HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 陸遜伝

シナリオ概況 陸遜伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 陸遜伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 南中侵攻戦(呉軍シナリオ)
【初期】
私は陸遜。字は伯言といいます。

まだ若輩ではありますが、孫呉が天下を取るための力となるべく、日々武技と軍略を磨いています。
先日、魏蜀とのにらみあいに執着せず南の地を制すべきと進言したところ、
賛同を得られ、私たちは南征の途に就くことになりました。

天下が三つに分かれた今、それを制するには外敵を鎮圧し、吸収するのが上策・・・・・・。
さあ、我らの力、天下の外までも示しましょう!
【概況/初期】
孫権

赤壁での大勝以降、天下は蜀の軍師・諸葛亮が描いた三分の形で膠着している。
この機に我々は南の地を手に入れ、力を蓄えたい。

敵の首領、孟獲は将兵たちをひとつの家族のようにまとめているらしい。
そういう者たちは地力が強いものだ。皆、心してかかれ。

陸遜、今回のお前の南征論、呂蒙が高く評価していたぞ。
武勇の方でも、その実力を余すところなく発揮してほしい。では、行くぞ。
【戦況】
呉軍は南蛮に進撃した。国力を蓄え、天下の争いを有利にするためである。
南蛮の大王・孟獲は南蛮の各王や配下と一致団結して、交戦する構えを見せている。
慣れぬ地での戦いであり、地の利は敵にある。
しかも、味方の陣は長く延びていて、分断されると危機的な状況となる。
南蛮軍にこの弱点を看破されなければよいが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫権

南蛮大王・孟獲を倒し、彼の地を制することができた。
これで奴らの侵攻を恐れることなく、天下へと進むことができるな。

いよいよ孫呉の天下が見えてきた。次の相手は曹操か劉備か・・・・・・。
いずれであれ、この勢い、もはや誰にも止められはしない!
2章 樊城の戦い(連合軍シナリオ)
【初期】
南の地を制した私たちは、魏蜀との三つ巴の争いに決着をつけるべく、動き出しました。
狙うは、荊州の覇権です。

折しも、関羽が魏の樊城に軍を進めています。
私はこれを利用し、まず魏と共に関羽を討ち倒すという策を呂蒙殿に申し上げました。

英雄の存在はそれだけで時勢を左右します。
私の知勇の限りを尽くして軍神・関羽を討ち、時代の流れを孫呉へと導かなければ!
【概況/初期】
呂蒙

陸遜、お前の策、なかなかに面白い。
この戦、勝てば我々孫呉が荊州全域に覇を唱えることとなり、天下へと大きく前進するであろう。

関羽は孫呉の戦力を侮り、樊城の戦闘に集中するであろう。
その慢心を衝き、奴を倒す。この戦、魏との連携が鍵になろう。

樊城の守将は魏の曹仁。関羽が奴を討ち樊城を落とせば、我々も退くしかない。
魏に加勢をしつつ、関羽を追いつめるのだ!
【戦況】
蜀の関羽軍が魏の樊城を水攻めにしている。このままでは樊城と荊州を、関羽に取られてしまう。
魏と協力して関羽を討ち、荊州を呉のものとしなければならない。

敵の油断を誘うため、味方は少数しかいない。
そのまま関羽軍に当たっても、むなしく砕けてしまうだろう。
戦場、戦況をよく観察し、策によって形勢を逆転させるのだ。
【クリア後/評定】
呂蒙

軍神・関羽を討ち取った!皆がよく戦い、忠実に指示に従ってくれたおかげだな。
これで天下の要所・荊州を押さえることができた。

今後は荊州の守りを固め、蜀に対する備えを厚くしよう。
無論、曹魏への警戒も怠ることはできん。これからさらに忙しくなるな!
3章 夷陵の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
関羽を倒し、これからという時に、呂蒙殿が病で世を去りました。
まだ色々と教えを乞いたかったのですが・・・・・・残念です。

呂蒙殿の推挙により、私は大都督に任ぜられました・・・。
これまで周瑜殿、呂蒙殿という傑士が歴任した要職・・・・・・責任は重大です。

私の大都督としての初戦は、蜀に対する夷陵での防衛戦です。
恐らく諸葛亮先生の奇策が待ち構えているはず。全力で打ち破らねば!
【概況/初期】
孫権

陸遜、呂蒙は自分の亡き後を託せるのはお前しかいないと言っていた。
大任に怖じることなく、お前らしくこの任を全うしてくれ。

劉備は、長大な布陣を展開し、我が軍を包囲して打ち破る構えだ。
お前が提案した炎の策で、この愚かな大軍を一網打尽にしてやろう。

お前の策に従い、朱然に火計の用意をさせた。
機を見て架橋車をかけ、敵陣に火を放つよう命じてある。この策を成し、勝利を我らに!
【戦況】
蜀が大規模な遠征軍を展開してきた。夷陵の地に陣取り、今にも呉の領地を飲み込まんとする勢いである。
若き知将・陸遜の指揮のもと、この国難を打開できるか。
蜀軍の凄まじい攻撃を防ぎつつ、火計の準備を整えるのだ。
計の責任者・朱然が安全かつ迅速に作業できるように戦いたい。
火計が成れば、蜀軍の勢いを止めることができよう。
【クリア後/評定】
孫権

蜀の大軍はほぼ全滅させたな。劉備を討ち漏らしたのは残念だが・・・・・・まあ、よい。
この大敗、奴には相当こたえるだろう。

だが、勝利の余韻に浸ってもおれん。
こうしている間にも、魏軍が攻め寄ってくる危険性がある。
速やかに軍を返さねばな。
4章 合肥新城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
夷陵での会戦の後、劉備は志半ばにして世を去りました。
人望のあった指導者を失い、蜀の勢いは急速に衰えることでしょう。

蜀は動けない。ならば、魏を討つのが上策。
合肥に築かれた巨大な城を攻め、さらに曹丕を討ち取ってしまうのです。

天下が魏と呉で二分されれば、決して呉には有利に働かないでしょう。
今、天下が三つであるうちに、強大な曹魏を討たなければ!
【概況/初期】
孫権

これより我々は、魏を完全に討ち滅ぼすべく合肥の地に軍を進める。
赤壁より続いた曹魏との争い、この戦で終止符を打つのだ!

敵の守りは強固。まずは先行する軍団で敵の城の外門を全て制圧、解放し、
そこへ水陸の各方面に配した部隊を突撃させる。

この戦は私自ら軍を率いて戦う。敵の総大将も君主・曹丕である。
出城での戦いとはいえ、国の存亡を賭けた一大決戦であると心得よ!
【戦況】
合肥新城の包囲がついに完成した。
この城の外門、内門を破れば、魏の総大将・曹丕の命は手中に収めたも同然。
強固な守りを突き破り、覇道の息の根を止めることができるか。
まずは、合肥新城外門の開放が目的となる。
激しい抵抗が予想されるが、手間取ってはならない。
門の突破が遅れると、続く城攻めの策に支障が出てしまうだろう。
【クリア後/評定】
孫権

曹魏の野望、合肥新城と共に葬った。将兵たちが死力を尽くして戦ってくれた結果だな。
孫呉の結束の固さを天下に示すことができた。

あの巨大な曹魏を打ち破ったのだ。もはや我らを止められる者はいない。
蜀も一気に討ち果たし、孫呉の天下を実現せん!
最終章 白帝城の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
私たち孫呉は、合肥の決戦に勝利しました。
奸雄・曹操が興した野望の軍団は、時代からその姿を消したのです。

さあ、いよいよ天下への最後の一手、蜀との決戦です。
敵がいかなる奇策を用いようと、今の私たちを止めるられるはずはありません・・・。

この決戦に勝てば、長く続いた乱世も終わりましょう。
次代の人々の笑顔のために、我々は負けるわけにはいきません!
【概況/初期】
孫権

ついに我々は天下に残る最後の敵、蜀を討つこととなった。
戦場は白帝城、敵の総大将は劉禅だ。総力を挙げての攻城戦となろう。

陸遜、お前には私と共に中央で守りを固めてもらう。
我が軍が広く陣を展開して攻勢へと移るため、要たる中央をお前に託す!

目指す天下は目前!我ら孫呉の知略と武勇、すべてを猛き牙として、蜀の命運を断つ!
さあ、行くぞ!皆、共に勝利の美酒を!
【戦況】
蜀を白帝城に追い詰めた。ここで蜀の大将・劉禅を討てば、孫呉の天下はより確実なものになる。
陸遜は三方向より白帝城を包囲し、蜀軍を追い込む作戦を立てる。
主軍は中央に待機し、主軍の左翼右翼の軍が白帝城を挟み込むような形で進軍することになる。
白帝城は蜀の最後の砦。激しい抵抗が予想される。慎重に包囲していきたい。
【クリア後/評定】
孫権

白帝城を落とし、劉禅を討った。民のための仁の世を目指した蜀・・・・・・
その理想はあまりにも大きすぎたのかもしれんな。

民が求めるのは何より安定した暮らし。我々ならその求めに応えられよう。
孫呉の治世が善く、また永くあるため、精進せねばな。
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

陸遜、字は伯言。呉郡呉県の人。

江南の豪族の家に生まれる。
孫呉に仕えて異民族討伐戦で活躍し、徐々に頭角を現した。

その軍事の才を大都督・呂蒙に買われ荊州に赴く。対する敵は、軍神の誉れ高い関羽である。
建安二十四年(219)、関羽が樊城に曹仁を攻めると、陸遜は呂蒙に出陣を促した。

陸遜の策は図に当たり、ついに関羽を破る。
この戦いで、主君・孫権の絶大な信頼を得た陸遜はやがて呂蒙が没すると、
その後継者として大都督に抜擢された。

若くして大任に就いた陸遜は、関羽の復讐戦に燃える劉禅を、夷陵に迎え撃ち、諸葛亮の策を破って見事に勝利する。
この戦いののち、劉禅は世を去り、歴史は大きく動き始めた。

陸遜は、乱世を終焉に導くことを己の使命として、さらに兵を進める。
その勢いは時運に乗り、合肥に曹魏の大軍を破り、白帝城に蜀漢の英雄たちを降した。

ついに、天下は孫呉の名のもとに統べられ、人々に平穏な生活が戻った。
その後も陸遜は孫権のよさ補佐役として仕え、平和な時代の守護者として人々から敬われたという。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved