HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 周瑜伝

シナリオ概況 周瑜伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 周瑜伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 水関の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
私は周瑜。字は公瑾。

港ではこの私を美周郎などと、はやす者もいる。
私はただ、音楽を好み、日々武勇を磨いているだけなのだがな。

私には夢がある。
我が親愛なる友・孫策と共にこの乱世を戦い抜き、我ら孫呉による新しい時代を作るという夢だ。

今日はその大望への一歩として、都を騒がす逆臣・董卓を討つべく連合軍に参じている。
いざ、この周公瑾、風のごとく斬り進まん!
【概況/初期】
孫堅

今、世は乱れ、天は混沌に包まれている。
とりわけ問題なのは、本来は天子を支えるべき漢の大尉・董卓の専横と暴挙であろう。

この事態に、諸侯は袁紹を盟主として反董卓の連合を結成した。
我々はその先鋒として、洛陽へと続く要衝・水関へと進攻する。

水関を守るは董卓配下の猛将・華雄。
だが、お前の智と武の前には、ただの荒くれでしかあるまい。
さあ、お前の力、見せてやれ!
【戦況】
洛陽を荒らす董卓を討つため、袁紹は諸侯に号令を発して、連合軍を編成した。
連合軍の目指す先は、董卓の勇将・華雄が守る水関。洛陽に入るためには避けて通れぬ難所である。

水関攻めの先鋒は孫堅軍。袁術軍は後方に控え、兵糧輸送などの後方支援を行うことになっている。
両軍の連携がうまくいけば勝利は間違いないが、はたして・・・・・・。
【クリア後/評定】
袁紹

諸将の活躍により、董卓軍の猛将・華雄を打ち破ることができた。
逆賊・董卓はもはや、袋の鼠と言ってよかろう。
今後の行動はまだ決まってはおらぬが、備えだけはしておかねばならん。
いつ、このような輩が世を乱すか、わからんからな。
2章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
私たちは華雄を撃破し、無事に水関を制圧した。
呉の留守を任されていた孫策は、この土産話を実に羨ましそうに聞いていたな。

だが、平穏な世は訪れない。こりを機に群雄割拠の時代に突入したようだ。
私は孫堅殿に従い、荊州の劉表との戦に赴くこととなった。

この戦には孫策も参戦するという。
私と孫策が共にあれば、劉表などに敗れることはあるまいが・・・・・・なんだ、この胸騒ぎは・・・・・・。
【概況/初期】
孫堅

水関での戦ぶり、見事だった!
これで、董卓の専横による混乱は収まり、天下を覆う暗雲は晴れたと言えよう。

しかし、これを機に、諸侯が天下への野心をむき出しにし始めた。
我が下にも、袁術から荊州の劉表を討ってくれとの要請がきた。

周瑜よ、お前は策と共に中央から進軍し、敵本隊を引きつけてくれ。
お前達であれば容易な任であるはず。よろしく頼むぞ!
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。

※孫堅が負傷時

孫策

劉表の野郎をぶっ潰して、荊州を制圧したぜ。
俺たちを怒らせるとどうなるか、天下の奴らもわかっただろう。
心配なのは、親父の容態だが・・・。
親父がこんな状態だからこそ、俺がしっかりしねえとな。
次の戦の準備、抜かっちゃいけねえ!
3章 呉郡の戦い(孫策軍シナリオ)
【初期】
荊州での戦には勝利したものの、その時の矢傷がもとで、孫堅殿が帰らぬ人となってしまった。
あの時の胸騒ぎはこれだったか・・・・・・。

しかし、我ら孫呉には孫策がいる。
孫策なら父君である孫堅殿の遺志を継ぎ、この天下に大いなる偉業を成し遂げるであろう。

私も身命を賭して、孫呉の天下のために尽力する覚悟だ。
さあ、行こう孫策!我らの志、今こそ天下に響かせるのだ!
【概況/初期】
孫策

周瑜・・・・・・。親父が死んで、いきなり俺が呉をまとめることになった・・・・・・。
お前にも色々と面倒かけるだろうけど、よろしく頼むぜ。

っと、悪りい。泣き言は言ってられねえな。
孫呉の天下への第一歩として、まずは江東、呉郡の地を手に入れる!

敵は寄せ集めだ。拠点を占拠すれば俺たちに降ってくるだろう。
んじゃ、俺は先に戦場で暴れてくる。また後で会おうぜ、周瑜!
【戦況】
孫策軍は満を持して、呉郡平定に乗り出した。
呉郡は現在、劉繇を始めとする諸侯が治めているが、もともとは孫呉の地である。
この戦に勝ち、取り返さなければならない。連合軍の兵は多く、味方は少数。
だが、呉郡には秘かに孫呉の威に服している者が多い。
中立拠点を押さえて孫家の力を示せば、恭順を誓う者が現れるかもしれない。
【クリア後/評定】
孫策

劉繇は追い払った!これで俺たちの地盤は固まったわけだ。
強え奴らも仲間になったし、言うことなしだぜ!

以後、俺たちはこの呉郡を拠点にして天下を目指す!
親父、見ててくれよ。必ず孫呉の旗を大陸全土にたなびかせるからな!
4章 夏口の戦い(孫権軍シナリオ)
【初期】
くっ・・・・・・この悲しみをどこに向ければいい。
呉郡の地を平定して、これからという時に、病ごときで孫策の天命が尽きるとは・・・・・・。

・・・・・・いや、大河の如く涙を流しても、孫策は帰って来ない。
今、孫権・・・・・・新しき殿を支え、これからの孫呉の基盤を築かねば。

まずは先々代、孫堅殿の仇である黄祖を江夏にて討ち、忌まわしき宿怨を晴らす。
孫呉は天下の何者にも屈せぬ。それを示さねば!
【概況/初期】
孫権

まさか兄上がこのような形で世を去り、私が孫呉を背負うことになるとは・・・・・・。
いや、皆の心が揺れぬよう、私が凛としておらねばな。

兄上は私を大器と言ってくれたが、今の私は父上や兄上に遠く及ばん。
周瑜よ、どうか私が虎の後継たり得るよう、力を貸してくれ。

父上の仇・黄祖は、我々の動きを察知して、夏口の守りを固めている。
全軍、総力を結集して攻め、惰弱な匹夫を打ち倒すのだ!
【戦況】
孫家と因縁深い、黄祖との対決。長江の支流を挟んでの激しい戦が予想される。
何としても対岸の黄祖を討ち取り、孫家の厄を落とさねばならない。
戦場中央にある船着き場を押さえれば、有利に戦える。速やかに軍を進めて、占拠したいところ。
黄祖の陣営は猛者は見当たらないが、ここき敵の庭。油断せずに進軍したい。
【クリア後/評定】
孫権

皆の活躍により、黄祖を討ち取ることに成功し、また、要所である江夏の地も得た。
亡き父上と兄上もきっとお喜びであろう。

これで孫呉は乱世に勇躍するための地盤を得た。
さあ、これからが我らの力を見せどころ。天下を掴むため、皆で邁進するのだ!
最終章 赤壁の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
さまざまな困難や悲しみを乗り越え、孫呉は天下をうかがうに十分な国力を得た。
いよいよ中原へと雄飛すべき時だろう。

さこで最大の障害となるのが、曹操だ。
その強大な力を恐れ、重臣内でも降伏を唱える者がいるが、私は主張する。
曹操討つべしと!

我が親友、孫策ならば、決して曹操に屈する道など選ばない。
孫策の魂を継いで雄々しく戦うことこそ、我ら孫呉の道なのだ!
【概況/初期】
孫権

これより我々は、劉備の軍勢と協力し、脅威となった曹操を打ち破るべく軍を進める。
この戦、天下の趨勢を左右するものと心得よ!

曹操の大船団を叩き勝利を収めるには、幾重にも張り巡らせた策を成功させねばならない。
皆、何としても与えられた任を完遂せよ。

周瑜、お前は中央で戦局を見極めつつ、任の実行に手間取っている者を援護して欲しい。
お前の策が見事成ること、期待しているぞ。
【戦況】
曹操軍の脅威に対抗すべく、孫呉と劉備は手を組んだ。
曹操はいち早くこの動きに反応し、赤壁に大水軍を展開してきた。史上最大の水上戦が今、始まる。

曹操軍の攻勢に耐えて、策が成るのを待つことになる。
軍師・周瑜の言に従い、忠実に策を実行していくのだ。
策がすべて成れば、劣勢を跳ね返すことができよう。
【クリア後/評定】
孫権

奸雄・曹操とその大船団は大河に沈んだ。
奴の天下への野心はもはや浮かび上がってくるまい。
我らは決戦に勝利したのだ!

これで孫呉は天下へと大きく前進した。
この大河は天下を決した戦場として、皆の名は偉業を成した者として、永く語り継がれよう!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

周瑜、字は公瑾。盧江郡舒県の人。

江東屈指の名家に生まれ、幼少より、文武の修練に励む。
容姿端麗の美丈夫で、人望も厚く人々は親しみを込めて「美周郎」と呼んだ。

少年の頃、同年の孫策と出会い親友となる。
孫策が江東制覇の兵を興すと、手勢を率いて真っ先に駆けつけ、
実戦を重ねて才覚を磨き孫呉に欠かせぬ将士となった。

孫策が早逝したため、呉の命運は周瑜が一身に担うこととなる。
新たな主君・孫権を支え着実に勢力を伸ばすが、中原の曹操はそれを上回る勢いで強大化していた。

建安十三年(208)、袁紹を滅ぼして勢いに乗る曹操は、荊州に攻め入り、ついに、孫呉へ矛先を向ける。
孫権は劉備と結んで曹操との決戦に踏み切り、全権を周瑜に委ねた。

圧倒的な兵力で攻め寄せる曹操軍に、周瑜は諸将を指揮して奮戦する。
さらに、諸葛亮や龐統の協力も得て戦局を覆すと、周瑜は自ら曹操を追い詰めて、奇跡的な勝利を掴んだ。

曹操は依然強大な勢力を有して天下を狙っている。
劉備もまた。天才軍師・諸葛亮を得て、いずれ孫呉の前に立ちはだかるだろう。
亡き友・孫策の遺志を継ぎ、周瑜は戦い続ける。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved