HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 関平伝

シナリオ概況 関平伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 関平伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 長坂の戦い(劉備軍シナリオ)
【初期】
拙者の名は関平。
乱世に立ち向かうため日々武芸に励む者だ。

ある日、縁あって世に名高い軍神・関羽殿と出会い、その養子となった。
今度の戦、劉備殿を取り巻く状況は厳しい。
曹操の追っ手を逃れ、多くの民と共に、江陵の地へ到達しなければならないのだ。

父上、劉備殿の護衛はお任せください。
拙者、父上には遠く及ばぬ未熟者ですが、その子として恥じぬ働きをしてみせます!
【概況/初期】
関平殿、あなたのことは関羽殿から聞き及んでいます。
お父上に代わり水軍を率いて駆けつけてくれたこと、ありがたく思います。

この戦、曹操の追っ手を振り切ることが目的です。
道中にある要所を利用しながら、全軍が逃げおおせるための活路を開いてください。

関羽殿は若き日より多くの苦境を乗り越え、英雄としての今が在ります。
あなたも苦境を糧として乗り越え、強く大きくなるのです。
【戦況】
劉備軍は曹操軍の追撃に遭い、壊滅状態である。民を連れて逃げているため。進軍速度も遅い。
この絶望的な状況の中、民と劉備を江陵へと脱出させなければならない。

追撃の手はすぐそこまで伸びている。敵中で奮戦し、何としても劉備と民を逃がすのだ。
曹操軍の勢いを少しでも緩めるために、中立拠点を押さえるのが得策か。
【クリア後/評定】
劉備

曹操軍から逃げることができた。これも皆が命懸けで働いてくれたおかげだ。
私は本当に配下に恵まれているな。

だが、今後はこのような消耗戦は慎まねばならん。曹操も次は許してくれないだろう。
確固たる地盤があれば、まだ戦えるのだが・・・。
2章 赤壁逃亡戦(連合軍シナリオ)
【初期】
長坂の苦境を乗り越えた劉備殿は、孫権と連合を組み、赤壁にて曹操の大船団を打ち破った。
後は曹操の追撃を残すのみだが・・・・・・。

父上は、かつて曹操に恩義を受けた。窮地の曹操を恐らくは討てないだろう・・・・・・。
父上は武と同様に、義も重んじる御方だから。

しかし・・・・・・曹操は我らにとって除くべき脅威。
父上の刃が恩義によって鈍るというのなら、代わりに拙者が曹操を貫く刃となる!
【概況/初期】
諸葛亮

我々は孫呉と協力し、曹操軍を追討します。
曹操は赤壁にて壊滅的な打撃を受け、逃げるばかり。
今が最大の好機なのです。

曹操は瓦解した軍を取りまとめつつ、江陵に退却しようとしています。
各軍、迅速に曹操を追撃してください。

関平殿・・・関羽殿はその義心から、曹操を見逃すでしょう。それはやむをえません、
お父上に代わり、あなたが曹操を追撃するのです。
【戦況】
孫呉・劉備の連合軍は、赤壁にて曹操の大軍を打ち破った。
赤壁での敗戦が確実になった曹操軍は、体勢を立て直し、北へ逃げようとしている。
この機を逃がすわけにはいかない。

追撃を阻止するために曹操軍も必死の抵抗をみせるはずである。
曹操を逃がさぬように気をつけつつ、立ちはだかる敵将を撃破し、ときには回避し、何としても曹操を捕捉するのだ。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍を完膚なきまでに叩いた。逃げ惑う曹操の姿、滑稽だったな。
これで奴も、当分の間はおとなしくしているだろう。

だが、奴はきっと体勢を立て直し、再び我々の前に立つだろう。
それまでに、我々孫呉も今にも増して力を蓄えておかねばな。
3章 定軍山の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦いの後、我らは蜀の地を手に入れた。
天下をうかがう土台を得て、父上たちの志はいよいよ現実味を帯びてきたようだ。

次の戦場は、魏の要衝・漢中の定軍山。
この戦いには、張飛殿の娘・星彩が参戦するという噂だ。
彼女が・・・・・・戦場に出るのか?

義勇・張翼徳の血を引く星彩だ。戦場に出るのは至極当然かもしれない・・・・・・。
拙者も負けていられない。磨いてきた武、示さなければ!
【概況/初期】
諸葛亮

これより我が軍は、漢中の定軍山へと軍を進めます。
かの地を押さえることができれば、後の魏との攻防が有利になるはずです。

定軍山の敵陣に攻め込むには、まずその隣にそびえる天蕩山を制するのが上策でしょう。
全軍、各方面より天蕩山に進んでください。

関平殿。黄忠殿の武、刮目してご覧なさい。
戦場に生涯を捧げる武人の在り方が、きっとあなたに道を示しましょう。
【戦況】
劉備率いる蜀は、漢中に軍を進めた。漢中を奪えば、魏に大打撃を与えることができる。
漢中の守将・夏侯淵は難敵だが、蜀の未来のため、越えねばならない。

魏は漢中の定軍山に本陣を構えている。
定軍山の隣には天蕩山という、陣地を構えるのに絶好の場所がある。
まずは天蕩山を制し、魏の本陣に圧力をかけるのだ。
【クリア後/評定】
劉備

漢中から魏軍を駆逐した。これで、大陸中央への足がかりができな。
漢中の肥沃な土地も蜀を潤してくれるであろう!

我が軍が力を得たことで、天下三分の形は完成した。
魏と呉が手を組み、我らに対抗してくる事態もあるだろう。気を引き締めねばな。
4章 樊城の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
定軍山での勝利は、魏だけではなく、呉にも危機感を与えたようだ。
彼らは結託し、父上の守る荊州の地に狙いを定めた・・・。

先の戦を終えた拙者は父上の下へと向かうことになった。
この局面の機先を制するため、襄陽の樊城を攻撃することになったのだ。

父上・・・・・・共に出陣するのは、久しぶりだ・・・。
この乱世にて高めてきた拙者の武は、父上と共に戦うに足るものとなっただろうか・・・・・・。
【概況/初期】
諸葛亮

天下三分が成った今、荊州は以前にも増して重要な地となりました。
劉備殿の天下統一のためには、ここを制するのが急務といえます。

樊城を守るは魏の曹仁。また恐らく魏と呉双方からの増援がすぐに来るでしょう。
その迎撃も考慮しながらの城攻めとなります。

今回、私は赴くことはできません、関平殿、この戦をあなたに託します。
急ぎ樊城に向かい、関羽殿と共に我が軍に勝利を・・・・・・。
【戦況】
魏の樊城を包囲した。だが、城将・曹仁の守りは堅く、容易に落とせそうにない。
ここは水攻めをもって、敵の戦意を挫くのが上策。関羽の意気が水龍となり、樊城に襲いかかる。
まずは、水門の守備を固めておきたい。敵は水攻めを防ごうと水門を狙ってくるはずだ。
水門を守りきれば、水攻めは成功したも同然。魏軍の士気も大いに低下するだろう。
【クリア後/評定】
関羽

魏と呉の挟撃に遭い、此度ばかりは拙者も戦場に散ることを覚悟していたが・・・・・・。
皆、よく戦い抜いてくれた。

だが、拙者はこのように深手を負い、もう戦場には立てぬやもしれぬ。
今後の荊州、そして蜀の未来、皆で守るのだ・・・・・・。
最終章 夷陵の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
父上が・・・戦での傷が元で世を去ってしまった。これが樊城での勝利の代償か・・・。
絶望の中、拙者は自分の力とは何か改めて問うてみた。

拙者が振るうは、皆から託された想いの力。
これは今、夷陵の戦にて、為すべきを為し、新たな天下を開くためのもの!

父上・・・・・・あなたから受けついだ義と武にて、蜀を天下へと押し上げます。
・・・拙者の武で、この乱世を終わらせてみせます!
【概況/初期】
諸葛亮

関平殿・・・・・・。殿と同じく、あなたも関羽殿の仇討ちを強く願っているはず。
・・・・・・ですが、今のあなたの目はその先を見ている・・・・・・。

進むべき道を知った者の眼差し・・・・・・でしょうか。
ならば今、あなたにこの戦と、蜀の未来を託すことにしましょう。

関平殿、蜀の陣は勢いの裏にもろさを秘めています。おそらく敵はそこを衝いてくるはず。
どうか、敵の計略を挫き、蜀漢に勝利を!
【戦況】
劉備は孫呉に向けて、大規模な遠征軍を展開した。狙うは、孫権の首のみ。
怒濤の進撃を見せる蜀軍に対して、呉軍は夷陵の地に踏みとどまり、静かに陣を展開している。

敵陣の静けさが気になるところだが、勢いでは蜀軍が上回る。
戦場の東西から、呉の本陣に向かって攻め立てるのだ。
うまくいけば、一気に孫権を討ち果たせよう。
【クリア後/評定】
劉備

危うい戦であったが、憎き孫権を討ち果たすことができた。
天にいる雲長、翼徳が力を貸してくれたのだろうな・・・・・・。

戦が終わった今、私は猛省している。皆の意見を聞かずに戦ったことを、許してほしい。
これからも私を見捨てず、蜀を支えてくれ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

関平、関羽の養子。

河北の関定という者の次男で、乱世に大志を抱き、日頃より武芸の稽古に励んでいた。

ある日、劉備と関羽が関定の家に逗留した。
劉備一行の供を申し出た関平は、劉備の仲人で同姓の関羽の養子となった。
以後、関羽と関平は、実の親子以上に絆を深めていく。

関平は、父となった関羽に従って歴戦する。
軍神と呼ばれる関羽の武勇と義の心を知った関平は、
関羽を心から尊敬するようになり、少しでも関羽に近づけるように努力した。

建安二十四年(219)、荊州にあった関羽が樊城を守る曹仁を攻めたとき、最大の危機が訪れた。
曹魏と結んだ孫呉の軍勢に背後を突かれ、関羽と関平は逃げ場を失う。

死闘の末に関平は九死に一生を得たが、この戦いで関羽は力尽きた。
関平は父の偉大さを改めて思い、父の分まで戦うことを誓う。程なく、孫呉と対決する機会を得た。

関平は孫呉の軍勢を破って父の仇を討った。その後も乱世は続く。
関羽や劉備の大志を継ぐ関平は、蜀漢の命運を担う勇将として目覚しい活躍を遂げた。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved