HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 曹操伝

シナリオ概況 曹操伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 曹操伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 黄巾の乱(討伐軍シナリオ)
【初期】
わしは曹操。字は孟徳だ。

今、人の心は荒み、天下を治める漢室の威光も消え失せようとしている。
この先に待つものは・・・・・・乱世。

乱世は恐らく生き地獄。だが、その先には次の時代が開けよう。
ならば、わしはその乱世を覇道で進み、自らが思い描く天下を創る!

まず手始めに、今世を騒がしている黄巾賊の乱を鎮めるため、討伐軍に加わるとしよう。
では行くか。我が道の、これが第一歩よ!
【概況/初期】
何進

私が、この度の黄巾賊討伐の軍の指揮を取る何進である。
この天下の危機に立った者たちよ。そなたらこそまさに漢室の宝である!

今回は、民を煽動してこの黄巾賊の乱を引き起こした道士・張角を討つため、
冀州の地にある奴らの本拠地へと攻撃をかける。

張角とその弟たちは妖術で天変地異を起こすという。
弟らを叩けば進軍は容易となろう。
では進め!誇り高き漢室の勇士たちよ!
【戦況】
何進率いる討伐軍は、黄巾賊の本拠地・冀州に進軍する。
狙うはただひとつ、黄巾賊の首領・張角の撃破。頭を倒して、黄巾賊を壊滅させるのが最終目標である。

張角とその弟たちは妖術を中心にして攻めてくる。妖術を何としても止め、勝利を引き寄せるのだ。
術者を迅速に倒し、祭壇の占拠を目指すのが得策かもしれない。
【クリア後/評定】
何進

世を惑わす賊徒・張角は死んだ。黄巾賊は滅亡したと言ってもよかろう。
この総大将・何進、諸将たちの働きに感謝する。

諸君は各地に戻り、引き続き漢朝に対して忠節を尽くしてくれ。
二度とこのような乱が起こらないように、目を光らせておくのだ。
2章 虎牢関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
袁紹

おお、曹操か。しばらくであったな。
そなたの黄巾討伐における活躍は私の耳にも入ってきたぞ。私の居ぬ間に目立ちおって。

まあよい。今回は逆賊・董卓を討つための戦である。
この名族・袁本初が盟主として諸侯の連合を率いるゆえ、そなたも奮起せよ。

目指す敵は董卓! が、その前に猛将・呂布の守る虎牢関が激戦地となろう。
何としても虎牢関の先へ進み、董卓の首を取るのだ!
【戦況】
反董卓連合軍はついに、洛陽の玄関・虎牢関の手間まで進撃した。
対する董卓は、虎牢関の守備を猛将・呂布に任せて、洛陽に閉じこもっている。

虎牢関を守る呂布は、鬼神と称される猛将。
真正面からぶつかれば、打ち破ったとしても被害は甚大であろう。
臨機応変に対処する力が求められる。
【クリア後/評定】
袁紹

逆賊・董卓をついに倒すことができた。
これも連合軍の諸侯が力を合わせた結果だ。
盟主として誇りに思う。

董卓打倒という目標が果たされ、連合軍は解散となる。
だが、名族の旗の下、戦った日々を皆忘れないであろう。
3章 下邳の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
曹操

都の災禍・董卓は討ったが、その部将であった呂布がまだ暴れておる。
わしは劉備に請われ、呂布を討つべく下邳に軍を進めた。

下邳の城内へと攻め入るには、西門か南門のいずれかを打ち破る必要があろう。
しかし、それには城の周りの拠点がうっとうしい・・・・・・。

先行させた郭嘉がどのような策を描くか・・・・・・。
奴ならば、わしを満足させ得る策を閃くはず。わしもそれに従うとしよう。
【戦況】
虎狼・呂布を下邳城に追い詰めた。しかし相手はあの呂布。
曹操、劉備の合同軍で包囲したとはいえ、気を抜けない。
下邳城も非常に堅固な城である。

当面は、軍師・郭嘉の策に従い、じっくりと呂布軍を追い詰めていくことになるだろう。
呂布の武と曹操軍の知、どちらが相手の予想を上回るのか・・・・・・。
【クリア後/評定】
曹操

鬼神・呂布よ。安らかに眠れい。
希代の暴威を相手とする厳しい戦ではあったが、我らの智勇がそれを上回ったのだ。

呂布亡き後、乱世は収束するのか。・・・・・・否、時代のうねりは、もはや誰にも止められぬ。
此度以上の戦いがこれからも続くであろうな。
4章 官渡の戦い(曹操軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
曹操

董卓についでに呂布をも討ち取り、これで乱世に暴れる獣の類は滅んだ。
これよりは、この天下に統べる戦を始めるのだ。

我が軍は、袁紹と雌雄を決すべく、官渡へと軍を進める。
敵は大軍とはいえ、率いるのが袁紹では弱卒の群れに過ぎん。

わしはまず、既に戦端を開いた白馬での戦況を立て直すとする。
その後、袁紹に己が器の狭量なることを思い知らせてくれる!
【戦況】
曹操はついに宿敵・袁紹との決着戦に挑む。決戦の地は官渡。
袁紹軍は白馬、延津に向け攻勢をかけてくるようだ。
両要所を守りきり反撃することができるか。
本陣である官渡城の死守はもちろん、白馬、延津も守り抜かねばならない。
両所を落とされると非情に苦しい戦を強いられるだろう。
要所を死守し、反撃の時を待つのだ。
【クリア後/評定】
曹操

袁紹は死んだ。名に惑い、己の進む道を誤った奴と、名より実を取り、己の道を進んだわし・・・・・・。
勝敗は明らかだったな。

だが、まだこの天下には袁紹など比ぶべくもない大器が残っている。
来るべきその漢との戦に備え、戦支度を整えておかねばな。
5章 赤壁逃亡戦(曹操軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
曹操

官渡での戦を制したわしは、いずれ大敵となるであろう劉備を討つため、軍を動かした。
が、その先に待っていたのは辛酸であった。

江陵へと渡った劉備は孫権と組み、赤壁にてこのわしの大水軍を打ち破りおった。
今、眼前に広がる惨憺たる情景、決して忘れんぞ。

とにもかくにも、この逆境を打開せねばな。
わし自らの手で孫権と劉備を退け、次の戦につながる撤退戦を行ってみせようぞ。
【戦況】
赤壁の戦いに敗れた曹操は、都への撤退を余儀なくされた。
この機を孫権・劉備の連合軍が逃がすわけがない。
連合軍の追撃を振り切り、曹操を無事に逃がすことができるか。
曹操を逃がすため、戦場の各所で配下たちが力戦することになる。
彼らを助けて、曹操の脱出をより確実なものにしたい。
もちろん、曹操の護衛も疎かにしてはならない。
【クリア後/評定】
曹操

くっ・・・辛くも逃げ切れたか。
わしの油断から始まった戦だが・・・・・・今は命があることを喜ぶべきだな。皆もよく逃げ延びた。

この雪辱は果たさねばならん。
速やかに国力回復に努め、劉備と孫権を叩き潰す。
わしを怒らせたこと思い知らせてくれるわ!
6章 合肥の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
なし
【概況/初期】
曹操

辛くも赤壁の危機は脱することができた。
が、劉備はその後、時と人に助けられ蜀の地を得るに至った。ついに英雄が舞台に立ったか。

目下の問題はその劉備にそそのかされ合肥に攻め寄せている孫呉だ。
合肥の防備は手薄。急ぎ態勢を整えねば、大軍に飲まれよう。

あの地には打ち捨てられた拠点が点在する。
それらを活用し、敵陣に楔を打ち込むように軍を進めるのが上策であろうな・・・・・・。
【戦況】
孫権率いる呉軍が手薄な合肥を狙ってきた。味方の兵は少なく、まもとに当たっては勝ち目はない。
援軍が来るまでの間、合肥城を中心に耐えきることができるか。
敵の勢いを止めるのが先決。各所に配置されている中立拠点を占拠して、時間を稼ぐのだ。
呉軍の侵攻を、うまく食い止めることができれば、反撃の機会が訪れるはず。
【クリア後/評定】
曹操

少ない兵で大敵に勝つ、これぞ兵法の妙味よ。
孫呉は勝てる戦を落として消沈しているはず。
当分の間は動けぬであろうな。

さて、気になるのは劉備だが・・・・・・。
まあ、今は、捨て置くほかあるまい。
まずはこの戦での損害を早急に回復せねばな。
第7章 五丈原の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
合肥の戦はわしの勝利に終わった。
それ以降しばらくは、三つに分かたれた天下の覇権を巡り、孫権、劉備との小競り合いが続いた。

だが、人の命は尽きるもの・・・。
わしが唯一英雄と認めた劉備が世を去り、蜀は諸葛亮が辛うじて支えている状態になり果てた。

劉備なく蜀など見るに堪えん。わしが直々に蜀に引導を渡してくれる。
それが乱世の黎明より因縁のあった劉備に対する手向けよ!
【概況/初期】
司馬懿

殿、此度の戦、この司馬仲達にお任せを。
敵の猛攻を耐えしのぎ、必ず来る転機を掴んで蜀を完膚なきまでに叩いてみせましょう。

しかし、諸葛亮のこの攻め、何やら焦りにも似たものを感じますな・・・・・・。
もしや、奴の命は・・・・・・ならば、それはまさに好機。

蜀軍に合わせて焦る必要はありません。
本陣とその周辺を徹底的に守り、敵が自ら崩れるその時をひたすら待つとしましょう。
【戦況】
魏と蜀の命運を懸けた決戦である。敵の軍師、諸葛亮は速戦による戦の決着を望んでいた。
これを看破した司馬懿は、猛攻に耐え、持久戦に持ち込む作戦を取る。
蜀軍の攻勢は凄まじく、しばらくは防戦一方となるだろう。攻めをいなしつつ、敵の弱点を見定めたい。
やがて訪れる総力戦に備えて、急所を衝き、敵を少しでも弱らせておくのだ。
【クリア後/評定】
司馬懿

焦っている軍を討つことは、たやすいこと。
蜀軍と諸葛亮、二つの星はこの五丈原に落ちる宿命だったのだ。

孫呉の命運も、すでに曹魏が握っている。もはや焦る必要はない。
軍備を整えて、ゆっくりと追い込んでやろう。
最終章 合肥新城の戦い(魏軍シナリオ)
【初期】
蜀は我が手によって滅んだ・・・。
今やこの大地に生き残り、天下を狙う者は、曹孟徳と江東の地に拠って勢を成した孫呉のみ。

孫呉・・・・・・この乱世において、代を重ねるごとに強く、大きくなった精力か・・・・・・。
わしは虎の血筋を甘く見ていたのやもしれんな。

しかし今、我が覇道は詰めの段階に来ている。
虎に恐れ、引き下がるわけにはいかんのだ。
行くぞ!これが我が最後の戦よ!
【概況/初期】
司馬懿

孫呉め、我らが蜀との決戦にかまけて隙を作るとでも思ったようですな。
今こそ孫呉を根絶やしにする好機です。

今、敵は地上に展開しているのみだが・・・・・・。
孫呉はこれを決戦と考え、総力で挑んでくるはず。この程度で終わるとは思えません。

ここは城を死守し、敵が攻め疲れて消耗した頃合いを見て一気に攻勢に出るのが上策かと。
参りましょう。殿、天下は目前ですぞ!
【戦況】
合肥新城が呉の大軍に包囲された。城攻めを指揮しているのは、呉の総大将・孫権。
これを好機と見た曹魏陣営は、この地にて孫権を討ち、呉を滅ぼそうともくろむ。
呉の先行部隊は陸上から合肥新城に攻め寄せてくるようだ。
何とか城外で食い止め、敵の二の矢に備えたい。敵の万策が尽きるのを見計って、攻勢に出るのだ。
【クリア後/評定】
曹丕

孫呉め、さすがに虎と自称するだけはある。
我が軍をこれほどまでに苦しめるとは・・・・・・。
次代の終焉にふさわしい戦であったな。
蜀が滅び、孫呉も消えた。もはや私を遮る者はなく、天下は曹魏の下にひとつとなる。
ふ・・・・・・統べてしまえばあっけないものだ。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

曹操、字は孟徳。沛国譙県の人。

少年の頃より文武に秀で、才気鋭く人相見に「治世の能臣、乱世の奸雄」と評された。
そして時代は乱世へと動き始める。

黄巾の乱や董卓の暴政によって、乱世は混乱を極めた。
漢王朝の限界を見た曹操は、自らの手で天下統一の覇業を成し、
新たな秩序を築くことを、天命と自覚するようになる。

曹操は、着実に勢力を伸ばし、宿敵・袁紹の大軍勢を官渡の戦いで打ち破った。
この勝利を機に華北全域を征圧し、また優れた将兵にも恵まれて、曹操の覇道は順風満帆に見えた。

建安十三年(208)、北方を平定した曹操は大軍を率いて南下した。
孫権は劉備と結んで対抗、両勢力の希代の策士である周瑜と諸葛亮の前に、曹操軍は大敗を喫する。

窮地から逃れた曹操は、決意を新たに覇道を突き進む。
巴蜀の地を制し勢力を増した劉備軍を五丈原で粉砕し、
さらに合肥で襲来した孫呉軍を撃破して赤壁の雪辱を果たした。

天下は統一され、長い乱世の世は終わった。
しかし曹操の覇業がこれで終わったわけではない。
この国が、新たな時代にふさわしい姿になるまで、曹操の戦いは続く。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved