをやる 正義の鉄槌ってやつだ
マーリーン:回り込んで もう一人を
兵士:言ってろ
ジョエル:よし
テス:静かに 気をつけてね
マーリーン:今日はやたらといるわね
兵士:清々した
テス:もう遠くないわ
マーリーン:行くわよ 入って
テス:どこに行くのマーリーン?
マーリーン:こっちよ そう遠くない
テス:ねえ大丈夫?
マーリーン:フラフラだけど でも大丈夫 このすぐ先よ
アナウンス:市民の皆さん 外出禁止時刻になりました。 正式な許可なく屋外にいる者は直ちに逮捕され起訴されます
マーリーン:急がないと
ジョエル:何を運ばせたい?
マーリーン:見せてあげる
アナウンス:市民の皆さん 外出禁止時刻になりました。 正式な許可なく屋外にいる者は直ちに逮捕され起訴されます
マーリーン:ジョエル手を貸して
ジョエル:おいおい どうした立て
エリー:手を放して!
テス:ちょっと!
マーリーン:やめなさい
ジョエル:ずいぶんと若いメンバーだな
マーリーン:メンバーじゃないわ
エリー:ウソ どうしたの?
マーリーン:大丈夫 治せるから ガイドよ
マーリーン:私は行けないの
エリー:あたしも行かない
マーリーン:エリー 最後のチャンスなの
ジョエル:おい 運ぶってー この子か?
マーリーン:ファイアフライがいる州の議事堂まで
テス:そんな遠くまで?
マーリーン:でもできるでしょ? 戻ったら買った武器は全部返す 倍にして返してあげる
テス:その武器は一体どこなの?
マーリーン:キャンプにある
テス:この目で見るまでは何もしないわ
マーリーン:じゃついて来て 武器を見てる間私は治療する でもこの子が来るのは危険なの
マーリーン:ジョエルがついててあげて
ジョエル:おい 勝手なこと言うんじゃない
エリー:え? なんでこいつと一緒にー
マーリーン:エリー
エリー:信用できる?
マーリーン:弟のトミーを知ってるの "困った時は兄貴を頼れ"って言ってた
ジョエル:あいつはファイアフライから去ったぞ
マーリーン:あんたからもね いい人だった
テス:ねえあの子と北トンネルに行って待ってて
ジョエル:勘弁しろよ
テス:運ぶだけじゃない
テス:マーリーンー
マーリーン:話は終わり あなたは大丈夫 さあ行って
テス:急ぐんだぞ
ジョエル:お前はついて来い 行くぞ
エリー:ああ銃声はしてたけどー 何があったの?
ジョエル:ファイアフライだ さっさと移動しないと俺たちも同じ目にあう
エリー:プロなんでしょ任せるよ
アナウンス:市民の皆さん 指名手配犯の逃亡や活動への協力は死刑に該当します
アナウンス:ご自身の安全のためにも不審な行動はただちに通報してください
ジョエル:こっちだ
アナウンス:市民の皆さん 指名手配犯の逃亡や活動への協力は死刑に該当します
アナウンス:ご自身の安全のためにも不審な行動はただちに通報してください
ジョエル:よし来い
エリー:わかってる
エリー:どこに行くの?
ジョエル:この上だ 北トンネルにつながってる
エリー:どうやって行くの?
ジョエル:ちょっと待ってろよ
エリー:このトンネル密輸に使うの?
ジョエル:ああ
エリー:違法なものも?
ジョエル:たまにな
エリー:子供は運んだことある?
ジョエル:いや初めてだ
ジョエル:マーリーンとはどんな関係だ?
エリー:さあね たぶん友だちかな
ジョエル:友だちだと? 12歳ぐらいのガキがファイアフライのリーダーと友だち?
エリー:母さんの友だちなの 私の世話もしてくれてる あと私は14 年なんて全然意味ないけど
ジョエル:親はどこにいるんだ?
エリー:そんなのとっくにいないよ 誰の親もそうでしょ
ジョエル:つまり学校に通うかわりに逃げ出してファイアフライに参加したってわけだな
エリー:いい? あたしを運ばせる理由については教えられないよ
ジョエル:俺の仕事のいいところはな 理由を知らずにすむことだ 正直なとこ そんなもの知りたくもない
エリー:よかった
ジョエル:だろ?
ジョエル:ここだ
エリー:何してるの?
ジョエル:待ってる
エリー:じゃあ あたしはどうしたらいい?
ジョエル:そんなことは自分で考えろ
エリー:時計止まってる
隔離地域郊外・壁の外
ジョエル:いや だめだ 行くんじゃー
エリー:寝言言ってたよ 怖い夢は嫌い
ジョエル: ああ 俺もだ
エリー:あたし初めて見たんだ 街の外 ホント真っ暗だね でもここよりはマシ でしょ?
ジョエル:ファイアフライはお前をどうしたいんだ?
テス:ごめん 遅くなったわね 軍の見張りが多くて
ジョエル:マーリーンは?
テス:無事よ 武器は確認した 大量に
テス:やるわね?
ジョエル:ああ
テス:行きましょう
ジョエル:マーリーンはなぜ自分で運ばないんだ?
テス:自分でやりたがってたわよ 私たちは第2 いいえ第3候補ね 仲間が死んで他にいなかったの
ジョエル:報酬をくれるヤツは生きてるといいな
テス:誰かいるでしょ 行こう
ジョエル:誰が受け取りにくる?
テス:別の町からファイアフライのメンバーが来るって言ってたわ 女は貴重のはずよ あなたは何者なの?重要人物の娘か何か?
エリー:そんなとこ
エリー:ねえ どれくらいかかるの?
テス:予定通りに行けば あと数時間で着くはずよ エリー地上に出たら私たちにちゃんとついて来るのよ
エリー:ええ もちろん
テス:上に行って 見てきて
ジョエル:待て パトロールがいる よしいいぞ 上がれ よし来い 気をつけろ
ジョエル:雨か 厄介だな
エリー:信じられない... ホントに外にいるんだ
ジョエル:こっちだ
兵士に見つかった後
兵士:バカなマネはしないで
兵士:行け
兵士:背を向けろ ひざまずけ
兵士:スキャンしておいて
兵士:ああ 手を頭に置け
兵士:こちらゾーン12のラミレスー 3名捕獲回収願います
無線:了解
テス:あとでお礼するわよ
兵士:黙れ
兵士:ったくウンザリだ フン
兵士:到着は?
兵士:あと2分
エリー:ああどうしよう ごめん!
エリー:ああそんなー 逃げると思った まさか殺すなんて
テス:ウソでしょ 見て
ジョエル:おい こいつはー
ジョエル:あの女にハメられたのか? 感染したガキを運ばされていたとはな
エリー:感染してない
テス:ない?
ジョエル:こいつを見ろ
テス:訳があるの
テス:さっさと言いなさい
エリー:これを見て
ジョエル:噛まれた位置なんかどうでもいい
エリー:3週間前のキズだよ
テス:2日で変異するのよ 出まかせはやめなさい
エリー:3週間前 本当だって ハメる意味ないでしょ?
ジョエル:ありえない話だ
ジョエル:マズい テス行くぞ 走れ!
テス:ほら 行くわよ 急いで!
兵士:ああ クソッ
兵士:同胞の死体が2体 繰り返す セクター12に死体が2体ある 至急援軍を頼む
テス:ついてきて 早く
兵士:さっき話をしたばかりだ やつらはこの付近のどこかにいる 一帯を探索しろ
ジョエル:クソ 大群が来るぞ
兵士:了解
テス:隠れて エリー合図を出したら走って
ジョエル:行け 行け!
テス:こっちよ! ここを通って!
ジョエル:止まるな
テス:ジョエル 早く!
エリー:ねえ どうするの?
テス:ピッタリついてくるのよ!
ジョエル:ちくしょう やたらといる
テス:兵士よ そこ
ジョエル:ああ 見えてる
兵士:逃げ逃したんだ 掘を調べろ!
ジョエル:下がってろ
兵士:何も見えないぞ 本当にこっちに来たのか?
兵士:指示がない限りは探索を続ける
ジョエル:しゃがめ 隠れるんだ
テス:ジョエルに付いて行って ほら
兵士:何か見えるか
テス:後ろは大丈夫よ 前はどう?
エリー:今のところオーケー
テス:良かった...
ジョエル:上にいるぞ
ジョエル:ここから行けるぞ
ジョエル:よし行け
テス:ついて来て
テス:エリー オーケー
兵士:はい 軍曹
テス:またパトロールよ みんな隠れて あんなにたくさんいる
エリー:ねぇ どうやって通り抜けるの?
ジョエル:まだ見つかってない 迂回しよう
テス:様子はどう?
ジョエル:ここは通れそうだな
兵士:チャーリー分隊 報告しろ
ジョエル:チクショウ ここにもいやがる
兵士:標的は逃亡中です!
兵士:追跡を中断してセクター11に戻れ
ジョエル:見つかってないはずだ
兵士:了解 車両に向かえ!
兵士:了解 ボス
ジョエル:影に隠れてろ よし
エリー:安全なの?
テス:いいえ 近くにいる さあ息を整えて ジョエル使えるものはないの?
ジョエル:おっと 待て待て 助かった
兵士:集まれ 帰還を命じられた 壁に戻る!急げ
隔離地域郊外・ダウンタウン
テス:こっちよ
テス:ダウンタウンを抜ければ夜明け前に議事堂に着ける
ジョエル:だといいな
エリー:うわー 高層ビルって近くで見るとすごいね メチャクチャ高い で...ここで何があったの?
テス:隔離地域の周辺を爆撃したのよ 感染者を一層するためにね 効いたわ 少しの間
エリー:ねえ 今のは何の音?
ジョエル:テス 聞いたか?
テス:ええ でもかなり遠くよ
ジョエル:クソッ
エリー:大丈夫なの?
テス:今はね 来なさい
エリー:うわぁ これは高いね
テス:ほら 議事堂が見える これは迂回しなきゃダメね
エリー:ねえ ここはダウンタウン?
テス:昔はね 今は巨大な廃墟
ジョエル:こっちだ そっちは何かあるか?
テス:ないわ
ジョエル:探すんだ
エリー:あたしも何かしようか?
ジョエル:いいからテスの近くにいろ
エリー:了ー解
ジョエル:おい テス!
テス:今行く
---------------------
兵士の死体を調べた後【会話イベント】
テス:引き裂かれてるわね
ジョエル:ああ また温かい
エリー:それってマズいの?
テス:多分ね さっさと離れましょう
ジョエル:もう一人いる
---------------------
オペレーションログを読んだ後
ジョエル:応援を待っている間にやられたみたいだ
---------------------
ジョエル:チクショウ クリッカーだ
エリー:うわぁ... あの顔 どうしたの?
ジョエル:感染が進むと ああなる
エリー:それで目は見えないの?
テス:こいつらはね 音を使って見るの
エリー:コウモリ?
テス:そうよ クリック音が聞こえたら隠れて 見つかる前に
エリー:うわっ
ジョエル:ビル全体が崩れそうな感じだ
ジョエル:気をつけろ
エリー:サイコー 何もかも サイコーだね
ジョエル:手を貸してくれ
ジョエルがクリッカーに襲われた時
テス:ジョエル:!
ジョエル:すまん
エリー:大丈夫?
ジョエル:大丈夫だ
テス:探索しましょう
エリー:もう ホントにやばかった!
テス:その通り ほら手当して
ジョエル:助かる
ジョエル:さっさと出よう
ジョエル:まいったな テス 上に上がって見てくれ
テス:オーケー
テス:大丈夫 さあ おいで
ジョエル:よし おまえも上がれ
テス:ほら そうよ そう よし オーケー
テス:次はジョエルつかまって 来て
テス:オーケー よし
テス:クリッカー?
ジョエル:クソッ 行け行け行け!
テス:足場の向こう 出られるわ
ジョエル:ここに登れ
テス:もう安心ね エリー 大丈夫?
エリー:漏らしちゃった以外はー 大丈夫
テス:行きましょ
ジョエル:よし 通ってくれ
テス:さあ 急いで
エリー:階段はふさがってる 戻った方がいい?
テス:あー 仕方ないわね いい? 下は見ちゃダメ
エリー:え? ちょっとマジ?
テス:ついてきて
エリー:うん
テス:下は見ない 下は見ない 大丈夫 こっち行くわよ
ジョエル:まいったな
テス:ランナーよ
ジョエル:俺が様子を見てこよう その子を頼む
---------------------
ランナーとクリッカー全滅後
ジョエル:上がってこい
テス:やるわね ジョエル
ジョエル:さっさとここを出よう
ジョエル:テス行け
テス:待ってて これでいいわ ちょっと手貸して
エリー:うん
テス:オーケー よし これでよし
テス:ほら 大丈夫でしょ?
ジョエル:そうだな
エリー:うわぁ...
ジョエル:いくか 気をつけろ
テス:ねえ聞いて ここから戻ったらしばらく休まない?
ジョエル:お前が休む?
テス:ゆっくりしたいって いつも言ってたじゃない
ジョエル:いつも無視されるけどな
テス:今後は無視しないわよ
ジョエル:そうだといいけどな
ジョエル:こっちだ
ジョエル:テス こっちだ
テス:袖を見て ファイアフライよ
ジョエル:ああ コイツらはどこにいてもやられてるな
ジョエル:目的地のヤツらは生きててくれるよう祈ろう
テス:きっと大丈夫よ これ使えるんじゃない?
---------------------
ファイアフライの地図を読んだ後
ジョエル:隔離地域から来てる
テス:ほら お客様じゃない
---------------------
ジョエル:おい やつらだ
テス:ああ!もうちょっとなのに
テス:ジョエル先導して 援護する エリー何があっても離れないで
エリー:うん
テス:集中して
ジョエル:分かってる
ジョエル:こっちだ もうすぐ出口だぞ クソッ
ジョエル:さあ行け
ジョエル:登れ
エリー:ウソみたい 助かった
ジョエル:全員無事か?
テス:無事よ 行きましょう
エリー:二人ともすっごく強いね
ジョエル:運が良かった 次は危ないぞ
隔離地域郊外・美術館
ジョエル:どっちに行けばいい?
テス:ええと...議事堂はあっちの方角よ
テス:このトラックを越えないと 何かないかしら
---------------------
ランナーを全滅後
ジョエル:よし
テス:最近感染したのね 発病したばかりよ
ジョエル:まだ他にもいるな 行こう
テス:ジョエルこっちよ
ジョエル:ここは通れそうだ
エリー:さっきのビル 楽しかったもんね ーゴメン 言ってみただけ
ジョエル:え? 何の音だ?
テス:急いで
ジョエル:ああ クソッ
エリー:あー 来るよ
ジョエル:分かってる
テス:よしいいわよ
エリー:オーケー
テス:行って ジョエル!
ジョエル:おい 下ろせ!
エリー:......足 何かついてる キモ
エリー:でーどうやってここから出る?
テス:探しましょう
テス:マーリーンはあなたの免疫を?
エリー:あの人はそう信じてる
テス:なんで噛まれたの? 都市で感染者に出くわすのは立入禁止区域ぐらいよ
エリー:うん 抜け出したんだ 全寮制の軍の学校にいたから
テス:抜け出した?
エリー:街を探検したの 感染したときはモールにいた
テス:完全に立ち入り禁止じゃない どうやって行ったの?
エリー:それはーいろいろ とにかくモールでランナーとかいうやつに噛まれて それでこうなったわけ
テス:そう その時はマーリーンと一緒だったの?
エリー:ううん 噛まれたからあの人を頼った
テス:よくマーリーンに撃たれなかったわね
エリー:撃たれそうになった 大丈夫かな
テス:言ったでしょ 大丈夫よ
エリー:ああ ヤバッ! ごめん 今のはあたし
ジョエル:テス
エリー:ごめん
テス:来て 離れないで
エリー:ここは何なの?
テス:古い美術館よ 数百年前の物もあるわ
エリー:ホント? へえ
ジョエル:頭 気をつけろ ほら早く行け
ジョエル:クソッ ダメだ
テス:オーケー
テス:ジョエル ジョエル!
ジョエル:大丈夫だ 何とかそっちへ行く
エリー:感染者!
エリー:テス?
テス:走って 早く!
ジョエル:クソッ
ジョエル:テス
テス:あっ......
---------------------
ランナーを倒した後
テス:エリー 下がって!
ジョエル:テス!
---------------------
テス:大丈夫
エリー:ねえ 助けて!
テス:エリー!
ジョエル:クソッ
---------------------
ランナーを全滅後
ジョエル:今のは危なかった ああ...クソ!
---------------------
テスに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:テス お前大丈夫か?
テス:かすり傷よ
テス:こっちよ 屋上に行きましょう
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:お前はどうだ? 大丈夫か?
エリー:具体的には?
ジョエル:呼吸してるか?
エリー:"かろうじてしてる"のもあり?
ジョエル:ああ ありだ
エリー:そう じゃ大丈夫
テス:向こうへ渡りましょう あれよ あそこが議事堂
ジョエル:下がってろ
ジョエル:よし 足元に気をつけて渡れよ ちょっとばかりー
エリー:ブー
ジョエル:お前の願いはかなったか?
エリー:まだ分からない けどいい景色だね
テス:さあこっち ほら 早くして
テス:あと少しよ 集中して
ジョエル:分かりました
隔離地域郊外・州議事堂
テス:すぐそこよ 行きましょう
ジョエル:あれだ あと少しだな
エリー:あの......言っておくけど あたし泳げないの
テス:右の方が浅そうだからついてきて
エリー:雇われたのがあなたたちで良かった
テス:ーどういうこと?
エリー:仕事だってことはわかってる けど感謝してる
テス:ええ いいのよ
---------------------
議事堂に入った後
テス:ウソ ウソ ウソ!
エリー:ねえ どうしたの?
ジョエル:何してるんだテス?
テス:どこなの? どっかに地図か何か 目的地を書いたものがー
ジョエル:どこまで続ける気なんだ?
テス:もちろん最後までよ!
テス:研究所はどこなの?
エリー:あたしは知らないけどー どこか西の方にあるって言ってた
ジョエル:何をこだわってる お前らしくないぞ
テス:知らないクセに 私のこと
ジョエル:こいつらみたいなバカじゃない
テス:そう? 私たちは汚れた人間よ ずっと前からそう
ジョエル:だから生き残った!
テス:チャンスなのよ
ジョエル:もう諦めろ! ここまでだ 早く帰ろう
テス:いやよ どこにも行かない ここで最後なの
ジョエル:なに?
テス:そろそろ運の尽きだわ
ジョエル:一体何の話だ
テス:やめて! 触らないで
エリー:もしかして 感染したのね?
テス:ジョエル...
ジョエル:見せろ
テス:隠す気はー
ジョエル:早く見せるんだ
ジョエル:ウソだろ
テス:ビックリよね?
テス:見せなさい
テス:これは3週間前
テス:私は1時間前に噛まれたのにもっとひどい この子は本物よ ジョエル!
テス:この子をトミーのとこへ連れてって 元ファイアフライなら何か知ってるはず
ジョエル:それはお前の希望だろう 俺はお断りだ
テス:いいえ やるのよ
テス:私に対してそのくらいの義理はあるはずでしょう? お願いだからあの子を連れてって
---------------------
兵士が近づいてきた後
テス:クソ ああ
兵士:出口を見張れ
テス:来たわ チクショー 私が足止めするからすぐ逃げて
エリー:え? 見捨てて行けってこと?
テス:そうよ
ジョエル:お前を置いてくなんてー
テス:あんな姿には変わりたくないのよ お願い 私の気持ちも分かって
ジョエル:俺も戦う
テス:いいから行ってよ! お願いだからー
ジョエル:エリー
エリー:あたしこんなことになるなんてー
ジョエル:いいから行くぞ
兵士:いるのは分かってる! 武器を捨てて両手を上げて出てこい!
---------------------
エリー:信じられない テスを見捨てちゃったんだよ!?
ジョエル:黙れ
エリー:見殺しにしたんだ
ジョエル:黙れ... 俺のそばから離れるな 行くぞ テス...
ジョエル:進むだけだ
兵士:標的を無力化した こちらは二人やられた 了解... お前は扉を破壊しろ お前は俺と来い
兵士:了解
ジョエル:そんな...テス...
ジョエル:やつらが来る
ジョエル:入ったぞ
兵士:気をつけて進め 少なくともまだ二人ここにいる
兵士:ホールに逃げ込んだ! 周り込め!
兵士:ファイアフライだ 捕まえろ!
兵士:部屋に入ったぞ! やつらを逃がすな!
兵士:階段を頼む やつらを追い立てる
ジョエル:行くぞ
ジョエル:大丈夫だ 来いエリー
エリー:分かってる
エリー:どうするの? どうやってここから出る?
兵士:必ずここを通る 徹底的に探せ
ジョエル:よし 廊下を突っ切ろう かがんでろ まだ軍がいる
兵士:あの二人が見つからない
兵士:一人は子供だそうだ
兵士:それがどうした? 何人もやられたんだぞ
兵士:やれやれ ともかく明日からはファイアフライを心配する必要はない
エリー:ジョエルあそこ
ジョエル:そうだな
---------------------
議事堂を脱出後
エリー:階段があるよ!
ジョエル:かがんでろ
---------------------
地下鉄に入った後
兵士:地下鉄に入るつもりだ! 止めろ!
ジョエル:クソッ
エリー:追ってきてるよ
兵士:さっさと降りて捕まえろ!
ジョエル:クソッ
---------------------
エリー:伏せて
兵士:標的はいない 繰り返す 標的はいない
エリー:あそこに兵士がいる
兵士:分かった 持ち場で待機して 援軍を待て
兵士:了解 待機する
ジョエル:お前ここで息をして平気なのか?
エリー:だから言ったでしょ
兵士:いたか?
兵士:いや ここは空っぽだ
兵士:ふざけているのか? ここを通ったぞ
兵士:何も見てないぞ
兵士:勘弁してくれ トンネルには入らないぞ
兵士:クリッカーの餌食になるさ 俺たちは出よう
エリー:ねえ あたし泳げないよ
ジョエル:何か方法を探そう
ジョエル:エリー?
エリー:見て まだ使える
エリー:置いてくつもりじゃないよね?
ジョエル:そこで待ってろ
エリー:どこにも行けないよ
エリー:下に何かあった?
ジョエル:行き止まりだ
ジョエル:乗れ
エリー:本気?
ジョエル:エリー
エリー:分かったよ 気をつけてね
ジョエル:分かってる
ジョエル:よし
ジョエル:さあ ここを出よう
エリー:あのさそのー
エリー:テスのこと 何て言っていいのか......
ジョエル:これからのルールだ テスの話はするな二度と お互いに過去の話はやめておこう
ジョエル:それとお前の"症状"については誰にも話すな イカレてると思われるか殺される
ジョエル:あともうひとつ俺が指示したら指示したとおりにやれ
ジョエル:いいな?
エリー:うん
ジョエル:言ってみろ
エリー:あんたに従う
ジョエル:そうだ
ジョエル:何キロか北に町があってー 俺に借りがあるやつがいる
ジョエル:車が手に入るかもしれない
エリー:分かった
ジョエル:じゃ行くぞ
ビルの町・森
ジョエル:ほらあそこだ さあこっちの方が近い
エリー:わぁ
ジョエル:ハァ?
エリー:別に ただこんなの見たの初めてだったから
ジョエル:森のことか?
エリー:うん 森って初めて 森っていいね
エリー:なんでマーリーンの所に戻らないの?
ジョエル:自分で連れて行けるなら俺たちに預けないだろ?
エリー:ケガは治ったかもよ
ジョエル:怒らせる気はないが そもそもあいつがまだ生きてる保証すらないんだ
エリー:あの人はホントにタフだよ
ジョエル:関係ない どうせ街へ無事に戻るのが難しいんだ 俺も街へ戻れるならそうするさ
ジョエル:ダメか
エリー:よじ登る?
ジョエル:ダメだ 有刺鉄線がある ここは諦めよう
エリー:ねえ見て ホタルだ これ本物だよ
ジョエル:ああ 分かってる
エリー:ごめん つい ごめん 一瞬見とれてた
ジョエル:上から見てみよう よし行こう
ジョエル:ビル お前か?
エリー:いつもどこで会うの?
ジョエル:ん? 場合による
エリー:ここ 来たことないんでしょ?
ジョエル:ここに住んでるのは知ってたが直接会いに来たのは初めてだ
エリー:あの煙ビルだと思う?
ジョエル:だといいな
エリー:なら確かめに行かないとね
ジョエル:そうだな
ジョエル:こっちだ 気をつけろ 高いぞ
---------------------
クリッカー発見後
ジョエル:マズい 下がってろ
エリー:うわぁ
ジョエル:ああ クソッ!
---------------------
ジョエル:ちょっと待ってろ
ジョエル:どうした?
エリー:口笛吹きたいんだけど
ジョエル:吹けてないぞ
エリー:わかってる
ジョエル:ああダメだ 反対からふさいである
エリー:ねえ 持ち上げて
ジョエル:ダメだ やめといたほうがいい
エリー:あたしは持ち上げらんないからそうするしかないでしょ
ジョエル:よし こっちだ 足を出せ いいかここを開けるだけだぞ 分かってるな
エリー:まかせて
ジョエル:おい落ち着け
エリー:よし やった ジャジャーン
ジョエル:やったな
エリー:ねえ 友だちから車を借りたとして そのあとは?
ジョエル:そうだな トミーを探す
エリー:あんたの弟のこと?
ジョエル:しかもあいつは元ファイアフライだ 情報を持ってる
エリー:分かった
ジョエル:かなり遠くに住んでるから車が要る
---------------------
ノームを発見した後
エリー:見て ノームだ
ジョエル:ああ ノームだな
エリー:ノームが描かれた画集持ってたんだ すごくかわいいよね 妖精はダメ 気持ち悪い
ジョエル:そうか
---------------------
格闘ゲーム機の前でエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:うわー すごい
ジョエル:やったことあるのか?
エリー:ううん でもこのゲームを大好きな友だちがいた
エリー:なんかね エンジェル・ナイフってキャラがいるらしいんだけど何だっけー パンチしてお腹に穴開けるんだって
ジョエル:ゲームはどうも苦手だったな
エリー:遊んでみたかったな
---------------------
避難の看板を見た後
エリー:「強制避難」って書いてあるけどどこへ逃げるのよ?
ジョエル:それはな 隔離地域だ 感染者が現れる前にニュースを知った場所だよ 奇跡的に
エリー:ハー つらいね 何もかも置いて行かなきゃいけないなんて
ジョエル:マシな方だ
---------------------
レコード店に入った後
エリー:うわーねえちょっと見て
エリー:なんか悲しいよね
ジョエル:何が?
エリー:レコードはこんなにあるのに聴く人がいないんだ おかしいよ
---------------------
ジョエルがトラップにひっかかった後
ジョエル:クソッ チックショウ
エリー:平気なの?
ジョエル:ああ 無事だ
---------------------
クリッカーがトラップにひっかかった後
ジョエル:なんだ
エリー:うわービックリした ちょっと今の何だったの?
ジョエル:きっと ビルの仕掛けたトラップだ
エリー:その人おかしいんじゃないの?
ジョエル:おかしいなんてもんじゃないな
エリー:一体どういう人なの?
ジョエル:ビルは...密売してた時の仲間で...調達係だ
エリー:会う前に吹っ飛ばされなきゃいいけど
ジョエル:気をつけて移動すれば大丈夫だ
---------------------
矢を入手後
エリー:ビルは弓が得意なの?
ジョエル:らしいな
---------------------
弓を入手後
ジョエル:おっと こいつはー
エリー:使わせて けっこう撃つのは得意だから
ジョエル:こういうのは俺に任せとけ
エリー:でもあたしも武器を持てば助け合えるし
ジョエル:バカを言うな
---------------------
ジョエル:よし こいつを使おう
ジョエル:いいぞ 上がれ
エリー:了解
ジョエル:ああ クソッ
ジョエル:ワイヤがあるだろ? あれに触れないように動けば大丈夫だ
エリー:分かった
---------------------
音がしているドアに近づいた後
エリー:聞こえた?
ジョエル:ああ
エリー:えっ? 入るの?
ジョエル:何かないか調べてみよう
エリー:驚いて死んだあたしの死体が見つかるかも
ジョエル:心配するな 大丈夫
---------------------
ランナー出現後
ジョエル:ああマズイッ!
エリー:うわなんなの ビックリした
---------------------
ジョエル:いいか? ビルにはちょっと気難しいところがある だからあいつとは俺だけが交渉する いいな?
ジョエル:はっきり言ってビルはかなりよそ者に冷たい
エリー:了解
ジョエル:いいヤツだよ ただ打ち解けるまでに時間がかかるんだ
---------------------
遺物:レイチェルへの手紙を読んだ後
エリー:二人は会えたと思う?
ジョエル:知るわけないだろ
エリー:会えたことにしようよ
ジョエル:よし さっさと出よう
エリー:ええ
---------------------
ジョエル:なんだこりゃ よし離れてろ
エリー:分かった
エリー:うわすごい これ最高だね
ジョエル:だろ
ジョエル:行くぞ 離れるなよ
---------------------
ジョエルがトラップに引っかかって逆さ吊りになった後
ジョエル:エリー こっちだ ああ
エリー:ジョエル!
ジョエル:ああ......よし 大丈夫 ちくしょう ビルめ
エリー:何なのこれ?
ジョエル:ビルのふざけたトラップだよ! そこ冷蔵庫が重りになってる
エリー:分かった
ジョエル:ロープを切れ それで落ちる
エリー:分かった
エリー:ジョエル?
ジョエル:クソ 来やがった
エリー:ジョエル!
ジョエル:ロープに集中しろ! エリー!どうなってる?
エリー:大急ぎでやってるよ ヤバい
ジョエル:エリー!
エリー:あー!もうちょっとかかりそう
ジョエル:おい まだか
エリー:待って
ジョエル:クソッ!大丈夫か?
エリー:あ...
ジョエル:おい 頼むぞ
エリー:分かった
ジョエル:すまん
ジョエル:クソ まただ!
エリー:切れろ! 全然切れない!
ジョエル:いいから急げ!
---------------------
ジョエルが解放された後
エリー:よかった
ジョエル:ちくしょう
エリー:ジョエル 危ない!
ジョエル:ああ
---------------------
ビルが助けに来た後
ビル:ぐずぐずしてないで立つんだ
エリー:何......
ビル:よし こっちだ ついて来い ああクソッ!
エリー:ああ ヤだ!
ビル:あーチクショウ ダメだ 戻れ 戻れ!
ジョエル:どっちだ?
ビル:よし じゃあー こっちだ 行くぞ!
ジョエル:走れ エリー! ああクソ 閉まってる
ビル:今行く
ジョエル:ここの鍵はどれだ?
エリー:後ろに来てる!
ジョエル:ビル 急げ!
エリー:来た!
ビル:急げ ここも安全じゃない
ジョエル:ビル ドアから来たぞ!
ビル:やっぱりな ぶっ殺 せ! そこからしか出られん
ジョエル:エリー下がれ 下がってろ
ビル:よしあと少しだ ついて来い
ビル:ああ クソッ!
ジョエル:クソ 乗り越えてくるぞ
ビル:来い! おい来たぞ! こっちだ トラックを抜けろ
ビル:よし
ジョエル:急げ エリー!
エリー:分かってるってば
ビル:開いてるぞ 来い! 来い!
ビルの町・ビルのアジト
エリー:ヤバかった
エリー:あーありがと 助かった
エリー:あ...エリー
エリー:え? 何? ジョエル!(ビルが手錠をかける)
ジョエル:ビル
エリー:何すんの!
ジョエル:ビル!放せ!
ビル:後ろを向いてひざまずけ
ジョエル:落ち着けよ ビル
ビル:後ろを向いてひざまずけ!
ジョエル:ああ
ビル:俺は本気だ!
ジョエル:おい 落ち着け
ビル:噛まれたか?
ジョエル:いや
ビル:できものは?
ジョエル:おい 感染はしてない!
ビル:万が一お前にー
ジョエル:よすんだ(エリーがビルに殴りかかる)
ビル:このクソガキが
ジョエル:もうやめろ
ビル:やめろって?!
ビル:勝手に家に入り込んでワナを全部台なしにして殴ってきたのはそっちの方だろ
ビル:それに何だそのガキ? 何でいる?
エリー:あんたに関係ないでしょ? さっさとジョエルに借りを返してよ まずはこの手錠を外して
ビル:ジョエルに借りだって? 何の冗談だ?
ジョエル:手短に話す 車がいる
ビル:マジで冗談かよ 車が必要だと?
ビル:そもそも車なんてないし もしあったとしても お前に渡すはずないだろう?
ジョエル:あ?
ビル:ああ ジョエル 車か 持ってけ ついでに食もんも全部だ
エリー:どうせ食い過ぎでしょ このデブ!
ビル:よく聞け クソガキ
エリー:黙れブタ あんたこそー
ジョエル:いいからお前は黙っとけ いいな?
ビル:お前にそれほどの借りを作った覚えはないぞ
ジョエル:いやビル 作ったろ
ビル:どうせ使える車はない
ジョエル:町のどこかにはある
ビル:あるのは車の部品だけだ
ジョエル:じゃあ修理は出来るってことだな?
ビル:分かった こうしよう
ビル:町の反対側に
ジョエル:ああ
ビル:必要なものがある
ビル:取ってくることが出来れば車を修理してやれるかもしれん そうしたら借りはチャラだ
ジョエル:いいさ どうせもうすぐ死ぬんだ
ビル:よしついてこい 町中にワナが仕掛けてある ヘマすんなよ
エリー:あんたがね
ジョエル:やめろ
ビル:よし何か必要な物があるんだったらこっから持ってくんだな
ジョエル:すまんな エリー使えそうなものを探せ
エリー:はーいはい
---------------------
チェス盤を調べた後【会話イベント】
エリー:やり方知ってるの?
ジョエル:ああ ヘボだが
エリー:やってみたかったんだ
ビル:おい ボビー・フィッシャー チェス盤には触るな
エリー:ボビーって誰?
ジョエル:気にするな
---------------------
ビル:もういいのか?
ジョエル:ああ エリー行くぞ
ビル:ドアは閉めてくれ
ジョエル:分かった
ビル:別の建物に移る 上だ 急ごう
ビル:ふっ 俺から離れるな
ビル:こんなことになるなんてな あそこでほっときゃよかった
ジョエル:こっちを見てもいいか?
ビル:何でも好きにしろ ああ なんでも持ってけ
ジョエル:どうも
ビル:何に巻き込まれたんだ? テスはどうした?
ジョエル:仕事だよ 単なる運び屋
ビル:荷物は何だよ? まさかコイツ? ハッハー死ねば? あーお前 気はたしかかよ?
エリー:ムカつく
ジョエル:それでどこへ行く?
ビル:別の隠れ家だ 武器がたくさんある
エリー:え? みんなで修理しないの?
ビル:みんな? お前に直せるのか?
ジョエル:ビル よせ
ビル:必要な部品は町の反対側にあるんだ 感染者がたくさんいて普段は近づけない だから銃が要る
ジョエル:...中にいるぞ
ビル:ああー始末し忘れてただけだ 安心しろ
ビル:でーテスのこと答えなかったよな いつも一緒だと思ってた
ジョエル:忙しいんだ
ビル:へえ そうか 忙しいか
ビル:俺に比べりゃ まるで天国みたいなもんだな
エリー:うわ ひどい
ジョエル:ああ そうだよ
ビル:よし......さあ行こう
エリー:分かったからもうやめて
ビル:タイヤは腐ってるしバッテリーは死んでる
エリー:もう終わった?
ビル:エンジンの中も見ておけばよかったかなあ 今バッテリーを作れるのは軍だけだ
ジョエル::ああ チクショウ! 感染者だ!
ビル:ああクソッ 弾を込めろ
---------------------
感染者を全滅後
ビル:よし バリケードをよくチェックしろ 手を抜くからツケが回ってくるんだ
ビル:わかってんのか? 倉庫から物資を全部持って東のフェンスに行くには ざっと見積もっても−独り言だって知ってるけど
ジョエル:ああ ......ビル?
ビル:ジョエル こっちだ さあ行け
---------------------
ジョエル:よくこんなところに住もうと思ったな?
ビル:感染者は危険だが行動は予測できる 普通の人間の方が怖いね それを理解すべきだな
エリー:どういう意味?
ビル:なんでもない
ジョエル:感染者は来ないだろうな?
ビル:鍵を持ってないからな
ジョエル:どっちだ?
ビル:こっち 地下室だ
ビル:よし こっちだ
ビルの町・墓場
ビル:よしここだ お前は何もさわるな ドアは閉めてくれ
ビル:始めよう
ジョエル:ダメだ
エリー:え? 銃がいる
ジョエル:お前はいい
エリー:ジョエル 自分の身は自分で守れる
ジョエル:だめだ とにかくここにいろ
エリー:分かった 黙って殺されろってことよね
ビル:人生最悪の仕事を引き受けちまったってか?
ジョエル:そうかもな
ビル:自殺行為だ テスがよくOKしたな?
ジョエル:テスが言い出した
ビル:ホントか? もっと賢い女だと思ってたぜ まあいいか
ビル:あのガキは拾った場所に捨てちまうんだな
ジョエル:そんなに簡単じゃない
ビル:じゃほっとけ 一人で生きてくさ 一つ教えてやる
ビル:昔はな 俺にも大切な人がいた まあパートナーだが 面倒をみてたヤツさ
ビル:だが今じゃ そんなものを持ってるヤツから死んでいく
ビル:じゃどうするか? 頭を使ったね 一人の方がいいと気づいた
ジョエル:ビル そういうことじゃないんだ
ビル:いいや そういうことだよ
ビル:おい! 入口でお前に何て言った?
エリー:ちょっと これを片づけただけだってば
ビル:何もさわるな クソガキが
ビル:あんなガキの相手してるとお前もいつかエライ目にあうぞ
ジョエル:なあビル いいからとっとと終わらせよう
ビル:ほら とっとと終わらせようぜ
ビル:よし 先へ進む前に見せたいものがある
ジョエル:何だ?
ビル:新しいオモチャだ これは手製の爆弾だ
ビル:よーく注意しろ 近くで爆発したらバラバラに吹っ飛ばされるぞ
ジョエル:ショットガンと爆弾はあるが これでどうするんだ
ビル:何週間かに1度軍のトラックが町を通る 物資を調達するためなんだろうが驚くほど見落としが多いんだ
ビル:とにかく 数ヶ月前 トラックが大量の感染者に襲われた
ビル:トラックは囲まれ 高校の校舎に突っ込んだ まだバッテリーもあるはずだ
ジョエル:バッテリーだけ別の車に入れるんだな
ビル:そうだ! あの辺は感染者が多いから行くのは危険すぎる でも行くぜ!車が要るんだろ?
ジョエル:壊れてたら?
ビル:いや 戦車みたいなトラックだ 問題ない
ジョエル:いけるかもな
ビル:おいガキ 勝手に触ったらー
エリー:ふん あんたのものなんていらない ホントに
ビル:ジョエル しっかりお守りしろよ
ジョエル:分かってるよ
エリー:うわぁ
ジョエル:いいところだな
ビル:懺悔したいことがあったら ここを使っていいぞ
ビル:そこは懺悔室じゃないぞ 俺の部屋だ
ビル:よし いっちょやるか
ジョエル:エリー ほら
ビル:見ろ 学校だ さてと いいか?
ジョエル:よし行ってみよう
エリー:ああ ヤだ
ビル:おい そんなもの見なくていい
エリー:はいはい
ビル:じゃあ好きにしろ
ビル:この門から向こうは未知の世界だ
ジョエル:分かった
エリー:ねえねえ 聞こえた?
ジョエル:静かに
---------------------
クリッカーを全滅後
ジョエル:終わった
ビル:お疲れ まだ油断できない
---------------------
ビル:待て 鍵を持ってる 音を立てないようにしろ
ビル:落ち着け
---------------------
感染者を全滅後
エリー:銃があればなー 倒すのを手伝ってあげるのに
ジョエル:うるさい 黙れ
---------------------
ジョエル:こっちだ
ジョエル:向こうで繋がれてる
エリー:ここから行けない?
ビル:犬用のドアか? ジョエルどうするんだ?
ジョエル:気をつけるんだ いいか?
エリー:もちろん
ビル:銃を持たせてやれよ
ジョエル:よしてくれ
エリー:家の中にクリッカーがいるみたい
ジョエル:ああ クソッ!
ジョエル:俺たちが見えてない かがんでろ
エリー:気をつけて
エリー:誰が置いてったの? 他の仲間?
ビル:いや 誰が通ったか想像はつくがな
ビル:この家の向こうが学校だ 通り抜けよう
ジョエル:エリー
ビル:おいジョエル!
ジョエル:何だ?
---------------------
少年の日記を読んだ後エリーと会話した後【会話イベント】
エリー:ねえ ちょっといい?
ジョエル:ああ
エリー:その... ただ謝りたくて テスのこと それだけ もう言わないよ
ジョエル:エリー そのことは心配するな 行こう
エリー:ええ
---------------------
ビル:手貸してくれ
ビル:見えるな あのトラックだ 学校に突っ込んでるだろ 行くぞ
ビル:ヤツらがウジャウジャいる 音を立てるなよ
ジョエル:エリー 走れ 走れ!
エリー:そこら中から来てるよ!
ジョエル:クソ!
---------------------
感染者を全滅後
ビル:思ったより楽だった きっとまだどっかにいるぞ
ジョエル:よし慎重に行こう どうやって中に入る?
エリー:バスの上にハシゴがある 持ち上げてよ 下ろすから
ビル:上で殺されんなよ
エリー:どうも
---------------------
ビル:大丈夫だ ボンネットのとこまで行ければいい
ビル:クソッ 聞いたか? 来るぞ急げほら
ビル:よし全速力だ バッテリーを手に入れたらすぐずらかろう
エリー:まずいよ! あいつらフェンスを越えようとしてる!
ジョエル:もうすぐだ 鍵がかかってる!
ビル:なんとか中に入ってバッテリーを取るんだ!
ジョエル:来い ビル!
ビル:よし 窓が開いたぞ 急げ!
エリー:ジョエル! 入口がある!
ビルの町・学校
エリー:ジョエル!
ジョエル:クソ
ビル:早くしろ
エリー:すぐ入られちゃう
ジョエル:ビル 急げ
ジョエル:これを動かそう
ジョエル:もう終わったか?
ビル:カラだ
ジョエル:は?
ビル:何もない
エリー:ちょっと
ジョエル:どうする?
ビル:あ...
ジョエル:どうするんだ!?
ビル:とにかく逃げる
ジョエル:おい逃げるぞ 来い
ビル:入ってきたぞ!
ビル:進もう きっと教室を抜けられる
ビル:出口がある ヤツらの脇を抜けよう
ビル:この廊下の先に道がある
---------------------
感染者を全滅後
ジョエル:手を貸してくれむ
ビル:よし いくぞ?
ジョエル:もう1回!
---------------------
ジョエル:よし!
ビル:クソ
ビル:まだ来るぞ ドアをふさごう
---------------------
ブローター出現後
ビル:長くは持たんな ああ まずいぞ
ビル:ああ マズい
エリー:あれ一体何なの?
ビル:ヤバいぞ ブローターだ!
エリー:え?何?
ジョエル:エリー 隠れてろ 俺がやる
エリー:やだ何か投げてきてる!
ジョエル:エリー いいから離れろ!
エリー:上に行かないと!
ビル:感染者が周りにいちゃあ 登れないぞ
---------------------
ブローターを倒した後
ジョエル:ハァハァ...
エリー:あーまったくあのデカいのは何?
ビル:感染して時間が経ったヤツだ ブローターって呼んでる
エリー:ブローターね なるほど 分かった
ジョエル:生物の授業を邪魔してすまないがさっさとここから出ないか? な?
---------------------
ビル:さっさと上ろう
ジョエル:よし いくぞ
ビル:よおし 来い来い
エリー:ジョエル 後ろ!
ジョエル:まだいるのか クソッ!
エリー:サイテー
ビル:あと1匹だぞ とっととやっちまえ
ジョエル:ああ 分かった
---------------------
感染者を倒した後
エリー:もう!こいつら大っ嫌い!
ビル:よし仕留めたな 上がれ
ジョエル:引っ張れ
ビル:よし
ビル:こっちだ
---------------------
ジョエル:さっさと行こう
ビル:こっちにまたハシゴがあった! 進め 俺も行く
ビル:家の中に入れ!
エリー:大成功だったね
エリー:うん あー......ちょっとあっちのほう調べてくるよ
ジョエル:ビル
ビル:同じことを考えているヤツがいたってことだな
ジョエル:別の手はあるんだろう?
ビル:命が助かっただけ感謝しろ 別の手なんてない さっきので出尽くした
ビル:テスに伝えろ こんな仕事を押しつけてー
ジョエル:テスは関係ない!
ビル:何様のつもりかって
ジョエル:あいつの話はするな
ジョエル:何だ? 知り合いか?
ビル:フランク
ジョエル:誰だそいつ?
ビル:俺のパートナーだ
ビル:あんなダセえシャツを着るのはあいつしかいない
ビル:噛まれてる こことあと......
ジョエル:じゃ きっと自分じゃなくなる前に......
ビル:ああ そうだな バカなヤツだ
エリー:こんなのがあった ガソリンもある
ビル:俺のバッテリーじゃねーか あのヤロー!
ビル:下りろ 早く下りろ
エリー:何だよ ったく
ビル:バッテリーは消耗してるがまだ使えるか
ジョエル:つまり?
ビル:押してスタートさせればオルタネーターがバッテリーを充電する
ジョエル:本気か?
ビル:「別の手」がいるんだろ?
エリー:どうする?
ジョエル:押すからお前が運転しろ
ビル:これー 俺のじゃねえか
ビル:じゃあお前 俺の物を盗って逃げたのか? え フランク?
ビル:家を調べてみろ 使える物があるはずだ
ジョエル:そうしよう
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:大丈夫そうか?
エリー:うん 大丈夫
ジョエル:よくやってるぞ それだけは言っておく
エリー:心配しないで
ジョエル:ああ......
---------------------
ビル:じゃあそっちが終わったら教えてくれ
ジョエル:もちろんだ
ビル:いいか?
---------------------
フランクのメモを入手後にビルに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:ビル ああ...... こんなものを見つけた お前に渡しとく
ビル:そうだったのか...... フランク バカ野郎が バカすぎる
---------------------
ジョエル:さあ行こう
ビル:よし 始めよう
ビル:よし 一速に入れろ
エリー:もうやったよ
ビル:じゃあクラッチを踏んでろ 走り出したらー
エリー:そんなやり方ぐらい知ってるって
ビル:なんで知ってー まあどうでもいい しくじるなよ
ジョエル:エリー 準備しろ
ビル:今だ やれ 早く!
ビル:ったく! おい さすがだなあ
ジョエル:ああ クソッ(感染者出現後)
ビル:よし いいぞ トラックに戻れ(感染者撃破後)
エリー:もっと速度を上げて!
ビル:なんとか丘まで行けば 逃げられるぞ
ビル:さあ 時間がない 押すんだ!(感染者撃破後)
ビル:まったく お前のせいで...... ひどい一日になった 分かってんのか? え?
ビル:今だ 丘まで行こう(感染者撃破後)
ジョエル:エリー 準備しろ
ジョエル:よしエリー 今だ!
ジョエル:聞いたなビル?
ビル:ああ 感染者にも聞こえたはずだ トラックに乗るぞ
ビル:ジョエル ほっとけ ずらかるぞ
ジョエル:出せ 出せ! 踏みこめ!
ビル:ここでいい 止めろ!
ジョエル:エンジンは切るな
ビル:ガキのせいで死ぬとこだった
ジョエル:でもあいつ ほんとに頑張ってたな
ビル:お前は絶対死んじまうよ
ビル:ああそうだ ほら
ジョエル:何だこれ?
ビル:ガソリンが入った車は結構残ってる
ジョエル:助かる
ジョエル:なあビル お前のパートナーのことだが つらいのは分かる だからー
ビル:チャラだよな?
ジョエル:そうだな
ビル:ならとっとと町から出てけ!
ピッツバーグ・待ち伏せ
エリー:なにこれ?
ジョエル:おい 寝てたんじゃないのか?
エリー:あのさ そうは見えなかったけどこのマンガ結構面白いよ でも問題がある
エリー:ここ 「次回に続く」 もったいぶっちゃって
ジョエル:どこにあった?
エリー:あービルの家 だっていろんなものがあったから
ジョエル:他に何盗った?
エリー:えーと ほら 懐かしいんじゃないの?
ジョエル:おい こいつは俺より前の世代だぞ だがいい曲だ
エリー:あーたまらん ま ないよりマシか
エリー:おー これは今夜ビルが淋しがっちゃうかな んー?
エリー:文字は少ないけど写真が面白いんだよね
ジョエル:おい 子供が見るもんじゃない
エリー:うわー
エリー:この... この男こんなモノつけて歩き回ってるわけ?
ジョエル:もう見るな やめろ
エリー:いいから 落ち着いて どんなもんか知りたいだけだって
エリー:あれ? ページがくっついてる
ジョエル:ああ......
エリー:ウソ 分かってるってば それじゃ さようならー
エリー:この曲 悪くないね
ジョエル:少しは寝とけ な?
エリー:疲れてないってば
ジョエル:あーマズイぞ こりゃ最高だ
エリー:どうするの?
ジョエル:仕方ない
エリー:何なの?
盗賊:頼む! 助けて!
エリー:うわ痛そう 治療してあげる?
ジョエル:シートベルトをつけろ
盗賊:助けてくれ
エリー:え? じゃああいつは?
ジョエル:ピンピンしてるさ
盗賊:クソ! おいやれやれ!
エリー:なによ
エリー:うわ ヤバい!
ジョエル:つかまってろ!
エリー:大丈夫 大丈夫よ
ジョエル:出るんだ 早く
盗賊:ほら 来い!
ジョエル:クソッ!
エリー:離してよ 腰抜け野郎!
エリー:ジョエル!
盗賊:俺が終わらせる そうだ
エリー:ヤだ 放して
エリー:ふざけんなよ!
ジョエル:来い
エリー:何なのあいつら?
ジョエル:大丈夫か さあ行くぞ
エリー:オーケー
エリー:危ない!
ジョエル:クソ 伏せてろ!
---------------------
一定数の盗賊を倒した後
エリー:バスの向こう!
---------------------
盗賊を全滅後
ジョエル:よし 今ので最後だろう 大丈夫か?
エリー:うん大丈夫
---------------------
ジョエル:よし ここから出るぞ そのあたり見て使えそうなものを探せ
エリー:分かった
エリー:何かある?
ジョエル:逃げ道は他にあるはずだ
エリー:ねえここ通れそう
ジョエル:来い! よし行け 何か支えられるものを探せ
エリー:あ...... なんか全体的にボロボロだけど
ジョエル:エリー!
エリー:分かった オーケー 通って
ジョエル:大丈夫 もう持った
エリー:見て
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:ハンターのヤツらめ 気をつけないとな
エリー:ヤだ 助からなかった人が大勢いる
ジョエル:あの時引き返しておけばよかったな
エリー:助かった
ジョエル:何とかな よし ここから出よう
---------------------
エリー:なんで知ってたの?
ジョエル:何を?
エリー:待ち伏せのこと
ジョエル:何とも言えない
エリー:ああ ねえ罪のない人たくさん殺したの?
ジョエル:......
エリー:殺したってことね
ジョエル:好きなように思ってろ
エリー:あいつらが寝てる場所じゃない? ていうか寝てた場所
ジョエル:よし 橋がある そこから行こう エリー慌てるな 待ってろ
エリー:何?ここだよ
ジョエル:俺が先に行くからついてこい 大きな声は出すな
エリー:オーケー
エリー:あっ!吹けてる!
ジョエル:できたな なかなかうまく吹けてるじゃないか
エリー:やったね
エリー:何があったの?
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:あんたの仲間がやったの?
ジョエル:ったく... 俺は軍隊に賭ける
エリー:どうして殺されたのかな
ジョエル:全員は助けられない
エリー:だから殺したの?
ジョエル:死んだ人間には感染しない 多少の犠牲は仕方ない
エリー:それってひどい
ジョエル:だな
---------------------
ハンター出現後
エリー:何なの?
ジョエル:わからん エリー かがめ 隠れるんだ
ハンター:どこで銃を習った?
ハンター:クソ くたばれ
ハンター:あんだけいたってのに 一匹も当たらんとはな
ハンター:おい 撃つぞ
ハンター:おや 動揺してるな もし撃ち方を教えてほしけりゃ俺が教えるぜ
ハンター:勝手に言ってろ
ハンター:あいつらはどこいった?なぜいない
ハンター:ヤツらは道路を張ってる またよそ者を捕まえてくるかもな
ハンター:金鉱発見か ラッキーなヤツらめ
ハンター:待ってる間食い物でも探して来い
ハンター:ここは何もない 進もう
---------------------
ハンターを全滅させて少し待機した後
エリー:ねえそのバスの上に登れない?
エリー:よし空気を明るくしよう いい?
エリー:封筒にいろんなものを入れてもムダ だってフートーらないから
ジョエル:そりゃ何だ?
エリー:ジョーク集 「ダジャレと言わないで」第2巻 ウィル・リビングストン
ジョエル:さっさと行こう
エリー:南北戦争での南軍の暑さ対策は? 南北扇子
エリー:好きな調味料は? サウス......ソースかな?
エリー:...チチの部屋に入ったら ブラでつまづいた 実にムネんだ
エリー:本が頭に入った でも取り寄せない 待って 間違えた
エリー:待って もう一度読む
エリー:本が頭に入ったー でも取り出せない
エリー:長く続いた夫婦の離婚を何ていう? マンネ離婚 ひどいジョークだ 最悪
ジョエル:自分で意味分かってるか?
エリー:ま いいけど もうおしまい ネタ切れよ
---------------------
エリー:あの橋かなり遠いね
ジョエル:でも行くんだ
エリー:あれ? チェックポイントなのに兵士がいないんだね
ジョエル:ほとんどの隔離区域じゃもう検問なんてやってないんだ
エリー:「食料をくれ」だって
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:なんであげなかったの?
ジョエル:底をつくこともあったが 大抵は出し惜しんでた
エリー:ボストンじゃ一度もなかった
ジョエル:いいや しょっちゅうあった
---------------------
ジョエル:ハンターがいる
ジョエル:そうだな ここを通り抜けるまで静かにしてろ
---------------------
建物外のハンターの会話
ハンター:ああー 一晩中獲物を追っかけたせいでグッタリだ
ハンター:お前も行ってたのか 話は聞いたぞ
ハンター:ああ あの女が随分粘りやがった あんなタフな女見たことないぜ
ハンター:ほかの連中は数分で片付いたのに
ハンター:あの女は追い込むに5時間かかった
ハンター:本当かよ ま そういう時もあるな
ハンター:あの女は俺たちが戻ろうとしたところを撃ってきた バカだよ 逃げりゃいいのによ
ハンター:でも二人が応戦する間 俺はライフルを取り女の頭を狙って撃ったんだ "バーン"って それで終わりさ
ハンター:何だと あの女を捕まえてりゃ 仲間にできたのに
ハンター:バカ言うな あの女に寝首かかれるだけさ
---------------------
建物内のハンターの会話
ハンター:ボスマンが縄張りを広げたらしい
ハンター:新米ヘッドがー 下らんたわ言だ
ハンター:今は見張りも十分だからデカい防衛境界線が張れるらしい
ハンター:それが何になるってんだ?
ハンター:さあ ガソリンを見つけて もっと発電機を動せるとかかな
ハンター:俺は映写機を直して映画を観たいよ
ハンター:そんなのあるわけないさ 拡張の話は今までに何度も聞いてる
ハンター:だが俺たちがやろうとする度に仲間が大勢殺されてるんだ
ハンター:そうかな? 今回は違うさ
ハンター:期待するな その方が長生きできるぞ 若造
---------------------
ハンター全滅後
ジョエル:今のは危なかった
エリー:"宇宙の果てを目指して 耐えて生きぬけ"
ジョエル:なんだって?
エリー:「スターライト」だよ お気に入りのマンガで戦いの後に主人公が言うんだ
ジョエル:耐えて生き抜け?
エリー:そう
ジョエル:分かった
---------------------
ハンター全滅後に建物1階中央でエリーと会話した後
エリー:ジョークどう?
エリー:パン屋がレシピをあげると脂肪が多くなる 「揚げる」から
ジョエル:もう 分かった
エリー:月の岩は地球のより進んでる 同じ性能で重さは1/6
エリー:あーもう ほんどにバカ
エリー:左寄りの詩人はすぐ改行する
ジョエル:お前 笑えるか?
エリー:ウソ 石鹸中毒だったんだ 足を洗ったけど
ジョエル:そのジョークは初めて聞いた
エリー:うーん もうネタ切れよ
---------------------
吊るされた兵士の死体に近づいた後
エリー:うわー兵士を吊るすなんてイカれてる
ジョエル:追い詰められた人間はどんなことでもやるさ
エリー:怒った人間もねー この街のヤツらとか
ジョエル:おそらくな
---------------------
ジョエル:とにかく行ってみよう
ジョエル:気をつけて飛び降りろ
ジョエル:かがめ かがむんだ やつらがいる
ハンター:早くしろ
ハンター:よし 行こう
ジョエル:よし 見つからなかったぞ
エリー:ふー あの橋だね 近づいた ちょっとは
ジョエル:このまま進むぞ 行こう
---------------------
女性ポスターの前でエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:あの人ガリガリだね
エリー:食べ物はいっぱいあったんでしょ?
ジョエル:もちろん だが食べないヤツもいたんだ
エリー:なんでなの?
ジョエル:やせるため
エリー:なにそれ
---------------------
しばらく歩き回ってエリーがジョークを言い始めた後
エリー:よし 空気を切り替えよう
エリー:水兵の3.14%はパイ・レーツだ
エリー:3.14%......
エリー:一晩中太陽を探して歩いたけど見つけがたいよう
ジョエル::なるほど
エリー:数学の授業で着る服は?
ジョエル::何?
エリー:大好ーきな服
ジョエル:ひどいな
エリー:なぜかかしは落第したか?
ジョエル:よおし
エリー:答え「ずっと立たされてたから」
ジョエル:もう十分だ 本をしまえ
エリー:わかった もうやめとく ......今は
---------------------
母の手紙を読んだ後
ジョエル:でも そんな考え方じゃ 勝者はいない
---------------------
ジョエル:ジャンプじゃ無理だな
エリー:持ち上げてくれたら板を運ぶよ
ジョエル:なんだありゃ この場所はヤバイぞ
エリー:今のは何?
ジョエル:乗れ ホテルを通るぞ
エリー:そう分かった
エリー:さてあとはジョエルが来るだけだね
エリー:うわっ ひどいにおい
ジョエル:ああ 木が腐ってる
エリー:カフェにはよく行ってた?
ジョエル:ああ しょっちゅうな
エリー:何を注文するの?
ジョエル:ただのー コーヒーだ
エリー:ハンターはもう消えたかな?
ジョエル:もうすぐ分かるさ
ピッツバーグ・ホテル
ジョエル:問題ない 下りてこい
エリー:うわー オシャレ 泊まったことある? まだこんな風になっちゃう前に
ジョエル:いや 高すぎて泊まれなかった
エリー:はあ ステキだね
エリー:あそこから登れない?
ジョエル:いや高すぎる 道具を探そう
---------------------
カフェのコーヒーメーカーを調べた後【会話イベント】
エリー:あーコーヒーが飲みたい
---------------------
ジョエル:上がれ
---------------------
金庫を開けたあとハシゴを登った後
エリー:ジョーク 聞きたいでしょ?
エリー:さっき霧をつかもうとして
ジョエル:ミスとした
エリー:ウハウハじゃないのは?
ジョエル:左派
エリー:そう 笑えるよね
エリー:お寿司を食べたあとで水兵が言う言葉は?
ジョエル:わからん 何だ?
エリー:ポパイ お腹いっぱい
エリー:わかんない
エリー:世界滅亡系ジョークは面白い? めつぼう
エリー:うーん もうネタ切れよ
---------------------
ジョエル:気をつけろ
ハンター:なかなか手ごわい侵入者だった
ハンター:こっちも二人やられた
ジョエル:ああ クソッ かがめ
ハンター:待て 今のとこ何人だ?
ハンター:んー 今週だけで5人 まあ仕方ねえさ
ハンター:まあそうだよな もういいか?
ハンター:他の階も調べないと
ハンター:もう何週間もクリッカーは見てない
ハンター:徹底的に調べろ 手は抜くんじゃねえ しっかりやれ いいな?
ハンター:ああ 分かったよ
ハンター:おっと ああ 聞こえた
ハンター:よし 部屋を調べろ おっと
---------------------
風呂場にある死体のところでエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:ああ 気持ち悪い
エリー:楽な道を選んだんだね
ジョエル:楽なんかじゃない クリッカーやハンターに殺られるよりはマシってだけだ
エリー:ホントだ 簡単じゃない
---------------------
エレベーターに乗った後
ジョエル:とにかく行ってみよう
ジョエル:ちょっと狭いが行ける 来い
エリー:念のため(エレベーターのハッチを閉める)
ジョエル:登る場所を探せ いいな 行くぞ
エリー:よし
ジョエル:よし行け
---------------------
ジョエル落下後
ジョエル:あークソ!
エリー:ジョエル!
ジョエル:大丈夫だ! お前は?
エリー:ちょっと! ホントにビックリしたんだよ!
エリー:もう 今そっちに下りるから待ってて
ジョエル:よせ! そこにいろ 俺がそこへ行くから
エリー:バカなことしないでよ!
---------------------
ジョエル:やってみよう
ジョエル:あっちかもな
ジョエル:あっちはまだ行ってなかったな
ジョエル:あっちだな
ジョエル:この門を迂回しないとな
ジョエル:あのドアじゃないかな
ジョエル:クソ 胞子だ
ジョエル:あー チクショウ!(ネズミの大群出現時)
ジョエル:クソッ(ストーカー出現時)
ジョエル:もう ウンザリだ
ジョエル:頼む(鍵のかかったドアを調べた時)
ジョエル:やった(カードキーで鍵を開けた時)
ジョエル:もうたくさんだ エリーを探そう
ハンター:倒れた 仕留めろ
ハンター:よくやった 噛まれたか?
ハンター:今日は大丈夫だ お前は?
ハンター:今日は大丈夫
ハンター:よし 手分けしてまだこいつらの残りがいないかを調べるんだ
---------------------
ジョエルを襲っているハンターをエリーが撃った後
エリー:あ あたしが殺しちゃったんだね
ジョエル:そうだな
エリー:ムカムカする
ジョエル:だから下がってろって言ったろ?
エリー:おかげで助かったんじゃない
ジョエル:俺の頭も吹き飛ぶかと思ったよ クソガキが
エリー:なんなの その態度 「ありがとう」くらい言えば?
エリー:「お前のおかげで俺は助かった 大変だったろ」って それぐらい言ってくれてもいいでしょ?
ジョエル:もういい 行くぞ
エリー:分かったよ
ジョエル:そこで待ってろ
エリー:もちろん どこへも行かない
エリー:早くここから出て橋を見つけないと どこに行けばいいの?
ジョエル:あーこいつにはウンザリだ
エリー:うわぁ これ見て
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:そいつは...背景だ みんな それの前で写真を撮るんだ
エリー:ええ そんなの知ってる
ジョエル:分かったよ 言いたいことがあるんだろ?
エリー:さっきは逆らうつもりじゃなかった でもずいぶん長くかかってたから 何か問題が起きたかと思って
ジョエル:お前がどう思おうがいい とにかく指示を守れ
エリー:分かってる だけどもういいよ
---------------------
ジョエル:あのドアから出られそうだ 上への行き方がわかるか?
エリー:ううん
ジョエル:これを使って通れるかもな(ピアノを調べた後)
ジョエル:おい 手を貸せ
エリー:あたしで役に立つかな?
ジョエル:エリー......
ジョエル:押せ
エリー:やってる
ジョエル:もっと押せ!
エリー:これでどうよ?
ジョエル:行こう
ピッツバーグ・金融街
ハンター:まだ戻ってこないぞ
ジョエル:あ クソッ
ハンター:ずいぶん遅くないか?
ハンター:さあな 確認してるんだろ 待とうぜ
ジョエル:来い かがめ
ジョエル:よく聞け 俺はあいつらの間を突破する......
エリー:あたしは?
ジョエル:お前はここいろ
エリー:バッカじゃないの? ふたりでやったほうがいいに決まってるのに
ジョエル:分かってる
ジョエル:銃には自信がありそうだったな こいつは使えるか?
エリー:ああ 撃ったことあるっちゃあるけどー 相手はネズミ
ジョエル:ネズミ?
エリー:エアガンで
ジョエル:そうか 似たようなもんだ 構えろ
ジョエル:いいか ものすごい衝撃だからストックに体重をかけろ エアガンとは違う
エリー:分かった
ジョエル:あー ボルトを引け そこをつかんでスライドする そう
ジョエル:一発撃ったら......すぐ新しい弾を込めるんだ
ジョエル:よく聞け ヤツらに見つかったらお前の援護が頼りだ いいな?
エリー:任せといて
ジョエル:頼むぞ
ジョエル:確かにさっき俺が助かったのは......お前のおかげだよ
エリー:言えるじゃん
---------------------
ハンターとの戦闘開始後
ハンター:あのバカ ヘマをこきやがって 物を盗むんだったら見つかっちゃだめだ
ハンター:おれだったらー
ハンター:全滅だ 皆死んじまった!
ハンター:こいつ何を言ってるんだ? 落着け 誰が死んだ?
ハンター:全員だ 何者かが76エリアの見張り全員を殺しやがった
ハンター:クソ ボスには言ったか?
ハンター:ああ しっかり守れってさ 門を見張るんだ
ハンター:よし 聞いたな 隅なく探せ 誰も通すなよ
ハンター:ヤツの勘違いだ
ハンター:仲間のことか?
ハンター:全員をやれるはずがない
ハンター:だが本当なら? 軍が戻ってきたもんな
ハンター:バカいうな 軍はこんな所気にしちゃいない
ハンター:いいか よそ者が潜り込んでも俺たちが見つけてやる いつもどおりな
ハンター:そう 願うよ
ハンター:ネズミか(見つかった後)
---------------------
エリーがハンターを倒した後
ジョエル:助かったぞ
ジョエル:その調子だ エリー
ジョエル:よし その調子でいけ
ジョエル:いいぞ
ジョエル:いいぞ その調子だ
---------------------
ハンターを全滅後
ジョエル:よし 降りてこい
エリー:どうだった?
ジョエル:小さいお前には......こっちの方が合う ヤバい時にだけ使え
エリー:分かった
ジョエル:安全装置がオンだ 外し方は分かるか?
エリー:分かってる
ジョエル:おい いいか...ちゃんと注意するんだ これは...
エリー:ジョエル 気をつけるよ
ジョエル:分かった
---------------------
ハンターを全滅後 吊るされた死体の所でエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:ひどい なにこれ 厳しい罰ね
ジョエル:クソ これじゃボストンで軍がやってたことと同じじゃないか
エリー:ホントだね
---------------------
ジョエル:よし さっさとしろ
エリー:了解
エリー:ちょっと チェーンが動かないよ 待って
ジョエル:分かった
エリー:はい
ジョエル:ようし いい案だ
ジョエル:手を貸してくれ
エリー:いくよ
ジョエル:もういいぞ
男性:走れ
ジョエル:まずいぞ 伏せろ 伏せろ
男性:止まるんじゃない!
エリー:どうするの?
ジョエル:待つんだ
女性:ダメ......
ハンター:忙しいよな 最近
ハンター:何だっていい クソ 食いもんは?
ハンター:ボロ靴だけか 何もねえ
ハンター:ああ 行くぞ
ハンター:ようし
エリー:ああ マジ
ジョエル:できることはなかった
エリー:分かるよ だけど...... ああ もう
ジョエル:とにかくあの橋だ
エリー:オーケー
ハンター:ようやく二人組を片づけたみたいだな 街から逃げられたかと思った
ジョエル:ヤバい ハンターだ
ハンター:あとはトラックの二人組を見つけるだけか
ハンター:あのトラックには軍隊でも乗ってたのか どうやって皆殺しにしたって言うんだ
ハンター:もう一度探そう 日が暮れる前に終わらせるぞ
エリー:あたしたちのことを怖がってるみたいね
ジョエル:だとしても油断するな
エリー:そうじゃなくてー あなたが味方でよかった これ褒め言葉ね
ジョエル:分かった
ハンター:イーストサイドから連絡があった まだ見つからない
ハンター:マーケット通りは?
ハンター:今連中が車で回ってる 期待しよう
ハンター:ヤツらが現れることを祈るよ
ハンター:何必ず現れる いい日になるさ
エリー:ジョエル 2階に誰かいるよ あそこ
ハンター:おい 男女のペアが捕まったらしい
ハンター:じゃあ残ってるのは男と子供だけだな?
ハンター:そうだな あとトラックのヤツらだな?
---------------------
ハンターを全滅後 壁に書かれた DEATH FOR FREEDOM の文字を見たあと
エリー:ひどい この区域はこうやってつぶれたんだ
ジョエル:どんな戦いにも敗者はいる
エリー:家族がいたらどうなの?
ジョエル:家族はみんないるさ あまり気にするな
エリー:そんなことムリ
---------------------
ハシゴを降ろす時
ジョエル:さあ行くぞ エリー
エリー:オッケー
ジョエル:ほら よくやった
ジョエル:もうすぐだ
---------------------
Military Preparatory School の看板の前でエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:似たような所に住んでた ボストンの中でね
ジョエル:「陸軍幼年学校」
エリー:うん つまりは孤児院でしょ ここの子供はどうなったのかな
ジョエル:もう長いこと使われてなさそうだ もう子供じゃないだろう
エリー:あたしたちを追ってるハンターか死体になってるね
ジョエル:あるいは街を出た
エリー:思ってないでしょ
ジョエル:俺は出られると思ってる 行くぞ
---------------------
DOWN OF THE WOLF の看板の前でエリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー:またあった このポスターよく見る
ジョエル:この映画 昔見た
エリー:女の人 最後は殺されちゃうの?
ジョエル:誰も殺されない くだらんラブストーリーだ
エリー:ねえ 誰と見に行ったの?
ジョエル:覚えてない それより集中しろ
エリー:あっそ
---------------------
ジョエル:この路地を通ろう
エリー:あー あのトラックだ
ジョエル:心配するな 頭を下げてろ
ハンター:6... いや 7...全然違う 10...
ハンター:続けろ
ハンター:分からん 20 ...25 どうだ うそだろ
ハンター:神に誓う
ハンター:ベーコン25缶だと?
ハンター:24だ 今ひとつ食べた
ハンター:どうやってそんなに手に入れたんだ?
ハンター:ホテルにある昔の軍のロッカーさ 俺とルーベンが見つけて二人で半分に分けたんだ
ハンター:うまいのか?
ハンター:次はいつ食べる?
ハンター:なぜだ?
ハンター:そりゃ欲しいからさ
ハンター:だろうな 先週お前の命を助けたろ
ハンター:考えとくよ
ハンター:助けなきゃよかったぜ
ハンター:まったく その話をしないならお前にもやるよ
ハンター:うまいといいがな
ハンター:ベーコンだぞ まずいわけない
---------------------
ハンターが砲台で攻撃してきた後
エリー:あいつらが撃ってきてるのは何?
ジョエル:軍が使う砲台だ 伏せろ!
ジョエル:まいたぞ
---------------------
エリー:やばい
ジョエル:大丈夫 死角になってる
ピッツバーグ・街からの脱出
ジョエル:マズい
ヘンリー:子供?!
エリー:ジョエル
ヘンリー:待ておい待て!
エリー:ジョエルやめて! あれ
ジョエル:分かったから 落ち着くんだ
ヘンリー:大丈夫だ 悪いヤツらじゃない 銃を下ろせ
ヘンリー:こりゃヒデえな
ジョエル:襲ってきたのはそっちだ
ヘンリー:ヤツらの仲間だと思ったんだ
ヘンリー:ーだがその子がいた ヤツらのグループに子供はいない 死んじまうからな
サム:血が出てる
ヘンリー:ああ なんでもない
ヘンリー:ヘンリーだ こいつはサム
ヘンリー:あんたはたしかジョエルだな?
エリー:エリーよ
ジョエル:他に何人いる?
サム:みんな死んだ
ヘンリー:おい まだ分かんないだろ
ヘンリー:大勢いたがー 物資を探しに街に入ったのが大間違いだった
ヘンリー:クソ野郎どもに襲われてー バラバラだ 今は脱出しようと必死さ
エリー:協力しようよ
ジョエル:エリー
エリー:だってその方が安全でしょ
ヘンリー:そうだな その方がいい 近くに隠れ家があるんだ ここよりも安全だぜ
ジョエル:分かった行こう
ヘンリー:ついてこい
サム:銃を向けたりして ごめん
エリー:大丈夫 お互い様だしね 出身は?
サム:ハートフォードってとこ
エリー:本当? すごく怖いところだって聞いたよ
ヘンリー:軍がもういないからな だから出た あそこもひどい有様だ
ヘンリー:気をつけろよ ヤツらの監視エリアが近い
ヘンリー:娘さんだけか?
エリー:親子じゃないよ なんて言うかー
ジョエル:この子を守る義務があるんだ
ヘンリー:そうか よくわかるよ
ヘンリー:おい待て 静かにしろ 窓から離れろ 行ったな
ヘンリー:あのトラックめ ここに入ってからずっと追いかけられてー サム何してる?
サム:別に
ヘンリー:そいつは?
サム:リュックには何も入ってないし
ヘンリー:ルールを決めたよな?
サム:全然重くない
ヘンリー:ルールだ どうだ?
サム:「必要なものだけ取る」
ヘンリー:そうだ さあ行こう
ジョエル:あとどれぐらいだ?
ヘンリー:近いぞ あと少しだ
ジョエル:クソ...エリー後ろを頼む
ハンター:どうだ?
ハンター:ダメだ ...誰かいたと思ったがもういない
ハンター:了解
ヘンリー:サム その子といろ
ハンター:他の連中は?
ハンター:調べに行ったのかもしれん もう1度よく見てみよう
ハンター:オーケー
ハンター:よし あっちを頼む 俺はこっちを調べる
---------------------
ハンターを全滅後
ジョエル:やったぜ なかなかやるなあ
ヘンリー:こっち トラックの上だ
---------------------
ヘンリー:ヤバイ あっちにまだいる
ヘンリー:このドアだ
ジョエル:ヤツらの近くだ 安全なのか?
ヘンリー:カギは一つしかない
ジョエル:どこで見つけた?
ヘンリー:ハンターを殺した そいつのカギだ みんな入れ
ヘンリー:こっちだよ
サム:ね......君いくつ?
エリー:あたし?14 あなたは?
サム:えっと......同い年
ヘンリー:14だったか?
サム:すぐだよ
ジョエル:そうだな
ヘンリー:そうだよ
ヘンリー:よし ここだ
ヘンリー:わが社へようこそ
エリー:いつからここに隠れてるの?
サム:何日か前 食べ物があるよ 来て
ヘンリー:ブルーベリーだ 大量に見つけた 食うか?
ジョエル:いや
ヘンリー:落ち着けって 安全だ
ジョエル:なぜ移動しない?
ヘンリー:チャンスをうかがってたんだよ
ジョエル:で?
ヘンリー:こっちだ 見てみろよ
ヘンリー:あそこにいるヤツらー ああやってあそこに集まって橋を警備してる
ヘンリー:だが夜は 相当手薄になる そのときを狙って移動するんだ
ヘンリー:ヤツらのそばをすり抜けて行くのさ
ジョエル:なるほど
ヘンリー:確実だよ 絶対にいける
ヘンリー:おい
エリー:イタ!
サム:ブルーベリーに逃げられた!
ヘンリー:あんな顔したのは久しぶりだよ エリーはたくましいんだな
ジョエル:どこに行くんだ?
ヘンリー:ファイアフライの基地が西にあるって聞いてな そこに行こうと思う
ジョエル:フッ
ヘンリー:何がおかしい?
ジョエル:いやファイアフライは近頃やたらと人気があると思ってな
ヘンリー:いい組織だからだろ
ジョエル:居場所も分からない連中を追って弟を国中連れまわすのか?
ヘンリー:アイツの心配は俺がする あんたはエリーの心配だけしてろ
ジョエル:落ち着け 俺もファイアフライを探してる
ヘンリー:今ここだ 軍が使ってた通信塔が町の外にある
ヘンリー:生き残ってる仲間がいれば明日そこで落ち合う もし一緒に来るなら 今夜出発だ
ジョエル:しっかり休んでおくよ
エリー:そろそろ出るってさ
ヘンリー:グズグズしてたら終わりだぞ 何があってもついてこい ピッタリな
サム:ピッタリ
ヘンリー:ピッタリだ
サム:うん
ヘンリー:よし いいぞ
ヘンリー:準備はいいか?
ジョエル:ああ
ヘンリー:行こう
ヘンリー:みんな離れるなよ
ジョエル:道はわかるのか?
ヘンリー:ん〜まあな
ジョエル:なるほど
ヘンリー:落ち着けって
ジョエル:大丈夫だといいが
ヘンリー:こっちだ
ヘンリー:よし 静かに倒していこう おい 先に行ってくれ よし
ハンター:おい どうだ?
ハンター:あったかくしてるところだ あっちはどうだった?
ハンター:感染者は片付けた だが二人組が見つからない
ハンター:まだ街にいると思うか?
ハンター:ああ いるはずだ
---------------------
2人のハンターを倒した後
ヘンリー:よし さあ移動しよう
ハンター:おい 音がしたぞ クリッカーだ
ハンター:ああ でも誰もいない
ハンター:待て いたぞ! あそこだ!
ハンター:よし!殺ったぞ!お前今のを見たか?
ハンター:やるな
ヘンリー:ジョエル ライトの上に一人いる
ジョエル:分かった
ジョエル:クソ 見つかった!(ハンターに見つかった時)
ヘンリー:隠れる場所を探せ!(ハンターに見つかった時)
---------------------
ハンターを全滅後
ヘンリー:よし やったぞ
---------------------
ジョエル:ヘンリー 手を貸してくれ
ヘンリー:よし
ジョエル:いいか?
エリー:ヤバいよ......
ジョエル:ああ クソッ 急げ!
ヘンリー:行け!
ハンター:おい待て おい!こっちにいるぞ!
エリー:やばい やばいよ
ヘンリー:よし さあ行こう 油断するなよ まだ終わったわけじゃない
ジョエル:よし登れ
ヘンリー:いいぞ サム 急げ
ジョエル:よし 次だ
ヘンリー:よし いいぞ 来い
ハンター:門を開けろ!
ヘンリー:マズい!
ジョエル:急げ 急げ!
ハンター:ロックされた!
ジョエル:エリー!
ヘンリー:よし
ハンター:そこをどくんだ ブチ破る 行け!
エリー:じゃ 引っ張ってあげて
ヘンリー:...... すまない 行くぞ
エリー:えっ?! 何言ってんの? 早く! 何それ ヘンリー! そんな!
ジョエル:クソッ
エリー:一緒だから
ハンター:もう1回だ 行け!
エリー:ジョエル 来て
ジョエル::来い ビルに入れ 行くぞ!
エリー:オーケー!いいよ 来て
ハンター:ああ もう 反対側に回れ!
ハンター:ああ! どうすりゃ出られるんだよ
ハンター:あっちでなにがあった?
ハンター:見つけたようだな
ハンター:散らばれ 多分こっちに来る
---------------------
ハンターを全滅後
ジョエル:隙間を通れ
---------------------
ハンター:早く開けろ! 行け!
ハンター:あそこだ! 橋に向かってる!
ハンター:行け! 行くんだ!
エリー:ジョエル!
ジョエル:ああクソッ(橋が崩れていて通れない)
エリー:ああ もうっ(橋が崩れていて通れない)
ジョエル:弾は何発ある?
エリー:足りないよ
ジョエル:じゃあどうするんだ
エリー:とびこもう
ジョエル:ダメだ 高いし泳げないだろ
ジョエル:持ち上げるから走りぬけろ
エリー:ああ ヤダ!
ジョエル:マズいぞ
エリー:捕まえてね
ジョエル:エリー
エリー:もう時間がない
ジョエル:エリー! ああクソッ!
エリー:ジョエル!(飛び降りた後)
ジョエル:こっちだ!(飛び降りた後)
エリー:うわあああー(飛び降りた後)
ピッツバーグ郊外・地下水路
サム:兄貴!起きたよ
エリー:ねえ 助かった いい?
ヘンリー:ほら言ったろな? あいつは死なないって サムが見つけたんだぜ
ヘンリー:二人ともかなり水を飲んでー
ジョエル:何すんだよ
サム:銃だ!
ジョエル:下がってろ!
ヘンリー:おい落ち着け待て待て待て 大丈夫こいつは撃たない
ジョエル:そうかな?
サム:やめろ!
エリー:ねえ ジョエル!
ジョエル:こいつは俺たちを見捨てた
ヘンリー:ちがう!あんたらが助かるって分かったんだ 俺がヘタに動けばサムが危なかった
ヘンリー:下がってろ
ヘンリー:逆の立場ならどうしてた? とにかく助かったろ?
エリー:ヘンリーのおかげだよ おぼれ死んでた
ヘンリー:大丈夫だ 気にするな
ヘンリー:あんたらが見つかってホントによかった
ヘンリー:通信塔は崖の反対側だ だが物資がたくさんある 俺を殺さなくてよかったな
エリー:この辺を探してみよう 何か見つかるかも
エリー:ドキドキした 大丈夫?
ジョエル:ああ 通信塔を探そう
エリー:あいつ信用できる?
ジョエル:ああ 信じる
ヘンリー:心配すんなってもう大丈夫だ
エリー:うん
エリー:ねえあのボートに何かあるんじゃない?
ヘンリー:おい 気をつけろよ!
ジョエル:わかってるさ
エリー:うわぁ ボート初めて
ジョエル:海の上じゃないけどな
エリー:乗ったことにはなるよね
サム:ねえ エリー! これを見てみろよ
エリー:見に行ってみよう
ヘンリー:こっから抜けられそうだぜ 手貸してくれ よし同時にそらっ
ジョエル:よしやろう
ジョエル:ああ チクショウ(開けるのを失敗した時)
ジョエル::よし 行け
ヘンリー:よし いいぞ......
ジョエル:さあ行け
ヘンリー:オーケー
ヘンリー:ライトをつけろ おいサム
サム:「離れるな」 だろ?
ヘンリー:分かってきたな
ヘンリー:さあ どうする
サム:どうする?
エリー:何かある?
ジョエル:いいや 他の道を探そう
エリー:ジョエルこっちに行こう
ヘンリー:よし 俺たちはこっちだ
ジョエル:開かないな
エリー:それ外せたら 入ってドアを開けられるよ
エリー:うわやだっ すっごいネズミ
エリー:ジャーン どうぞ
エリー:トミーの所まで二人も一緒に来るかな?
ジョエル:どうだろうな まあ しばらくは様子を見よう
ヘンリー:こっちだ 奥に道があるぞ ほらそこ
サム:こっちから出られる?
ヘンリー:いや そこは届かないな
サム:僕 泳げないんだ
エリー:あたしもだよ
ヘンリー:なあジョエル: どうやって渡る?
ジョエル:何か方法を考えよう
エリー:ねえ 発電機だ
ヘンリー:おい レールがあるぞ これ動くんじゃないか?
ジョエル:ダメだ!(バルブハンドルを回そうとした時)
ジョエル:そこで待ってろ(水に入った後)
ジョエル:ヘンリー回してみろ(水門の異物を取り除いた後)
ヘンリー:よし さあどうだ よし動いた
ジョエル:ちょっと見てくる 見張っててくれ
ジョエル:ああ クソッ!(クリッカー発見後)
エリー:ジョエル!
ヘンリー:大丈夫か?
ジョエル:ああ! なんとかな
エリー:ああ またこれね(ジョエルが板を持ってきた後)
ジョエル:ほら乗って
ヘンリー:いいアイディアだな さすがだ
エリー:あー 早くこっから出たい
ジョエル:よし まだ動くか確かめろ
エリー:やってみる やった!
ヘンリー:ハッ 絶対ダメだと思った
ジョエル:バカなこと言うな
ヘンリー::中に誰かいると思う?
ジョエル:かもな
エリー:本当にここに入るの?
ジョエル:行くしかないだろう
ジョエル:ああクッソ(サウンドトラップ作動後)
ヘンリー:おおっと サウンドトラップだ
ジョエル:何?
ヘンリー:一種の警報だ
エリー:一体どういうこと?
ヘンリー:誰か住んでたんだな
ジョエル:今はもういないみたいだが
サム:誰が住んでたんだ?
ヘンリー:そりゃ ここが安全だって思ったヤツさ
サム:あ...
エリー:いいね
ジョエル:エリーおいー
エリー:あ 大丈夫
エリー:ねえサム そこに立ってて
サム:ああ オッケー
エリー:行くよ?
ヘンリー:...
サム:さあ来い! 兄貴 今の見た?
ヘンリー:もうやめるんだ いいな?
サム:ああ ごめん
エリー:聞こえた?感染者だ
ジョエル:...静かに
エリー:あと3人こっちに来る!
エリー:ああここにいた人がどうなったか分かった
ヘンリー:クリッカーってことは感染してから長いな
ジョエル:とにかく進もう これ以上いないことを祈るしかない
ヘンリー:まあ 無理か
---------------------
追い詰められた者のメモを読んだ後
ジョエル:バカな
---------------------
サム:外につながってるかな?
ヘンリー:かもな でもちょっと高すぎる
ヘンリー:他にも出口はあるだろ
ジョエル:...下がれ!
サム:何? うわ 何だよ!
ヘンリー:サム!
サム:ああ 大丈夫
ジョエル:俺が非常装置か何かを起動させたんだ
ジョエル:ヘンリー持ち上げてみよう
エリー:そっか 困ったね
サム:ああ いつもと同じだよね
エリー:クリッカーだ!
ジョエル:何?
ヘンリー:おい これ動かせねえぞ
ジョエル:逃げろ さっさと行け!
ヘンリー:サム 離れるなよ
エリー:ヘンリー 早く逃げなきゃ!
ヘンリー:ジョエル 頼むぞ!
ジョエル:行け! シー...
ジョエル:心配ない
サム:ああ わかってる
ジョエル:よし じゃあ行くぞ ここを出る方法を探そう
サム:うん あれ見える?
ジョエル:後ろにいろ 俺が走ったら走れ
サム:うん
---------------------
感染者を全滅後
サム:やったね
ジョエル:このまま行くぞ いいな?
サム:ああ
サム:この場所見て 教室みたいだ なぜ襲われたんだろう?
ジョエル:さあな よくわからん マヌケだったってことだろ
サム:ぼくも絵を描いてた
サム:きっと たくさんいたんだな つまり......人が
ジョエル:みたいだな
ジョエル:ほら行け
サム:できたよ(ハシゴを下ろした後)
ジョエル:よくやった
エリー:くたばってな!
サム:エリーかな?
ジョエル:来い
---------------------
エリーとヘンリーと合流後
サム:ジョエル 二人だ
ヘンリー:サム!
---------------------
エリー:ああ サイアク
エリー:止まっちゃダメだよ
サム:あそこ!ドアだよ!
ヘンリー:サム!
エリー:逃げて!数が多すぎる!
ジョエル:エリー そのドアから離れろ!
ヘンリー:一緒に押してみよう 頑張れ
エリー:サムが! サムが行ったよ!
ヘンリー:なんだと? サム 何をしてる?
サム:ドアを開ける!
ヘンリー:なら 急げ よし行こう
ヘンリー:みんな上だ さあ早く!
ヘンリー:ダメだ 開かねえ!
エリー:持ち上げて 窓から出られる
ヘンリー:向こうから開けてくれ 急げよ! ほら サム お前も行くんだ
サム:え? 兄貴は?
ヘンリー:大丈夫だ さあ行け
---------------------
感染者が出現後
ヘンリー:来るぞ!
ジョエル:クソッ 来たな
---------------------
感染者を全滅後
ヘンリー:やった! ドアが開いた 行くぞ!
ヘンリー:よし 動け! ほら行くぞ
ジョエル:やったぞ...
---------------------
サム:ええっ? 見てよ
サム:"感染者が中にいる 開放厳禁"
エリー:もう あたしたちをからかってるの?
ヘンリー:警告なんて恐れ入る
ジョエル:通信塔はどこだ?
ヘンリー:近いぞ
ピッツバーグ郊外・住宅街
ヘンリー:さあ 行こう
ジョエル:おい 大丈夫か?
エリー:危なかったね
ヘンリー:ああ カンタンじゃなかったけどな
サム:なんとかなった
エリー:うん
ヘンリー:おい見ろよ な? 言った通りだろ まずは道を探そう
ジョエル:おまえは大丈夫か?
エリー:もう慣れちゃったよ ヘンリーといる時あたしも感染者をやっつけたんだ すごいでしょ?
ジョエル:そうか
---------------------
家の中に入った後
エリー:感染者が一人もいない世界なんて想像もつかない
サム:生き残るのも大変だっただろ?
エリー:そうだね 本当に
サム:どこでジョエルと会ったの?
エリー:ああ えっと...... 友だちのマーリーンがあたしのことを頼んだの
サム:うまくいってるよね
エリー:うん まあ 今はアゴで使ってる だよね ジョエル?
---------------------
キッチンに入った後
ヘンリー:感染が始まった時には...... 5歳くらいだったか こんな街に住んでた気がするな
エリー:何か覚えてる?
ヘンリー:ああ バーベキューかな 両親が大勢呼んで景気よくバーベキューやってた
ヘンリー:今でも匂いを覚えてるよ 不思議だ
---------------------
I'm ARMED NO TRESPASSING と描かれた家の壁の前に移動した後
ジョエル::「近づくヤツは撃つぞ」
ヘンリー:なんて友好的なんだ
ヘンリー:感染発生直後は略奪がひどかった みんな怯えてたよ ジョエル覚えてるか?
---------------------
ヘンリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:みんな自宅に立てこもってたな それで食料が尽きはじめた
ジョエル:そういう時に人の本性が見えるんだ
---------------------
サム:あ 犬だ
ヘンリー:犬に近づきすぎるなよ 飼われてるのとは違う 凶暴だ
エリー:これ何?
サム:ああ アイスクリーム屋さんだよ
エリー:アイスクリーム屋さん?
サム:うん 兄貴に聞いたんだ トラックでアイスを売るって
エリー:え? ジョエル ホント?
---------------------
エリーに話しかけた後【会話イベント】
ジョエル:ホントさ トラックが町を回って変な音楽をガンガン流してると子供が買いに来るんだ
エリー:絶対ウソだね
ジョエル:ホントだって
エリー:変な時代だったんだね
ジョエル:言っただろ?
---------------------
ファイアフライのマークを発見後
ヘンリー:ファイアフライのマークだ
ジョエル:そうみたいだな
ヘンリー:どうやって探す?
ジョエル:俺の弟がファイアフライの元メンバーだ ワイオミングにいるらしい
ジョエル:そこで弟に会ってファイアフライを探す...一緒に来るか?
ヘンリー:なかなかいいアイデアだ
エリー:ああ あのさ暗い話はもうやめにしよ ジョークの時間
サム:何それ?
エリー:ちょっと付き合って
エリー:じゃあコーヒーのジョークね ああ止めよう ブラックすぎる
サム:わかんない
エリー:実はあたしも
エリー:緑のブドウは紫のブドウに言いました 「そろそろ息したら?」
サム:バカすぎる
サム:よし ぼくも思いついた
エリー:言ってみて
サム:鼻が25センチないわけは?
ヘンリー:さあなんで?
サム:あったら...もう足だろ
エリー:あはは 頭悪い 最高
---------------------
家の天井を開けた後
ジョエル:ああ クソ ああ 天井が落ちてきた 気をつけろ
エリー:平気なの? 持ち上げて
ジョエル:気をつけろよ
エリー:ふぅ
ジョエル:何か見つけたか? さあ いいぞ 悪いな
---------------------
エリーとサムがダーツを始めた後
サム:エリー これ見て もう持って
エリー:何これ?
サム:ダーツだ
エリー:へえ
ヘンリー:おい サムー 気をつけろよ
サム:ああ
エリー:いいよ
サム:僕が先ね... ああ クッソ
サム:やってみて
エリー:オーケー 投げるよ?
サム:うん
エリー:ブンッ! あたし天才!
サム:運だ
エリー:何で 違うよ
サム:ラッキーだった
エリー:何その態度? ムカつく
エリー:行くよ 何よ! 最悪
エリー:じゃあ 引き分け?
サム:違う違う これはそっちの負けだよ
エリー:なんであたしの負けなわけ? どう見ても引き分けでしょ?
サム:ああ 分かったよ
ヘンリー:子供のままでいられる日が来るさ
ジョエル:......行こう
---------------------
スナイパーに狙撃された後
ジョエル:クソ 伏せろ!
ヘンリー:あークソ
ジョエル:クソ...スナイパーだ
ヘンリー:どっから撃ってきた?
ジョエル:通りのどこかだ 今はここを動くな
エリー:ダメよ
ヘンリー:動く前に ヤツを休ませないようにしろ
ジョエル:俺は回り込んで別の角度から攻める
エリー:いいわ ねえ 気をつけて
---------------------
スナイパーが話しかけてきた時
ハンター:来いよ ケガはさせない!ウソじゃないぞ!
ハンター:とっととテメエの家に帰りな!
ハンター:やっちまえ!
ハンター:どこへ行く気だ?
ハンター:ああ 家に隠れてろ 無駄だがな!
ハンター:どこに来たか分かってんのか?
ハンター:ここは俺らの縄張りだぞ
ハンター:おい どこに行くつもりだったんだ?
ハンター:見つけたぞ!
ハンター:あー 当たっちゃったか?
ハンター:いてえだろ?
---------------------
ジョエルがハンターを狙撃する時
ヘンリー:行くぞ
ジョエル:あ...マズイ
ジョエル:クソッ! ちくしょう(狙撃を外した時)
ヘンリー:急げ おい
ヘンリー:しっかり狙え(狙撃を外した時)
ジョエル:ああ チクショウ(狙撃を外した時)
---------------------
装甲車が来た後
ジョエル:ああ クソ まずい
ヘンリー:クソッ 街から来たやつらだ
ジョエル:おいヘンリー
ハンター:逃げられると思ったのか? ああ? 戻ってきたぞ この野郎!
---------------------
ハンターを全滅後
エリー:もう ホントにやばかった!
エリー:ありがとう
ヘンリー:よし やったぞ
サム:行かないと
---------------------
エリーとサムがクリッカーに襲われた後
エリー:サム!
サム:兄貴!
---------------------
クリッカーを倒した後
ヘンリー:サム 大丈夫か?
サム:うん なんともない
エリー:早く 早く
---------------------
大量の感染者が襲ってきた後
ヘンリー:急げ 急げ 急げ
ヘンリー:おいおい よせよせ
ジョエル:ああ クソッ
エリー:無事だった?
ジョエル:まあなケガ人は?
エリー:ううん
ヘンリー:いや いない
ジョエル:ここを出たほうがよさそうだ 行くぞ
ヘンリー:ああ 行こう
---------------------
ヘンリー:それ本当かよ?
ジョエル:ああそうだ トミーの誕生日でな あいつの望みは ハーレーを借りて横断旅行さ
ヘンリー:チックショー 俺も近所を1ブロックでいいから乗ってみてえ
ヘンリー:どうだった?
ジョエル:よかったよ すごく
ヘンリー:よかった? おい聞いたか?
ヘンリー:もっと感想あるだろ? 頼むぜ
エリー:どうやら あたしはいないほうがよさそうね
ヘンリー:おい待て待て ハーレーはただのバイクじゃねーぞ あいつにまたがってエンジンを感じてみろ 最高だぜ
エリー:乗ったことないはずでしょ?
ヘンリー:夢で乗ったのさ
エリー:はいはい
ヘンリー:俺の仲間は来ないみたいだ
ジョエル:ああ
ヘンリー:そのことをサムに どう言ったらいいのか
エリー:ねえ あのふたり ようやく打ち解けたみたいよ
エリー:何してんの?
サム:今日見つけた食料を記録してる
エリー:なるほど それじゃあ「モモの缶詰」は何個ある?
サム:兄貴が行けって?
エリー:え?何でヘンリーが?
サム:僕がヘマしないように
エリー:さっきはみんなうまくやったじゃない 特にあんた
エリー:どうしちゃったの?
サム:どうもしてない
エリー:そっか じゃあー おやすみ
サム:なんでいつも平気なの?
エリー:そんなはずないでしょ?
サム:怖いものある?
エリー:うーんそうね サソリは気味が悪いね
エリー:あとーひとりになること 自分ひとりぼっちになること サムは?
サム:外にいるあいつら まだ意識が残ってるかも 意識はあるのに体が暴走してるのかも
サム:自分がそうなるのが怖いよ......
エリー:分かった あたしたちはもうチームなの お互いに助け合おう
エリー:あと あいつらは人間みたく見えるけど 中身はもう人間じゃない
サム:兄貴もそう言ってた 中の人は家族と一緒に天国だって 本当だと思う?
エリー:あたしも分からない それを信じたいけど......
サム:でも信じない
エリー:そうだね
サム:ああ 僕もだ
エリー:そうだ 深刻な話で忘れてた
エリー:はい ヘンリーにバレなきゃ 取り上げられない(ロボットのオモチャを渡す時)
エリー:あーあ 疲れた また明日ね
---------------------
エリー:わぁ いい匂い
ヘンリー:サムは?
エリー:ゆっくり寝させてる
ヘンリー:そう
ヘンリー:飯が食いたいならあいつを起こしてくれ
エリー:了解
エリー:サム?
エリー:サム!(サムが感染者になって襲ってきた後)
ヘンリー:なんだ?
ジョエル:感染してやがる!
ヘンリー:俺の弟だぞ!
エリー:サム!
ジョエル:知るか
エリー:ひどい......
ジョエル:ああ エリー 大丈夫か?
エリー:うん やだ ウソでしょ
ヘンリー:サムー
ジョエル:マズい
ヘンリー:サムー
ジョエル:ヘンリー
ジョエル:エリーそこにいろ ...ヘンリー
ヘンリー:俺は何てことー
ジョエル:銃は俺が預かる いいな?
ヘンリー:サ...サ...サム...
ジョエル:おい 待て待て 落ち着け
ヘンリー:お前のせいだ
ジョエル:誰のせいでもない
ヘンリー:お前のせいだよ!
ジョエル:ヘンリー
ジョエル:ヘンリー よせ!(サム自殺)
ジョエル:ーそんな!
トミーのダム・水力発電所
FALL(秋)
エリー:今ジャクソン郡か じゃあジャクソンシティはすぐだね
ジョエル:あと二、三キロのはずだ
エリー:弟さんに会う準備は?
ジョエル:それは着いてからだ
エリー:緊張する?
ジョエル:自分でも分からん
エリー:いったい何があったの?
ジョエル:何のことだ?
エリー:トミーとさ... ...別れたってことは何かあったんでしょ?
ジョエル:意見の不一致ってやつだ
エリー:へえ なるほど 意見って何の?
ジョエル:世の中の見方が俺とは違ったんだ で 彼はファイアフライに入った あのマーリーンのやつがそそのかした
ジョエル:しばらくは夢中だったが結局は辞めた あいつらしいがな
エリー:最後はどうやって別れたの?
ジョエル:確かこう言われたっけな "お前のツラなんて2度と見たくない"
エリー:ええ?助けてくれるの?
ジョエル:それは着けば分かる まあ助けがなくても何とかする とにかく行こう
エリー:うわ 何あれ?
ジョエル:あれは水力発電所だ
エリー:水ー何だっけ?
ジョエル:ええと...... 川の流れを使って電気を作る施設だよ
エリー:どういう仕組み?
ジョエル:仕組みは知らないが そういうことだ
エリー:なるほど どうやって渡る?
ジョエル:半分だけか(バルブハンドルを回した後)
エリー:あっちも上がれば渡れるね
ジョエル:よしエリー ここにー(板を持ってきた後)
エリー:分かってる こいつに乗ればいいんでしょ
ジョエル:回してくれ
エリー:気をつけて渡って
ジョエル:わかってる
エリー:チームワーク やった
---------------------
墓を調べた後【会話イベント】
ジョエル:小さい子の墓か
エリー:サムのお墓にロボット置くの忘れた どうしようかな
ジョエル:エリー
エリー:何?話したいんだよ
ジョエル:ダメだ
エリー:何で?
ジョエル:何回同じことを言わせる? 失ったものは戻らないんだ
エリー:だってー
ジョエル:もうやめろ
エリー:そうだねゴメン
ジョエル:トミーを探そう
---------------------
エリー:あー お腹減ったー
ジョエル:ああ 俺もだ
エリー:次にリスを見たら絶対撃つ
ジョエル:まずはここを抜ける 次に食い物だ
エリー:あたしが餓死したらジョエルのせいね
エリー:えっと中に入る?
ジョエル:ああ 他に道はない 中を通って行こう
---------------------
マリア:そのまま動くんじゃないよ あんたは銃を下ろしな
ジョエル:エリー言うとおりにしろ
エリー:分かった
マリア:道に迷ったの?
ジョエル:人がいるとは思わなかった 向こう側に行きたいだけなんだ
マリア:どこまで?
トミー:銃を下ろせ
マリア:知り合いなの?
トミー:男はな 俺の兄貴だよ
ジョエル:トミー
トミー:マジかよ
ジョエル:元気にしてたのか?
トミー:驚いた
ジョエル:ああ
トミー:だって兄貴ーずいぶん老けやがって
ジョエル:お前もいずれこうなる
トミー:マリアだ 礼儀正しくしとけよ ここのリーダーだ
ジョエル:あ......どうもな さっきは撃たないでくれて
マリア:いいえ 当然よ 義理の兄を撃つなんて
トミー:押し切られちまったわけだ
マリア:あなたエリーね?
エリー:そう
マリア:何でここへ?
エリー:あー...... そのいろいろあって
トミー:中で話そう
マリア:ええ お腹は?
エリー:ペコペコ
---------------------
マリア:大丈夫! 仲間よ
マリア:用心してるのよ 盗賊がよく来るから
トミー:ここ何日かは静かだ
ジョエル:ここで何してるんだ? ジャクソンにいたんじゃないのか?
トミー:発電所を直そうとしてるんだ
マリア:前は動いてたの でもタービンがイカれちゃって
トミー:電気が使えるんだぜ...... 「使えた」か やってみる価値はある
エリー:うそでしょ?
エリー:馬を飼ってるの?
ジョエル:たくさんいるぞ
仲間:おーいトミー 手伝ってくれ
トミー:悪い すぐ戻る
エリー:いい?
マリア:もちろんよ 耳をなでてあげて
マリア:乗ったことは?
エリー:実はあるの
ジョエル:いつの話だ?
エリー:隔離地域で ウィンストンっていう兵士が教えてくれたんだ
マリア:よかったら後で乗ってみる?
エリー:うん 乗りたい
トミー:よし!
仲間:ありがとよ
トミー:いいって
トミー:よし ツアーの続きだ
マリア:アール?
仲間:ん?
マリア:まだいないの? もう交代の時間じゃない?
仲間:ハウザーたちが戻ってくるのを待ってるんだよ
マリア:ああ もう行って 家族が待ってるでしょ
仲間:あとちょっとだし がんばるよ
マリア:分かった 無理しないでね
無線:マリア 制御室だ タービンを起動させるぞ こっち来れるか?
マリア:あ...お願いできる?
トミー:俺の番だしな 行くよ
ジョエル:俺も行こう マリアと一緒に食べてこい
エリー:ジョエル?
マリア:行くわよ 二人にしてあげましょう
マリア:トミーがそっちに向かうわ
マリア:さあ
---------------------
トミー:タービンを動かそうとしてるんだ もう6回目だ 来て一週間だが長く感じるよ
トミー:そうだー 渡すもんがある
---------------------
トミーに話しかけた後【会話イベント】
トミー:去年テキサスの家に行ってみたんだが何も残ってなかった
トミー:だけどー これ ちょっと色あせてるが綺麗だろ?(ジョエルとサラの写真を渡す)
ジョエル:いや いい
トミー:本当に? だってー
ジョエル:本当にいいんだ
トミー:分かった...... じゃあ預かっとくよ
ジョエル:トミー あ...... 話がしたい 二人で
トミー:ああ いいぜ 仲間の様子を見てからな こっちだ
---------------------
トミー:俺たちの町も見てってくれないか もう20世帯もいるんだ
トミー:マリアと親父さんが自給自足の村として始めた 野菜と家畜を育ててる
トミー:こんな生活もうできないと思ってたよな? ここでならできる
---------------------
銃を持った女性に話しかけた後【会話イベント】
女性:見ない顔ね
ジョエル:ああ ジョエルだ トミーのー
女性:お兄さんね? ここじゃ噂はすぐ広まるの
ジョエル:そうかもな
女性:確かに似てるわね
ジョエル:なるほど
女性:褒めたのよ
ジョエル:会えてうれしいよ
女性:私も
---------------------
ジョエル:町の防衛は?
トミー:大人が交代で見張ってる 発電所が直れば電気柵も使えるしな
ジョエル:感染者もやって来るんだよな?
トミー:もちろんだ どこでもそうだろ
ジョエル:言い切れるのか? マーリーンみたいだぞ
---------------------
犬をなでた時
ジョエル:よしよし
トミー:バックリーだ 番犬にはならないが楽しいヤツだよ
ジョエル:ああ いい子だ
---------------------
トミー:発電所を復活させる天才たちだ
トミー:今回はいけるぜ 信じないか?
ジョエル:そうは言ってない
トミー:100万ドル賭けてもいいぜ
ジョエル:よし200万だ
仲間:もうちょっとで終わる あとはシールドを戻すだけだ
仲間:オーケー
仲間:左だ 気をつけろ
仲間:よしいいぞ 下ろせ ゆっくりだ
仲間:よしいいぞ
仲間:トミーが来た いけるか?
仲間:あともうちょっとだ よし!いける
仲間:いいか?
トミー:いいぞ いけ
仲間:いくぞ!
仲間:よっしゃ! おいやったな!(水力発電所が復旧後)
トミー:みんなよくやった 誰かマリアに連絡して知らせてやれ
トミー:見たか?
ジョエル:こりゃすごいな
ジョエル:200万ドル損したな?
トミー:よし兄貴ー 話をしよう
---------------------
ジョエル:たいした仲間たちだな
トミー:いいヤツらさ この町でチャンスをもらった ここならやり直せるんだ
トミー:なんでボストンを出た?
ジョエル:やむを得ない事情があってな
トミー:あの子に関係があるのか?
ジョエル:あの子がすべての原因だ
トミー:あの子がなんだって言うんだ?
ジョエル:免疫を持ってる
トミー:免疫だと? バカを言え
ジョエル:本当だ 何人もが死ぬほどの菌を吸い込んだってビクともしない 俺も信じなかったが証明できる
トミー:そうか だとしたら なぜここに来た?
ジョエル:ファイアフライに引き渡したい お前の仲間だろ? 無事に届ければ報酬もでる
トミー:ヤツらとはもう何年も会ってない
ジョエル:アジトは分かるだろ? 簡単な仕事だ 必要なものさえもらえばー 俺はここを出ていく
トミー:なんで兄貴のために俺が?
ジョエル:俺のためじゃない お前たちの大義のためなんだぞ
トミー:俺には家族がいる そんな簡単には引き受けられない
ジョエル:それならマリアに頼むといい 仲間に行ってもらえるだろ
トミー:仲間にも家族がいる
ジョエル:重要なことなんだ
トミー:必要なものは渡そう あの子は兄貴が届けてくれ
ジョエル:恩を忘れたのか?
トミー:恩だって?
ジョエル:何年お前の面倒をみてきたか
トミー:あれで「面倒をみた」だと? いまだに夢でうなされてるんだぞ
ジョエル:おかげで生き残れただろ
トミー:後悔してる
ジョエル:人類を救う方法になるかもしれないんだぞ ガキみたいなことを言うな
トミー:あの頃とは違う 殴るなら今度は兄貴も痛い目に遭うぞ
ジョエル:あれは何だ?
トミー:襲撃だ 殺し方は覚えてるな?
ジョエル:ああ
---------------------
バンデットが襲撃してきた後
仲間:クソ盗賊だ!
仲間:戦え! ヤツらを建物に入れるな!
トミー:よし 移動するぞ!
---------------------
バンデット全滅後
トミー:これで全部か?
ジョエル::やったぞ
トミー:俺たちも行くぞ
---------------------
バンデット再出現後
無線のマリア:トミー! 盗賊よビルに入ってきた
トミー:逃げられるか?
無線のマリア:閉じ込められた
トミー:すぐ助けに行く 待ってろ
無線のマリア:来たわ 隠れて!
ジョエル::こいつは複雑そうだな
トミー:マリア? チクショウ
---------------------
バンデット全滅後
トミー:まだ敵がいるぞ 行こう!
トミー:これで全員倒した! マリアのところに行くぞ!
ジョエル:援護する
---------------------
バンデット再出現後
トミー:兄貴 頼んだぞ
---------------------
バンデット全滅後
ジョエル:やっつけた
マリア:トミー!
トミー:マリア!
マリア:無事よ!エリーも!
トミー:今回は危なかった
トミー:無事だったか?
マリア:ええええ大丈夫
ジョエル:無事だったか......よかった
エリー:ジョエル すごいよ あっちこっちから襲ってきた
エリー:ああ...... そしたらマリアが"走って!"って
ジョエル:聞け......
エリー:それでテーブルを跳び越えたらあの大男が銃持って入ってきてね
ジョエル:いいからまず落ち着くんだ 聞けー
エリー:それでー
ジョエル:エリー ケガは?
エリー:ないよ
トミー:なあマリア 話すことがあるんだ
---------------------
トミーがマリアに事情を説明後
マリア:ダメ 絶対ダメ 他の人を見つけるよう言って
トミー:このまま放ってはおけない
マリア:今日何人の仲間が死んだか分かってる?
エリー:何があったの?
エリー:原因はあたし?
ジョエル:後で話す
エリー:研究所の場所聞いた?
ジョエル:だから後で話す
エリー:後で...... そう
マリア:一度でもあなたがヘマしたら それだけで私も未亡人の仲間入りなのよ
トミー:俺はやるよ やらなきゃいけないんだ
マリア:もういい
トミー:マリア マリア!
ジョエル:来た来た
マリア:あんた 覚えときなさい トミーに何か起こったらー あんたのせいだからね
トミー:感謝はしてるんだ
ジョエル:分かってるさ
トミー:俺があの子をファイアフライに届ける 心配しないでくれ
ジョエル:助かるよ
トミー:人類のためだからな
ジョエル:エリーと話がしたい
トミー:え? なんだって? 兄貴!
ジョエル:何だ?
トミー:エリーが馬を盗んで逃げたらしい
ジョエル:クソ どっちだ?
トミーのダム・牧場の家
仲間:ここから馬で出ていった
トミー:中へ戻って 後始末をしておいてくれ
仲間:ああ
トミー:よしよし
仲間:じゃあ気をつけて
トミー:そこ
ジョエル:ああ
トミー:足跡がある 行くぞ
トミー:遠くには行ってない 大丈夫 見つかる
ジョエル:あのガキめ
トミー:いつもこうなのか?
ジョエル:いや違う 訳が分からん
トミー:こっちじゃないようだな
トミー:足跡だ 森に入っていったな 行こう
ジョエル:エリー 何のつもりだ
ジョエル:おい 足跡だ
トミー:よしそっちか
---------------------
バンデットが襲撃してきた後
ジョエル:おうおうおう......
トミー:援護するぞ 敵は何人だ?
ジョエル:多すぎて分からん
トミー:回れ 援護する
---------------------
バンデット全滅後
トミー:これで全部だ さあ馬へ戻ろう
---------------------
トミー:足跡が続いてる
ジョエル:捕まってないといいが
トミー:見ろ牧場だ
ジョエル:馬がいる エリーはそこだな
トミー:盗賊はいないな
トミー:気をつけろ
ジョエル:エリー?
ジョエル:エリー?!
エリー:こっちだよ なんてヤツだ
トミー:俺は見張ってる 二人で話しをしてくれ
---------------------
エリー:昔は平和だったね 男の子に映画 あとはファッションの悩みぐらいだ バカみたい
ジョエル:行くぞ 急げ ほら
エリー:ヤダって言ったら?
ジョエル:お前は貴重な存在なんだぞ?勝手に逃げだして死んでたかもしれないだろ バカなことはするな
エリー:あたしだってあんたにガッカリした お互い様
ジョエル:何が気に入らないんだ?
エリー:ずっと あたしを誰かに押しつけたかったんでしょ?
ジョエル:トミーの方が地理に詳しいからー
エリー:そんなのウソ
ジョエル:悪かったな だがアイツは俺よりも信用できるんだ
エリー:ごまかさないでよ 何を怖がってるの?
エリー:あたしがサムみたいになるって? あたしは感染しない 迷惑はかけない
ジョエル:何度も危ない目にあったろ?
エリー:でもちゃんと切り抜けてきたじゃない
ジョエル:トミー:といればお前はもっと安全でいられる
エリー:あの子とは違うよ
ジョエル:何?
エリー:サラのことマリアから聞いたんだ
ジョエル:エリー その話だけはするんじゃない
エリー:気分を悪くしたなら謝る でもあたしだって亡くした
ジョエル:お前はまだ本当の悲しみってものを味わっていない
エリー:あたしの大事な人は全員 あたしを置いてったか死んだの 全員ね......あんた以外は
エリー:他の人といた方が安全なんてウソ 置いていかれたら もっと不安になるの
ジョエル:...そうだな
ジョエル:お前は娘じゃないし俺はお前の父親じゃない だから別の道を行くんだ
---------------------
バンデットが襲撃してきた後
トミー:ヤバいぞ 誰か来た
ジョエル:ふたり入って来るぞ
トミー:家の中にもいる
ジョエル:待ってろ
---------------------
バンデット全滅後
ジョエル:よし もう安全だ 馬のところへ戻ろう
ジョエル:出てこい
ジョエル:手伝おうか?
エリー:いい
トミー:さあ
---------------------
トミー:どうどうどうどう よし 見てくれよ
トミー:今夜子どもたちは映画だ
ジョエル:研究所にどこにある?
トミー:だいぶ遠い 東コロラド大学だ
ジョエル:ビッグホーンズ
ジョエル:エリー馬を下りろ トミーに返せ お前がよければコイツにふたりで乗ろう
ジョエル:どうした? 何度も言わせるな
トミー:どうしたんだ?
ジョエル:お前の嫁さんが怖い 追っかけられたくないからな
エリー:馬を盗ってごめんなさい
トミー:せめて町に戻ってもう一度話そう
ジョエル:いやもう決めちまったことだ
ジョエル:東コロラド大学か で研究所は?
トミー:科学棟にあるでかい鏡みたいな建物だ
ジョエル:嫁さんを大切にな
トミー:歓迎するぞいいのか?
ジョエル:どうする?
エリー:行こう
ジョエル:それじゃお別れだ
ジョエル:ほらっ
大学キャンパス・キャンパス
エリー:よし じゃあ確認させて フォースダウンで失敗したら相手にボールを渡すんだよね?
ジョエル:そう ターンオーバーだ
エリー:もしも10ヤード進めたらまた...ファーストダウン?
ジョエル:そう ファーストダウンだ
エリー:ああ ややこしい
ジョエル:実際にプレイしてみれば そうでもない
エリー:あたしにはどの建物も鏡には見えない
ジョエル:グラウンドへ行ってみよう キャンパスが見渡せるはずだ
エリー:おい タコ 待ってろ
ジョエル:なんで「タコ」なんて名前にしたんだ?
エリー:トミーに名前を聞かなかったのが悪いんだよ
ジョエル:タコか...
ジョエル:見張りの跡がある
エリー:お、いいね!
エリー:楽しかった
---------------------
建物の上にあるヒツジの旗を調べた後【会話イベント】
エリー:でっかいヒツジだ まるで宗教みたいだね
ジョエル:スポーツの話か? 確かにそうだ
---------------------
エリー:ああ 寒くなってきた
ジョエル:もうそんな時期か
エリー:ねえ見て あれかな? 本当にでかい鏡だ
エリー:どのくらいの人がいると思う?ていうかファイアフライ
ジョエル:全部数えるとなると人手が必要だ
エリー:あたしぐらいの歳の子もいるかな?
ジョエル:さあ それはどうかな...
エリー:タコを見てるね
ジョエル:いやな名前だ
---------------------
感染者が出現後
ジョエル:おいおいおい 何だ?
ジョエル:ランナーの音だ 馬と待ってろ 俺が見に行く
エリー:大丈夫?
ジョエル:いいか逃がすなよ すぐに戻る
---------------------
感染者を全滅後
ジョエル:もういないな
---------------------
エリー:あたし 昔はね...宇宙飛行士になりたかった
ジョエル:本当に?
エリー:うん 宇宙を独り占めできるから かっこいいでしょ なんてね
エリー:あんたは? 夢なんだった?
ジョエル:ああ 子供のころになりたかったのは ...歌手
エリー:うそでしょ?
ジョエル:本当だよ
エリー:何か歌って
ジョエル:断る
エリー:いいじゃん 笑わないから
ジョエル:いや 絶対笑う
エリー:ジョエル ねえお願い
ジョエル:すぐに戻る
エリー:待ってるね
エリー:うわあ...... これってサル?
ジョエル:ああ たくさんいるな
エリー:あのマーク ファイアフライだ ジョエル 見て!
---------------------
ファイアフライのマークを調べた後【会話イベント】
ジョエル:そうだな
エリー:よかった ファイアフライのサインだ
---------------------
ジョエル:よし 開けてみろ
エリー:あれだ 動かない
---------------------
シャッターのスイッチを押した後
ジョエル:やっぱり
---------------------
発電機を調べた後【会話イベント】
ジョエル:また発電機だ 届かない
---------------------
発電機のケーブルを調べた後【会話イベント】
ジョエル:やつらが取り付けたようだな
ジョエル:よし ここにいて... 馬を見てろ
エリー:そっちが見ればいいじゃん? ごめん 緊張してるんだ
---------------------
エリー:気をつけて
ジョエル:そっちも
---------------------
胞子に近づいた後
ジョエル:クソ 胞子だ
---------------------
感染者のいるフロアから脱出する時
ジョエル:クソ
---------------------
感染者のいるフロアから脱出した後
エリー:ジョエル! 大丈夫? 何があったの?
ジョエル:感染者はいたが 大丈夫だ
エリー:ねえ 門を開けて
---------------------
発電機を動かした後感
ジョエル:よし ゲートへ来い
エリー:やった
ジョエル:ああ 通ってくれ
エリー:ほら
---------------------
エリー:あのクリッカーたち ファイアフライだったのかな?
ジョエル:いや それはないだろう
エリー:研究所からこんなに近いのに?
ジョエル:侵入者を防ぐためじゃないか? ビルみたいに
エリー:ああ...そうかもね
エリー:見張りはいない...何もない
ジョエル:ああ...誰かいると思ってたがな 中に入ってみよう
エリー:あんたも行ってたの?
ジョエル:大学にってことか?
エリー:うん
ジョエル:...大学には行ってない
エリー:なんで?
ジョエル:ああ そのころもうサラがいたから
エリー:え... 結婚してたの?
ジョエル:ちょっとだけ
エリー:何があったの?
ジョエル:ちょっとね...
エリー:ごめん...
ジョエル:いいって...
エリー:ねえ あそこどうかな?
ジョエル:ああ 入れそうだな
ジョエル:...錆びててだめだ 他を探そう
エリー:乗り越えられるかも
---------------------
台車を門にぶつけた後
エリー:うわあ
ジョエル:思ってたのとは違ったがうまくいった
---------------------
ジョエル:ようし 入った 来い 手を貸せ よし いいぞ
エリー:ありがと 辺りを探そう
大学キャンパス・研究所
湖畔地帯・狩り
湖畔地帯・吹雪の街
ソルトレイクシティ・ハイウェイ出口
ソルトレイクシティ・地下トンネル
医療施設・奪還
ジャクソンシティ・エピローグ

【Left Behind ‐残されたもの】エリー編/セリフ集
すぐ戻るから
大学研究所でジョエル負傷後(ライリーとの過去)
エリー :何? ファイアフライ?
ジョエル:伏せろ!
エリー :あの人たち誰なの?
バンデッド:捕まえたぞ!
エリー :こっちに来ないで!
エリー :ジョエル 腕を貸して さあ
ジョエル:行け!
エリー :もう大丈夫そう ジョエル? マズい
エリー :ジョエル...ほら ねえ 起きてよ どうすればいいの
エリー :お願い 起きてよ! ジョエル!
---------------------
エリーとライリーの会話(ライリーとの過去)
エリー :ライリー?
ライリー:イッター お尻打っちゃった
エリー :何なの? 咬まれたかと思った
ライリー:ウケる びっくりしたでしょ なに殺すつもり?
ライリー:だっていつぶり?
エリー :思い出せもしないよ
ライリー:45日ぶり まあ もう46日か 何してたか知りたくない?
エリー :今までずっと 死んだと思ってた
ライリー:だろうね これ 見て
エリー :ウソでしょ
ライリー:まだ一人なの? あたしなんか3年間リズの下だったよ あのクッサイ女の
エリー :ファイアフライなんだね
ライリー:まだ貼ってたんだ
ライリー:えっ? 何してんの?
エリー :ファイアフライがいるってバレたらマズイでしょ
ライリー:大丈夫 この階に兵士はいなかった
エリー :はい
ライリー:おめでと ねえ 怒ってない?
エリー :"怒ってない"?
ライリー:あたしが急に消えたから あんたには説明しないとだね まずはここを出よう 話はそのあと
エリー :こんな時間だよ 朝イチで訓練がある 覚えてる? ファイアフライを殺す訓練
ライリー:いいから服着て 行くよ
エリー :あたしってホント バカ
ライリー:今まで... ヤバかったことなんかないでしょ
---------------------
大学脱出後〜ショッピングモール探索前
エリー :クソ ヤバい 何かあるでしょ クソ! よしあった
エリー :いい? 体を横にするよ ああ ひどい
エリー :オーケー
エリー :ちょっと我慢して 傷を縫うものを探すから ね? タコ 見張ってて すぐ戻るから 絶対
---------------------
ショッピングモール探索中
エリー :これで大丈夫 さて どこに行ったらいいかな? クソ
エリー :ウェストン薬局 何かありそう
---------------------
薬局内で薬を探している時
エリー :何でよ 薬だけ飲んでビンは置いてったの? ったく
エリー :なんか... なんかない? ないか
エリー :なんでよ! だよね 全部盗まれてる ああ!
---------------------
鍵のかかった扉を調べた時
エリー :ああもう... 救急キット... どうやって入ればいいの?
---------------------
暗証番号のメモを発見後
エリー :薬剤師だ カギを持ってるかもしれない
---------------------
暗証番号解除中
エリー :右に35... 左に30... 右に31... 開いちゃった
---------------------
ドールショップに入ったあと
エリー :うわ 胞子だ うわあ キモっ
エリー :ああ やだな 頼むから行き返んないで
エリー :ないな... どこだろ あった 鍵だ よし
エリー :うわっ ビビった 驚かさないでよ!
エリー :よし カギ... 薬局... やってみよう
---------------------
鍵を開錠後
エリー :ああ やった... カラだ
エリー :ん? 軍のヘリコプターだ あそこにあるかも 待っててジョエル
---------------------
ガレキが崩れた後
エリー :サイアク!
---------------------
死体を発見後
エリー :うわあ 糸はないか まあ... これは使える
エリー :さあ行こう
モール荒らし
ライリー:早く こっち!
エリー :危ない ギリギリだった
ライリー:速かったね
エリー :ありがと
ライリー:じゃあ来て 行くよ
エリー :で どうやって見つけたの?
ライリー:ファイアフライのこと?
エリー :そう
ライリー:あんたが噛みついて銃を奪った男いたでしょ?
エリー :うん 覚えてる
ライリー:トレヴァーっていうの 彼... まあ通りを歩いてるのが見えたから 後をつけたんだ
ライリー:でも路地に入ったところで他の奴らが待ち伏せしてて... マーリーンのいるアジトに連れてかれた
エリー :怖くなかった?
ライリー:そりゃ怖かったよ 今度こそマーリーンに撃たれると思った
ライリー:でもこう言われたの
ライリー:"遅かったじゃない"って来るって分かってたんだ
エリー :それで仲間にしてくれたってわけ?
ライリー:まあそんなとこ 殺されかけたのはテストだったってわけ... あたしの覚悟を試したの
エリー :そう
ライリー:最近は誰と遊んでる?
エリー :誰とかな 別にいないよ
ライリー:じゃあ... ティノとかあの辺の子は? 元気してる?
エリー :みんなあんたの友達じゃん
ライリー:あんたも話してた
エリー :まあそうか
---------------------
ファイアフライのマーク発見後【会話イベント】
エリー :光を見つけちゃった?
ライリー:あーはーはー あらごめんなさい 別に侮辱したんじゃないの
エリー :じゃあ今は...これを信じてるの?
ライリー:ともかくもう兵士じゃないんだ
エリー :そう分かった
---------------------
アナウンス:市民の皆さん この隔離地域では規制菌による汚染が30日間発生していません
アナウンス:軍への協力と警戒活動で地域の安全を守りましょう
ライリー:30日なんて意味ない,,, 感染者は増えてってるんだよ... ヤツらは隠してるけど
エリー :たくさん感染者を見た?
ライリー:ファイアフライになる儀式として殺すよう言われた......ねえ 他の話しよ
エリー :だね
ライリー:やばい 隠れて
エリー :うわぁ... はぁ... ごめん
ライリー:今は用心しなくちゃ うわっ 滑りやすいよ
エリー :あたしも...ファイアフライ入ろうかな
ライリー:エリー あたしもマーリーンに頼んだんだけど あんたには安全な学校にいてほしいんだって
ライリー:ホントは会うなって言われたの
エリー :どういうこと?
ライリー:あんたをトラブルに巻き込むから
エリー :何それ 一人でいたって巻き込まれてるよ
ライリー:そうだった
ライリー:ねえ 初めて来た時覚えてる
エリー :ここで何するつもり?
ライリー:サプライズがあるんだ
エリー :何? まさか恐竜?
ライリー:かもね
エリー :恐竜なら仲直りしてもいいよ
ライリー:だから我慢しなって
---------------------
景色の看板を発見後【会話イベント】
エリー :お金 まだ旅行用に貯めてる?
ライリー:コツコツね あんたは?
エリー :あたしもだよ
ライリー:どこ行こうって言ってたんだっけ?
エリー :え?忘れたの?"ロスでサーフィンでしょ"
ライリー:そうそう ロスでサーフィンだった ほら先を急ごう
---------------------
水鉄砲の看板を発見後【会話イベント】
エリー :そういえば取り返せたんだ
ライリー:水鉄砲? マジで? あのバカ伍長が返してくれたっていうの?
エリー :まさか 事務所に忍び込んだんだ 一瞬ホントに取り返したんだよ
ライリー:けどヤツに見つかっちゃった?
エリー :その通り 見つかっちゃった
ライリー:でどうなった?
エリー :2週間掃除やらされた しかもトイレ
ライリー:うわ エリー もうあきらめたほうがいいって絶対取り返せない
エリー :取り返してみせるよ
---------------------
ライリー:ウィンストンが死ぬなんてね
エリー :知ってたの?
ライリー:うん なんでか知ってる?
---------------------
ライリーに話しかけた後【会話イベント】
エリー :心臓発作かなんかで馬から落ちたって あたしはそう聞いたよ
ライリー:そうなんだ ま 今どき殺されずに死ぬなんて珍しいよね?
エリー :他にはいないんじゃない?
ライリー:その通り
ライリー:何か残ってるかな
エリー :え?ちょっと...
---------------------
テントの中にある写真を調べた後【会話イベント】
エリー :ウソ! これウィンストン? ハンサムだったんだね
ライリー:あった 飲まない?

OKを選択時
エリー :うん...
ライリー:ビールじゃないからね さて...
エリー :なにこれ ああ 最悪
ライリー:言ったでしょ じゃあねウィンストン
ライリー:うう 強いね
ライリー:行こう

断るを選択時
エリー :あたしはいい
ライリー:もらおうっと じゃあねウィンストン
ライリー:うう 強いね
ライリー:行こう
---------------------
馬の鞍を調べた後【会話イベント】
ライリー:あの馬はどこ?
エリー :多分ウィンストンが死んだから連れてかれたんだ 可哀想だよ きっと怯えてるよね
ライリー:はぁ
---------------------
ライリー:エリー これ手伝って
エリー :ここ通りたくない 潰されそうな気がする
ライリー:大丈夫 先に行く
エリー :危ない
ライリー:あ!
エリー :あのさ 他の道探すってのはどう?
ライリー:ふぅ... 素敵
エリー :ねえライリー あんたを持ち上げるから中からカギを開けてきて
ライリー:いいよ
エリー :ライリー?
---------------------
ピエロマスクを被ったライリーが脅かしてきた後
ライリー:ウガー!
エリー :ビビった 今日2回目だよ
ライリー:こんなとこがあるなんて知らなかった ねえ あんたにピッタリのマスクがある
エリー :ライリー...
ライリー:ピッタリ!
---------------------
狼のマスクを調べた後

ライリー:見てよ
エリー :何それ? 狼男?
ライリー:着けて
エリー :バカみたい
ライリー:最高 イカしてる! 吠えて
エリー :ワオン
ライリー:エリー本気? ちゃんと吠えて
エリー :ガオー!
---------------------
ライリー:そうこなくちゃ あと何があるか見てみようよ うわ こんなにたくさんある 見て
---------------------
目玉のオモチャを調べた後【会話イベント】

エリー :これ買う人がいたの? ほんとに?
ライリー:うがー がー がー
エリー :うわあ
ライリー:バカみたい
エリー :だね
---------------------
エリー :あっちのマスクも最高だね
ライリー:うそ! あたし吸血鬼大好き! 我が名は...ドラキュラ伯爵
---------------------
ライリーに話しかけた後【会話イベント】

エリー :違うよ... 伯爵夫人
ライリー:ドラキュラ伯爵夫人!
エリー :いいねえ
---------------------
ゾンビマスクに交換した後ライリーに話しかけた後【会話イベント】

エリー :ハハハハ! あたしのルビーの靴 どこにやったんだい!
ライリー:た 大変よ トト どうしましょう? 笑える
---------------------
フェニックスマスクに交換した後

エリー :ああ フェニックスか
ライリー:どうかしら?
エリー :かわいいよ
ライリー:あら ありがとう ハトさん
---------------------
占いガイコツを調べた後【会話イベント】

【1回目】
エリー :"ガイコツがあなたの未来をお告げします"か
エリー :じゃあ 今日死にますか?
エリー :無言 つまんない!
ライリー:裏を見るんだよ
エリー :ああ "その可能性はなさそうです" ああ ふう!安心
【2回目】
エリー :いつか...ゲームで遊べる日がきますか? "可能性はほぼゼロです" なんだよ ガイコツめ
【3回目】
エリー :胸は大きくなりますか? "精霊は無言です" だと...思ったよ
【4回目】
エリー :あなたはボケナス? "そうであることは確実です" なるほどこれで納得
【5回目】
エリー :また運転できますか? "なぜかそんな気がします" やった
【6回目】
エリー :この隔離地域から出られますか? "まだ定まっていません" 可能性は...あるってこと?
【7回目】
エリー :いつか水鉄砲を取り返せますか? "精霊がうなずいています" よーし!やった! 水鉄砲取り返せるって
ライリー:そんなのいいよ ほっとこ
【8回目】
エリー :ライリーはポーカーがど下手だけど上達しますか?
ライリー:聞こえてるんですけど
エリー :"未来は不確かです" おっ! 希望はある
ライリー:ううん もうあきらめた あんたにゆずる
---------------------
占いガイコツのイベント全て終了後
ライリー:んん どれどれ エリーはあたしくらい面白くなれますか?
エリー :何言ってんの あたしの方が10倍面白いよ
ライリー:お告げは"それはあり得ないことだ"だってさ
ちょっと あたしじゃない このガイコツだよ
エリー :じゃあ そんなガイコツはぶっ殺 してやる
ライリー:さすがだね
---------------------
ハロウィンショップから出た後
ライリー:おっと ねえエリー! 下の車見える?
エリー :うん
ライリー:あんたは赤 あたしは青 レンガをぶつけて先に窓を全部割った方が勝ちね
エリー :ホントにやる気? あたし最強だよ
ライリー:決まり じゃあ負けた方は...ひとつだけ質問に答えること
エリー :何それ? 罰ゲームってこと? まあいいよ やってあげる
ライリー:ガシャーン!
エリー :ドカーン!
ライリー:よし!
ライリー:ああ おしい!
エリー :やった!
ライリー:うわ ヤバい
エリー :ウソ...ああ!
ライリー:おいおい
エリー :よっしゃあ!
エリー :やったね!
ライリー:最悪
ライリー:そうこなくっちゃ!
ライリー:バリーン!
エリー :命ー中ー
エリー :ラストだ!
---------------------
レンガを投げる車を間違えた時
ライリー:車が違うよ
エリー :あ しまった
---------------------
エリーが勝った後
エリー :やったあ!やっぱり!あたし!最強!
ライリー:こっちの方が硬かったよ
エリー :はいはい 負けは負けだよ じゃ質問タイム
ライリー:怖いな
---------------------
何でいなくなったの?を選択した場合(△ボタン)
エリー :ええっと...いくよ 何で黙って出てったの?
ライリー:そうするしかなかったんだ エリー...他の人たちにも言ってない
エリー :けどあたしは友だちでしょ 違う?
ライリー:そうじゃなくて...来て! 見せたいものがあるんだ こっからはすぐだよ
エリー :結局答えてないじゃん
---------------------
なんで置き去りにしたの?を選択した場合(□ボタン)
エリー :じゃあ...いくよ 出ていく前...なんであたしに怒鳴ったの?
ライリー:頭を整理したかったんだよ そう言ったよね? なのに...ほっといてくれないし
エリー :そうだよ だって心配だったんだ... 分かってる 分かってるよ ホントに
ライリー:でも...それは過去でしょ 今はここにいるんだから ほら来て 見てほしいものがあるんだ この先
エリー :すてき
---------------------
マーリーンはママの事を話した?を選択した場合(×ボタン)
エリー :じゃあ...マーリーン ママのこと何て言ってた?
ライリー:あんま聞いてない 感染が広がる前からの友だちだったってぐらい... それと看護師だったって言ってた
エリー :看護師?
ライリー:しょっちゅうケンカしてたらしいけど親友だったんだって なんか似てない?
エリー :だね
ライリー:来て 見せたいものがある すぐだよ
---------------------
忘れて。を選択した場合(○ボタン)
エリー :さてああ...やっぱりいいや 忘れて 見逃してあげる
ライリー:そう ありがとう 来て 見せたいものがある このすぐ先
---------------------
ライリーが勝った後
ライリー:やった! フー! 一瞬ヤバいかと思っちゃったよ
エリー :はいはい
ライリー:さて 約束したよね でしょ?
エリー :もう 何でも聞いてちょうだい
ライリー:それじゃ...また友だちに戻るには何がいるの?
エリー :ああ 宇宙船
ライリー:真面目に答えて
エリー :たとえばワープエンジンが2つついた大型の宇宙船なんかいいんじゃない?
ライリー:エリー
エリー :わかんないよ 今は... このまま続けて 悪くないから
ライリー:分かった ついて来て もうすぐだよ
---------------------
エリー :ここで何すんの? 気味が悪いんだけど
ライリー:電気って限られた場所にだけ通じてると思ってたでしょ?
エリー :違うの?
ライリー:付いてきて
ライリー:実は電気は街中に通ってる ブレーカーが落ちてるだけ だから上げてやればいい
エリー :うまくいくわけないって
ライリー:だから言ったでしょ
エリー :じゃあモール全体についたの?
ライリー:確かめてみよう
ライリー:見たら驚くよ?
エリー :待って その... もう分かったよ あんたが生きててよかった
エリー :あんたと また遊べてうれしいし それに...
ライリー:本気じゃない 出ていく前にあたしが言ったこと本気じゃなかったんだ
エリー :ライリー あんたサイテー
ライリー:始めたのはそっち
エリー :まったく...
ライリー:準備は?
エリー :バッチリ
エリー :ウソでしょ
近くて遠い場所
エリー :どうやって上まで行こっかな
エリー :軍隊まじムカツク! 電気はどこかな "ケーブルをたどる" だっけ?
エリー :うわ何! 猫か
エリー :開け... そうくるか
エリー :うわヤバい 凍りそう
エリー :何なの! あたしを殺す気?
エリー :よかったあ
エリー :よしあった 発電機だ 動かない 入ってない ったくもう
エリー :カラか どっかにないかな
エリー :ああクソ! 感染者だ
---------------------
感染者を全滅させた後
エリー :他には? よしいないみたい... じゃあガソリン探そう
エリー :ああカラだ こっちもカラ なし ったく
エリー :ああ やった でどうだったけ? ホースを入れて... 吸い上げるだよね?
エリー :どうかな... オッケー よし 足りそう
エリー :動いてよ... よし
---------------------
発電機作動させた後
エリー :うわ何?!
エリー :注意事項 電気の通った水にはさわらない
エリー :とりあえずここは開けられた
エリー :よおし...その調子
エリー :前だけを見よう...絶対に大丈夫 水の中に落ちちゃってフライになったりしない
エリー :あれが出口か どうやって行けばいいの?
エリー :よし
---------------------
感染者の徘徊しているフロアに入った後
エリー :はいはい 聞こえてるよ
---------------------
感染者を全滅させた後
エリー :終わった 動け!
---------------------
エリー :さあ今度こそ
エリー :ああ まったく! どっからわいてくるわけ?
エリー :ああヤバい 落ち着け 落ち着けば平気
---------------------
ヘリに飛び乗った後
エリー :ヤバッ
エリー :お願いだから入ってて
エリー :絶対死なせない
お遊戯の時間
ライリー:準備は?
エリー :バッチリ
エリー :ウソでしょ
ライリー:ほらね
エリー :待って 明かりがついたら兵士に気づかれるんじゃない?
ライリー:平気 外の明かりはつかないから
エリー :確実?
ライリー:ファイアフライのメラニーに全部聞いた
ライリー:面白そうじゃん やってみる?
---------------------
メリーゴーランドに乗った後
エリー :よいしょっと
ライリー:準備いい?
エリー :で どうするの? うわっ 来なよ!
ライリー:はいはい 待って
エリー :これすっごいね! サイコー
エリー :ライリー 早く来なって
ライリー:今行く 待って
エリー :ヤバい えーヤダヤダヤダヤダ
ライリー:なんだよ 乗ったばっかりなのにぃ 動けー! なんだよ
エリー :あたしは楽しかった とっても
ライリー:ああ これもあるんだ
エリー :それ何?
ライリー:「丸は三角に何と言った?」
エリー :それもしかして!
ライリー:「トガってるね」
エリー :マジで? ジョークの本見つけたの!?
ライリー:「アイスがパーティーに遅刻したらどうなる?」
エリー :ええと...
ライリー:「冷たくされちゃう」
ライリー:はい あげるよ
エリー :あたしの一番好きな人に返り咲いちゃったかも なーんてね
ライリー:知ってるよ... なーんてね
---------------------
ダジャレを言い始めた後【会話イベント】
エリー :よーし いくよ?
ライリー:どうぞ

【1回目】
エリー :2人のピーナッツが夏にデート ハッピー夏!
エリー :ああ
ライリー:おお いいねえ
エリー :笑えるね
【2回目】
エリー :卵を孫がゆでた ゆでたまご
ライリー:うける
エリー :笑える
ライリー:それ好きだ
【3回目】
エリー :無重力の本が面白すぎて本を置くことができない
エリー :いいね
ライリー:いいね これもウケる
【4回目】
エリー :ジャグリングの技術を身につけても...タマがないヤツはできない
ライリー:おっとぉ!
エリー :おお...
【5回目】
エリー :手話を知っててよかった 手広く話せるから
エリー :くだらない
ライリー:くだらない
【6回目】
エリー :ブーメランをなくしたけど ちゃんと戻ってきた
ライリー:うん ああ
エリー :うぇー
【7回目】
エリー :この時計どうしよう ほっとけいだってさ
ライリー:んん
エリー :どう
ライリー:ああ なるほど
エリー :分かった?
ライリー:ほっとけ ほっ時計ね ほっ時計
エリー :はい
【8回目】
エリー :記憶喪失のジョークを聞いたけど... すっかり忘れちゃったあ!
ライリー:うまい
【9回目】
エリー :学校で停電があった そりゃあ... テーデンだー
ライリー:へえ そう
エリー :うーん...
ライリー:ん...
【10回目】
エリー :シャイな魚がいる だってコイしてるんだ ああ かわいい
ライリー:かわいいね いいね
【11回目】
エリー :元気充電のため電気うなぎを飲んだ
ライリー:おえ...
エリー :やだ
ライリー:お おえ... きもい
エリー :なんか... なんかやだ
【12回目】
エリー :海賊の好きな文字は?
ライリー:これ知ってる! R
エリー :違う! Cだよ
ライリー:ああ! 海のシーね! 海賊だから海か 一番ウケた 最高
エリー :おもしろい
【13回目】
エリー :超能力者の蹴りがさく裂した 「サイキック」だってさ
【14回目】
エリー :リクライニングを...しーっと倒す まあシートは静かに倒さなきゃだよね
ライリー:何それ ジョークなの?
エリー :まあ...まあジョークだけどホントにそうだよ
ライリー:しーっと?
エリー :ええ
【15回目】
エリー :締切間近の漫画家にスケッチを手伝ってほしいと言われた 「助けっち」って
ライリー:最高
エリー :かわいい
エリー :あたしこの本好き
【16回目】
エリー :マジックはイライラせずまあじっくりやれ
ライリー:ああ うん まあじっくり
エリー :ああ うん
ライリー:いまいち
【17回目】
エリー :王都で王と嘔吐だって うえ...きもい!
ライリー:ああ! なるほど
エリー :王の都で
ライリー:きもいよぉ
エリー :王様とゲロしたんだ
ライリー:気持ち悪い
【18回目】
エリー :委員会でウソついて...いいんかい? 何これ? つまんない
ライリー:うわ ない
エリー :ダメ
【19回目】
エリー :湿疹ができてびっくり 思わず失神しちゃった
ライリー:ええ
【20回目】
エリー :コーラの缶で殴られた男がいたんだって? ソフトドリンクでよかったね
ライリー:バカだ
エリー :うん
【21回目】
エリー :先生を殺 した生徒がいた 生徒だから正当防衛
ライリー:ああ...ああ
エリー :ひどいね
ライリー:ちょっとかわいそう
エリー :うん
【22回目】
エリー :なつかしい うんこを食べた... うん この味だ
ライリー:うああ うわあ汚いな
エリー :やだやだ汚い! けどいいね

エリー :それじゃこれはしまっとこう ねえ どうもありがとうね
ライリー:いいって
ライリー:この機械動いてる エリーこれ絶対やってみなくちゃ
---------------------
プリクラを調べた後【会話イベント】
エリー :どうやって獲るの?
ライリー:ただ画面の説明どおりにすればいいんじゃないの?
ライリー:やろっか? あ やっぱりあんたやって
エリー :じゃあ"スタート"!
エリー :テーマだって どれにする?
---------------------
テーマ選択画面でレンアイを選択後
【1回目】
エリー :それじゃあ..."レンアイ"? 口説こうとしてる?
ライリー:あり得ない
【2回目】
エリー :やっぱ"レンアイ"かな
ライリー:"レンアイ"ねえ
エリー :そういう意味じゃないって

うーん..."レンアイ"? ああ..."レンアイ"
決定時
やっぱり"レンアイ"で
---------------------
テーマ選択画面でトモダチを選択後
【1回目】
エリー :それじゃあ..."トモダチ" ヤダかわいい あたしカエル
ライリー:キャラは選べないでしょ
エリー :あんたはウサギ
【2回目】
エリー :"トモダチ"よくない? ケロケロ
ライリー:何してるの?
エリー :やっぱり..."トモダチ"にする? カエルちゃんだ
決定時
やっぱカエルだよね
---------------------
テーマ選択画面でクールを選択後
【1回目】
エリー :"クール"はどんなのかな? 何でこいつが"クール"?
ライリー:サングラスをかけてて...ウサギだからじゃない?
エリー :へえ
【2回目】
エリー :これ?
ライリー:だね
決定時
エリー :"クール"で決まりでしょ
---------------------
テーマを変えるを選択後
【1回目】
エリー :やっぱ変えよっと
【2回目】
エリー :他は何だっけ?
【3回目】
エリー :ああ 悩む
【4回目】
ライリー:早く決めてよ
【5回目】
つまんない
【6回目】
ライリー:眠くなってきた
---------------------
写真撮影開始後
アナウンス:写真を撮るよ!
エリー :お オッケ 笑って
---------------------
ポーズを変更する(△ボタン選択後)
【1回目】
エリー :もっと近づいて
ライリー:よし
エリー :もう! ウサ耳やだ!
エリー :よし怖い顔
【2回目】
エリー :恐竜! 危なーい!
ライリー:じゃじゃ! ブサイクな顔
エリー :よし
【3回目】
エリー :顔をつぶして
ライリー:よし じゃあ変な顔
エリー :よし
【4回目】
エリー :次はセクシー うふん セクシーでしょお?
---------------------
ポーズを変更する(×ボタン選択後)
【1回目】
エリー :天使のマネ
エリー :よし怖い顔
【2回目】
エリー :近づいて
ライリー:じゃじゃ! ブサイクな顔
エリー :よし
【3回目】
エリー :フグのマネ フグ
ライリー:よし じゃあ変な顔
エリー :よし
【4回目】
エリー :ぶた鼻!
---------------------
撮影終了後
【1回目】
エリー :これで終わり ああ 以上
ライリー:そう
【2回目】
エリー :これで終わり ああ 以上
ライリー:そう
エリー :ああ またアタシたち! 間違いなくそうだね
---------------------
撮り直すを選択後
【1回目】
エリー :なーんか気に入らないな
ライリー:え? やり直し?
【2回目】
エリー :1回だけ
ライリー:まあいいけど
---------------------
エリー :ねえフェイスブックって何?
ライリー:顔の...写真を載せた本とか?

はいを選択後
エリー :ユーザー名だってさ なんにする?
ライリー:適当でいいんじゃない? あんたの苗字入れとけば?
エリー :よーしこれで...完了っと
エリー :"共有"...だって
アナウンス:インターネットに接続できません"ネット接続がありません"
エリー :どういうことなの?
---------------------
プリントアウト開始後
エリー :んん ああっここでプリントできる
ライリー:お じゃあ写真ちょうだい
アナウンス:プリントアウト中...
エリー :未だに使えるなんて信じらんない
ライリー:だね
アナウンス:プリンターが故障しています
エリー :はあ オッケー
ライリー:ああ
アナウンス:プリントアウト中...
アナウンス:プリンターが故障しています
エリー :え? 何それ ムカツク!
アナウンス:プリントアウト中...
アナウンス:プリンターが故障しています
ライリー:叩いたら直るかもよ
アナウンス:ERROR
ライリー:ああ...もう
エリー :どうなっちゃったの?
ライリー:壊しちゃったみたい
エリー :壊しちゃったね
ライリー:じゃあ...
エリー :じゃあ...
ライリー:探検の続きやる?
エリー :もちろん
---------------------
プリクラ撮影後
アナウンス:市民の皆さん 午前6時のシフト開始まであと10分です
アナウンス:召集された市民は必ず参加してください 点呼への欠席は法律違反です
エリー :もうこの女嫌い なんなのこのしゃべり方
ライリー:ホンットそうだよね あたしならこうする
ライリー:「市民の皆さーん 午前6時のソフトまであと10分ですぅ」
エリー :いいね あたしもやる
エリー :「市民の皆さんにはIDカードの携帯が義務つけられていまーす」
エリー :感染の疑いがある方はすみやかにお近くの管理局に届け出てくださぁい いいですかぁ...」
エリー :「届け出ないと命がありませんよぉ」「届け出ないと命がありませんよぉ」
エリー :うん こっちの方が断然いいでしょ
---------------------
ライリー:ねえ エスカレーターが動いてる こっち
エリー :上に行ってみよう なんかあるかも
エリー :うっわあ ちょっとこっち見て!
---------------------
ゲームセンターに入った後
エリー :うっわあ...! マジでこれ最っ高だね
ライリー:言ったでしょ
---------------------
レースゲーム機を調べた後
エリー :さて... よし エンジンを...かけて
エリー :これが銃だね
エリー :レーススタートっと マズイ曲がりきれない! うわーヤバい!敵が迫ってきてる!
エリー :トップでゴールしたのはエリー!
ライリー:レースしながら銃を撃つって... バッカじゃないの これ
---------------------
格闘ゲーム機を調べた後
エリー :ウソ 壊れてるとかやめてよ
ライリー:そう 壊れてる
エリー :一瞬ホントに遊べると思ったのに
ライリー:遊べるよ
エリー :ウソ?
ライリー:こっちきて
ライリー:目をつぶる いいから
エリー :分かった
ライリー:これで動くの これがパンチで こっちがキック ガードはこれ
エリー :オッケ
ライリー:まずはプレイヤーを選んで
ライリー:あんたが選ぶのは最高の美人 するどい爪が武器の狂った天使エンジェルナイフ
エリー :全部想像でやるの?
ライリー:目
エリー :ごめんごめん
ライリー:舞台は「影の寺院」と呼ばれる場所 神秘的な古代建築で不死身の戦士たちが殺し合うの
ライリー:対戦相手のブラックファングが姿を現した... 筋肉ムキムキの白人で腕が3本ある
ライリー:あんたをぶっ殺すつもりだよ ヤツがファイティングポーズをとると音楽がスタートする
ライリー:準備は?
エリー :バッチリ
ライリー:ラウンド1スタート ブラックファングがダッシュで向かってくる
ライリー:そしてダブルパンチを打ってきた ジャンプして!
---------------------
入力失敗時
ライリー:違う ジャンプは「上」だって もっと操作を素早く 腹を狙ってくるよ やり返して
---------------------
ライリー:よし攻撃をかわした ヤツの背後に着地 さあパンチして
---------------------
入力失敗時
ライリー:ああ もう時間切れ ブラックファングが2連コンボ
---------------------
ライリー:ヤツにエルボーがばっちり入って体力を15%くらい削った
エリー :やった!
ライリー:ヤツはスピンしてシャドークローで攻撃してくる
エリー :どうしたらいい?
ライリー:後ろでガード カウンター
---------------------
入力失敗時
ライリー:両方一緒に押さなきゃ
ライリー:カウンターが間に合わなかった シャドークローにやられて40ダメージ
---------------------
ライリー:ヤツがコンボを繰り出した瞬間肘でガードした
ライリー:後ろに飛ばされたけどダメージはなし 最後のガードでヤツのバランスを崩した
ライリー:ヤツはすぐに復活するよ 急いでカウンターで打ち上げて
---------------------
入力失敗時
切りかかってきた
---------------------
ライリー:いいねえ
ライリー:つかまった 逃げるにはパンチ連打
ライリー:上とガード キックでブレード・チャージ ガード!
---------------------
入力失敗時
ライリー:両方一緒に押さなきゃ ガード!
---------------------
ライリー:いいぞ! 下前パンチで技が出るよ
---------------------
入力失敗時
ライリー:危ない!
エリー :クソー
---------------------
ライリー:そう やっちまえ!
エリー :よし! やった! フー!
ライリー:あんたの出番は終わりよ
---------------------
ブラックファングを倒してウルトラキル発動時
ライリー:画面が暗くなっていきエンジェルナイフのブレードが光りだす
ライリー:そいつを何度も何度も相手の胸に突き刺して ついには心臓が飛び出てきた
ライリー:大きく振りかぶると腕をぶん回して相手の頭を吹っ飛ばす
ライリー:すると一気に血しぶきが上がり床を真っ赤に染めていく これがウルトラキルだ
ライリー:エンジェルナイフは拳を空に揚げる。あんたの勝ち
ライリー:いいねえ
エリー :よっしゃ勝ったあ!
ライリー:筋は悪くないね
---------------------
ブラックファングを倒してウルトラキル発動失敗時
ライリー:ウルトラキルは失敗したけどパンチが命中 ヤツは倒れて死んだ
ライリー:そしてヤツの...身体からは大量の血が激しく噴き出してる
エリー :よっしゃ!
---------------------
敗北後
ライリー:ブラックファングはあんたを持ち上げて頭を食いちぎる
ライリー:首のないあんたの死骸を激しく振り回して...そこらじゅうに鮮血をまき散らす
エリー :うわっ
ライリー:ヤツがあんたの頭蓋骨を吐きだす
エリー :うわあ サイアク
ライリー:あんたの負け 残念だったね
---------------------
ライリー:どうだった?
エリー :悪くはなかった
ライリー:よかったクセに
エリー :まあそうだね
ライリー:聞こえる?
エリー :ねえライリーもう戻らないと まぁあたしはね
ライリー:時間はたっぷりあるでしょ
エリー :ライリー これ以上違反が見つかったらヤバいんだよ 続きはまた明日にしよう
ライリー:無理だよ
エリー :じゃあ別の日でもいいけど じゃあいつなら平気なのよ
ライリー:脱出しろって言われた
エリー :どこを?
ライリー:ボストン 別の都市のグループと合流する あたしはここに残りたいって言ったんだよ
ライリー:けどマーリーンを知ってるでしょ あの人はあたしの覚悟を試してるんだ... 明日迎えがくる
エリー :そっか
ライリー:それだけ?
エリー :じゃなんて言ったらいいの?
ライリー:わかんないけどアドバイスとかあるでしょ? マジで聞いてるの
エリー :何で連れてきたの?
ライリー:会いたかったから
エリー :違う この場所に来た理由
ライリー:分かんない
エリー :「分かんない」か... アドバイスするよ 行けば ほら もうさよならしよ
ライリー:何の音だか見てくる
エリー :ライリー ライリー! なんだよ!
エリー :どこ行っちゃったんだよ? ライリー!
---------------------
マネキンを調べた後
エリー :何見てんだよ!
---------------------
ライリー:こんなの見たことある?
エリー :もう話は終わり?
ライリー:どうかな? 終わった?
エリー :なんであんたの方がキレてんの? キレるのはこっちでしょ?
ライリー:何でよ? あんたの気持ちを聞いたから?
エリー :あたしの気持ちなんて考えたことある? 仲良かったじゃん すごく楽しかったのに
エリー :あんたはいきなりあたしを怒鳴って消えたんだよ
エリー :今日...一日 あんたの罪悪感を埋めるためだったの? だったらもう十分
ライリー:隠れてなきゃいけないのに会いに来たんだよ
ライリー:ファイアフライだから捕まったら処刑される 罪悪感だけじゃ兵士だらけの中ここまで来れない
ライリー:分かってる 取り返しのつかないヒドいことだってしたよ けど...取り返したい
ライリー:これ見て その水鉄砲 気にしてたよね 撃たれるとこだったんだよ 驚いた?
エリー :分かった まずは...あんたをぶっ潰す それから話そう
ライリー:びしょ濡れにしてやる
エリー :かかってきな ファイアフライ
---------------------
水鉄砲バトル開始時
ライリー:怖くなってきた? ほら!かかってきなよ
---------------------
ライリーに水をかけた後【初回】
エリー :よし!
ライリー:ああ チクショー!
エリー :今度はそっちの番だよ
エリー :ど真ん中!
ライリー:ああ
エリー :よし!やったあ!
ライリー:今度はそっちの番だよ
---------------------
水をかけられている時【びしょ濡れゲージが上昇時】
エリー :やった! ざまあみろ!
ライリー:ああ チクショー!
---------------------
エリーの「びしょ濡れゲージ」が最大なった時(エリーの負け)
エリー :ああ チクショー!
ライリー:よし バーン! あんたは死んだね!
エリー :はあ!? ちょっとかすっただけじゃん
ライリー:ビショ濡れでしょ 分かった
ライリー:5秒数えて 隠れておくから勝負しようよ 先に濡れたほうが負け犬
---------------------
ライリーの「びしょ濡れゲージ」が最大なった時(エリーの勝ち)
エリー :はい 命中! ほらね?
ライリー:まあまあ惜しかったね
エリー :はあ?! ちゃんと見てよ
ライリー:5秒数えて その間にあたしが隠れる 先に濡れたほうが負けだ
---------------------
エリー :いいよ
ライリー:目をつぶる
エリー :1...2...3...4...5...いくよ?
---------------------
エリーが先に濡れた場合【1ROUND】(0勝1敗)
エリー :ああ なんだよ! メチャクチャくやしい
ライリー:もう1度やる?
エリー :いいから隠れて 1...2...3...4...5...覚悟しな! ほら!かかってきなよ
---------------------
ライリーが先に濡れた場合【1ROUND】(1勝0敗)
ライリー:ああ チクショー
エリー :ゲーム終了
ライリー:じゃあ 3回勝負は?
エリー :あと1回 しょうがない いいよ
エリー :1...2...3...4...5...覚悟しな!
---------------------
エリーが先に濡れた場合【2ROUND】(0勝2敗)
エリー :ああ!もうなんだよ!
ライリー:よし!あたしが勝った あたしが勝った
エリー :やめて 運がよかっただけ
ライリー:運?
エリー :そう
ライリー:そう?! もう1回?
エリー :ああ やりたいけど...
ライリー:戻らなきゃ?
エリー :戻らなきゃ
---------------------
ライリーが先に濡れた場合【2ROUND】(1勝1敗)
ライリー:ああ チクショー
エリー :ほら! 1対1 次はどうなるかな?
ライリー:調子に乗ってると後悔するよ? カウントして
エリー :よし行くよ 1...2...3...4...5! はい もうゲーム開始!
---------------------
ライリーが先に濡れた場合【2ROUND】(2勝0敗)または【3ROUND】(2勝1敗)
エリー :わあ 見た! 見た今の? あたしのスキルちょっとすごすぎない?
ライリー:まあね
エリー :あんたのペンダント没収じゃないの?
ライリー:ちょっと! 大分いじわるじゃん ムカツク またやるよ
エリー :ライリー あたしも一日中やってたい けど戻んなきゃ? 戻んなきゃ
---------------------
ライリー:そう 分かった せめて送らせて?
エリー :ありがと
ライリー:待ってて バッグ取ってくる
エリー :ねえ その... さっきの言い方はゴメン けど... 本気だからね 行くべきだよ
エリー :だってずっと入りたがってたじゃん ホント...必死にさ... それを止めるなんて
ライリー:あんたが止めるなら...
エリー :やだぁー 行かないでぇー あんたがいないと死んじゃうー
エリー :あたしは平気 あんたも平気 きっとまた会えるよ
ライリー:あんたが持ってて あたしはもう使わない まだウォークマン持ち歩いてる?
エリー :当然
ライリー:見せて
エリー :はい
ライリー:テープは?
エリー :あんたがくれたやつ
ライリー:あたしがいないとホントに死ぬね
エリー :うっさいな
ライリー:バッグは後 来て
エリー :何すんの?
ライリー:いいから
ライリー:イエー
エリー :何なの? 本気?
ライリー:来なよ 早くおいでって
エリー :ほんとバカ!
ライリー:いいから
ライリー:ほら... どうしたの?
エリー :ねえ
ライリー:何?
エリー :行かないで
エリー :ごめん
ライリー:何でよ?
エリー :これからどうする?
ライリー:考えなきゃね けどマーリーンが何て言うか...
---------------------
ランナー出現後
ライリー:待って
エリー :ライリー!
敵の敵
エリー :ジョエル!
---------------------
クリッカーに襲われるバンデッドが出現した後
バンデッド:逃げろ!
エリー :あ ヤバい
バンデッド:よせ やめろ! クソッ! チクショウ! 何なんだよ
エリー :もらうね
バンデッド:落ち着け
バンデッド:もう止めようぜ? あんなジジイとガキなんてどうだっていいだろ?
バンデッド:ヤツらを見つけりゃすぐ脱出できる まずはここを探そう
---------------------
バンデッドを全滅後
エリー :ジョエル 今すぐ行くからね こいつらがその気なら戦ってやるよ
エリー :すぐ戻って傷を縫って...さっさと出ていくんだ
---------------------
エリー :うわ...どっちだ?
バンデッド:ここは見たか?
エリー :もうくたばって
バンデッド:いったい誰がやった?
---------------------
クリッカーとランナーを全滅後
エリー :敵はもういない? いないね? オッケー
---------------------
エリー :惜しいな 迂回しないと
エリー :えっ何今の
バンデッド:おい 外の様子はどうだ?
バンデッド:異常はない ホントにここにいるのか?
バンデッド:ここの周りをぐるっと回ってみた 馬が入った跡はあったが出た跡はない 絶対にいる
バンデッド:死んでるんじゃないか? それなら死体があるはずだ だな
---------------------
クリッカーとランナー出現後(レンガで音を立てたあとなど)
エリー :フン 殺 し合えばいいんだ
---------------------
クリッカーとランナーを全滅後
エリー :よし 終わった
---------------------
バンデッド:おい 中から馬の音がするぞ 開けるの手伝ってくれ
バンデッド:分かった 俺が行く お前らは探してろ 不意打ちされたくない
---------------------
バンデッドを全滅後
エリー :待っててジョエル 今すぐ...あっ!
バンデッド:そこだ! ドアの横!
エリー :もうやだ!
バンデッド:もう逃げられんぞ 殺っちまえ!
エリー :くたばれ!いいよ その気なら付き合ってやる
---------------------
バンデッドと感染者を全滅後
終わった まだ生きてても攻撃しようなんて思わないで! 同じ目に遭うよ! 分かった?いいね? よし...
リバティガーデンからの脱出
エリー :ドアをふさいで!
ライリー:こっちだ エリー!
エリー :あ バックパックどうしよう?
ライリー:そんなのどうでもいいって
ライリー:ああクソ!
エリー :ライリー 手伝って
ライリー:何かつっかえになるもの...探してきて 急いで!
ライリー:あいつら入ってきちゃうよ エリー!
エリー :よし来て! ヤバかった
ライリー:さあ行こう
エリー :ヤバかった
ライリー:よし行こう ああクソ
ライリー:エリーついてきてる?
エリー :うん すぐ後ろにいるから大丈夫
エリー :この...クソ 離...れろ! もう...なんだよ
ライリー:下がってて なんだよ
エリー :この...クソッ! うわあ
ライリー:よし 来て 階段上がって 足場があったらそっから逃げるよ
エリー :感染者だ! 後ろからも来てる!
ライリー:こっち ほらエリー急いで!
ライリー:エリー!
エリー :ダイジョブ先に行って
ライリー:そこの窓が開いてる 来て! もう少しだよ!
ライリー:早く 捕まって
エリー :やばい
ライリー:手を伸ばして! あ! エリー!
エリー :ヤダヤダ! はな...せ! ライリー!
エリー :エリー!
ライリー:早く! 立っ...
エリー :ライリー! この...
---------------------
ランナーを全滅後
エリー :これで最後みたい
ライリー:エリー あんたの腕
エリー :ウソ ウソ ウソ
---------------------
ジョエル治療時(敵の敵の続きの会話)
エリー :大丈夫 前にもやったし 絶対できるから... たぶん 落ち着くんだ 落ち着け
---------------------
エリー :クソッ!
ライリー:もっと壊したいならまだあるよ
エリー :これからどうしたらいいの
ライリー:あたしが思いつく方法はふたつ
ライリー:ひとつ目 さっさとおさらばしちゃう あっという間に終わるよ
エリー :でもあたしは好きじゃない
ライリー:ふたつ目 戦うの
エリー :戦うって何と? アイツらみたいになっちゃうのに
ライリー:死にそうになったことなんて何度もあった 明日までに死ぬ可能性だって無数にある
ライリー:でも戦うの 少しでも長く一緒にいるために それが2分でも2日でも絶対あきらめない
ライリー:あたしはあきらめないよ だからさ 待ってればいいじゃない
ライリー:どうせ最後は みんな一緒におかしくなっちゃうんだから
エリー :他に方法はないの?
ライリー:ごめんね 行こう こっから出るんだ




   トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ

当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
このサイトは解像度1280×1024以上で正しく表示されます。
それ以外ではレイアウト崩れが発生する場合があります。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved