HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 祝融伝

シナリオ概況 祝融伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 祝融伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 南中争覇戦(孟獲軍シナリオ)
【初期】
アタシは祝融。火の神の裔さ。
最近、どうもアタシの周りがきな臭くってね。
北の連中がこの南中を狙ってるって、噂なんだよ。

南は南で、今まで各地の王が好き勝手やってきたからね。
ひとつになって北の奴らに対抗するなんて、すぐにできるもんじゃないのさ・・・。

アンタ、こんなときこそアンタの出番だよ!気合入れていきな!
ここでしっかり足場を固めて、最強の大王になるんだよ!
【概況/初期】
孟獲

北の連中め、南中太守なんて名乗りやがって。
ワシらの大地をぶんどろうってか。こっちは内輪もめの真っ最中だってのによ。

かあちゃん、ここいらでワシらの結束を強めとかねえと、北の奴らに付けこまれちまう。
ワシら全員の団結でこの大地を守らねえと。

ぬおおお!北が攻めてくるまで時間がねえ。
このワシが大王となって、南中をまとめる!
文句ある奴は、まとめてかかってきやがれ!
【戦況】
北からの侵略を防ぐために、南中は一致団結する必要がある。
だが、南中の王たちは自分勝手に暴れ回り、力で南をまとめようとした孟獲に対抗してきた。
南中の王たちは協力して本陣を狙ってくる。
王たちに負けない絆を示して、本陣を守り通さなければならない。
機を見て、敵拠点を攻撃できれば勝利が見えよう。
【クリア後/評定】
孟獲

やったぞ!これで南中の地はひとつにまとまった!
おまけに侵略してきた南中太守も倒してやった!

ワシが大王になったからには、北の奴らに好き勝手はさせねえ!
この大地、兵士たち、かあちゃん、みんな守ってやるぜ!
2章 南中の戦い(南蛮軍シナリオ)
【初期】
アタシの旦那は、晴れて大王様になったよ。ふふ、ますます男ぶりがあがったねえ。
後は、もっと貫禄がつけば言うことないけどね。

それにしても、また妙な連中がやってきたね。
なんだい?みんなで黄色い布なんか巻いて。
ひよこにでもなったつもりかい?

・・・・・・何にしても、よそ者は気に入らないねえ。
ずかずかと他人様の庭に入ってくる奴らは、アタシがきれいさっぱり燃やしてやるよ!
【概況/初期】
孟獲

こないだ南中太守をコテンパンにのしたのはよかったがよ、また変なのが攻めてきやがった。
・・・・・・あんなのが北で流行ってんのか?

あいつらは、うさんくさい術を使って、人を操るらしいな。
ワシとかあちゃんで、卑怯な術をかけてくる奴らごと、潰しちまおうぜ!

ワシらの土地は、ワシらで守る。
んで、ワシは、誰もが認める偉大な大王になってやるぞ。かあちゃん、期待しててくれよ!
【戦況】
黄巾賊が南中に教えを広めようとしている。
南中大王・孟獲は黄巾の教えを邪教と判断し、黄巾賊を倒すために出陣する。
被害が大きくなる前に、首領・張角を倒すことができるか。
布教を止めつつ、敵の侵攻も防ぐという難しい戦を強いられるだろう。
張角たちの布教を放っておくと、孟獲の威厳が徐々に低下する。
兵士たちの信頼を失う前に、叩くのだ。
【クリア後/評定】
孟獲

いんちき仙人、張角はぶちのめしてやった!
わしの家族を騙そうたあ、ふてえ奴だ!
奴の仲間も残さず倒してやったぜ!

だが・・・北の奴らは何でワシらの土地を狙ってくるんだ?
まあいい!何があろうがこの大地、守ってみせるわ!
3章 南中侵攻戦(南蛮軍シナリオ)
【初期】
黄巾の奴らを見事に撃退したことで、アタシらの名は天下に知られたみたいだね。
今度は、呉の連中がお出ましになったよ。

呉といえばアタシだって知ってる大国だよ。
これに勝てば、アタシの旦那は無敵の大王様だよ。
しっかりやんないとねえ!

さあて、呉の連中はアタシにどう料理されたいんだい?
強火でこんがりってのがお好みなら、望みどおり、戦の炎で焼いてやるよ!
【概況/初期】
孟獲

ワシらの大地を騒がす奴らがまたきやがった。
まったく、何を考えてるんだ?ワシらは人の住処なんて欲しがらねえぞ!

敵の数にビビるな!多けりゃ、分けちまえばいいんだ。
ワシは、本陣を死ぬ気で守る!かあちゃん、敵の分断は頼んだからな。

呉だかなんだか知らねえが、許さねえぞ!
来やがれ!よそ者なんざ、この大王・孟獲が片っ端から引きちぎってやらあ!
【戦況】
南中に大軍が攻めてきた。天下に名を馳せる孫権率いる呉の軍勢である。
だが、南中を荒らす者は誰であろうと許すことはできない。
孟獲率いる南中軍の壮絶な抵抗戦が始まる。
序盤は、呉の大軍を防ぐので手一杯だろう。
味方が撃破されても焦らず、本陣だけは守り抜くのだ。
呉の大軍を何らかの方法で分断できれば、まだ戦えるのだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孟獲

ふぅ。何とか撃退したか。
数の上じゃあ負けてたが、腕っ節とおつむ、そして絆の力はワシらの方が上だったみてえだな。

南中は、よそ者が治められるほど甘い土地じゃねえ。
奴らもこれに懲りて、おとなしくしてくれればいいんだがな。
最終章 南中平定戦(南蛮軍シナリオ)
【初期】
呉の連中を倒した後、しばらく気楽な毎日が続いてくれたんだけどね・・・・・・。
北で興った蜀とかいう連中が、大軍連れて攻めてきたよ。

さすすがに今度の戦いは、一筋縄ではいかないだろうね。
でもアタシらには、最強の大王・アタシの旦那がついているからね。

南中の大王・孟獲。ほんと、アタシの自慢の旦那だよ!
二人でこの大地、いつまでも、そうさ、ずっと守っていくよ!
【概況/初期】
孟獲

今度の戦、今までとは勝手が違うだろうな。蜀の連中は厄介だ。
ワシらの弱点を見抜いて罠を仕掛けてくるかもしれねえ。

ワシは、正面から来る敵を何とか押し返す。
かあちゃんは、遊撃して敵を混乱させてくれ。
危なくなってる味方の援護も頼んだぜ!

ワシらの大地を荒らそうとする奴は、大王・孟獲様が許しちゃおかねえ!
おおおおお!この大地に根付くものは、全部ワシが守る!
【戦況】
北から諸葛亮率いる蜀の大軍が攻めてきた。彼らは大兵によって、南中を支配しようとしている。
南中の平和を守るため、地の利を活かして、蜀からの侵略軍を粉砕するのだ。
敵の攻撃を受け止めつつ、慎重に前線を押し上げていくことになる。
じわじわと蜀の陣営に近づいていきたい。
地理に疎い敵の裏をかいて、敵陣の後方をかく乱するのも手か。
【クリア後/評定】
孟獲

蜀の奴らめ、思い知ったか!ワシらを屈服させるなんてできっこねえ。
みんなも本当によく頑張ってくれたな。ありがとよ。

黄巾も呉も蜀も、この地を荒らそうって奴は全部叩き潰してやった。
この大王・孟獲様がいる限り、南中はわしらの大地よ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

祝融、南中の人。

古代の伝承にある火の神・祝融氏の末裔と称する。
飛刀は百発百中の腕を持ち、猛獣を巧みに操る、勇ましい女傑だった。

南中で一部族を率いる孟獲の妻となった祝融は、夫を南中の王にするため奮闘する。
南中平定に乗り出した孟獲に従って出陣すると、孟獲と連携して次々と諸部族を屈服させた。

孟獲は名実ともに南中王となったが、戦いは続く。
黄巾賊や孫呉の軍勢など、北方からの侵略を受けるたび、祝融は孟獲に従って敵を蹴散らし、南中の地を守り抜いた。

北方との戦いを経るごとに、南中諸族の結束は強まり、それを束ねる孟獲は、大王と呼ばれるようになる。
そこへ、最大の敵・諸葛亮率いる蜀漢の軍勢が南中に侵攻してきた。

孟獲は正面からぶつかって敵の進軍を防ぎ、祝融は地の利を生かした奇襲戦で敵の後方を撹乱する。
南中の地を愛する二人の闘志は、ついに諸葛亮の知略をも退けた。

中国大陸では未だ戦乱の世が続いていたが、祝融と孟獲にとっては、遠い地り出来事でしかない。
火の神・祝融は、誇り高き大王を支え、いつまでも南中の地を守り続けた。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved