HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 魏延伝

シナリオ概況 魏延伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 魏延伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 定軍山の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
我・・・・・・魏延・・・・・・。
字・・・・・・文長・・・・・・。

劉備ノ・・・・・・部将・・・・・・。

天下・・・・・・三分・・・・・・。
劉備ト・・・・・・曹操ト・・・・・・、孫権・・・・・・。

劉備・・・・・・曹操・・・・・・攻メル・・・・・・。

戦場・・・・・・定軍山・・・・・・。
我・・・・・・戦ウ・・・・・・。
敵・・・・・・スベテ・・・・・・倒ス・・・・・・。
【概況/初期】
諸葛亮

これより我が軍は、漢中の定軍山へと軍を進めます。
かの地を押さえることができれば、後の魏との攻防が有利になるはずです。

定軍山の敵陣に攻め込むには、まずその隣にそびえる天蕩山を制するのが上策でしょう。
全軍、各方面より天蕩山に進んでください。

魏延よ、殿はあなたを信頼しておられますが、私はあなたに不吉なものを感じます。
これが杞憂であることを、戦果にて示してください。
【戦況】
劉備率いる蜀は、漢中に軍を進めた。漢中を奪えば、魏に大打撃を与えることができる。
漢中の守将・夏侯淵は難敵だが、蜀の未来のため、越えねばならない。

魏は漢中の定軍山に本陣を構えている。
定軍山の隣には天蕩山という、陣地を構えるのに絶好の場所がある。
まずは天蕩山を制し、魏の本陣に圧力をかけるのだ。
【クリア後/評定】
劉備

漢中から魏軍を駆逐した。これで、大陸中央への足がかりができな。
漢中の肥沃な土地も蜀を潤してくれるであろう!

我が軍が力を得たことで、天下三分の形は完成した。
魏と呉が手を組み、我らに対抗してくる事態もあるだろう。気を引き締めねばな。
2章 天水の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
蜀・・・・・・定軍山デ・・・・・・魏・・・破ッタ・・・・・・。
ダガ・・・・・・。劉備・・・・・・死ンダ・・・・・・。
我・・・・・・。悲シイ・・・・・・。

今・・・・・・マタ・・・・・・魏・・・・・・。攻メル・・・・・・。
次ノ・・・・・・戦場・・・・・・天水・・・・・・。
諸葛亮・・・・・・諸軍・・・・・・率イル・・・・・・。

諸葛亮・・・・・・我ヲ・・・・・・信用シナイ・・・・・・。
ナゼダ・・・・・・。
我・・・・・・ワカラナイ・・・・・・。
【概況/初期】
魏延、定軍山ではよく働いてくれました。次は要衝、天水の地を攻めます。
この地を制すれば、魏に対する構えは強固になるでしょう。

また、かの地には姜維という若き俊英がいると聞きます。
彼を味方にできれば、いずれは私を継ぐ人物とも成り得るでしょう・・・・・・。

奇策を巡らせ、姜維を我らに帰順させることができてこそ、この戦の真の勝利でしょう。
この戦、要地と英才、二つを手に入れます。
【戦況】
蜀は天水に兵を進めた。天水を取れば、魏の急所・長安に進むための足場ができる。
天水城の太守・馬遵を討ち取り、足場を確固たるものにしておきたい。

太守の馬遵は取るに足らない人物だ。問題は、彼の配下で、麒麟児と称される姜維である。
姜維には構わず、南安城、安定城を速やかに奪取して、諸葛亮の策を成功させるのだ。
【クリア後/評定】
諸葛亮

要衝である天水と麒麟児・姜維を手に入れることができました。
これは蜀にとって大きな幸福と言えるでしょう。

今後はこの天水を、魏の喉元である長安への足がかりにします。
さらなる戦に備えて、軍備を増強しておくとしましょうか。
3章 街亭の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
諸葛亮

天水の地を制し、姜維という俊才を得ることもできました。魏延、あなたの活躍は見事でした。
今の蜀にはその武が必要です・・・・・・。

さて、我々はこれより北伐における要衝・街亭を守る戦に向かいます。
全軍、街道沿いに布陣し、魏軍を迎え撃ってください。

かの地は山上での布陣が上策に見えますが、惑わされてはなりません。
軽挙妄動することなく、街道の守備に専念してください。
【戦況】
諸葛亮は街亭の細い街道を押さえ、魏の大軍を阻止することを考えていた。
しかし、先陣を任された馬謖は、街道ではなく山頂に陣を構えようとしている。

山頂からは魏の本隊へ逆落としをかけられる。
だが、味方とのつながりが切れれば、優位さは消えて死地となる。
馬謖の取ろうとしている行動は吉と出るのか凶と出るのか・・・・・・。
【クリア後/評定】
姜維

自軍の軍略において危うい面もあったが、なんとか街亭を守りきることができた。
丞相の期待を裏切らずに済んでよかった。

今後も、街亭は魏に対する要所として活用されるだろう。
この戦の勝利は、蜀の天下へと繋がる大事な一勝だったと思いたい。
4章 陳倉の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
我・・・・・・戦ウ・・・・・・敵・・・・・・倒ス・・・・・・。
ダガ・・・・・・戦・・・・・・。終ワラヌ・・・・・・。
乱世・・・・・・続ク・・・・・・。

諸葛亮・・・・・・北伐・・・・・・続ケル・・・・・・。
兵・・・・・・兵糧・・・・・・。多ク要ル・・・・・・。
イツカ・・・・・・蜀・・・・・・国・・・・・・疲レル・・・・・・。

劉備・・・・・・ソレ・・・・・・望マナイ・・・・・・。
我・・・・・・急ガネバ・・・・・・。
早ク・・・・・・敵・・・・・・スベテ・・・倒ス・・・・・・。
【概況/初期】
諸葛亮

これより私たちは陳倉道を進み、魏軍の出城である陳倉城を攻めます。
この城を落とせばその先にある長安への道が拓けます。

陳倉城は堅牢です。我が軍の攻城兵器で防備を崩す必要があるでしょう。
攻城兵器を狙ってくる敵も、防がなければなりませんね。

魏延、我が軍の攻城兵器の守備を命じます。
さらに、機を見て陳倉城に進み、城内に突入しなさい。
この大任、必ず果たすのですよ。
【戦況】
長安を目指し意気盛んな蜀軍の前に、陳倉城が立ちはだかった。
守城兵器で固めた陳倉城はまさに要塞。
兵器庫から繰り出す攻城兵器を活用して、打ち破る以外に策はない。

攻城兵器を守りつつ、進軍することになるだろう。
無理な突進は避け、じわじわと陳倉城を包囲するのだ。
攻城兵器を生産する兵器庫の守備も怠ってはならない。
【クリア後/評定】
諸葛亮

陳倉城を蜀の傘下に収めることができました、
人馬と兵器を併用した前例のない攻城戦でしたが、うまく勝つことができましたね。

もう、長安は目と鼻の先。魏との決着もまもなくです。
天下分け目の戦に備えて、少し休んでおきましょうか・・・・・・。
最終章 五丈原の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
諸葛亮・・・・・・五丈原ニ・・・・・・兵・・・・・・進メタ・・・・・・。
魏・・・・・・五丈原ニ・・・・・・大軍・・・・・・布陣シタ・・・・・・。
多分・・・・・・コノ戦・・・・・・最後・・・・・・。

勝テバ・・・・・・蜀・・・・・・天下・・・。
劉備・・・・・・死ンダガ・・・・・・夢・・・・・・叶ウ・・・・・・。
我・・・・・・劉備ノ将・・・・・・。
夢・・・・・・叶エタイ・・・・・・。

我・・・・・・戦ウ!
敵・・・・・・倒ス!
スベテ・・・・・・終ワラセル!
【概況/初期】
諸葛亮

幾多の北伐を重ね、ようやく曹魏との決戦準備が整いました。
これより扶風郡の五丈原にて、蜀と魏の雌雄を決します。

敵は私たちの決戦の意気を悟り、総力をもって防備を固めています。
補給線と物資を維持、活用して敵陣を崩さなければなりませんね。

魏延、私はあなたに全幅の信頼は置けません。
ですが、ここまで蜀を支えたその武には頼むに値します。
どうか、勝利を我ら蜀に・・・・・・。
【戦況】
蜀と魏の命運を懸けた決戦である。敵の軍師司馬懿は防備に専念する構えを見せている。
長期戦になっては、勝ち目はない。諸葛亮は戦の早期決着を目指そうとする。

遠征の身としては、一刻も早く敵陣に迫りたいところ。
ただし、攻めに気を取られ補給線の確保を怠るのは危険である。
補給線近くの敵の拠点はしっかりと攻略しておきたい。
【クリア後/評定】
諸葛亮

曹魏との決戦に勝利することができました。
司馬懿は、己の知に負けてしまったようなものです。哀れな最期でした・・・・・・。

三顧の礼より数十年、天下三分を経て、私の思い描いた天下に至りました。
これからの天下は、民が描くものとなりましょう・・・・・・。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

魏延、字は文長。義陽郡の人。

武芸に天性の素質を持ち、勇猛で剛直な人物だった。
初め荊州の劉表に仕え、劉表が亡くなると長沙の韓玄に従った。

劉備が長沙を攻めたとき、韓玄は配下の黄忠に二心ありと思い込んで処刑しようとする。
黄忠に非のないことを知っていた魏延は、韓玄を斬って黄忠を救い、劉備に投降した。

劉備は魏延を快く迎えたが、諸葛亮はいずれ謀反を起こしかねないとして信用しなかった。
諸葛亮に敬遠されながらも、魏延は劉備への忠誠を誓い、目覚しい活躍を見せる。

魏延は戦場に武を振るい、蜀漢の成立に大飯いに貢献した。
しかし、劉備は帝位について間もなく他界してしまう。
劉備に代わって蜀漢を率いることになったのは、諸葛亮だった。

諸葛亮は魏延の武勇を認めていたが、決して信頼することはなかった。
魏延もそれを感じながらも諸葛亮の命に従い、亡き劉備の夢を叶えるために死力を尽くして戦い続けた。

その後、蜀漢の天下を見届けた諸葛亮は世を去る。
魏延も己の使命を果たし終えたことを悟ると、誰に告げることもなく姿を消した。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved