HOME真・三國無双4攻略TOP > シナリオ概況 星彩伝

シナリオ概況 星彩伝

真・三國無双4攻略 シナリオ概況 星彩伝を掲載しています。

最終更新日:2019/06/07

目次
1章 成都の戦い(劉備軍シナリオ)
【初期】
私の名は星彩。父はあの燕人張飛。

私がこうして初陣を迎えるずっと前から、父上たちの戦いは続いている。

今、私たちは蜀を得るために、成都を攻める。
殿・・・義伯父・劉備様は同姓の劉璋殿を攻めることが、仁の道に反しないかと躊躇している。

でも、この乱世、戦いはい避けられないもの。
だから私も、父上の強さを継ぎ、戦場に立つ。
私にできることをするために・・・・・・。
【概況/初期】
星彩殿、この成都での戦があなたの初陣となります。
気丈なあなたのことですから、無用な心配はしていませんが・・・・・・。

殿は迷っています。
しかし、ここで蜀の地を得なければ、天下三分は成しえません。殿の大望は果たせなくなるでしょう。

あなたは父上と趙雲殿と共にいちはやく雒城を落としてください。
殿の迷い、あなたの様な新風が断ち切る・・・そう信じていますよ。
【戦況】
劉備軍が雄飛のために狙った土地は、劉璋の治める蜀であった。
劉備は同族の地を奪うことに戸惑いを感じるが、配下の薦めに折れ、蜀の都・成都に進軍する。

成都に至る前に、雒城や綿竹の森といった難所を通り抜けなければならない。
つねに周囲を警戒しながら進んでいくことになるだろう。
劉備の迷いが気になるところだが・・・・・・。
【クリア後/評定】
劉備

劉璋を倒して蜀の地を得た。
皆の言や活躍がなければ、私は仁に心を囚われたまま、大義を見失い天下を彷徨うところであった。

今や、私には豊かな大地がある。曹魏、孫呉にも引けは取らん。
民のための天下、それを実現する道が徐々に開けてきたな!

※龐統 死亡時

劉璋を倒して蜀の地を得た。
だが・・・私の迷いのせいで、龐統を失ってしまった。
彼の死は。あまりにも大きい・・・・・・。

もはや迷いはせぬ!
龐統を始め、これまでの戦で散っていった者のためにも、蜀の地盤として民の天下を目指す!
2章 定軍山の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
蜀の地を得た殿は、乱世の三大勢力のひとつとなった。強敵は曹魏と孫呉のみ。
その曹魏を攻めるため、私たちは定軍山に進んだ。

義伯父・関羽殿の養子の関平が、今回一緒に出陣する。
以前に会った時は子供のようだと感じた彼も幾度かの戦を経験したらしい。

幾度かの戦・・・・・・。そう、今の時代は戦の連鎖で成り立っている。
この乱世を終わりにするため、私はやるべきことをやろうと思う。
【概況/初期】
諸葛亮

これより我が軍は、漢中の定軍山へと軍を進めます。
かの地を押さえることができれば、後の魏との攻防が有利になるはずです。

この戦の先鋒は黄忠殿です。
まずは天蕩山を奪い、そこから一気に敵陣へと攻め込みます。
黄忠殿の覇気が、蜀を勝利に導くはず。

もちろん、黄忠殿ひとりの力では、戦に勝てません。
星彩殿、あなたは視野を広く持ち、柔軟に戦局に対応してください。
【戦況】
劉備率いる蜀は、漢中に軍を進めた。漢中を奪えば、魏に大打撃を与えることができる。
漢中の守将・夏侯淵は難敵だが、蜀の未来のため、越えねばならない。

魏は漢中の定軍山に本陣を構えている。
定軍山の隣には天蕩山という、陣地を構えるのに絶好の場所がある。
まずは天蕩山を制し、魏の本陣に圧力をかけるのだ。
【クリア後/評定】
劉備

漢中から魏軍を駆逐した。これで、大陸中央への足がかりができな。
漢中の肥沃な土地も蜀を潤してくれるであろう!

我が軍が力を得たことで、天下三分の形は完成した。
魏と呉が手を組み、我らに対抗してくる事態もあるだろう。気を引き締めねばな。
3章 夷陵の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
樊城で関羽殿と・・・関平殿が死んだ。
その後間を置かず、豪傑と謳われた父上も凶刃に・・・・・・。
これが現実・・・受け容れるにはあまりに辛い。

殿もまた、義兄弟を失った怒りで我を忘れ、呉を攻めると宣言した。
それは仁も理もない、誰より殿が忌み嫌う戦だというのに・・・・・・。

それでも、この戦、勝たなければ・・・・・・。
父上たちの大志によって創られた国が、私憤などで滅んではならない。
そう思うから。
【概況/初期】
諸葛亮

義兄弟を亡くされた殿は、仁の心も失くされてしまった。
今、討つべきは曹操・・・・・・ですが、もはや私の言葉さえも届かないようです。

我らの動きを察知した孫権は、夷陵の地にて陣を展開しています。
勢いに任せた我が軍を冷静に待ちかまえているといった所でしょう。

星彩殿、あなたもお父上を失い辛いでしょう。
ですが、今こそあなたの強い心と武とが求められています。
どうか、この戦に希望と光を。
【戦況】
劉備は孫呉に向けて、大規模な遠征軍を展開した。狙うは、孫権の首のみ。
怒濤の進撃を見せる蜀軍に対して、呉軍は夷陵の地に踏みとどまり、静かに陣を展開している。

敵陣の静けさが気になるところだが、勢いでは蜀軍が上回る。
戦場の東西から、呉の本陣に向かって攻め立てるのだ。
うまくいけば、一気に孫権を討ち果たせよう。
【クリア後/評定】
劉備

勝つには勝ったが、私の短慮のために、大きな犠牲を払うところであった。
仇である孫権も見失ってしまったしな・・・・・・。

ここは、いったん国に戻り、軍勢を立て直すのが吉であろう。
私も大義の意味をもう一度、見つめ直したい・・・・・・。
4章 街亭の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
夷陵の戦いの後、殿は亡くなられた。私に、劉禅様を頼む、と言い残されて・・・・・・。
磁力は惜しまないつもりだけど、正直重い。

でも、人は変わるものだから・・・・・・関平がそうだったように、劉禅様もきっと・・・・・・。
そう信じることが、今は大切なのだと思う。

次の戦いは街亭。今度の戦、父上も趙雲殿も・・・・・・関平もいない。
私を傍で支えてくれる腕はない。それでも、私は行かなければ。
【概況/初期】
我々はこれより北伐における要衝・街亭を守る戦に向かいます。
全軍、街道沿いに布陣し、魏軍を迎え撃ってください。

かの地は山上での布陣が上策に見えますが、惑わされてはなりません。
軽挙妄動することなく、街道の守備に専念してください。

星彩殿、かつて張飛殿や趙雲殿がそうであったように、あなたの武で皆を導いてください。
蜀の行く先を指し示す星の光のごとく・・・・・・。
【戦況】
諸葛亮は街亭の細い街道を押さえ、魏の大軍を阻止することを考えていた。
しかし、先陣を任された馬謖は、街道ではなく山頂に陣を構えようとしている。

山頂からは魏の本隊へ逆落としをかけられる。
だが、味方とのつながりが切れれば、優位さは消えて死地となる。
馬謖の取ろうとしている行動は吉と出るのか凶と出るのか・・・・・・。
【クリア後/評定】
姜維

自軍の軍略において危うい面もあったが、なんとか街亭を守りきることができた。
丞相の期待を裏切らずに済んでよかった。

今後も、街亭は魏に対する要所として活用されるだろう。
この戦の勝利は、蜀の天下へと繋がる大事な一勝だったと思いたい。
最終章 白帝城の戦い(蜀軍シナリオ)
【初期】
街亭の奇跡的な勝利は、司馬懿の野望を打ち砕くのに十分だった。
この敗戦を機に曹魏は衰え、歴史の表舞台から姿を消した。

劉禅様が天下を戴く日は近い。
父上や趙雲殿、そして・・・関平が望んだ未来はすぐそこにある。
私たちの最後の戦いの相手は、孫呉。

私にはみんなから託されてきた想いがある。
だから、私は最後まで・・・蜀を守る盾として戦う。
未来へと、想いをつなげるために。
【概況/初期】
諸葛亮

いよいよ、私たち蜀が乱世に幕を下ろす時がきました。
最後の敵である孫呉は、総力を挙げて、この白帝城を攻め立てるでしょう。

星彩殿、劉禅様は戦に不慣れな上、お優しすぎる方です。
厳しい攻勢の中、思わぬ危険にさらされるかもしれません。

あなたが劉禅様を、いえ、蜀を守るのです。
呉を倒せば、その先には次代が待っています。
頼みましたよ。未来を照らす星、星彩殿。
【戦況】
白帝城が孫権率いる大軍に包囲されつつある。
蜀の未来を守るため、敵の包囲を許してはならない。
将の武勇や知略を集結して、危機を乗り越え、孫権を討ち果たすのだ。

呉軍はすでに城門前まで攻め寄せてきている。
白帝城の前で何とか敵を食い止め、援軍を待ち続けるのだ。
耐え忍べば、敵の大将・孫権を討つ機会が訪れるだろう。
【クリア後/評定】
劉禅

白帝城を守り抜き、孫権を討ち果たすことができた。
皆の働きと父上の加護のおかげだ。
私は、何もできなかった・・・・・・。

これからは、私も皆のように強くならねばならぬ。
父上たちが命を賭して創った国を守るために・・・・・・。
皆も引き続き力を貸してくれ!
【エンディング】
時は紀元2世紀末。
漢王朝の権威は地に堕ち、中国大陸は群雄割拠する戦乱の世を迎える。

自ら覇道を歩む者、大義を為そうとする者、信じる者のために戦う者、
数多の英傑が乱世に名乗りを上げ、そして消えていった・・・。

星彩、張飛の娘。

母は魏の名将・夏侯淵の姪に当たる。
才色兼備の少女で、猪突猛進な父に似ず冷静な判断力を備え、感情はあまり表に出さなかった。

若い人材が不足している劉備軍の中で、
当代一流の武人である張飛や趙雲から直々に武や兵法を学んだ星彩は、自らの意志で戦列に加わる。
初陣は、成都の攻略戦であった。

張飛と趙雲に従って出陣した星彩は、歴戦の猛者に劣らぬ目覚しい働きを見せた。
この戦いで劉備や諸葛亮も星彩の力を認め、その後さらに重要な任務を負ってゆくこととなる。

同じ頃、関羽の養子・関平もまた武将として頭角を現す。
星彩と関平、二人は互いの存在を強く意識しながら、
ときに争い、とくに支え合いながら、武将として成長していった。

その関平が樊城で関羽とともに戦死し、さらに張飛も凶刃に倒れる。
蜀漢の武は支えてきた勇将の死は星彩の立場を重くし、魏呉とり決戦では蜀漢の命運を担うまでになった。

決戦に勝利し、天下は劉備の後を継いだ劉禅の下に統一された。
その後の星彩は、志半ばで倒れた関平や張飛たちの夢を叶えるため、劉禅の治世を、全力で支え続けた。

この伝記は、後世まで語り継がれ、悠久のときを経た今では、無双の英傑として神のごとく称えられている。

トップページ | サイトについて | サイトメンバー | 相互リンク | 利用規約 | お問い合わせ
当サイトは個人で運営されています。
各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。
Copyright 2013-2018 kanzengenkai.com All Rights Reserved