HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 孫尚香伝

シナリオ概況 孫尚香伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 孫尚香伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 荊州の戦い(孫堅軍シナリオ)
【初期】
私は孫堅の娘、孫尚香。

男の人みたいに武芸を磨いてる私を、まわりの人は弓腰姫なんて呼んだりするわ。
でも、悪くない響きよね。

今、世の中ではあちこちで戦が起こってるわ。
ひどい時代だけど、こんな時こそ私の武芸が役に立つはずよね!

父さま、兄さま、私はいっつも留守番だったけど、今度という今度は一緒に行くんだから!
弓腰姫の武芸、見せてあげるわ!
【概況/初期】
孫堅

尚香よ、留守をよく守っていてくれた。
さて、我らが水関で大勝利を収め、洛陽の悪鬼・董卓を討ち果たしたことは知っているな。

しかし、これを機に、諸侯が天下への野心をむき出しにし始めた。
我が下にも、袁術から荊州の劉表を討ってくれとの要請がきた。

尚香、今度の戦、お前のたっての願いで同行を許したが、決して無理はするな。
まずは東から進軍し、敵の守りが薄い所を衝くのだ。
【戦況】
孫堅軍は劉表討伐に向かった。劉表は襄陽城に籠もり、万全の態勢を整えて待ちかまえている。
劉表を打ち破り、孫呉の勢いを天下に見せつけることができるか。
速やかに、西・中央・東の三方より進軍し、襄陽城を包囲するのだ。
伏兵や罠に注意しながら進めば、包囲は完成するだろう。
敵勢の静けさが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫堅

劉表を打ち破り、荊州を制することができた。
これも我が息子たちや配下の働きのお陰だ。
まったくもって頼もしい限りよ。

俺としたことが、この戦で手傷を負ってしまったが・・・今、孫呉の勢いは天をも衝くほどだ。
俺の傷など取るに足りん事だな。

※孫堅が負傷時

孫策

劉表の野郎をぶっ潰して、荊州を制圧したぜ。
俺たちを怒らせるとどうなるか、天下の奴らもわかっただろう。
心配なのは、親父の容態だが・・・。
親父がこんな状態だからこそ、俺がしっかりしねえとな。
次の戦の準備、抜かっちゃいけねえ!
2章 赤壁逃亡戦(連合軍シナリオ)
【初期】
父さまは、劉表との戦いで負った傷がもとで死んでしまった・・・・・・。
そして、その悲しみが癒える前に、策兄さままでが世を去った・・・・・・。

権兄さまは、悲しみを内に秘め、見事に孫家を立て直したわ。
そのうえ、劉備軍と手を組み、赤壁に攻めてきた曹操の大軍団を破ったの。

私は追撃隊として戦場に向かうわ。
・・・そういえば、一緒に戦う劉備軍の・・・・・・劉玄徳って、どんな方なのかな?
一度、会ってみたいわ。
【概況/初期】
周瑜

孫・劉連合軍は、曹操の大船団を長江の水底深くに沈めました。
後は曹操を追撃し、完全なる勝利を得るのです!

曹操は壊滅寸前の己の軍勢にその身を護衛させ、この赤壁の戦場を脱しようとしています。
これを追い、そして討つのです。

姫、ここで曹操を野心と共に砕いてしまいましょう。
孫堅殿や孫策の目指した孫呉の夜明け、私たちの力で迎えるのです。
【戦況】
孫呉・劉備の連合軍は、赤壁にて曹操の大軍を打ち破った。
赤壁での敗戦が確実になった曹操軍は、体勢を立て直し、北へ逃げようとしている。
この機を逃がすわけにはいかない。

追撃を阻止するために曹操軍も必死の抵抗をみせるはずである。
曹操を逃がさぬように気をつけつつ、立ちはだかる敵将を撃破し、ときには回避し、何としても曹操を捕捉するのだ。
【クリア後/評定】
孫権

曹操軍を完膚なきまでに叩いた。逃げ惑う曹操の姿、滑稽だったな。
これで奴も、当分の間はおとなしくしているだろう。

だが、奴はきっと体勢を立て直し、再び我々の前に立つだろう。
それまでに、我々孫呉も今にも増して力を蓄えておかねばな。
3章 合肥の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
赤壁の戦いの後、私は玄徳さまに嫁ぐことになったわ。
一緒に曹操ほ撃退した人だもの。きっと二人でうまくやれるはず。

でも、玄徳さまに嫁いですぐ、私は孫家に呼び戻されてしまった。
・・・・・・そこでようやく気がついたの。私は政略に使われたんだって。

玄徳さま、ごめんなさい。でも、玄徳さまを想った気持ち、絶対、絶対嘘じゃないから、
いつか、また会えるって・・・・・・信じてる。
【概況/初期】
呂蒙

姫、恐れながら、政のための婚姻は世の常。
乱世を思って、姫を呼び戻した殿のお気持ち、どうか察してくださいますよう・・・・・・。

我々はこれより、魏軍が駐留している合肥の地に進軍します。
かの地を押さえれば、魏に対する攻防の要として機能しましょう。

今、敵の兵数は少なく、陣容は手薄。ですが敵とてこの乱世を戦い抜いてきた歴戦の雄。
この戦、気を引き締めて臨みましょうぞ!
【戦況】
呉軍は合肥を攻め取るべく進軍を開始した。合肥城の防備は手薄。
援軍が来る前ならば、簡単に落とせるはずである。
合肥城に居座る曹操を撃退し、魏の要所を奪うのだ。
魏軍は拠点を利用して、こちらを足止めするだろう。
拠点を迅速に攻略して、敵の防備が手薄なうちに叩いておきたい。
魏軍に策を練る時間を与えてはならない。
【クリア後/評定】
孫権

よし、この地での主導権は我々が握った!
曹操を討つには至らなかったが、この結果は魏の将兵の心に強く焼き付いただろう。

この勢いに乗って曹魏に乗り込むか、協調路線を捨てて劉備を攻めるか、それとも・・・・・・。
次の一手、天下の行方を決めるものになるな。
4章 南中侵攻戦(呉軍シナリオ)
【初期】
合肥での戦いは、私たちが勝利したわ。
だけどすぐ、南蛮大王の孟獲が治める南の地へと向かうことになったの。

また戦い・・・・・・。でも少しだけほっとしてる。
だって、これでしばらくは蜀と呉、玄徳さまと兄さまが戦わないですむんだから。

孟獲たちは、結束が固いっていう話だけど、結束の強さなら、私たちだって負けないわ。
孫呉の絆の力、見せてやりましょ!
【概況/初期】
陸遜

合肥の戦で魏に大打撃を与えたことにより、天下は一時的に膠着状態となりました。
この機を活かし、南の地の外敵を制しましょう。

敵は大王である孟獲を中心として、ひとつの家族のようにまとまっています。
この結束力は侮れません。苦戦も有り得るでしょう。

ですが、姫もおっしゃるとおり、絆の強さであれば、私たち孫呉も負けてはいません!
さあ!いざ、南の大地へ!
【戦況】
呉軍は南蛮に進撃した。国力を蓄え、天下の争いを有利にするためである。
南蛮の大王・孟獲は南蛮の各王や配下と一致団結して、交戦する構えを見せている。
慣れぬ地での戦いであり、地の利は敵にある。
しかも、味方の陣は長く延びていて、分断されると危機的な状況となる。
南蛮軍にこの弱点を看破されなければよいが・・・・・・。
【クリア後/評定】
孫権

南蛮大王・孟獲を倒し、彼の地を制することができた。
これで奴らの侵攻を恐れることなく、天下へと進むことができるな。

いよいよ孫呉の天下が見えてきた。次の相手は曹操か劉備か・・・・・・。
いずれであれ、この勢い、もはや誰にも止められはしない!
最終章 夷陵の戦い(呉軍シナリオ)
【初期】
南の地は平定したわ。・・・・・・これで、後はもう曹操、蜀漢との戦いに進むしかないのね・・・・・・。
玄徳さまとの戦いも・・・・・・避けられない。

今、玄徳さまは義弟の関羽の仇討ちのために、私たちを攻めてきたわ。
家族を失った悲しみ、憤り、怒り・・・・・・。わかるわ、玄徳さま。

戦うしかないのね・・・・・・。
敵として戦場で会うのは正直怖いけど・・・・・・、でも、行かなきゃ。
大切なかけがえのない絆のために!
【概況/初期】
陸遜

蜀は関羽の弔い合戦と称し、夷陵に大軍を展開しました。
ですが、義なき蜀に勝算はありません。我らの気炎で燃やし尽くしましょう。

朱然に火計の用意をさせています。機を見て架橋車を設置し、敵陣に火を放つでしょう。
それまで、機を待って守りに徹するのです。

姫・・・・・・お気持ちはお察しします。ですが劉備はもはや怒りに我を失った修羅。
孫呉のため、劉備を・・・・・・蜀を討ち果たさねばなりません。
【戦況】
蜀が大規模な遠征軍を展開してきた。夷陵の地に陣取り、今にも呉の領地を飲み込まんとする勢いである。
若き知将・陸遜の指揮のもと、この国難を打開できるか。
蜀軍の凄まじい攻撃を防ぎつつ、火計の準備を整えるのだ。
計の責任者・朱然が安全かつ迅速に作業できるように戦いたい。
火計が成れば、蜀軍の勢いを止めることができよう。
【クリア後/評定】
孫権

怒りにまかせた大軍とは、かくももろいものなのか・・・・・・。
情に生き、情に死す、劉備にふさわしい最期だったな。

この戦により、蜀は無力化し、我々の勢いは増した。
残る敵である魏も、もはや相手ではない。孫呉の天下は目前だ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

孫尚香、孫堅の娘。呉郡富春県の人。

幼少より武芸を好み、腰にはいつも弓を携えていたことから「弓腰姫」と呼ばれた。

董卓が討たれ大陸は群雄が割拠する乱世を迎える。
孫家もまた、天下統一の大望を抱き勢力を拡げつつあった。
孫尚香も自ら戦場に赴き、諸将に劣らず、果敢に戦った。

赤壁の戦いで曹操に勝利し、孫呉の勢力は磐石なものとなったが、劉備もまた侮れぬ勢力となっていた。
そこで、劉備を懐柔するという兄の命を受け、孫尚香は劉備に嫁いだ。

やがて、孫尚香は劉備と心を通わせた。
しかし、政略結婚の宿命ゆえに、その役目を終えると、兄から呉に戻るよう命じられる。
劉備への想いを胸に、孫尚香は蜀を離れた。

孫尚香の復帰で勢いを増した孫呉は、曹魏を牽制しつつ南中を平定、さらに荊州では関羽を打ち果たす。
義弟の死に憤り、我を失った劉備は東征を強行し、夷陵で玉砕した。

孫尚香と劉備は、互いを想いながらも戦いに引き裂かれた。
孫尚香は乱世を憎み、劉備の分まで生きることを誓う。
その戦いは、皆が笑顔で暮らせる時代が訪れるまで終わらない。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved